Tetraさんの映画レビュー・感想・評価

Tetra

Tetra

記録用だったけど常用垢に。元abokadoです。
アイコンはトリアー監督脚本のディア・ウェンディより

映画(119)
ドラマ(10)

ラブレス(2017年製作の映画)

4.0

おそらく初ズビャギンツェフ。
観る側にあらゆる考えを抱かせる為の伏線らしきものが冒頭からたくさん。
最初から最後まで愛の欠如を描いた作品。
言葉では愛とか愛してるとか言っててもそれは時間が経過すると無
>>続きを読む

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

4.5

今回の大本命はこちらの一本。
ザクッとまとめた言い方で戦争映画は基本好まないが、前戦を影で支える者の話は大好きである。

銃を持たない、人を殺さない、暴力は振るわない。
この時代戦争においてアンチとも
>>続きを読む

はじまりへの旅(2016年製作の映画)

4.3

これすごく良かった!!元々みたいなとは思っていて職場の映画好きの人にも好きだと思うよ。とは言われてたけど。

森で暮らすへんてこな家族。第三者から見れば変人だけど家族からすると個性的で進歩的で高潔に生
>>続きを読む

メッセージ(2016年製作の映画)

4.0

あーそーゆことだったのか!となる作品。
映画の雰囲気で友好的なのか攻撃的なのかは大体わかるけどメインはそこじゃなかったのか!そして過去と思ってたものは過去じゃなかったのか!と全てに合点がいった。
重力
>>続きを読む

光をくれた人(2016年製作の映画)

4.0

確信した。デレク・シアンフランス監督の作品が自分は好きだ。
この監督、夫婦や家族の在り方を前半丁寧に描くからこそ後の展開が辛いんじゃないかと思う。
ブルーバレンタインだってそうだし。
1組の夫婦だけじ
>>続きを読む

ライフ(2017年製作の映画)

3.7

新年初映画はジレンホールさんのライフ!
カルビンなんて愛称つけたけど中身は殺人エイリアンじゃないか。
船員全てがいい奴展開は珍しいしラストの救いようがないメッセージは嫌いじゃない。
カルビンはどこまで
>>続きを読む

パーティで女の子に話しかけるには(2017年製作の映画)

4.2

エルたんが出るからみよう。ヘドウィグの監督だからみよう。
そんな軽い気持ちで良作に当たった時は心の底から嬉しい。

パンクで社会に争い麗しきチャーミングな異星人と愛を叫び僕は童貞を卒業し人生を学んだ。
>>続きを読む

キングス・オブ・サマー(2013年製作の映画)

4.2

ずっとみたかった念願の青春映画。
安っぽい言葉で言うとキングスオブサマーは最高オブサマーである。
タイトルの意味が3人から1人へと移行していく。ちょびヒゲ姿なんてヒトラーと被って仕方なかった。
大人に
>>続きを読む

パターソン(2016年製作の映画)

4.5

街の名前はニュージャージー州パターソン。
彼の名もまたパターソン。
そんなパターソンに住んでる1人のバス運転手の一週間の話。
ジム・ジャームッシュ監督の作り出す登場人物や犬までさえも全てが可笑しく愛お
>>続きを読む

怒り(2016年製作の映画)

4.5

久々の衝撃だった。アボカドアカ以来の長い感想になりそう。

八王子で起きた夫婦惨殺事件、そこに絡み合ってくる3つの話。
1つめは謎の男田代と愛子、愛子の父(世界の渡辺謙)。
2つめは田中と泉と達哉。
>>続きを読む

世界一キライなあなたに(2015年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

介護士と利用者の話の恋愛と思いきや、、全く違うじゃないか。。。
勿論そこも含まれているが介護の苦労とか恋愛とか四肢麻痺患者との恋愛とか置いといて。
インフォームドコンセント、尊厳死の話だった。
人は終
>>続きを読む

ザ・ゲスト(2014年製作の映画)

3.2

後に有名となるとダン・スティーヴンスが魅力的な居候人を演じてる。
結局ラストは???となるが正体不明のままで消化不良。
しかもこれサプライズのアダム・ウィンガード、もうちょっといけるでしょ!

ヴィデオドローム(1982年製作の映画)

3.7

クローネンバーグよろしく!なドラッグムービー。と個人的に。
性の暗喩もしっかりとあります。
呪いのビデオ的な、ありそう。個人経営のレンタルショップやなんかに。

サカサマのパテマ(2012年製作の映画)

3.7

吉浦監督の世界観が好きです。
結構心が持ってかれるんですよこれ、キュンキュン!とかではないけどそれでも見ててほっこりする。
意外に暗い話。

ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い(2009年製作の映画)

4.0

おそらく自分はアメリカの笑いがツボなんだと思う。
映画館以来の鑑賞だったけど爆笑したし床叩いたし床転がったし。
大人の皮を被った子供のアランの成長が頼もしい。

スーサイド・スクワッド(2016年製作の映画)

3.0

映画館に行かなかったいや行けなかった。
なんだか、勿体無い気がする。これだけの演者を集めてしかもジョーカーはあの変幻自在なジャレッド・レトなのに。。。
残念です。

技術者たち(2015年製作の映画)

3.8

イ・ヒョヌ目当てに鑑賞。
韓国映画でなにこれつまんない。て思ったものに今まで当たったことがない。
アクション、スリル。裏切り、誰かの死。。。あと笑い!
主人公がかっこいいのかはさて置いといて絆が熱いの
>>続きを読む

ロスト・バケーション(2016年製作の映画)

4.3

本当に面白かった!!鑑賞しながら家で声をあげた。
圧巻の空撮はあーこれジャウム・コレット・セラだわぁと思いつつ。
出演者がほぼ主人公とサメ、しかも海といういわゆる1シチュエーションでここまで面白くなる
>>続きを読む

クリーピー 偽りの隣人(2016年製作の映画)

3.8

どっと疲れた。隣人て本当に素性わからないから怖い存在だ。
もし隣人が連続殺人鬼だとしたら、頭のおかしい奴だったら。。
そこに目をつけられて生活も自分もめちゃくちゃにされたら。。。
香川照之がひたすらに
>>続きを読む

ライト/オフ(2016年製作の映画)

3.8

これはよくできたホラー映画!
子供の頃なにが怖かったか?
暗闇が怖かった、トイレ行くのにも廊下を歩くのにも。
暗闇にいる何か、子供が想像してしまう恐ろしさを具現化した作品。
ストーリーも丁寧に作り込ん
>>続きを読む

ビッグ・アイズ(2014年製作の映画)

3.8

ティム・バートンとは思えないシリアスさ。
これはある意味ホラー。
まぁよくある話だけどそれでも許せないし人はいやらしいし、人間の汚さ全開。
ラストはスカっとした。

スノーホワイト 氷の王国(2016年製作の映画)

3.6

続編。今回は白雪姫じゃなくてクリヘムがメイン。
普通に面白かったしクリヘムはとてもかっこいい。
そして本当に綺麗氷の女王!

きみはいい子(2014年製作の映画)

4.0

呉美保作品は2本目。
とても深かった。いつも誰もが幸せでハッピー!て終わらないのでリアルだなと思う。
先生は最高の宿題を課したように思えるけどそれが命取りになる生徒もいるってことを最後に思い知る。
>>続きを読む

はじまりのうた(2013年製作の映画)

4.0

映画館以来の鑑賞。
やっぱり良い作品!マルーン5の音楽だよな、と思いつつ。
主人公の娘、sweet17モンスターのスタインフェルドちゃんなんだものね。
コードだけで進行するギターも他の楽器が揃えば光る
>>続きを読む

ある日モテ期がやってきた(2010年製作の映画)

3.5

初めてかと思ったら2回目だった。
平凡な冴えなーい感じの男の人が美女と付き合うんだけど、自信なさすぎて、、でも美女もコンプレックスがあって。。て話。
どんな人でもコンプレックスを持っててそれをそんな大
>>続きを読む

アンリミテッド(2014年製作の映画)

3.0

テイラー・ロートナー目当てにみた作品。
パルクールアクションかっこいい!ただそれだけだった。

ベイマックス(2014年製作の映画)

4.0

今まで見なかったことを後悔するくらいにマーベル!!
かなり泣けたし、ベイマックスは精神を落ち着かせる、癒される。
悲しいことから始まるディズニー作品は良いものが多い気がする。ニモ然り。。くらいしか思い
>>続きを読む

ラブ&ピース(2015年製作の映画)

3.5

放置していたログを病院の待ち時間に書こうと思いますのでドドっと埋めたらすみません。とあらかじめ言っておきます。
と思ったらすぐ順番来た。

園子温監督!エログロなんかは卒業したのかピュアで真っ向勝負し
>>続きを読む

サウルの息子(2015年製作の映画)

3.6

体調整えてみなかったからやられた。
すごく重いけど息子がどうかという単純な話ではなく、人間の尊厳を問うた作品だった。
あの場所で『人』で居続けることを選んだ主人公はあんなラストでも救われたんじゃなかろ
>>続きを読む

ホビット 決戦のゆくえ(2014年製作の映画)

4.4

号泣した。トーリンが宝石にやられて先代みたいに蝕まれるけど純粋なホビットに諭される。
諭されるから正気に戻るって簡単な話でもないけど。
善意の心があれば悪の道から人は正しい道へと行けるんだろうなと思い
>>続きを読む

ホビット 竜に奪われた王国(2013年製作の映画)

4.2

一度みたら止まらないそれがホビット。
スマウグが金の亡者でカンバーバッチでとても良い◎
ルーク・エヴァンスも良い位置。
やっぱ目玉はエルフとドワーフの恋だろう。種族を超えた、、素敵!

ホビット 思いがけない冒険(2012年製作の映画)

4.2

純粋にこのシリーズが好き。
ROLも最高だけどホビットも負けてない。
ホビット庄から仲間結成、旅に出るまで丁寧に描くのたまらない。
キャラのほとんどはドワーフだけど個性的で飽きない◎

エクス・マキナ(2015年製作の映画)

4.0

正月の夜にしこたま呑みながらみた作品。
職場の人にもかなり前から勧められていて、もうほんと面白かった!
場面的に盛り上がったり波はたいしてないのだけど人と人工知能ロボットが淡々とやりとり(賭け)してい
>>続きを読む

クランプス 魔物の儀式(2015年製作の映画)

3.5

ジャケットに惹かれたけどまぁまぁだったかな。
子供の頃にみたらワクワクするようなホラー?の代表にもなれるような作品。怖いだけじゃなく言葉に出したり安易に思ったりすることに警告を。

グリーン・インフェルノ(2013年製作の映画)

3.6

正月にしこたま呑んだ後にみた作品。
ホラー好きとしてこの人類の弱肉強食生態系の教科書みたいなこの作品を見逃すわけがない。
最初の目玉のシーンはさすがに嗚咽したけど、後半はノートを取るかのごとくみていた
>>続きを読む

>|