日本語専門のC3POさんの映画レビュー・感想・評価

日本語専門のC3PO

日本語専門のC3PO

スーパーマン リターンズ(2006年製作の映画)

3.3

これ前半部はかなり面白い。なんなら傑作だとすら思う程に。
ただ後半のだらだらズルズルが本当に勿体無い…
というかもうあまり覚えてすらない😇

オペラ座 血の喝采 完全版(1988年製作の映画)

3.7

素晴らしき殺しのオンパレード、お祭り映画です。
特に覗き穴越しに炸裂する銃弾、そして吹き飛ぶ脳天と電話。このショットはレザーフェイスダンス級の映画史に残る名場面。

オーメン4(1991年製作の映画)

3.2

ちゃんとね、オーメンを踏襲してるんです。
ラストの返し方やファイナルディスティネーション的殺人、子に味方しない両親、育児ノイローゼなど。
何より今作の素晴らしいところの1番はオーメンをワンコ映画だとい
>>続きを読む

オーメンIII 最後の闘争(1981年製作の映画)

3.7

己の運命を受け入れ成長したダミアンの本領発揮、324の赤子皆殺し計画。
冒頭の派手目な残虐描写から一転、赤子殺しは一切見せない配慮が一掃恐ろしくていいと思います。
幼少期に多くの大人から死ぬべきだと言
>>続きを読む

オーメン2/ダミアン(1978年製作の映画)

3.2

オーメン2の主題歌はホントかっこいいなー、好き!

ラストはなかなか衝撃展開、てかダミアン、、、
鬼過ぎる!
死人は多いもののお話的には割と緩めなので正直中盤はかなり退屈なのだがラストカットのクールさ
>>続きを読む

ホーンテッド 世界一怖いお化け屋敷(2019年製作の映画)

-

久々に寝落ち…気付いたらザネクスト型の終幕でした。

なんだろな、全体的に王道な道を行きながらも中盤はテンポが悪くなり、以降はあー、こっち系ですかという流れ、そして寝落ち…

なのでちょっと面白いかど
>>続きを読む

シン・エヴァンゲリオン劇場版(2020年製作の映画)

-

鬱経験者からするとシンジくんが立ち直り自身の足でゆっくりと立ち上がる様に勇気を貰えるね。
無くした過去の繋がりに囚われず、全てを受け入れ今を大切にするというのをラストちらりと映る2人を見て感じる。時間
>>続きを読む

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q(2012年製作の映画)

2.8

作り手も観る側も観客もキャラクターも、全員ブラックボックスを扱ってる状態で、それって言っちゃえば適当な気もするが。

最終的なゴールも見当たらず混沌としてるのでぶっちゃけもう勝手にやっててくださいよみ
>>続きを読む

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破(2009年製作の映画)

3.3

巨大ロボの全力疾走というビジュアル!もうこれに尽きる!ここだけは最っ高に上がります。

ただ前作の拗らせいじめられ要素が減ったので、えー、もっと碇くんのいじめられるとこ観たいよーという思いが募るばかり
>>続きを読む

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序(2007年製作の映画)

3.0

ギュッとしてるので初見でこれいけそうでいけないから、是非TVシリーズへ引き返すことをお勧めする


●●

新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に(1997年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

まず根本的にあんな重役共がみんな一つになりましょうね〜なんて、思うか!!!

結局シンジ(庵野)の拗らせを押し付ける内容で他人の事なんて完全無視。それを作品内のメインテーマていうんだから、、、面白いよ
>>続きを読む

ババドック 暗闇の魔物(2014年製作の映画)

3.8

シャイニングやヨローナ、イットフォローズよりもストレートに児童虐待を主軸にしていて、他の作品よりも泣ける。。。もう世界一素直に泣けるホラー映画ですよ。

正直題材としてはホラー映画の王道とも言えるもの
>>続きを読む

レザーフェイス―悪魔のいけにえ(2017年製作の映画)

3.2

結構面白いのに致命的に残念!
ミステリー構造がシリーズの足を引っ張ってしまった。

シェリムーンゾンビを彷彿とさせる(逆輸入的面白さ)ボニーandクライドな2人もそんなに悪くないし運命の二択を迫られる
>>続きを読む

ホモ・サピエンスの涙(2019年製作の映画)

3.3

みんながみていて、だれもみてない

人生とは孤独なモノで。

学生の時美術論の授業があったが、ひとつひとつの解説はすごく面白いのだがスライドで似たような作品を延々と見せられる為物凄く眠かった。
その感
>>続きを読む

ユダ&ブラック・メシア 裏切りの代償(2020年製作の映画)

3.4

スーサイドスクワッドでも言ってたけど、子供、ましてや胎児に殺しの道具を向けるような奴は死んでよし!

もう少しスリリングさがあれば楽しめたかな。
ただ今作は歌曲賞のHERのトラックも良いがサントラとし
>>続きを読む

ザ・スイッチ(2020年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

いやー、うーん、めっちゃ普通…3ど真ん中といったところ。

近年の80sスプラッターサンプリングの多さに少しうんざりしてるというのもあり、新鮮さはあまり無かったかな。
マスクネタや一通り凶器アイコンも
>>続きを読む

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結(2021年製作の映画)

4.5

はぁ……スーサイドスクワッドの映画公開が発表されて10年、10年前のワクワクを形にしてくれて本当にありがとうジェームズガン。

もう幸せいっぱいだよ。。。

最上階に住むネズミから一度クビを宣告された
>>続きを読む

ルクス・エテルナ 永遠の光(2019年製作の映画)

2.0

昔友人が誕生日プレゼントを上げる際その人が1番いらない物を渡すようにしてるという奴がいて、本当に理解に苦しんだ。
ふと、それを思い出す。

自己主張という意味しかない、ギャスパーノエの極みみたいな映画
>>続きを読む

サスペリア・テルザ 最後の魔女(2007年製作の映画)

3.4

ファミリーで作り上げた3部作完結編。
冒頭の面白さとワクワク感を返せと言いたくなる中盤、お話を完全に見失って以降ちょっとずつ面白くなる。
そしてラストのラスト、もうサスペリアシリーズのラストといえば過
>>続きを読む

スーパーマンII /リチャード・ドナーCUT版(2006年製作の映画)

3.5

正直こっちの方が全然良いです。
同じ素材を使っていてもワンカットワンカットの数秒はとても大きく、少しのズレでだらだらしたものになるんだと、改めて勉強になる作品。
映画監督ってすげえなあ、、、🥲


>>続きを読む

スーパーマン4/最強の敵(1987年製作の映画)

3.0

うーむ、予算の問題も大きくありそうだけど、、、
なんにしてもメインキャストの皆様が変わらずのご登壇でいられたのは幸い。新キャラの変なのは置いといて(でも結局こいつの一人勝ち…)安定の御三方は素晴らしか
>>続きを読む

ホラーマニアvs5人のシリアルキラー(2020年製作の映画)

3.3

RKSSの手掛ける映画みたいな雰囲気でトラック使いが超上がるんだけど(既にかなり古い気はするが…)全体的に惜しい仕上がり!
前半のワクワク感が後半に生きてこないのが勿体ない。主人公の活躍の場が全然足り
>>続きを読む

スーパーマン III/電子の要塞(1983年製作の映画)

3.4

大人の鑑賞にも耐え得る作品として製作されたスーパーマンだが今作は子供向けで作ります宣言を高らかにして始まる。

特徴としてはぐにゃぐにゃした脚本と言いますか、最初から最後まで行き当たりばったりで一貫性
>>続きを読む

スーパーマン II/冒険篇(1981年製作の映画)

3.0

前半はすごい楽しんだけど、後半、、、すごいなw

なんだそれ!そんなのありかよ!の連続でもうツッコミどころがどうのという問題でもない、全ての展開のオチがNANJASORYA

スーパーマン(1978年製作の映画)

3.6

間違いなくジョンウィリアムズの曲の中でも傑作中の傑作と言っていい凄まじいオープニングだけでもう大満足、というか泣く!

全編通して愛おしい内容、こんなにも愛おしく愛らしい作りにしておきながら恐ろし過ぎ
>>続きを読む

リーサル・ウェポン4(1998年製作の映画)

3.1

お話は置いといて、自殺願望者のリッグスが新たな家族を迎え一生を共にするファミリーとのフォトショットで終わるのはとっても素敵だなあと☺️
4の魅力はこれに尽きると思うなあ

リーサル・ウェポン3(1992年製作の映画)

3.2

わんこと戯れるメルギブに思わず赤面しちゃうパート3
もうパート1のリッグスの面影はゼロと言っても良い。
むさいBL感を放つシリーズだが今回は特に熱いボートでの会話シーンは良いよね☺️

エンドロール後
>>続きを読む

リーサル・ウェポン2 炎の約束(1989年製作の映画)

3.4

キャッキャ具合が愛らしいパート2

長期戦のセックスやコンドームCM、お得意のプールダイブなんかが印象的で前半部の伏線回収があまりにも綺麗に決まり過ぎるのが印象的だが、今作はなんと言ってもアホ過ぎる敵
>>続きを読む

リーサル・ウェポン(1987年製作の映画)

3.5

失うもののない男と失いたくない男、共通するのは平和解決する気がないところ。

刑事の家族ってほんとなりたくない☺️

遅ばせながら追悼を、
レストインピース、ドナー、、、

燃ゆる女の肖像(2019年製作の映画)

3.5

その人の心の奥まで覗こうと努力する芸術家に恋が多いのは必然なんだなと。
あれだけ見つめて、あれだけ見つめられたらね、そりゃあ燃えるわ。笑

瞬間を切り取った愛はその人にとって永遠に色褪せないから厄介。
>>続きを読む

VS狂犬(2019年製作の映画)

3.0

もっとパニックパニックしてた方が良かったかな…クジョーばりの恐怖ビジュアル欲しいところ🥱

とっととくたばれ(2018年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

親子喧嘩巻き込まれ!

"次やったらただじゃおかねぇ、でも娘だから許す
だけどこの男は許さねえ。"

"分かってる🙋‍♀️"

"😳"

このくだりまじ笑う

ココディ・ココダ(2019年製作の映画)

2.5

なんかデビッドリンチって本当に偉大だなと改めて思う。

やりたい事は伝わるがいかんせん絵が退屈。
そして影絵のセンスがちょっと自分と相性良くないな、、、
ワンダーランドをテーマとした作品なら一番大事な
>>続きを読む

劇場版 進撃の巨人 Season2 覚醒の咆哮(2018年製作の映画)

-

シーズン3の総集編が1番見たいんだけどな…
この辺は面白いから割と覚えてるし…

>|