ともゆちさんの映画レビュー・感想・評価

ともゆち

ともゆち

映画(1382)
ドラマ(4)
アニメ(0)

あんのこと(2023年製作の映画)

4.5

市子観た後にこちら観たので2日連続でくらってしまった…

パンデミックの時とかなんだかんだリモートになってラッキーとか緩く過ごしてたけど、世界のどこかではこうやって居場所や生きる術を奪われてしまった人
>>続きを読む

市子(2023年製作の映画)

4.5

観終わってからジワジワくる。

市子の置かれた境遇と体験が辛いand重いんだけども、見終わった後では序盤のプロポーズシーンとか現代シーンと市子の涙の重さの解像度分かって泣けるのでもういっかいみたき…と
>>続きを読む

ブロブ/宇宙からの不明物体(1988年製作の映画)

3.5

この時代らしいちゃんと気持ち悪い怪物映画でふと思い出すシーンがたくさんあってさすが名作。

FALL/フォール(2022年製作の映画)

3.4

元彼/女のこと必要以上に引きずる系あんまり得意じゃないけど物語と関連性というか挑戦する意味みたいなとこと重なっててこれは良い。ハゲタカみたいなやつと睨み合うとこがとてもクールでしたね。

美しき仕事 4Kレストア版(1999年製作の映画)

4.4

ひたすら美しい…ストーリー全然わからんしあるのかすら知らんが気持ちいい2時間だった。劇場のキレイなスクリーンで爆音で音楽もきけるのは4Kリマスターした人グッジョブ。

マッドマックス:フュリオサ(2024年製作の映画)

4.3

前作を超える衝撃とかではなかったけど全然おもしろかった。このあとデスロード観たら世界観の解像度(?)が爆上がりしたのでそのための映画っていうだけでも全然アリ。

アニャ素敵なんだけどどうしても闘う戦士
>>続きを読む

そばかす(2022年製作の映画)

4.0

自分らしく生きるのはしんどいけど希望もあるんやで、みたいなジンワリ良い映画だった。あっちゃんも中々よかった。最後の歌が三浦透子ご本人というところに驚いた。

消えた声が、その名を呼ぶ(2014年製作の映画)

4.0

オスマントルコにおけるアルメニア人の虐殺の歴史ぜんぜん知らなかったので学びの多かった一本。重いギターの音楽がずっとかかっているのが印象的。

とらわれて夏(2013年製作の映画)

3.3

タイヤ変えれたり家の修理できたり野球教えれるアメリカ風男らしい男像みたいなのを脱獄犯に凝縮されててあんまりノれず。

そんなの気にしない(2021年製作の映画)

4.5

大好きな大人のモヤモヤ青春ものだった。英題Zero fucks givenでわろた。フランシス・ハをベルギー風味にするとこんな感じなのかもしれない。徐々に仕事も頑張りはじめてきたのに色々予期せぬ困難が>>続きを読む

ブルーベルベット(1986年製作の映画)

3.5

耳拾うところでこれはとんでもないエログロ映画が始まるかとおもたら意外に普通風味のノワールだった。デニスホッパーやばすぎてひいた。当たり前だけどローラダン昔っからずっとローラダンだった。

イコライザー THE FINAL(2023年製作の映画)

3.5

マッコールさん苦戦全くしないので怖いおじさんが観光先で現地悪党をリンチする映画になっていた。もうちょっとハラハラしたかった。

愛なのに(2021年製作の映画)

4.5

岩井の件がある前に観れてたら感想変わりそうだったというかあの後半のキモい連呼するお母さんが今の大多数なので反論シーンも今だと意味変わるなあとしみじみしつつ、めっちゃ笑ったしとても好きでした。

NOCEBO/ノセボ(2022年製作の映画)

3.5

当初想定してた着地とは違う社会派の味わいあり。そして当初期待してたホラー味はぜんぜんなかったのでちょっと物足りなし。

エイリアン:コヴェナント(2017年製作の映画)

3.8

プロメテウスぜんぜん覚えてないし不評ぽいけどふつうに楽しめたラッキーマン。ダニエルズかわいい。

テイラー・スウィフト:THE ERAS TOUR(2023年製作の映画)

4.5

良かったんだけどやっぱビヨンセと比べちゃうなーとか観終わった後はおもったけどその後ノンストップでティラーの曲きいてるし改めてMVもみてるし歌詞とか調べてるしなんだかんだめっちゃハマってしもてるワイ。

Renaissance: A Film by Beyoncé(2023年製作の映画)

4.8

こんなにライブ感のある映画体験は初めてでした最高です。映画館のおそらくヒップホップ勢がサプライズゲストでバチ盛り上がるとこもライブ感あって良い映画体験でした。冒頭涙ながらに語るビヨンセの音楽に感謝みた>>続きを読む

オペレーション・フォーチュン(2023年製作の映画)

3.3

オーブリープラザがオーブリープラザのままでスパイになって良き。

ペトラは静かに対峙する(2018年製作の映画)

4.2

横にゆっくり流れるカメラワークとスペインの片田舎の景色がとても良い感じでした。お父さんはクソすぎ警報。

M3GAN/ミーガン(2023年製作の映画)

3.3

本筋よりもみんな開発要件定義とテスト設計がガバガバなことが気になって集中できなかった。デイビッドゲッタが子守唄になる日が来るなんて。