YuiMoritaniさんの映画レビュー・感想・評価

YuiMoritani

YuiMoritani

映画(539)
ドラマ(79)

ザ・サークル(2017年製作の映画)

2.4

俳優の良さが全く活かされていない。

エマ・ワトソンが狂気の世界に魅入られていくのも、なんかそのきっかけ?みたいな。

SNSが怖いんじゃない。
監視社会とプライベートゾーンの問題。
それを1民間企業
>>続きを読む

スパイダーマン2(2004年製作の映画)

3.0

こちらも見直し。

敵の中年太り感がなんともですが、人間らしさのあるキャラクターで、嫌いになれない。

MJ、どこまでおぼっちゃん思考なの!

スパイダーマン、いじめられっ子だったのにいっちょ前過ぎる
>>続きを読む

スパイダーマン(2002年製作の映画)

3.0

昔見たけど、あまり覚えておらず再度鑑賞。

今見るとちょっとしたパニックムービーくらい、叫び声が多めの映画。

友達のパパ、、
普通に結構辛い、、

ロマンティックじゃない?(2019年製作の映画)

2.8

レベル・ウィルソンかわいいし、
ロマンチックなラブコメ嫌いが炸裂して、ある意味嫌味な女になってる前半からの後半素直にきちんと自分を見つめ直していく流れるようなストーリー。

ラブコメだから、すぐ朝にな
>>続きを読む

ゴッドファーザーPART III(1990年製作の映画)

4.0

ゴッドファーザー完走です。

本当はイッキ見するはずが、
色々とシチュエーションを整えて鑑賞したく、なかなか整わず、1、2、3と、案外時間が開いてしまった。
でもこれ気合い入れないと見れない。

おし
>>続きを読む

LOGAN ローガン(2017年製作の映画)

3.0

ロードムービーがそんなに得意ではないのですが、X-MENマラソン。

あんなに地球を防衛してきた人たちなのに、、栄誉賞ものなのに、、
人間のミュータントの扱いがほんと人道外れてる、、

うーん、なんだ
>>続きを読む

X-MEN:アポカリプス(2016年製作の映画)

3.0

どんどん強いの出てくる。

チャールズ、足だけではなく髪も、、、、

毎回思うけど、キャラクターの使い方がちょいと雑い。もっと丁寧に扱ってほしい。

X-MEN:フューチャー&パスト ローグ・エディション(2014年製作の映画)

3.2

プロフェッサー派です。

エリックが頑固すぎてすごい。
みんな思いが強い。

シンクロした演出が、フューチャー&パスト。

アラジン(2019年製作の映画)

4.0

ディズニークオリティ完璧や。

ウィル・スミス最高や。

オリジナルが忠実に実写化されてて文句なし。
言うならばジャファー役の人の顔が優しめで、あんまり悪役っぽくはなかった。

ガイ・リッチーやっぱお
>>続きを読む

ウルヴァリン: SAMURAI(2013年製作の映画)

2.5

どうしても集中力がもたないハリウッドの日本ロケ地映画。

けど、X-MEN制作陣なりに、とても丁寧に描いてくれているんだと感じ取りました。

ローガン、恋がないと生きていけないのかしらw惚れやすい。
>>続きを読む

X-MEN:ファースト・ジェネレーション(2011年製作の映画)

3.2

こちらも伏線回収映画。

ほー。だからそーなるのかー、、と。

戦友でも、志違えば交わることは出来ない。
それぞれのキャラクターがきちんと自分の意志を持って戦っていて、悩んでいて、もはやミュータントの
>>続きを読む

ウルヴァリン:X-MEN ZERO(2009年製作の映画)

3.0

ほーほーそーゆーことね!
という、ウルヴァリンの伏線回収的映画。

スタートの兄弟で戦ってきました!という演出が好きでした。

なんでカナダなんだろう。

だいたい悪巧みして改造や開発する、もしくは指
>>続きを読む

X-MEN:ファイナル ディシジョン(2006年製作の映画)

3.0

フェニックス最強だけど、たまにジーンがちゃんと現れるのに、なぜマグニートーの方を選んでしまったのかなど、細かいところに謎が生じる。

アイスマンの知能戦法はクール!

ジーンが何故生きていたのかという
>>続きを読む

X-MEN2(2003年製作の映画)

3.0

みんなが才能の無駄遣いしてる感が否めない。

もっと戦闘能力高く戦えるやん!!!
と思ってしまう。

だけど、各個性が立っているのが本当に良くて、人種間問題に対して真摯に体当りしている感じも好きです。

X-メン(2000年製作の映画)

3.0

アベンジャーズロスからだいぶ復活。

同じくMARVELコミックであるX MENシリーズスタート。

各キャラクターの特徴がよくわかる構成となっておりますが、
身内争いやん!感が否めない。

能力は特
>>続きを読む

アラジン(1992年製作の映画)

3.0

子供の頃何度も見ていたような。
ちょうど見れたので実写版前に改めておさらい。

気が強くてセクシーなジャスミンが本当にキュート。

話のテンポも早いし、
結論シンプルだし、
やっぱりディズニーのエンタ
>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

3.2

実はだいぶ前に途中まで見ており、そのまま一旦離脱していた。

評判通り、映画館という空気の中で、ちゃんと集中して観るべき映画でした。

ずっと重たいし、
ずっと息がしづらい

戦場の重苦しい空気が、消
>>続きを読む

Black&White/ブラック&ホワイト(2012年製作の映画)

3.2

トム・ハーディ、イケメンだわー。

色々まるーくまとまってめでたしめでたし。

職権乱用がひどいんだけど、
リサーチやマーケティングって恋愛にも大事なんだなって逆に思えたw

しかし、監視カメラは絶対
>>続きを読む

特攻野郎Aチーム THE MOVIE(2010年製作の映画)

3.0

週末のブランチにちょうどよい軽さ。

ブラッドリー・クーパーの青い瞳は販促よねー、、、吸い込まれるよねー、、
リーアム・ニーソンの渋谷もかっこいいわなー、、

ジェシカ・ビールも久々に見たけどクールビ
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

3.8

ついに見た。
当時流行りすぎて、遠ざかってしまったのだがhuluに追加されてて即鑑賞。

普通に面白かった!
現場っていろんな苦労があるんですよ、ほんと、、
あんなてんやわんやなったらなかなかうまくは
>>続きを読む

アメリカン・アニマルズ(2018年製作の映画)

3.4

スタイリッシュ!
演出も音楽も良き!

途中犯罪に向かうおじじ4人組も、いや全然目立つでしょ。おしゃんやん!っと思った。

セミリアリティムービー。
ちょっと世界を変えたかっただけなのに、とんでもない
>>続きを読む

アバウト・タイム 愛おしい時間について(2013年製作の映画)

3.5

たしかな可愛さを誇る
レイチェル・マクアダムスとマーゴット・ロビー。

主人公の性格が好きになれなくて、
大半苛ついてしまった、、

そのやり方ずるくない?!自分都合すごくない?!
と思うが、私も同じ
>>続きを読む

ゴッドファーザーPART II(1974年製作の映画)

4.2

渋いわーーーーーーー

アル・パチーノ
ロバート・デ・ニーロ
それぞれまた違う格好良さで選べない。

マイケルが自分の選択とはいえ、どんどん暗闇というか、自ら作り上げた抜けられない世界に入り込んでいく
>>続きを読む

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

4.2

女性としてだけではなく、人間としてかっこいい。
限りないストイックな仕事の仕方と、底知れない覚悟。
最後の迫真の独白シーンに自然に涙が出た。
引くほど性格キツイし、追い詰め方も非情そのものだが、政治の
>>続きを読む

帰ってきたヒトラー(2015年製作の映画)

3.4

セミドキュメンタリー映画。
もはや国を巻き込んだ実証実験のような映画。

どこまでが演出なのかわからなくなる。

ドイツ人がこの映画を作ってることがまたすごいというか。

私個人は仕事ができる人や
>>続きを読む

ニンフォマニアック Vol.1(2013年製作の映画)

2.5

思ったよりは衝撃はなく。
淡々と話が進んでゆく。

ラース・フォン・トリアー節。

色情症なことに悩んでいるわけでもなく、
ただ私の人生はこれなんだって、
受け入れている主人公で、
それでいて隙があり
>>続きを読む

ダーティ・グランパ(2015年製作の映画)

3.2

はっちゃけすぎでしょ、このおじいちゃん。
身内だったらめちゃくちゃ楽しいわ。

ダンプリン(2018年製作の映画)

3.2

さらっと見れる映画ではあるけど、
トラディッショナルを良い意味で色々崩してくれる良い映画だった。

ただ、ありのままの自分を好きになるっていうのももちろん大切だけど、
好きな自分に変わるっていうのも大
>>続きを読む

マックイーン:モードの反逆児(2018年製作の映画)

3.5

アレキサンダー・マックイーン、狂気に溢れてる。

デザイナーにならなかったらと想像するととても怖いほど。

ワーカホリックとはこのことかとも思う。

ドキュメンタリーとしては、すごく高い演出の映画で、
>>続きを読む

ムーンライト(2016年製作の映画)

3.2

ムーンライトというタイトルがすごく響く映画でした。

救えるはずなのに、
救いの手が足りていない。

この主人公はすごく強いなと思うし、
ラストはすごく切なさを感じた。

海のシーンが本当に魅力的でし
>>続きを読む

サムワン・グレート ~輝く人に~(2019年製作の映画)

3.0

30歳を迎える悩み時期なガールズのストーリー。

恋愛
仕事
遊び

楽しいだけじゃなくなるのよねー。
孵化したくなるタイミングというか。

主人公のジェニーがリアルで可愛い。
どしっとした体型もなん
>>続きを読む

日本のいちばん長い日(2015年製作の映画)

3.5

日本人が見なきゃいけない映画

戦争の終焉がどのように進行していったかを日本政府の目線で描かれている。

戦争をすると決めたのも
戦争の終了を決めたのも
それによって反乱を生んだのも
日本政府

戦争
>>続きを読む

ユリゴコロ(2017年製作の映画)

3.2

松山ケンイチの色気がすごい。

これまた、おーそーゆーことかー、、って伏線回収。

ちょっと設定が色々雑でせっかくきちんと計算されて作られているであろう軸となるストーリーがもったいない状況に。

原作
>>続きを読む

彼女がその名を知らない鳥たち(2017年製作の映画)

3.5

ラストには少し不満足。

だけど、最後の伏線回収がエクスプレス並で、おーそーゆーことかー、、とすっきりしたけど、すっきりはできない。

映画館で見てたら、落ちてしまうな、、これは、、

俳優陣の演技力
>>続きを読む

ブラック・クランズマン(2018年製作の映画)

3.5

冒頭から、鈍痛が走るような演説。

ブラックの皆様。すごくお洒落で、アフロがめっちゃかっこいい。

アメリカだけじゃない
色んな国でこの問題は起こってる。
アジアにだって根付いてる。

こういうテーマ
>>続きを読む

バーフバリ 王の凱旋(2017年製作の映画)

3.5

豪華絢爛な装飾品の数々がすごい。

そして、女性の気がとんでもなく強い。

インドの風潮とか知識がないので多分気づけてない演出とか色々ありそうな気がする。

年齢の変貌がほぼ白髪や白髭のみなのがちょっ
>>続きを読む

>|