AbeCinemaTVさんの映画レビュー・感想・評価

AbeCinemaTV

AbeCinemaTV

映画(838)
ドラマ(2)
アニメ(0)

ヘルドッグス(2022年製作の映画)

4.2

圧倒的岡田准一力w 和製キアヌリーブスみたいになってきたな。松岡茉優さんも贔屓しているからかもしれないが、よかった。北村さん、大竹さんあたりはベテランとしてきっちり託された分だけ仕事をこなしている印象>>続きを読む

Playground(英題)(2021年製作の映画)

4.4

#なら国際映画祭2022 にて!これは寝不足でも見に行ってよかった!いじめの連鎖!いじめの概念を知るところから、いじめられ、傍観し、いじめる、負の連鎖、全てが通じているのではないか。ラストシーンは私の>>続きを読む

緑の牢獄(2021年製作の映画)

4.2

#なら国際映画祭 にて鑑賞。10代の方々が宣伝しなければならないプログラムということでなかなかハードルが高い作品で大変だっただろうなと思う。ここからいつの間にか出られなくなる、という地方特有の感覚はそ>>続きを読む

この子は邪悪(2022年製作の映画)

4.2

玉木宏は今後の仕事に支障がないのかなと思うくらい、本当はこういう人なんじゃないかと思わせるほど。不自然な演技がみんなに合っている。ラストのあのウサギが家にいるシーンがなんとも言えない切なさというか、気>>続きを読む

レッド・サン(1971年製作の映画)

4.3

常識的に考えたら、西部劇に侍って笑っちゃうと思うんだけど、真面目に成立させてしまう三船さんはやはりすごい。ベタなほどに敵討ち。アランドロンってあんまりいい人のこと少ないイメージ。あんだけハンサムなのに>>続きを読む

ザ・コンサルタント(2016年製作の映画)

4.3

FUSHIGIな話。通好みなキャストが脇を固める。アウトキャストされた者たちの物語。イコライザー的な痛快さもあるけど、やっぱり思った以上に変な話だった〜というのを楽しむ映画じゃないかなこれは。やりとり>>続きを読む

セイント・フランシス(2019年製作の映画)

4.3

勝手にフランス映画だと思ってたし、なんとなくほのぼの系かなと思って、優先順位低めにしていたけど、なるほどこれは名作ですな。子供がマジで自然で本当にこういうひねくれガールいそうだよ!わたしは最悪、にも似>>続きを読む

サバカン SABAKAN(2022年製作の映画)

4.4

いい点数つけるしかないじゃん!!!だって泣いちゃったんだもん。
なんかそんなこと自分の人生にはなかったのに、懐かしく思える不思議さ。自分の人生にはこんな冒険はなかった気がするが、逆にあんなことやこんな
>>続きを読む

華麗なる大泥棒(1971年製作の映画)

4.3

一つ一つのシーンが比較的長尺なのが特徴。長めの会話シーンと長めのアクションシーンが交互にくる。ベルモンドやっぱアクションすげえわ。特に一個やべえなと思ったのは、なんか石?と共にトラックから排出されるシ>>続きを読む

さかなのこ(2022年製作の映画)

4.3

のんとさかなクンのことがとにかく好きになる一作。めちゃ笑ったし、いい話だし、エンタメとしてかなり良作じゃないでしょうか。自分も映画が好きで結局映画の仕事してるし、過去に別の映画の仕事でこれ違うなと思っ>>続きを読む

激怒(2022年製作の映画)

4.3

点数に騙されるな!!ポスターから受ける印象よりかなりエンタメ!さすが古今東西の映画を知り尽くしているヨシキさん!

ブラックホール リスナーとして見逃すわけにはいかない #高橋ヨシキ 初監督作品「激怒
>>続きを読む

ブレット・トレイン(2022年製作の映画)

4.3

僕はこの映画大好きなんですねえ。とにかく楽しいいいいいいい。原作未読なので読んでみたい。誰がいつ死ぬかわからないストーリーとしてのハラハラ感が強い。そしてやはり日本描写。これこれ!今富士山?え、このタ>>続きを読む

NOPE/ノープ(2022年製作の映画)

4.3

また変な映画出してきたなあ。ジョーダンピールは「ため」の人だと思ってるが、今作は特にその「ため」がすごい。そのせいか前半は何が起こるんだろうとワクワクできる人と冗長に感じる人が出てくるだろう。スティー>>続きを読む

Zolaゾラ(2021年製作の映画)

4.0

女性側からの告発というスタンス故にエグい描写をあまり描いていないことがよしとされるか否かというところは悩ましい。暴力の無残さをこれでもかと暴力を描いて表現する映画と平和的に描く映画の二択があるが、この>>続きを読む

ソウルフル・ワールド(2020年製作の映画)

4.3

ちょうど椿山係長の七日間というこちらも死んだ人間が生き返り、しばらく現世に戻ってくるという本を読んでいる途中だったので、奇遇だった。インサイド・ヘッドにも近いものを感じる。ピクサー作品ということもあり>>続きを読む

エイリアン(1979年製作の映画)

4.3

すっかり、宇宙の人、強い女性、というイメージをシガニーウィーバーにつけた本作だが、意外にも私は怖いという理由で見れてなかった。それを結果超絶後悔しました。ただただおもろい。テンション低め。ホラーを意識>>続きを読む

エイリアン2(1986年製作の映画)

4.4

ずーっと怖くて見れていなかったエイリアンシリーズを急に見たくなり、1に続き鑑賞。キャメロン節全開!!信じられなくなった機械への信頼回復、人が乗って操る戦闘ロボット、強い女性!あまり強くない男性!主人公>>続きを読む

C.R.A.Z.Y.(2005年製作の映画)

4.3

毒親といえば毒親なんだが憎めない。時代の流れが結構あるので、アンダーグラウンドなんかを全然違うジャンルのお話だけど思い出した。あからさまな描写なしで、もしかしたら思春期の一時的なものかもしれないし、バ>>続きを読む

ダラス・バイヤーズクラブ(2013年製作の映画)

4.4

映画見てんなあって気持ちになる。ハリウッドらしい昔ながらの映画って感じがする。一昔前にこういうのが多かった気がするけど、もうこの映画も一昔前か。マシューマコノヒーが薬やったり、どんどん元気になってたり>>続きを読む

ONE PIECE FILM RED(2022年製作の映画)

3.8

ワンピースはあまり知らないが、妹が大ファンなので、なんとなくはわかっている。気楽に見てまあそれなりには楽しめるのかなと思いきや、うーん、なんだろう、薄くないか。マーベルとか見れると正直このくらいのアク>>続きを読む

百花(2022年製作の映画)

4.1

Filmarks様試写会にて。雰囲気はめちゃくちゃいい映画風。ファーザーを思わせるような認知症描写に始まり、不安と苦しみと葛藤が2時間続く。めちゃくちゃ暗い画面が多いので、映画館で見ることを勧めます。>>続きを読む

裸足で鳴らしてみせろ(2021年製作の映画)

4.1

しつこすぎる愛の営みとしてのプロレスには大興奮。ああするしかないんだよなあ。そういう話だとわかってからが面白かった。個人的にはもうしちゃってほしいけど、とにかくプロレス。

ハリウッド映画だったら絶対
>>続きを読む

PLAN 75(2022年製作の映画)

4.0

もっと面白くなりそうな題材なのだが、なんか勿体無い。主演の3人でもっている映画。河合優実さんがほぼ出てこないのが勿体無すぎる。結局彼女はどうしたの?どう思ったの?場繋ぎの場面にしかなってないよ。河合優>>続きを読む

スウィートビターキャンディ(2022年製作の映画)

4.2

結構気合い入ったお芝居と珍しくはっきり悪役がいることでお話としても面白かったです。結構変態です。明確なエロ描写のない陰湿なエロ系です。劇中にLEONの話を出してくるのがまたにくい。展開が結構ちゃんとコ>>続きを読む

相続人(1973年製作の映画)

4.2

アクション欲しくなっちゃう展開ではあるよなあ。かっこいいけど。渋いっす。冒頭ポケットに何か入れられてるの気づいて欲しかったけどね。この家系は一生幸せになれないんじゃ無いかしら。

バズ・ライトイヤー(2022年製作の映画)

4.3

だいぶ前に見てレビュー書いてなかった。これ俺大好きよ。いきなり序盤から思わぬ展開に驚き。えええそこでそのインターステラー的展開...みたいな。インクレディブルファミリーとかトイストーリー4とかPIXA>>続きを読む

グレイマン(2022年製作の映画)

3.8

これは久々に大がっかりだわ。話がいけてないっていうのは知ってたけど、アクションが…こんなに微妙とは思わなかったよ。暗くてよくわかりにくいシーンも結構多い。Netflixは金かけて何してんの。クリエヴァ>>続きを読む

パンチドランク・ラブ(2002年製作の映画)

4.3

リコリスピザ見てみたくなりましたね。PTAって結構なんだかんだ純愛だよね。意外とストレートなエロ描写とかあんま入れてこない。純愛。途中一瞬SUPER!!みたいな展開があることだけがちょっと気になる。総>>続きを読む

私ときどきレッサーパンダ(2022年製作の映画)

4.3

インサイド・ヘッドに続く、モロに子供が理解できないから徹底的に子供を分析する映画。中国系に対する穿った見方ではないのか?と思ってしまう部分が少しノイズ。ヨーロッパ系だったらもう少しフラットにみれたよう>>続きを読む

ビリーバーズ(2022年製作の映画)

4.2

エロさは保証します。
いい意味でも、ちょっと悪い意味でも、中学生に無人島、3人、カルト宗教、で映画脚本書いてみ、と言ったような話。磯村くんエロかったなあ。北村さんは言わずもがな。
最後の銃描写がなーチ
>>続きを読む

コンドル(1975年製作の映画)

4.3

フェイダナウェイとロバートレッドフォードならまあそうなるかと思いつつ、流石にフェイダナウェイ急に距離近づきすぎだけど、そんなこと気にしない気にしない。そういえば、ザ・ファームもシドニーポラックだったよ>>続きを読む

プロフェッショナル(1981年製作の映画)

4.3

バランスの良い娯楽作。シンプル。カーチェイスはなかなかの迫力。トムクルーズも参考にしたのかな。ラストあんな余裕で歩かなくてもw 主人公の使う手法もなかなか粋である。好きだなあ。

愛と哀しみの果て(1985年製作の映画)

4.3

Amazon Primeにもあるのでおすすめしたい私は。

退屈に感じる方もいるようで、私もコンディションによってはそうだったのかもしれないが、とにかく広大なアフリカの大地と、若々しいメリル・ストリー
>>続きを読む

戦争と女の顔(2019年製作の映画)

4.0

意外と、あ、やっぱそうだよね、と思える展開が多く、妙に安心して見れた記憶がある。主人公の発作で起こってしまうある途轍もない悲劇のシーンがやはり印象的。PTSDの描き方として新鮮。しかしあくまでヨーロッ>>続きを読む

ソー:ラブ&サンダー(2022年製作の映画)

4.2

ジェーンと会った時のリアクション含めて、どうしてもソーが良くも悪くも軽すぎて、ジェーンやゴッドブッチャーの要所要所で出してくるシリアスな重みが薄れてしまっている。クリスチャンベールの使い方として、どう>>続きを読む

モガディシュ 脱出までの14日間(2021年製作の映画)

4.5

これとんでもないよ。凄すぎるよ。史実で、リアリティのあるソマリアの状況を描くのはもう当たり前として、アクション描写も完成度ドン引きするし、そうかと思えばあの泣かせる展開。ああ、エンタメ、ドラマ性の両立>>続きを読む

>|