さらへびさんの映画レビュー・感想・評価

さらへび

さらへび

映画(467)
ドラマ(0)

わたしは、ダニエル・ブレイク(2016年製作の映画)

4.0

''尊厳を無くしたら終わりだ''

見ているのがただひたすら辛いし苦しい
今こうしている瞬間にも苦しんでいる人はいると言う現実を見て見ぬ振りはしてはいけない

ただ真面目に働いて税金を収めて悪事も働か
>>続きを読む

チキンとプラム 〜あるバイオリン弾き、最後の夢〜(2011年製作の映画)

3.8

「ため息を掴め」

生きる喜びを失くしベットの上でただ死ぬことを待つ事にしたヴァイオリニストの主人公ナサール・アリ

死ぬまでの8日間、彼の回想とその後の未来が交互に描かれる。

ファンタジーのような
>>続きを読む

ジヌよさらば かむろば村へ(2015年製作の映画)

3.0

「猫になりてえなあ〜」

これはもう阿部サダヲの映画だ

銀行員時代のトラウマからお金アレルギーとなって東北の''かむろば村''へ移住を決めた主人公タカ

お金を一切使わない生活から村人に助けられ、小
>>続きを読む

ユージュアル・サスペクツ(1995年製作の映画)

3.8


ケビン・スペイシーの魅力爆発独断劇場

これは語り手が信じられないサスペンス
最後の最後に「やられた」となってしまう事間違いない

元警部のキートンが主役で物語は進んでゆく。もう堅気に戻りたいキート
>>続きを読む

サバイバルファミリー(2017年製作の映画)

3.7

原始人より我々は賢いのか?!

急に電気、ガス、水道が止まった世界
果たして家族は生き残れるのか?!

もっと現実はパニックになるはず、エピソード抜けがすごいなど所々突っ込みどころはあるけど全体通して
>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

3.5

「誰にも見えてない」

脳内妄想を広げて絶滅動物の不器用さに共感しながら生きてるヨシカ。

中学の頃から10年間妄想の中で恋し続けてるイチと急にヨシカの世界に入り込んできた現実の二。

自分のことを好
>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.5

「人を知りたければ、よく見ること」

遺伝子疾患により27回の手術を受け、人とは違う顔を持って生まれてきたオギー
虐められる事を恐れ自宅学習で過ごしてきたが5年生になり初めて学校へ通うことに

オギー
>>続きを読む

アウトブレイク(1995年製作の映画)

3.5


アメリカのウイルス感染パニックものは隔離して爆弾で解決しろみたいなの多い

コロナウイルスがこうならないといいなあ、、、なんかリアルタイムでこういう状態になっているのをまだ受け止め切れてない

日日是好日(2018年製作の映画)

4.2

「休んでもいいじゃない、おいしいお茶を飲みにくれば」

日々忙しなく過ぎていく時間の中、茶道の時はゆっくりと流れる。季節、音、感触、感覚を全て使ってお茶を立てる。

典子は真面目で不器用でおっちょこち
>>続きを読む

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン(2002年製作の映画)

3.8


“No body chasing you “

ルパンと銭形警部を見ているような追いかけっこ

まだティーンの男の子っていうのがすごい。そしてまた実話っていうのが仰天

犯罪だけど殺人や人を不幸に
>>続きを読む

SING/シング(2016年製作の映画)

3.6


毒のないグレイテストショーマン

ただ楽しい気分になれてハッピーエンド
吹き替え版でみたけどMISIAの歌唱力が半端じゃないな〜

鑑定士と顔のない依頼人(2013年製作の映画)

4.0


「いかなる贋作の中にも必ず本物が潜む」

女性恐怖症のお爺さんが広場恐怖症の女性に恋をしていく。顔が見えない奔放なクレアに振り回され、顔が見たい、一目会いたい、彼女を支えたいとどんどん彼は彼女にのめ
>>続きを読む

ボブという名の猫 幸せのハイタッチ(2016年製作の映画)

3.5


ドン底の人生に天使が舞い降りる

見初めて30分、耐えられずに2回で寝てた猫を連れ出して隣で一緒に見た

ボブは彼を選び彼に助けられ、彼の人生を180度変えた。

実話っていうのが凄い

彼はラッキ
>>続きを読む

パンとバスと2度目のハツコイ(2017年製作の映画)

4.4

「フランスパンが固かったせいだね」


ずっと自分を好きでいてくれる自信も相手を好きでいられる自信もない。パン屋で働くふみに二度目の初恋が訪れた。

「好きだった人を付き合わずに嫌いになれると思う?無
>>続きを読む

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

3.7


死際に見えたのは初恋の相手でも楽しかった思い出でも両親の顔でもなくて他人の死体だった。

死体のおならで島を脱出し、死体が吐く水を飲み、死体のガスを鉄砲がわりにし獲物を取る。

死体はいつしか声を発
>>続きを読む

パーティで女の子に話しかけるには(2017年製作の映画)

3.7

「私をパンクにして」

「ヘドウィグアンドザアングリーインチ」で心を奪われたジョンキャメロンミッチェルの最新作

70sカルトムービーを思い起こさせるような世界観。覗いてみたら宇宙人のパーティだったな
>>続きを読む

火花(2017年製作の映画)

3.5


夢を追う若者の苦しさ

自分が''面白い''と思ってる事で世界を作る。誰も笑わないかもしれないし笑ってくれるかもしれない。舞台に立ったことがある人間しかわからない感情がある

この先の不安と自分自身
>>続きを読む

青い春(2001年製作の映画)

4.5


「花は咲くものです。枯れるものではない」

青い青春に落とされる黒い影

一つの敵を倒すわけでもなく、弱いものが成り上がるわけでもなく、ただゆっくりとそれぞれ散って行く
ヒリヒリとする若さの痛々しさ
>>続きを読む

俳優 亀岡拓次(2016年製作の映画)

3.7

「偶然という名の必然、俳優 亀岡拓次」

俳優として生きる亀岡の人生
いろんな現場をこなし、酒を飲んでタバコを吸う。そしてまた次の現場に行く

俳優の先輩を見ているような気分だった。

変に高いプライ
>>続きを読む

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男(2017年製作の映画)

3.5

ゲイリーオールドマンだと思えないくらいのメイクが本当にすごい

''成功は決定的ではなく、失敗は致命的ではない。大切なのは続ける勇気だ''


勇敢に戦った国民は立ち直れるが逃げたら立ち直れない。誇り
>>続きを読む

セブン(1995年製作の映画)

4.6

このレビューはネタバレを含みます


「高潔すぎるが故の犯罪者」

天使が堕天使になるのも英雄か大犯罪者になるのも結局は表裏一体
何が善で何が悪かなんか曖昧でしかない

日々都会で繰り返される「悪」に対する「無関心」

サマセットはミゲ
>>続きを読む

シャイニング(1980年製作の映画)

3.7


キューブリック〜〜!

ただ小さい男の子が三輪車で遊んでるだけなのに怖い。

映像カットの切り取り方で見せる世界が本当に変わるんだなと思わされた

ホテルに幽霊がいるのか、それとも孤立した空間に閉じ
>>続きを読む

裏切りのサーカス(2011年製作の映画)

3.5


完全に一回見てわからせようとしてない製作陣の思惑通り、初見は「?」で終わってしまった。不親切極まりない映像カットの切り替わりなので現在なのか過去なのかわからなくなる。

まず顔と名前と立場と背景を一
>>続きを読む

スマホを落としただけなのに(2018年製作の映画)

2.9

このレビューはネタバレを含みます


アサミの過去がテーマである''SNSの怖さ''を遥かに超えるパワーがあって全体のストーリーが濁った

ゆるっと見る分には面白い

神様メール(2015年製作の映画)

3.6


パッケージの明るさとは裏腹に不思議なファンタジーと現実とクラシックが交わった世界観が印象的

全体的に少し暗くて刹那的
「うれしい未来、受信中」という日本のサブタイつけた人はセンスないなあ

余命を
>>続きを読む

ペット(2016年製作の映画)

-


バナナマン大好きだから楽しかった
とりあえず家のネコちゃん抱き締めた
(めっちゃ嫌な顔されたけど)

ファイト・クラブ(1999年製作の映画)

4.4

名前のない主人公とその友達

不眠症から様々な患者の会に参加する
どんどん闇に堕ちていく

暴力とスリル、取り残されていく感覚
そして自分自身との対話

ルールその1
「ファイトクラブのことは他言して
>>続きを読む

天気の子(2019年製作の映画)

3.0


雰囲気と音楽で泣いてしまったけど後からなんだかモヤモヤが残る作品

「青春」や「愛情」をこれでもかってくらい見せつけられる。

二人で世界を変えて、二人が幸せでいたらそれでいいって。

新宿のtoh
>>続きを読む

きみはいい子(2014年製作の映画)

4.5


抱きしめられた時、どんな気持ちがした?

子供だって、大人だって。

胸が苦しくなって動けなくなりそうだった
重くてセンシティブだけどすごくリアルで生々しかった。それぞれが抱えてる苦しさ、プレッシャ
>>続きを読む

世界は今日から君のもの(2017年製作の映画)

3.4

人それぞれの歩幅

ゆるくふわっとストーリーが進んでいく
重たそうだけど重たくもなく、暗そうだけど暗くもない。小沼ちゃんはとても普通の子に見えた。

私個人的にはお母さんとのシーンが好き
親は子を無責
>>続きを読む

>|