ともゆちさんの映画レビュー・感想・評価

ともゆち

ともゆち

映画(842)
ドラマ(3)

クーパー家の晩餐会(2015年製作の映画)

3.3

クリスマスのワクワク感が詰まってるザ・ホリデームービー。偶然出会った男とギリギリの距離が縮まらない感じで進むのがトキメキの極み。
ちょい役までみんな豪華。
が、登場人物が多い群像劇+なかなか家族集合し
>>続きを読む

リトルシスター(2016年製作の映画)

4.0

奇抜なジャケットから想像できないくらいあったか〜い映画だった。ちょうどこういうオフビートなのが観たかった。

兄妹愛、家族愛。なんだかんだ家族想いなコリーンがひたすらかわいい。

パッとすぐ人間は変わ
>>続きを読む

CLIMAX クライマックス(2018年製作の映画)

4.5

最高に楽しい前半から何かがおかしくなる中盤、完全にヤバたにえんの後半って構成がハイになる手順そのままの文字通りドラッグ映画。ストロングゼロ飲むとこんな感じ。

みんなダンサーだから、本当にダンスシーン
>>続きを読む

IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。(2019年製作の映画)

3.5

子供時代の彼らが大好きだから今回も回想の形で出番が多かったのは嬉しかった。

が、やはり長い…ひとりひとりの回想はきついし、今回はホラーというよりモンスター的な怖がらせ方だったのでそんなにビビれなかっ
>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

3.5

機内食と赤ワインを食しながらみる映画ではなかった。ストレンジャーシングス感が強くてうれしい。

ウォールフラワー(2012年製作の映画)

4.5

ただの恋愛学園映画としてだけでもかなり好きなんだけど、音楽映画かつトラウマ克服映画的なところが本質っぽいので完璧でした。そういうことかよ〜泣けるな〜。愛おしい〜。
ホラー映画並に画面から目を背けてしま
>>続きを読む

アダムス・ファミリー2(1993年製作の映画)

4.0

分かりやすくハマってしまった。この家族の日常を一生みてたい。
ウェンズデーの出番がめっちゃ増えててありがてえ。
ハンドルだけで動く車くらいゆるゆるなテンションもちょうどいいしポカホンタスが最高。

素晴らしき哉、人生!(1946年製作の映画)

4.8

最高かよ...観終わったあとひたすら自分の人生に感謝してしまう感覚が幸せ。ああいい映画を観た。

この時代の映画らしいポップなテンポと音楽も大好き。そしてメアリーがかわいい〜出会うときのシーン現代ラブ
>>続きを読む

ボーダー 二つの世界(2018年製作の映画)

3.8

僕のエリが好きすぎて北欧ダーク映画にハマった人間としてはこの新作をどれほど待ち侘びたことか。

ある視点部門受賞ということだったがまさかそういう視点とは…いちニョッキ。
前作ではち○こぼかし問題で顰蹙
>>続きを読む

ホステル(2005年製作の映画)

3.3

えちちな前半とグロすぎる後半。グロいのにちょっと笑えるとこがグリーンインフェルノぽかった。
元ネタはスロバキアでなくタイらしい。そもそも元にした話があることが驚きなのだが。

スーツを観てたのでルイス
>>続きを読む

アメリカン・ハニー(2016年製作の映画)

4.0

現状に不満を抱いている無軌道な若者たちのロードムービー。

みんなでバンに乗ってイケてるヒップホップをガンガン流すから本当にみてて楽しい。すぐ股間だしたりするのがマジのバカっぽい。アメリカに生まれてた
>>続きを読む

スウィート17モンスター(2016年製作の映画)

3.5

とても気になってたやつがNetflixにあったときの嬉しさ。
そして学園生活うまくいってない系がニガテな自分に気づいてしまった。いや、そんなに悲惨な学園生活じゃなかったはずなのだが。たぶんこういう人を
>>続きを読む

アス(2019年製作の映画)

4.0

まさかホラーでNWAが爆音で聴けるなんて。爆笑した。スマートスピーカーはやっぱり役に立たないんやで。

人種問題や政治ネタを暗喩する系が大好きなので、解説きいてOMG~!!になって感動。

なるべく前
>>続きを読む

スプリット(2017年製作の映画)

3.3

アニャ・テイラー-ジョイがみたかっただけなことをお赦し下さい。ジェームス・マカヴォイの顔芸がずっとやばいんだけど、アニャが可愛くてあまり集中できなかった。すまんやで。

友達役の子もわりと好きな映画に
>>続きを読む

ウィッチ(2015年製作の映画)

4.8

アニャ・テイラー-ジョイがみたかっただけなことをお赦し下さい。だがしかし、どちゃくそ面白かった。
しっかりホラー。ちゃんと怖い。家族崩壊具合が半端ない。曇り空の陰鬱な雰囲気好きにはたまらん。弟のシーン
>>続きを読む

宮本から君へ(2019年製作の映画)

4.5

濃い濃い濃い。

人間讃歌ってテーマと、エンドクレジットの「いききっちゃうんだ」っていうメッセージが後からジワジワくる。とか思い出すと泣ける。

最初の楽しそうなシーンからベッドシーン、喧嘩、終盤とず
>>続きを読む

サラブレッド(2017年製作の映画)

3.5

主演2人の顔が整い過ぎ。それで観に行ってしまった感もある。サイコパス女と訳あり女の話なので整い過ぎてる顔が映える配役。

音楽のグォォォーンが最後まで効果的に響いてたので帰りはイヤホンつけずグォォォー
>>続きを読む

トールガール(2019年製作の映画)

4.5

期待以上!王道ラブコメの面白さは当然としてジョディが辛い経験を乗り越えようとする姿勢がぐっとくる。
オープニングからジャネールモネイの音楽流すってメッセージ性だけで期待値Max。
アメリカのスウェーデ
>>続きを読む

ファースト・タイム(2012年製作の映画)

4.5

期待せずみたのに初恋の初々しさが詰め込まれまくってて予期せぬ大好物。悶。

ティーンの付き合い始めで、好きな気持ちを隠そうとしたりすぐ会いたくなったりの演技が2人ともすんごい上手い。

ディヴの一生童
>>続きを読む

ブリジット・ジョーンズの日記(2001年製作の映画)

3.6

ラブコメの金字塔。なので今みるとやっぱりコメディ要素も時代を感じるなってところ。
ヒューグラントとコリンファレルってちゃんと意識した時はもうオッサン年齢だったからこそ、2人が若くてどちゃくそイケメンで
>>続きを読む

アバウト・ア・ボーイ(2002年製作の映画)

4.0

いい年して適当に遊び呆けてる男が恋愛を通して自分のことを「空っぽ」だと気づく、って下手したら観終わったあと死にかねない設定だったが絶妙なコメディタッチと最後にヒュー・グラントがちゃんと成長してて最高だ>>続きを読む

ミッドナイト・エクスプレス(1978年製作の映画)

4.5

海外でちょっとハメ外してみようかしら、みたいなこと一切考えなくなる。本当に法的に厳しい国だとこういう可能性も全然あり得るのだが、ただし今作はオリバー・ストーンがかなり脚色した模様で後にトルコ政府にも謝>>続きを読む

アメリカン・ギャングスター(2007年製作の映画)

3.8

黒人がドラッグの売買って今ではイメージあるけど当時はそれも白人のものだったんだね。汚職で捕まり過ぎなのも実話って当時どんな道徳観だったんだろう。

エイス・グレード 世界でいちばんクールな私へ(2018年製作の映画)

3.5

とてもA24っぽい映画というか、雰囲気はレディーバードに通じるものがあり。ただ、レディーバードはこの映画から見るとまだまだ陽キャに見えるほど、今回のケイラは可哀想なくらい学園生活がうまくいっていない。>>続きを読む

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

4.2

絶望した人間の回復モノ好きな自分にとって衝撃的だった。だからこそどこまでもリアル。
辛くて苦しくて、努力してもやっぱり乗り越えられない出来事もある。ドラマティックな展開で全て克服なんてことは起こらない
>>続きを読む

小悪魔はなぜモテる?!(2010年製作の映画)

3.5

おれ童貞じゃねーし(笑)をエマストーンが頑張る映画。めちゃくちゃ綺麗なのに演技中はほんとにコミカルな存在になるのすごい。

ステイフレンズのときもだけど、パトリシアクラークソンの昔は奔放だったお母さん
>>続きを読む

ハングオーバー!!! 最後の反省会(2013年製作の映画)

3.8

シリーズ全部観たとおもってたのに実は1しか観てなかったという大どんでん返し。

ぜんぜん酒飲まないけどストーリーのテンションと音楽と笑いのツボも3がいちばん好きだ。

ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える(2011年製作の映画)

3.2

観たことあるけど記憶が曖昧だからもう一回観ようってテンションで鑑賞して、観終わった後にようやく気づいた。

観てなかった。

ディザスター・アーティスト(2017年製作の映画)

3.5

カルト映画THE ROOMの存在すら知らずに観たので、いくらなんでもムチャクチャだしこんな話絶対あるわけないだろ〜と観てたらほとんど実話。すごすぎるし謎が多すぎる。
これはやっぱり本家も観てみたくなる
>>続きを読む

なんだかおかしな物語/ボクの人生を変えた5日間(2010年製作の映画)

3.8

なんだか観終わったあと自分も一緒に退院したみたいな不思議な気分になる。ポップに自殺願望のある高校生の入院生活を描いていて、悩めるティーンの応援歌、とまではいかない軽い青春映画。そして予期せず音楽がキー>>続きを読む

トラヴィス・スコット: Look Mom I Can Fly(2019年製作の映画)

4.8

もうね、ほんとにTravis Scottoが最高にかっこよくて。Netflixありがとう。ASTROWORLD制作過程が見れるし、アイディアが降りてきたときのはしゃぎっぷりはみてるこっちも嬉しくなる。>>続きを読む

タグ(2018年製作の映画)

3.5

実話を元にしてるとしても流石にそこまでやらないだろ〜...って引いてたところ、エンディングで出てくる実際の映像の鬼ごっこも全然本格的で高ポイント。WSJの記事も本当だった。すごい。

"年をとったから
>>続きを読む

ドラゴン危機一発(1971年製作の映画)

3.0

Once Upon A Timeであまりにもヘッポコ扱いだったブルース・リーの魂を救うために鑑賞。

アクションシーンで一人だけ身体のキレが違う。これがブルース。

ネックレス触るとオルゴールが毎回な
>>続きを読む

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

5.0

パルプ・フィクションとイングロとデス・プルーフとジャンゴのミックスジュース。物語が進むごとに加算点しかなくマイナス要素is nothing。とりあえず観終わったあとはアメリカンな店でハンバーガー食べた>>続きを読む

>|