魚醤さんの映画レビュー・感想・評価

魚醤

魚醤

2018年ベスト
【殿堂】恐怖の報酬
〈超えられない壁〉
1.アンダーザシルバーレイク
2.ヴァレリアン 千の惑星の救世主
3.犯罪都市
4.スリービルボード
5.アイ,トーニャ史上最大のスキャンダル
6.ゲティ家の身代金
7.ジュラシックワールド 炎の王国
8.女と男の観覧車
9.マザー
10,来る
11.ヘレディタリー
12.タクシー運転手
13.ザヴォイド
14.サーチ

映画(284)
ドラマ(0)

ロンゲスト・ヤード(1974年製作の映画)

4.7

追悼バートレイノルズ。
看守が俺たちかは奪えないものが2つある。キンタマ(勇気)だ。ここを出るときはそれしか残らない

恐怖の報酬 オリジナル完全版(1977年製作の映画)

5.0

まさしく悪魔的な映画。
わたしは映画にはこれを求めるのであり、これ以上面白い映画というのは存在するの?
鬼畜としかいいようのない、厄災につぐ厄災に地獄のブラック仕事。オンボロモンスタートラックとジャン
>>続きを読む

イット・カムズ・アット・ナイト(2017年製作の映画)

3.0

ホラー映画期待していったら胸くそ系の映画だった。
少年の不安と性欲とオヤジへの反発心を
ホラー演出としてみせていいるのだが、世界には病気以外に何か恐ろしいものがいるような感じだけど最後まで全く何もなか
>>続きを読む

マザー!(2017年製作の映画)

4.6

異常な映画。
不快感100%
芸術家とはまさしくこういうものですよ、ということだけど後半はあまりにも観念的すぎて筒井康隆の小説のようだった。

若おかみは小学生!(2018年製作の映画)

3.9

違法児童労働じゃ!小学生に働かせるなんて先進国日本も世も末じゃ!
抵抗はあったけど評判がよかったのでみた。素晴らしい成長物語だった。
流石に作画も美しく、不吉なことが起きる前の伏線やイマジナリーフレン
>>続きを読む

ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ(2018年製作の映画)

4.6

役人もメキシコ人もどこまでも荒涼としすぎです!
デルトロかっこよすぎる。

search/サーチ(2018年製作の映画)

4.7

2018年サスペンス部門の衝撃では間違いなくサーチだろう。
なにせ最初から最後までPC画面(と監視カメラとニュース)のみでストーリーが進んでいく。「アンフレンデッド」がすで試みた演出ではあるが、あれは
>>続きを読む

早春(1970年製作の映画)

5.0

これを超える童貞映画はないだろう
イタイタしくどこまでもしょうもなく美しい

マンディ 地獄のロード・ウォリアー(2018年製作の映画)

4.2

どう捉えていいかわからないけど
すさまじいアシッド映画。
異常な色彩とカルト宗教のいかがわしさ、中学生が喜ぶアクションシーンらその実上手く撮影できてないから何が起きてるかわからない。
アウトサイダーア
>>続きを読む

ムーンライティング(1982年製作の映画)

4.8

ポーランドから出稼ぎに不法滞在労働しにきて、ひどい環境で働き、国は労組左翼団体の弾圧がひどくなり、妻とも連絡取れず、金をごまかし部下をごまかし、盗みと万引き頼りの日々。やがて破滅へむかう。
話だけ聴く
>>続きを読む

ヴェノム(2018年製作の映画)

4.0

いろんな意味で日本の漫画「寄生獣」ですね、完全に。
めちゃくちゃになってるところがすごく笑えたのでギャグですね。
あまりにもステレオタイプすぎるヒーローストーリーで、しかもダーク「ヒーロー」と認めるに
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.6

とにかくフレディーモノマネがうますぎる!仕草もうまい!映画としては割とシンプルな作りだったけどもとにかく音楽の力がすごい!フレディーの恋人、ジムがご本人?というくらい似てた!泣いた!
クイーンの歌詞と
>>続きを読む

テルマ(2017年製作の映画)

4.1

サイキッカー少女もの、としてはわりとありきたりな、やり尽くされたことをレイヤーとして隠すわけでもなくストレートに見せてくるので、スタイリッシュで絵の力はあるとはいえ、やや退屈した。
プール閉じ込めシー
>>続きを読む

華氏 119(2018年製作の映画)

4.6

オバマさんも金には勝てなかった

SNSで育った若い人たちに頑張ってほしい。

日本も安倍さんや麻生さんに乗っ取られちゃったね

アンダー・ザ・シルバーレイク(2018年製作の映画)

5.0

参った。めちゃくちゃ面白い。今年ベストワン級。
ハリウッドバビロン、陰謀論、ヒッチコック、リンチ、マリリンモンロー、ノワール(三つ数えろ、孤独な場所で)オズの魔法使、カートコバーン、、
タバコ吸って酒
>>続きを読む

人間機械(2016年製作の映画)

3.0

ヴィクトリア朝時代のイギリスや日本ならあゝ野麦峠、、
美しく撮ろうとしているが、ワンビンのような眼差しは獲得できていない気がする。
インドは先進国から送られてくる古着問題はないのだろうか?

遊星からの物体X(1982年製作の映画)

5.0

デジリマ版みましたよ。
いやー、カーペンターってほんとといいもんですよね。
「そうか」という以下に何もない。というカートラッセルの言葉は今のアメコミや日本のアニメ、漫画、映画全て参考にしてほしい!!!
>>続きを読む

天国はまだ遠い(2015年製作の映画)

4.3

憑依ものの新しい可能性、セクハラコメディにならない不思議な感覚のところで成り立っていた。
小川あんの大きな瞳の存在感も忘れがたく、中盤あたりで幽霊と判明するまで白痴の妹なのかと思った。ヒョンリがむちゃ
>>続きを読む

孤独な場所で(1950年製作の映画)

3.8

初見時はなにこれ?ってくらいとまどったけど、楽しみ方がわかってきた。

昨日からの別れ(1966年製作の映画)

4.0

遊び心も含め、ぶちぶちにドキュメンタリーちっくに女の放浪をぶち込んできている超ヌーベルバーグだった。
東から逃げ出す娘は監督の妹だそう。
写真もガチ両親。
最後に警察に出頭するのは、原作の「経歴」では
>>続きを読む

イコライザー2(2018年製作の映画)

4.8

1でみせた規格外の強さに人間ドラマの哀愁が加わった。
ハリケーンでの死闘は記憶に残る。
プレデターあるいはイーストウッドのペイルライダーよろしく、幽鬼のごとく現れては殺すマッコールさんに対峙する敵に同
>>続きを読む

ペンギン・ハイウェイ(2018年製作の映画)

4.6

森見原作モノでは一番よかった。
ネタがソラリスということは、もう姉さんは〇〇なわけで、、
演出がとても素晴らしかった。

森見原作問題なのかもしれないが、黒髪の少女への愛着が凄まじく、今回は年上女性へ
>>続きを読む

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

2.9

ホラーじゃなくてモンスターものだし。設定にもかなり無理がありシンドい。
だって小動物まで殺されるなら生態系崩壊してしまうのでは。
妊婦がヤバい状況で出産するのはとりあえず鉄板なので困ったら使おう。
>>続きを読む

クレイジー・リッチ!(2018年製作の映画)

3.2

中華系のリッチぷりはすざまじい!
以上。

想像を絶する金持ちぶり、とかでもなく。
自分にはなにもささらなかった。
笑いも感動ポイントもライトすぎた。
アジア系だけのハリッド映画大ヒットというのは1
>>続きを読む

失はれた地平線(1937年製作の映画)

3.8

チベットの理想郷、地中海の高級ホテルですか?しかもイギリスみたいな小川を馬でかけちゃって。なにこれちょっとwwwww

墜落するまでのスペクタクルはさすがにめちゃ面白かったが、シャングリラについてから
>>続きを読む

スカイスクレイパー(2018年製作の映画)

4.1

パパ飛びまーーーーす

最上階のパネルだらけの部屋は結局何に使うんだろうか??

ハイテクビルvsドゥウェイン!
粘着テープでなんでもできる!

ザ・プレデター(2018年製作の映画)

4.3

プレデター相手にしてこのレベルの杜撰な監視体制や危機感のなさすぎる研究者はギャグなのか。プレデターシリーズは2から命を吹き込まれたと思うのだが、そのうちアイアンマンと戦いそうなオチ。オリヴィア・マンは>>続きを読む

スパイナル・タップ(1984年製作の映画)

4.7

「スパイナルタップ」をやっとみれた!!84年、ロックが神聖視されている時代にこのパロディはパロディと受け取られず、数々のミュージシャンが自分達のことと勘違いした、、これを見た後の「アンヴィル」ってそっ>>続きを読む

ダブル/フェイス(2017年製作の映画)

4.5

ここ2、3年のニコケイ映画には良作佳作珍作と、楽しみにしている。
ボディーダブル2の脚本家よろしく、わりと気合いの入った悪女(母性が強すぎる?)サスペンスホラーでなかなかよかった。
ニコケイはマヌケな
>>続きを読む

>|