YuiMoritaniさんの映画レビュー・感想・評価

YuiMoritani

YuiMoritani

映画(387)
ドラマ(60)

ジュディーを探して(2017年製作の映画)

1.8

アマンダがいなかったら完全に視聴をやめてたかもしれない、、

テレビに出てる人だからこそ、こんな映画が作りたかったのかなと思った。

全体的に静かにシュールな映画。

ダイバージェントNEO(2015年製作の映画)

2.7

よりCG感が強くなった、第二作目。

とにかくありきたりなストーリーで先が読みやすいので、カジュアルに見れます。
戦闘シーンは痛そうだけど、、

ケイト・ウィンスレットの役が頭硬すぎるのと、
主人公も
>>続きを読む

ダイバージェント(2013年製作の映画)

2.8

ハリー・ポッター + ハンガー・ゲームのコラボレーション的な。

主人公がどんどん可愛く見えてくる感じ。

今のところ、3チームしか表に出てきていないので、他のチームも気になるところ。

お決まりパタ
>>続きを読む

サイド・エフェクト(2013年製作の映画)

3.2

こんな戦略の殺人計画もあるんだなと。

絶体絶命のジュード・ロウをひたすら庇わない上に、責め立てる嫁も優しくないなと感じつつ、
ラストの巻き返し感は爽快。

女って怖いなと思える内容でした。

かぐや姫の物語(2013年製作の映画)

3.5

映画を一度通して見たくらいでは、きちんと理解できないほどの奥深さ。

アナログな絵に見えるけれども、通常では考えられないほどの技術が駆使されてるとのこと。

ストーリーは竹取物語に忠実。
ここまで壮大
>>続きを読む

マッチポイント(2005年製作の映画)

2.7

確かにマッチポイント。

ウディ・アレンお得意のこじらせ的なやつですが、今回はポップさがあまりない。

少し?脳天気な警察。

こんなふうに免れてる人もいるのかもしれないと思いました。

パティ・ケイク$(2017年製作の映画)

3.0

ストーリーはよくある普通のやつ。

音楽はさすがメインコンテンツなのでかっこよかった。

おばあちゃんがイケてる。

友達がいいヤツ。

お母さんがちょっと頭悪めだけど憎めない。

ダーク・プレイス(2015年製作の映画)

2.7

そーゆーことかー。
母の選択。
予想外の巻き込まれ。

淡々と暗い話が進む。

アメリカのその地に根付いた信仰とかも絡んでいると思うので、そこがわかればもっとしっくりくるのかなー

兄はダメ女に惹かれ
>>続きを読む

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

3.2

懐かしい。
あのドンドコ音。

ドウェイン・ジョンソン、ジャック・ブラック、ケヴィン・ハートってだけでもいろいろキャラ濃い。
見た目変わっちゃうのも面白いし、クリアしていくゲーム感も面白いし、笑えるお
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

3.2

世界観は好きだけど、ストーリーがあまり好きになれなかったので、途中途中入り込めず、、
ザックとのバーシーンがテンポよくて好き。

グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち(1997年製作の映画)

4.0

良い映画

ロビン・ウイリアムズの冷静なのにとても優しい目が印象的。

人と向き合うのは本当に大変なことだし、自分を見つめるのも本当に大変。

子供だからとか大人だからとか、それは年齢ではない。

>>続きを読む

魔法の恋愛書(2012年製作の映画)

3.3

ブラック系恋愛コメディ。

恋愛指南書をもとに
4タイプの恋愛をピックアップし、進行していくスタイルで、おなじみのエンディングなんだけど、ブラックだから、スタイリングとか、メイクとか髪型とかがキメキメ
>>続きを読む

素晴らしきかな、人生(2016年製作の映画)

3.5

映画の中にとっても愛が溢れてる。

細かな演出とか構成が生きてて、まとまりもよく、尺も長くないので、色んな意味でバランスのいい映画。

るろうに剣心 伝説の最期編(2014年製作の映画)

3.5

本当に数少ない実写が許せる映画。
最後まで見届けてみた。

原作の殺陣の作り方を忠実に再現しながらも、この映画特有とも言えるアクションシーンを考えたチームすごい。

最後のアクションハリウッドレベルの
>>続きを読む

るろうに剣心 京都大火編(2014年製作の映画)

3.4

数少ない許せる実写化
佐藤健ハマり役。
他のキャストもなかなかハマってる。

BGMがあまりノラないが、
殺陣は新ジャンルで面白い。

ロビイストの陰謀(2010年製作の映画)

3.0

アメリカ議会史上最悪と言われた、ブッシュ政権のスーパーロビイストでもあった、ジャックエイブラモフの実話に基づくストーリー。

ロビイストという職業にそもそも興味があるので鑑賞。

もうちょっと仕事内容
>>続きを読む

エディット・ピアフ愛の讃歌(2007年製作の映画)

3.5

壮絶すぎる。

マリオン・コティヤール、これは凄い。

全体的に品がない女性に描かれてて、本当にそうだとしたらちょっと悲しい。

でもすごくピュアな人だったのだと思う。

ヤング・アダルト・ニューヨーク(2015年製作の映画)

2.0

今な若者は、、、
って思っていることが基盤に作られてて、確かにそういうところはあるとは思うが、全員ではないし、
ちょっと、偏見映画に見えてしまった。

大人げなく怒れることって少ないので、ベン・スティ
>>続きを読む

トランセンデンス(2014年製作の映画)

3.0

IoTな映画。
テクノロジーは遥かに想像の域を超えていて、タイトルのまま。

細かい設定は突っ込みたいところあるけど、結局その後はどうなったのかを知りたい。

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

3.7

アナログとデジタルを足して割った感じの映画。

最後のエンディングのムービーがかっこよかった!

ワカンダの街の人達は昔ながらの生活をしていて、デジタルなのはラボと外界への移動手段と電車くらい??
>>続きを読む

ジャッジ!(2013年製作の映画)

2.5

北川景子の居る意味

妻夫木くんは妻夫木くんだなと思う、CMプランナー必死に頑張る、仕事青春映画。

CMのグローバルな審査委員会がこんなんだったらとても嫌w

ペン回すシーンってみんなほんと?

グランドフィナーレ(2015年製作の映画)

3.0

なかなか難しいな、、

映像と音楽が高貴。

無機質なのに重みと内容の濃さのコントラストのバランスが独特。

キューティ・バニー(2008年製作の映画)

3.0

よくある、アメリカンガールズシンデレラムービー。
とにかく主人公のスタイルが良い。

まさかのエマ・ストーン出てました。

クーパー家の晩餐会(2015年製作の映画)

3.2

愛がたくさんのドタバタクリスマス。
大切なものを、再認識できる素敵なファミリードラマ。
ダイアン・キートン本当にいつまでも素敵。

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?(2017年製作の映画)

2.0

うーん、、

青春という描写だからか
みんな何が言いたいのかわからなくなってる

所々キレイなのに、
いいニュアンス全く出てない上に
主題歌の前座みたいな状態に、、

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

3.5

アクションシーンの流れるような演出とスローモーション使い。

KINGSMANと
STATESMAN

緻密というか
逆に雑というか
イギリスから見たアメリカなのだろうか。

コリン・ファース年々好き
>>続きを読む

マイ・ファニー・レディ(2014年製作の映画)

3.0

大人のラブコメ。

どれだけみんな繋がってるのw

テンポがいいのでさくさく見れました。

シーズ・ガッタ・ハヴ・イット(1985年製作の映画)

2.0

淡々とし過ぎてて飽きてしまった。
ヒロインがあまり可愛く思えないことがその要因な気もするけど、このヒロインの方がリアリティは感じる。

恋愛って人それぞれね。

マッドマン:スティーブ・マデン・ストーリー(2017年製作の映画)

3.3

大好きなスティーブ・マデンのファウンダーがこんなファンキーな人だとは!

余計に好きになったのでこれからも買おうと思う。

破天荒な創業者ストーリー。

ビューティー・インサイド(2015年製作の映画)

4.5

家具デザイナーで、目覚めると全くの別人に姿が変わってしまう彼と
愛らしい素敵な彼女
の恋愛ストーリー

後半泣き続けれます。

演出や表現がすごく良いのと、セリフも可愛い。
淡々と過ぎていく流れも素敵
>>続きを読む

ローマ発、しあわせ行き(2016年製作の映画)

2.2

そんなにイタリアの景色ないかも??

マルチェリーノ、、さすが濃い。

娘暴走し過ぎて自業自得感。
サラ・ジェシカ・パーカーちょっとおバカすぎる感。

でもどれだけ時が経っても好きだと思える人がいるの
>>続きを読む

シークレット・アイズ(2015年製作の映画)

3.4

OMG

想像を超えたラストだったので満足。
そこまでいくのかー、、

娘が本当に愛嬌があって可愛くて、とても切なくなる。

ニコール・キッドマンほんと綺麗。
ジュリア・ロバーツもいい女優さん。

ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります(2014年製作の映画)

4.2

泣いた。

素敵すぎる夫婦に
懸命に回復しようとする犬。

エンディングのニューヨークの風景と音楽も本当に素敵だったー、、

ダイアン・キートンとモーガン・フリーマンとか非の打ち所がない。

倦怠期の
>>続きを読む

世界中がアイ・ラヴ・ユー(1996年製作の映画)

3.2

おじいちゃんが亡くなったあとのミュージカルシーンがシュール。

ジュリア・ロバーツおきれい。
ドリュー・バリモアかわいい。

ナタリー・ポートマンが天使のよう。

ウディ・アレンの映画は女性が素敵なの
>>続きを読む

>|