eriikoさんの映画レビュー・感想・評価

eriiko

eriiko

  • List view
  • Grid view

パーマー(2021年製作の映画)

3.7

話はわりとありきたりなんだけど、サムが良い子で応援したくなる(泣)どうか幸せであってくれ〜!

恋人はアンバー(2020年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

世紀の終わりを見てリピート割がきくので、評判の良い本作を鑑賞。

アイルランドは確かカトリックだからまだまだ簡単にカミングアウトはしづらいんだね。二人の悩みや葛藤、怒り、涙を笑いを交えながら描かれてい
>>続きを読む

嵐の中で(2018年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

そことそこ繋がってたのねー!ってなって、面白かったんだけど、最後私の理解力がないのか疑問が残ってしまった…

最後の人骨は誰のもの?ベラが命を絶った後、ニコが救ってくれたの?他の方のレビュー読もう…

世紀の終わり(2019年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

どこで本作を知ったか覚えてないが、まさか日本で公開されるとは!気になっていたので鑑賞できて良かった。

冒頭、ゲイの方ってお互い見れば分かるのか?そんなに簡単に家に呼べる?え、早くない?とすでに少し混
>>続きを読む

プロミシング・ヤング・ウーマン(2020年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ずーっと観たかった本作、期待を裏切らない傑作だった。大好きなクラウンのカミラ夫人役のエメラルド監督カメオ出演してました(笑)脚本も素晴らしく、初監督作品でこの完成度はあっぱれ!

なんせキャリーマリガ
>>続きを読む

娘は戦場で生まれた(2019年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

弟の亡き骸にすがりついて泣きじゃくる子供達、亡くなった子供の親が先に亡くなっていたことはせめてもの救いだったことと言うのはあまりにも辛い。
しかし、意識不明の妊婦さんから生まれた泣かない子が息を吹き返
>>続きを読む

(2017年製作の映画)

3.5

ドキュメンタリーのようなタッチで綺麗だったなぁ。主役の女優さんも綺麗だった。

わたしたち(2016年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

冒頭から目が離せない95分…すっかり忘れていた小学校時代を鮮明に思い出させられた。

ちょっとした羨ましさ、ちょっとした嘘、ちょっとした見栄、優越感劣等感までは程遠いような小さな複雑な感情が原因で次々
>>続きを読む

僕と頭の中の落書きたち(2020年製作の映画)

3.7

"がん患者のことはみんな助けるけど、統合失調症患者には関わろうとしない"

こういう良作はたくさんの人に見てほしい(涙)

テイラーラッセルかわいいな〜!

きみへの距離、1万キロ(2017年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

ピーキーブラインダーズのジョーコールだと思って鑑賞。
なかなか面白かったんだけど、顔も見えないロボットの向こう側の人に恋する設定にして、亡くなった恋人の存在はない方が良かったんじゃないかなぁ…。

>>続きを読む

なぜ君は総理大臣になれないのか(2020年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

"政治家に必要なのは、誠意とか一本の筋道、一貫性、人望、人徳ではなく、したたかさだけ"

こんな真っ直ぐな政治家がいたんだ。こんな人が総理大臣になったら、そう思わせてくれる"人格"。残念ながら政治家に
>>続きを読む

クワイエット・プレイス 破られた沈黙(2021年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

面白かったー!キリアンマーフィーを久しぶりにスクリーンで拝めて嬉しすぎた。

監督は自ら夫役を前作で殺し(笑)、今回は冒頭以外製作に徹底。謎の生物はどうやら宇宙から来たらしい。

途中の海賊みたいな人
>>続きを読む

幸せな敗者になる方法/How to Be a Happy Loser(2020年製作の映画)

3.3

あんな博物館が日本にあるなんて知らなかった(汗)

最後は?ってなったけど、日本に住んで言語や文化を学び、こうやって思い出してショートフィルムまで作ってくれたことに感謝。

"Happy Losers
>>続きを読む

ジェニーの記憶(2018年製作の映画)

3.4

13歳の少女が35年後に自分が大人に騙されて虐待されていたことに気づく。加害者の方なんて覚えてないんだよね。された方は一生苦しむのに。

ただ、何歳までが子供で何歳までが大人なのかの定義って儲けるべき
>>続きを読む

最高の花婿/ヴェルヌイユ家の結婚狂騒曲(2014年製作の映画)

3.7

面白かった(笑)自分に人種差別意識がないと思っても、4人の娘が全て海外にルーツを持つ男性連れてきたらびっくりしちゃうのかも。こういうコメディタッチの一見軽く見れちゃう映画からも学ぶことはあるね。

>>続きを読む

MERU/メルー(2014年製作の映画)

3.8

ドーンウォール、フリーソロを見て興味があった本作。彼らの情熱は正直理解できない。でもごく限られた人達しか見ることが出来ない景色を我々に見せてくれることに感謝したい。

>|