いめーじさんの映画レビュー・感想・評価

いめーじ

いめーじ

クリード 炎の宿敵(2018年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

開始15分でチャンピオンの座と妻を手にする男!
アドニスのキャラは前作でほとんど完成されていたのでドラマに強い興味を抱けず、敗北からリベンジまで映画的に予想通りの展開が続くばかりだったし、ドラゴ側の描
>>続きを読む

情事(2013年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

不倫したラブホから抜け出せなくなる話。
『私はゴースト』みたいなとこある。
仏教とキリスト要素の雑さは気になるが、どちらでもない独自の死後を描いているのは良い。

10分以上も全力で階段を下りまくるシ
>>続きを読む

ファンタズム(1979年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

トールマンが街を歩くシーンとヤバすぎる銀の玉が良いし、それらが浮かない屋敷の美術も凄い。
でも全体的にトールマンを出し惜しみしてる感があって惜しい。

あのまま、兄の死を受け入れられない子供心が生み出
>>続きを読む

ドレミファ娘の血は騒ぐ(1985年製作の映画)

3.0

入学してもいない都会の大学へ男を探しに訪れたロマンス全開の田舎娘が、セックスに満ちた人達に翻弄されたりされなかったり。
歌うシーンが多かったけど別に惹かれない。
セリフは少しおもしろい。

パンデミック・サイト(2014年製作の映画)

2.5

SNSとゾンビを繋げる風刺には納得できるけど、おまえ感染してるぞ!って流れはダルい。
パニック直後のジワジワ感やニュースで恐怖を煽る描写は悪くない。
SNSホラーとしても引きこもりパニックとしてもゴア
>>続きを読む

血みどろの入江(1970年製作の映画)

3.1

早く誰かを殺してくれ!と言いたくなる冗長さ。
若者が次々やられるスラッシャーパートとオチはかなり良いけど、そこ以外は興味を持続できなかった。

恋愛死体(ラブゾンビ) ROMANCE OF THE DEAD(2015年製作の映画)

4.4

このレビューはネタバレを含みます

男と寝すぎてゾンビウイルスに感染した少女と冴えないDT男子の物語。

ショボい演技力は嫌いじゃない。
グロさもそれなりに頑張ってる。
歌が妙に良くてイイ雰囲気を作りやがる。

ゾンビトークで『デッドガ
>>続きを読む

みぽりん(2019年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

市民税を払うことに必死なボイストレーナー。

幻覚ならまだしも中途半端なゴースト要素はノイズだし、終盤のカオスは露骨だったが、全体的に充分なクオリティ。
アイドルは人間じゃないとまで言い切る、みぽりん
>>続きを読む

ハードコア・オブ・ザ・デッド レイプゾンビ外伝(2017年製作の映画)

3.7

一丁前に作られたスピンオフ。
本家ありきとはいえ普通に観れる内容。
作中のゴア漫画を描いたのは氏賀Y太。

初デートがサイゼリヤとか性犯罪者は去勢しろって話も出てきてオオッってなったんだが、いくらなん
>>続きを読む

レイプゾンビ5 LUST OF THE DEAD 新たなる絶望(2014年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

あらすじ20分くらいあった。

男性の本能がレイプであったとしても、女性の体が男を誘う作りに進化しているとしても、人間は本能に逆らうことを選択できるようにも進化したんだろ!って思うけど、苦しみが伴っち
>>続きを読む

レイプゾンビ4 LUST OF THE DEAD(2014年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

主演が変わっちまった!
1〜3までのあらすじが10分以上あるけれど、主演を変更して再編集しているので努力を感じられる。

量産型カナエと人型兵器の激しいアクションを数分やってる開幕から熱いし、いきなり
>>続きを読む

レイプゾンビ3 LUST OF THE DEAD(2013年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

クローン技術によって1作目のキモオタが新人類と化してるし、カナエさんが量産型兵器になってるのも激アツ。

ゴムさえ着ければ毒男とヤッても死なないっつー安直な発想に感心した。

ここは任せて先に行け!を
>>続きを読む

レイプゾンビ2 LUST OF THE DEAD(2013年製作の映画)

3.5

前作でデポドンが落とされた東京では、生き残ったオタクたち(非モテこじらせミソジニスト集団)がアキバ帝国を築き、女は女村(アマゾン)に集まり、アメリカの人型兵器が暗躍するカオス。

カメラワークがクソ。
>>続きを読む

レイプゾンビ LUST OF THE DEAD(2011年製作の映画)

3.7

毒男と呼ばれるレイプゾンビに犯されて中出しされると死ぬらしい。
やっぱり現場で実況してるアナウンサーが襲われなきゃ始まらないよね。

フェミニストや女性総理大臣とか北朝鮮を絡めてきて強い思想を感じるの
>>続きを読む

ウォーリー(2008年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

ロボットでボーイ・ミーツ・ガールをやって友達ポジションにゴキブリ。スゲー作品だ。
イヴがかわいくて惚れる。しかもカッコイイ。この熱情を表すにはライターの火力じゃ足りないぜ。
モーかわいすぎて一家に一機
>>続きを読む

スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム(2021年製作の映画)

4.4

このレビューはネタバレを含みます

スパイダーマンといえばアベンジャーズ!といった雰囲気になってきたところで過去のシリーズにも観る意味を持たせてきた、先輩にも気が回る優等生っぷりよ!

全てのヴィランをもれなく治すって方向性はライミ版や
>>続きを読む

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム(2019年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

エンドゲームで完全に燃え尽きてMCUに対する興味が消え失せていたんだが、この作品だけはエンドゲームの後日譚として観ておきたかった。

尺の長さも気にならない程には楽しめたけど、アクションは別シリーズの
>>続きを読む

アメイジング・スパイダーマン2(2014年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

悪役がどいつもこいつも破壊活動に集中するので、ヒーローからも市民からしても「何だったんだアイツ…」で終わった感じの浅さは残念。
ヴィランの悲哀を描いて中途半端に寄り添うくらいなら最初から吹っ切れた悪者
>>続きを読む

トイ・ストーリー4(2019年製作の映画)

4.4

このレビューはネタバレを含みます

全体的にオモチャ視点すぎる。
オモチャは生きていて思考する存在であることを当然だと思って観ないとウッディの心理に納得しづらいような気がする。

ボーが自由気ままにストリート・オモチャやってるのは意外な
>>続きを読む

トイ・ストーリー3(2010年製作の映画)

4.6

このレビューはネタバレを含みます

派手な劇中劇が始まったかと思ったら、初っ端から絶望ムード。
保育園の仕組みは泣けるくらいの楽園かと思いやきや、ギャング映画やムショ映画みたいな世界が待っている。
ロッツォたちの回想がいかにもって感じで
>>続きを読む

トイ・ストーリー2(1999年製作の映画)

4.3

バザーも恐ろしいだろうけど、今はフリマサイトで急に売られるのも怖そう。

長年連れ添ってきたアンディとの繋がりと、1作目とはガラリと変わったバズとの関係性に対して、同じシリーズの仲間と博物館で永遠の栄
>>続きを読む

フリー・ガイ(2021年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

SF要素のあるグラセフみたいな治安の悪いゲームのモブキャラが、プレイヤーに一目惚れして自我を得る話。
俺はゲームのモブキャラに話しかけたり観察したりして世界観を実感するのが好きなので、非常に好みの視点
>>続きを読む

トム・アット・ザ・ファーム(2013年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

画の構図もセリフも上質。
トムがゲイである情報を伝える描写がまったく無いので、細かく観て読み取る能力が要る。あらすじを見れば一瞬で分かるけどね。

アレな母親の存在、ド田舎、長男の立場などの要素がどれ
>>続きを読む

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(2015年製作の映画)

4.2

破壊/解体/分解を経て、見つめ/組み立て直すのってマジで大事だなぁ。

電車を止めたり手紙を送りまくったり銃で遊んだりと、デイヴィスの身勝手な振る舞いは目立つけれど、どれも象徴的なので不思議と悪い印象
>>続きを読む

ドラゴンボール EVOLUTION(2009年製作の映画)

3.4

Gokuとかキラキラネームすぎる。

ピッコロやヤムチャなど原作から名前だけ取った謎キャラばかりで1周回って全てが新鮮。
映画オリジナルに振り切れまくっているから失望もクソもないのだ。

亀仙人って字
>>続きを読む

アイアン・ジャイアント(1999年製作の映画)

4.3

出身も過去も肉体も関係無い友情!
ディーンの存在が凄く良い。

愛国心と呼ぶにはおこがましい、ジャイアントの自己防衛ともワケが違う排他主義がおぞましく、町を壊すのが自国の兵器なのは皮肉。

重要なセリ
>>続きを読む

パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊(2017年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

いきなりワイルドスピードみたいな強盗してる。

処刑がエンタメ化してた時代ってイカれてんな〜。

ウィルもウィルの息子も本格的に出てくるし、ワールドエンドの正当続編だから観る価値はあるのだが、バルボッ
>>続きを読む

パイレーツ・オブ・カリビアン/生命(いのち)の泉(2011年製作の映画)

3.1

長ぇ!
黒ひげのビジュアルも能力もカッコイイ。
ヒロインがペネロペだし人魚も出てきてセクシー度が高い。
バルボッサとジャックが組んでる間は楽しいね。
邪な雰囲気のジャックたちに対して、人魚と牧師の2人
>>続きを読む

エイリアン:コヴェナント(2017年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

ジェームズ・フランコ出オチ。

双子シーンって2017年でも別に新しくないから、並んでじっくり見せられてもダルいんだよな。
軽率な行動から命を落とす隊員ばかりなのは普通におもしろくないけど、人類は愚か
>>続きを読む

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)(2017年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

屈強なゴリラが馬に乗ってる姿を見て、馬がすげえ!って思える不思議。

アクションも風景も撮影が美しい。
いちいち長くてエモい編集はしつこいけど、表情を映すだけでも画力が凄いので惹き込まれる。特にモーリ
>>続きを読む

悪魔の墓場(1974年製作の映画)

4.2

露出女の信号横断が謎すぎる。

ゾンビ初登場シーンはロケーションも音楽もカメラの距離感も最高。

スカートの上から手を入れて内臓を引き出していたやつはナイスゴア。

捕まえようとしてくる厄介な警察がス
>>続きを読む

クラッシュ(1996年製作の映画)

4.5

夫婦で互いに浮気して報告セックスすんのエロすぎ。事故って死なせた相手の奥さんとエロいことになるシチュエーションもガチでエロすぎ。
クローネンバーグが撮るエロはガチでエロい。
でも本質は交通事故のエロス
>>続きを読む

A2 完全版(2015年製作の映画)

-

前作よりも取材範囲を広げて複雑に。
まぁ前作のほうが好みかな。好きも何も無いだろって内容だけども。

一部の住民と仲良くやってる瞬間は奇妙で尊い。
ゲボゲボ洗浄すごいけど、近くでやってほしくないやつだ
>>続きを読む

「A」(1998年製作の映画)

-

事件で騒がれている最中の信者に密着したドキュメンタリー。
施設内で長々と聞こえる音と尊師写真の多さが落ち着かなくて住みたくない空間だった。

敵とかエサとみなしたら自分の権利だけを主張しまくって容赦な
>>続きを読む

プレデター:ザ・プレイ(2022年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

プレデターと人間のスピード感あるタイマンが見られる。
どちらも生粋の狩人なので一定の気高さがあるんだけど、やっぱりステルスってズルいわ〜。ナルが独自のステルスで対抗してたのが良かった。
下劣な侵略者と
>>続きを読む

>|