Mimiさんの映画レビュー・感想・評価

Mimi

Mimi

映画(83)
ドラマ(0)
  • 83Marks
  • 82Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

花宵道中(2014年製作の映画)

3.8

安達祐実さんの美しさとその後の悲劇の対峙があまりにも大きくて、ショックでしたが、花魁って、そういうことだよな…と、目が覚めました。

現代では、美しいものとして認識されており、日本の文化の一つのように
>>続きを読む

バリー・シール/アメリカをはめた男(2016年製作の映画)

3.9

現実に置き換えて考えれば、有り得ない犯罪者だし、絶対に受け入れられない題材ですが…

実に面白い映画でした。
豪快で痛快な人物として描かれ、こちらもドキドキしっぱなし。
トムクルーズ、さすがだなぁ…

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

3.4

なんの前情報もなく鑑賞。
最初の30分、いまいち入り込めずにみていましたが、最後、それらを全て回収していく様が、さすがだなぁと感じました。

夢って、こういうものだよな〜
って思い出しました。
新年に
>>続きを読む

友罪(2017年製作の映画)

2.0

表現として、陰のある前科者を演じていたのは分かるけど、その表現に偏りすぎて、
「友」としての心の繋がりが分からず、この作品の肝となる部分が曖昧になってしまった感じ。
演出がいまいちなのかな。
故に、な
>>続きを読む

祈りの幕が下りる時(2017年製作の映画)

3.9

さすが東野圭吾作品。

事件の中に、人の心がしっかり描かれている。
最後は、涙が止まらなかった…

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男(2017年製作の映画)

3.6

色んな視点で第二次世界大戦を見るのは大切だと感じた。

イギリスの視点での映画は初めて観たかも。ただ、皆、同じ思い、自国を想い、愛するがために戦ったのだと思うと、本当に複雑。

チャーチルも、ヒトラー
>>続きを読む

悪と仮面のルール(2017年製作の映画)

2.2

いまいちでした。
悪と純愛を対比させたかったのだと思いますが、中途半端でかえって気持ちが悪い作品でした。

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

3.6

登場人物が多く、また、業界の関連も分からず、把握仕切れず、前半は見ているのが辛かった。

しかしながら、後半、一気に事態が動き、
目が離せなかった。
こんな女性がいたんだなあ…と感動の作品でした。

あしたは最高のはじまり(2016年製作の映画)

4.0

家族が愛おしくなる映画でした。

身勝手過ぎる母親に、後半はイライラが止まらなかった。

最後は、涙が止まらなかった…
最後まで見てほしい。

エル ELLE(2016年製作の映画)

3.0

ちょっと苦手。

でも、フランスの女性の生き方や考え方がとてもクールで…一般的なのかは分かりませんが、このように自由に生きられたら良いなぁと映画のストーリーとは別な角度で観ていました。

犯罪者の家族
>>続きを読む

ギフト 僕がきみに残せるもの(2016年製作の映画)

3.7

ギフト。
人が生きるって、こういうことなんだと。
私にもお裾分けしていただいた気分。
一人じゃ生きられない。
いま、一人で立っていられることに感謝する。

父親とはそういうものだ。
自分の一番良い部分
>>続きを読む

僕のワンダフル・ライフ(2017年製作の映画)

4.0

そうなんですよ、犬は!
って、一緒に生きたヒトは共感できる映画でした。

もっと辛くなる映画かと、思って覚悟して観たけど、全くそんなことはなくて、むしろ、そうだったらいいな…を見せてくれた作品でした。
>>続きを読む

アメイジング・ジャーニー 神の小屋より(2016年製作の映画)

3.3

すみれさんの姿に、最初は気を取られて内容が入ってこなかったけれど…

とても深い内容の映画でした。
人が信仰を持つことにあまり関心がなかったのですが、心の拠り所を持つことの強さを感じる映画。
人間が生
>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

-

才能のある子を取り巻く大人達の色々。

才能ある無しに関わらず、
ひとりの人間を育てあげていく、
苦悩というか、迷いが表現されていました。

それでも夜は明ける(2013年製作の映画)

3.2

奴隷制度を分かっていなかった。

人が人を差別するって、
なんて醜いのだろう…

制度として許されているから、表に出していただけで…今も人の心には差別の心が芽生えてしまうのかもしれない。
だからこそ、
>>続きを読む

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

自分のルーツを知りたいと思う気持ちの強さ。
養子縁組で良き理解者にいい環境で育てられても、埋まらない溝のようなものを感じて、モヤモヤが止まらない。

結局は、育ての親のもとに帰ったようだけど…
ただ、
>>続きを読む

愛を読むひと(2008年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

愛って過ごした長さやお互いの立場の釣り合いとか、そういったものは関係ないのかもしれないなぁ…と思った。
彼にとっては彼女の存在は大きく、彼女のことを理解しようとしていたし、だからこそ、仕事を辞めざるを
>>続きを読む

きっと、星のせいじゃない。(2014年製作の映画)

3.6

主人公の二人の人生にどんどん引き込まれていき、時間を忘れました。

あまり考えることのない死
死を考えると、生に行き着くのかと逆に思った。
0と1の間の無限。
小さな無限

自分はいつどのように
死を
>>続きを読む

ブルックリンの恋人たち(2014年製作の映画)

2.9

見終わって…

特に揺さぶられることは何にもない映画。
ただ惹かれ合う感じが伝わってきて、とても心地よく観れた。

なんとなく自分の今を照らし合わせる。
良いのだろうか、これで?
老いていくばかりの人
>>続きを読む

鑑定士と顔のない依頼人(2013年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

これはミステリー?
主人公にとっては、ラブストーリーなのですよね。
ラストのシーンからも…

鑑定士だからこそ、待つんだろうな。
いかなる偽物の中にも本物が隠れている
長年の自分の勘を信じて…
幸せに
>>続きを読む

わたしを離さないで(2010年製作の映画)

3.0

人間の尊厳について改めて考えさせられる作品。
こんな世界になってはいけないと思う
しかし、臓器提供でしか救われない命もある。
元々、不平等な世界。
私たちはそれを受け入れているつもりでも、技術が進歩す
>>続きを読む

世界一キライなあなたに(2015年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ただのラブコメだと思ってレンタル。
気楽に見始めたら…
深い、深すぎる。

生きる
って、本当に人それぞれの価値観で定義されているんだな。
事故で失った人生
これからのほとんど自由に動けない新たな人生
>>続きを読む

パッセンジャー(2016年製作の映画)

2.8

意外と面白かったな。
人間は孤独とどう向き合うのか…
孤独には勝てずに、自分のエゴで他人の人生を、歩むはずだった未来を奪う。
その後の…
別な人生を楽しめれば結果オーライなのか?
少しモヤモヤしながら
>>続きを読む

MERU/メルー(2014年製作の映画)

3.5

登山を知らなくても、非常に興味深い映画でした。チームを組むこと、その人選、チームの皆の人生色々や登山の厳しさ、崖に吊るすテントなど私にとっては新しい世界が垣間見れた気がします。

ハドソン川の奇跡(2016年製作の映画)

3.5

緊急事態の時の判断が正しかったのか否か?客観的に判定するってこんなにも難しいのか…
その場の人間しか負えないプレッシャーをどう加味するのか?
この映画では、ただ単に奇跡の救出劇の立役者の機長をヒーロー
>>続きを読む

沈黙ーサイレンスー(2015年製作の映画)

4.1

原作が原作なので。
人間の一番根底のところをぶつけ合う、辛いシーンがしっかり描かれており、何度も魂を動かされる、辛い映画でした。
残酷なシーンもたくさんありましたが、それで何かを描きたいのではなく、本
>>続きを読む

レヴェナント:蘇えりし者(2015年製作の映画)

-

何だか暗〜い気分。観終わってからも少し引きずってレビューを書かないままになってた。

レオ様、水に浸かるのが大嫌いだと言っていたのに…終始、びちょびちょ、ベタベタ。
とにかく凄い迫力で、熊のシーンは、
>>続きを読む

ちはやふる 上の句(2016年製作の映画)

-

スピード感がとても良かった。
百人一首ってこういう世界だったんですね〜✨

広瀬すずちゃんの若々しく爽やかな演技は、問答無用でこちらも元気になるわ〜。

シンデレラ(2015年製作の映画)

-

青のドレスが本当に美しい。
似合うかどうかは別として…着てみたいなと思いながら、夢のようなパーティーを見ていました。

王子様が素敵な俳優さんで、今後要チェック💕

モアナと伝説の海(2016年製作の映画)

3.5

劇場で観て良かったと思える作品でした。
自然の情景がとっても綺麗で違和感なくその世界に引き込まれました。
あんまり考えず、あの風景の映像や水の描写だけをみていても飽きないと思う…海に行きたくなりました
>>続きを読む

コロンブス 永遠の海(2007年製作の映画)

2.5

DVDにて。
思っていたような展開でなく、途中で観るのをやめようかと思ったけど…
旅を通じて、夫婦が寄り添おうとする姿がとても良かった。
愛の形と愛の表現。
奥様の旦那様に対して意見をする姿は、とても
>>続きを読む

ボーイ・ソプラノ ただひとつの歌声(2014年製作の映画)

2.8

何にも考えず素直な気持ちで観ると感動する。

でも、良く考えたら…
サクセスストーリー?にしては中途半端。
ただ単に大人の事情や価値観に振り回される子供の物語になっちゃってる気がして。

もし才能がな
>>続きを読む

>|