8810さんの映画レビュー・感想・評価

8810

8810

赤い光点(2021年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

ダビットは頼り無い。
ナジャは性格が終わってる。

よくこの手の映画だと結局復讐は失敗に終わっちゃうけど、この映画はちゃんと成功して良かった。
またダビットだけ生かすのも最高にスカッとした!

ギャンブラー(2017年製作の映画)

3.1

主人公でここまで根っからのクズ男はそう居ない。

今夜、世界からこの恋が消えても(2022年製作の映画)

4.0

最初は「50回目のファーストキス」のパクリみたいな物語でしょ!って勝手に思ってハードル低くして見始めたけどしっかり泣けた。

護られなかった者たちへ(2021年製作の映画)

3.8

三雲みたいな偽善者を墓石を起こすシーンだけで本当は良い奴感を出すのは無理があると思う。

彼はサンタを信じてる(2022年製作の映画)

3.7

クリスマスをたっぷり感じられてこの時期にピッタリな作品。
でも自分のトラウマを振りかざす人が嫌いだからリサの事は最後まで好きになれなかった。

クリスマスが来る前に(2022年製作の映画)

3.1

ガソリンスタンドでの態度に腹が立った。
ちょっと前に出すだけじゃん。

ファミリー・スイッチ(2023年製作の映画)

3.5

赤ちゃんと犬で笑える。
でもクリスマス感は弱めだからこの時期にクリスマス映画を求めてる人には後回しで良い作品。

サイコーで、最高のクリスマス(2023年製作の映画)

3.5

クリスマス映画でクリスマスを味わいたい時に丁度良い作品。

2ハート/命という名の贈りもの(2020年製作の映画)

3.7

自分は臓器提供に否定的な考えをしていたがこの映画を観て少し考え方が変わった。

FALL/フォール(2022年製作の映画)

3.9

手に汗握りながら鑑賞。
最後の方でこの親子は自分達のことばっかりだなとドン引き。

エマ 晒された裸体(2021年製作の映画)

3.3

何作も出演してるんだからエマが悪い。
何よりエンディング曲のノリが悪い。

ワイルド・ガール(2008年製作の映画)

3.6

期待を裏切らない王道ティーン映画。

ただ1人加入しただけでラクロス部全体があそこまで強くなるのは無理があると思う。

デジモンアドベンチャー LAST EVOLUTION 絆(2020年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

まずモルフォモンとのお別れの回想シーンで少し涙。
そして最後のアグモンの「大きくなったね」で涙腺崩壊。
この作品の不満点はエンディング曲がバタフライじゃなかったこと。

48のクリスマスの願いごと(2017年製作の映画)

3.1

子供向けのクリスマス映画。
大人でもクリスマス好きには雰囲気だけで満足できる。

SHE SAID/シー・セッド その名を暴け(2022年製作の映画)

3.1

ある意味日本ではタイムリーな映画。
この手の事件は被害者が沢山いるのも事実だけど、それを利用して売れようとして失敗したから騒ぎ立てる奴らが居るのも事実。

マーターズ(2007年製作の映画)

2.7

凄くグロいと聞いて居たのでハードルが上がってしまったのかそんなにグロさは感じなかった。
グロさより海外ホラー定番の化け物の気持ち悪さと音で驚かそうとする感じ。

トランス・ワールド(2011年製作の映画)

3.8

謎が解けていくと段々面白くなって引き込まれていく。

エレベーター(2011年製作の映画)

3.3

エレベーターに閉じ込められる系の映画は好きなのでそこそこ楽しめた。
投資は自己責任だよ。

最高の花婿 ファイナル(2021年製作の映画)

3.6

人種差別の弄りは今までの作品の中では弱くなってるけどシリーズ最終章だけあってちゃんと丸く収まってる。

最高の花婿 アンコール(2018年製作の映画)

3.5

1ほどでは無いけど今回もブラックジョーク多めで面白かった。

SOMEWHERE(2010年製作の映画)

3.3

雰囲気お洒落映画
寝不足で観ると長回しの所で寝そうになる。

モンスター・パーティ(2018年製作の映画)

3.4

悪い奴と悪い奴が戦う物語。
エンディングの曲が好みだった。

チャット 〜罠に堕ちた美少女〜(2010年製作の映画)

3.3

犯人の見た目が悪くないからか普通に娘が馬鹿すぎただけに感じる。

最後の演出は好き。

>|