暮色涼風さんのアニメレビュー・感想・評価

  • Filmarks
  • 暮色涼風さんの鑑賞したアニメ
暮色涼風

暮色涼風

ティアムーン帝国物語~断頭台から始まる、姫の転生逆転ストーリー~(2023年製作のアニメ)

4.0

重くて暗くて、悲惨な首チョンパの始まり方から、打って変わって明るいOPが流れて、なにごと? と惹きつけられる第1話冒頭が良い。


"記憶を保持したまま、未来から過去の自分に転生する"
という、やり直
>>続きを読む

0

16bitセンセーション ANOTHER LAYER(2023年製作のアニメ)

3.6

古いゲームの良さを語るだけの単なる懐古主義アニメ、かと思いきや、
AIに頼り切りの効率重視社会とこれからのものづくりのあり方を危惧した内容で、今に相応しいテーマだった。


技術が進歩して、楽になった
>>続きを読む

0

経験済みなキミと、経験ゼロなオレが、お付き合いする話。(2023年製作のアニメ)

3.0

もう何人の男とも経験している陽キャ美人ギャルが、こんな純粋な恋を陰キャ男子とするわけがなくて。

そんな童貞の妄想みたいなあり得ない話だからこそ、需要があるんだなと思ったが、意外にも原作者が女性作家だ
>>続きを読む

0

新しい上司はど天然(2023年製作のアニメ)

3.4

これはBLに含まれるのだろうかと、始終気になった。
元カノの話とか出てくるし。

0

SHY(2023年製作のアニメ)

2.8

正直、よく早々に2期制作決定したなという仕上がり。

ペペシャとその母レターナの話は泣ける。

肝心の、シャイな主人公の方は掘り下げが弱く、始終魅力が感じられず。

0

School Days(2007年製作のアニメ)

4.0

ある意味名作ホラー。

全国の「伊藤誠」に同情する。

0

クイーンズブレイド リベリオン(2012年製作のアニメ)

3.5

けっこう笑いどころも多くて楽しめた。
OPとEDがやたら格好良い。
超振動の鎧のエロさよ。

0

クイーンズブレイド 玉座を継ぐ者(2009年製作のアニメ)

3.5

後半は熱くて、ほんのちょっとだけ引き込まれた。

EDが癖になるエロさ。
沼地の魔女サイドの3人とも良いキャラしてる。

0

クイーンズブレイド 流浪の戦士(2009年製作のアニメ)

3.5

個性豊か……。

性的嗜好も時代と共に多様化していくことを実感。

最終話、良い緊張感と雰囲気でEDが流れ始めたと思ったら、クレジットの書体がダサすぎてもったいないシメだった。

0

下ネタという概念が存在しない退屈な世界(2015年製作のアニメ)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

なかなかの問題作。
下ネタや卑猥な描写に抵抗がある人は絶対に観てはいけない。
最後まで観た人は間違いなく変態だ。

最初は何を観させられているんだと思ったが、ここまで振り切っているとむしろ清々しい。
>>続きを読む

0

はたらく魔王さま!!(2022年製作のアニメ)

3.5

「"三日月の種"を植える」
って響き、めっちゃファンタジーで良いね。

それなら俺は"柿の種"を植えよう。


だいぶ間が開いた2期はパワーアップしたかと思いきや、1期の勢いは無い。

0

はたらく魔王さま!(2013年製作のアニメ)

3.9

ある意味、異世界転移して底辺からのスタートもの。

魔王の貧乏生活ってだけで面白い。

0

豚のレバーは加熱しろ(2023年製作のアニメ)

2.0

"心の声がだだ漏れ"という設定と、豚とヒロインの性格が良くて、最初は面白くなりそうと思っていたけど、途中からテンポが悪くなり、台詞も間延びしてきて、残念なことに。

特に、第9話のアクションが酷すぎる
>>続きを読む

0

君のことが大大大大大好きな100人の彼女(2023年製作のアニメ)

3.8

ラブコメかと思いきやバトルギャグだった。
倫理観バグる。
100又とか、100人目出てくるまで何クールやるつもりなのか。
ひとりの女の子とだけで1クールできそうなくらい、キャラクターそれぞれが個性的だ
>>続きを読む

0

私の推しは悪役令嬢。(2023年製作のアニメ)

3.0

綺麗事やプライドや犠牲心が邪魔をして、自分の一番の願いを諦めてしまうくらいなら、どんな手を使ってでも勝ち取りにいくべきだ。

という教訓は、時と場合にもよる。

0

でこぼこ魔女の親子事情(2023年製作のアニメ)

3.1

「汝は力を欲するか?」
不死鳥がしゃべる度、アラン・リックマンがチラついた。

すごく面白いってわけじゃないけど、終わると寂しくなる、アットホームな作品だった。

次回予告を挟むタイミング好き。

0

這いよれ! ニャル子さん(2012年製作のアニメ)

3.4

主人公は助けてくれた恩人に対して、やたら苛立ちとあたりが強くて、こんなに好かれている理由がイマイチ分からなかった。

いつも喧しいヒロインは、しおらしくなるギャップが良くて、段々と惹かれた。

しんど
>>続きを読む

0

りゅうおうのおしごと!(2018年製作のアニメ)

3.5

未だ男性社会が根強い将棋の世界で、主人公の周りが幼女だらけなのは最早ファンタジー。

第7話の桂花さんの話は泣ける。
もう一度負けず嫌いになろうと思えた。
夢を諦めずに追い続ければ誰でも叶うわけではな
>>続きを読む

0

私に天使が舞い降りた!(2019年製作のアニメ)

3.9

なんだかとても尊い世界だった。

みゃー姉役の上田麗奈が、変態っぽくテンションが上がる演技をするところとか、お手本にしたのかなってくらい花澤香菜っぽかった。

12話、まさか劇中劇で泣かされるとは。

0

ライザのアトリエ ~常闇の女王と秘密の隠れ家~(2023年製作のアニメ)

3.4

完成形をイメージして、どんな材料がどれくらい必要かリストアップして揃えて、調合していく錬金術。
調合の過程はかき混ぜるだけで、"どうすればそうなるか"こそ省かれてはいるが、目標達成へのイメージと下準備
>>続きを読む

0

寄宿学校のジュリエット(2018年製作のアニメ)

3.8

蓮季がめっちゃ良い子なのに報われなくて可哀想。と思えるくらいヒロインに劣らないキャラだった。

0

4人はそれぞれウソをつく(2022年製作のアニメ)

3.6

ギャップまみれ。
このくだらなさは良い。
時々声に出して笑った。
時々ほっこりした。

パレードでマガポケの宣伝は笑った。

0

夢見る男子は現実主義者(2023年製作のアニメ)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

推し引きで、失って気付く大切なものや本当の気持ち。
意地を張り続けて、手遅れになってしまう前に、本音を伝えられて良かったね。

結局は、ヒロインも内心、気があったから良いものの、現実ではこうはいかない
>>続きを読む

0

撲殺天使ドクロちゃん(2005年製作のアニメ)

4.0

自分にとって2006年頃は、色んな世界の扉を開いた時期だった。

この作品は、おそらく自分がアニメにハマった記念すべきキッカケ的存在。

当時、中一だったか中二だったか、"おもしろフラッシュ倉庫"か何
>>続きを読む

0

彼女と彼女の猫-Everything Flows-(2016年製作のアニメ)

3.5

U-NEXTでは、この全4話の後に、一本にまとめた完全版が配信されているが、全く内容は一緒だったので、完全版だけ観れば十分。
テレビ放映版の悪いところは、分割することで、集中力と熱を下げてしまうところ
>>続きを読む

0

山田くんと7人の魔女(2015年製作のアニメ)

3.9

よくある"男女入れ替わり"ものかと思ったら、それだけじゃなく、色々な事が起こって面白かった。
みんな理解が早くて、展開も速い。

とは言え、1クールで7人も能力の違う魔女を出すとなると、やはり中盤から
>>続きを読む

0

ツンデレ悪役令嬢リーゼロッテと実況の遠藤くんと解説の小林さん(2023年製作のアニメ)

3.2

「君の瞳によく似た色の花を見つけたよ」

なんてくっさい言葉をナチュラルに言えるんだ!



実況と解説が、1分間に900字の野球中継並みにもっとぐいぐいテンポ良く来てくれたら、白熱してより面白くなっ
>>続きを読む

0

ミギとダリ(2023年製作のアニメ)

3.9

シュールな笑いとミステリーで、伊藤潤二作品の双一が出てきそうな世界観だった。

0

まよチキ!(2011年製作のアニメ)

3.9

こんなん余裕で性別バレるやろ。

でも面白いからもっと続けて欲しかった。

0

転生したらスライムだった件(2018年製作のアニメ)

3.9

"みんな仲良く平和に"という理想の世界は、種族の弱体化や食物連鎖の崩壊を招いて、生態系に様々な影響が出てしまいそうだ。
と思っていたら、仲間にもどんどん力を与えて、力のインフレが今度は心配になる。
>>続きを読む

0

ビキニ・ウォリアーズ(2015年製作のアニメ)

3.1

なかなか容赦ない内容で、おもえろい。
ショートアニメでここまでやれれば上出来。

0

変態王子と笑わない猫。(2013年製作のアニメ)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

涼宮ハルヒシリーズ、特に『消失』の影響を感じた。

"もしも願うだけで世界を改変できたり、それをキャンセルできたりするなら"という非科学的空想は面白い。
これは誰の願いなのか、誰にキャンセル権があるの
>>続きを読む

0

青のオーケストラ(2023年製作のアニメ)

3.0

演奏のシーンになる度に、キャラクターが残念なCGになる。
肩の揺れや手先の細かい動きなどを忠実にしたかったのだろうけど、最後まで馴染めなかった。
これなら一枚絵にした方が、予算も時間も浮くし、観る側の
>>続きを読む

0
>|