moeさんの映画レビュー・感想・評価

moe

moe

Books,not guns. Culture,not violence.

映画(43)
ドラマ(30)

羅生門(1950年製作の映画)

4.7

このレビューはネタバレを含みます

生きるために嘘をついたり、盗みをしたり、殺したり。そしてそれは「自分が弱い」からしてしまう。
終盤の杣売りがおそらく事実であろうシーンを語る場面では多襄丸も女の夫もそれまでの供述とは違い恐怖に腰が引け
>>続きを読む

フランシス・ハ(2012年製作の映画)

3.5

何をしたいのか、何になりたいのか自分も考えてぐちゃぐちゃになる事があるなぁと。でも不安定で自己中な主人公に少しイライラしてしまった笑。
結局は自分としっかり向き合って客観視することが大切だ。

プルートで朝食を(2005年製作の映画)

3.7

北アイルランド問題、不貞、孤児、中絶、テロ、風俗、などキトゥンが明るく自由奔放で皮肉屋な性格だからといって軽い気持ちでは中々観れなかった。きっと隠すために無理に笑って明るくしているのだろうな。
麗しい
>>続きを読む

ブラック・レイン(1989年製作の映画)

4.2

構図が本当に凝っているので、どこを切り取っても絵になるシーンが多かった。観ていて勉強になるしとても楽しい。
日本人の帰属意識とアメリカ人の良い意味でも悪い意味でも自由を縛られないのが相まって後半にいく
>>続きを読む

お嬢さん(2016年製作の映画)

3.9

ストーリーの進み方が二転三転としてすごく面白い、良い意味で裏切られまくる。序盤の閉塞感と気味の悪さがたまらないです!
女性の男性に対する叫び、セクシュアルマイノリティ、この映画の時代背景は現代ではない
>>続きを読む

勝手にしやがれ(1959年製作の映画)

4.5

ストーリーよりも映像•台詞•役者さんを味わう映画だなと感じた。
あまり他の映画では見かけないジャンプカットが使われていて独特なテンポがあって逆に新鮮だった...、あとモノクロの光の入り方が素敵過ぎて。
>>続きを読む

さらば、わが愛 覇王別姫(1993年製作の映画)

5.0

もう本当に素晴らしいの一言に尽きます。映画を観つつ芸術作品を鑑賞しているような満足感。様々な要素を含んだ作品で書いたらキリがありません。
儚く残酷で美しい。役を生きるってこういう事かなって。

私は役
>>続きを読む

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦(2016年製作の映画)

4.5

戦争を知らない私達世代が見なければ、知らなければいけない歴史。
鑑賞中はずっと辛かった、こんな酷いことが無残なことが人間の手で行われていたことに胸が張り裂けそうな怒りと悲しみでいっぱいになった。
私は
>>続きを読む

セント・オブ・ウーマン/夢の香り(1992年製作の映画)

4.6

絶対字幕版で観ないと意味がない。アルパチーノの迫力があるとでは表しきれない声を聞いて欲しい。
人生の局面をまっすぐで純粋な少年と乗り越えていく、観終わったあと温かな気持ちに包まれる素敵な映画だった。
>>続きを読む

裏切りのサーカス(2011年製作の映画)

3.9

脆く細い糸がピンと張りつめた一定感のある緊張感がずっと続く映画だった。
ゲイリーの口数が少ない分、内側から滲み出る独特の演技にとても惹かれた。その他の出演者も物凄く豪華。

登場人物が多く、コードネー
>>続きを読む

T2 トレインスポッティング(2017年製作の映画)

4.1

Choose your future, choose life.

最高過ぎでは?
てか、皆老けてない!笑
サントラもカメラワークも相変わらず最高。
前作の映像を取り込みつつ、内容が上手く締まりスッキ
>>続きを読む

メッセージ(2016年製作の映画)

4.6

この映画を観た人はぜひ原題の英単語の意味を調べてみてほしい。原題と邦題にこんなにも物語が詰まってることに驚きました。
最後のルイーズがイアンに問いかけ、イアンが答えた言葉こそ「メッセージ」な気がした(
>>続きを読む

トレインスポッティング(1996年製作の映画)

3.8

全く内容に共感できなかったけど割と楽しんで観れたかな笑。サウンドトラックがとても良い!

丸刈り片耳ピアスでほくそ笑むユアンマクレガーが眼福過ぎました、、、。

アデル、ブルーは熱い色(2013年製作の映画)

4.3

早く観れば良かった。
食べるシーンが妙に生々しく、アデルの求め過ぎてしまう性格を表してるようだった
一つ一つのシーンが繊細で美しく、アデルの感情が事細かに描かれているし、なんといっても俳優さんたちの目
>>続きを読む

怪物はささやく(2016年製作の映画)

4.5

人間は複雑だ、苦しみを偽りながら生きている、信念を持て、行動を起こせ
物事が分かるようになった”中間”の年頃の少年には辛く厳しい真実だった

観ている最中は何度もコナーを抱きしめてあげたくなった、最後
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.0

「現実は辛く悲しく楽しいことばかりじゃない、でも現実でしか味わえない、現実だけがリアルだから。」
SNSが発展している今を生きる私たちにとって大切なメッセージを含んだ素敵な映画だった。

個人的にAK
>>続きを読む

ガタカ(1997年製作の映画)

4.4

「努力は報われる」
一つ一つの描写が繊細で美しかった

グリーンブック(2018年製作の映画)

4.4

ちょいワル×堅物コンビは最高に決まってるって思って観たら期待を裏切らずめっちゃ最高だった!
2人のやり取りは毎週ラジオ化して聞きたいくらい面白い。ケンタッキーフライドチキンのシーンが一番お気に入り。
>>続きを読む

インセプション(2010年製作の映画)

4.5

知的な映画。ノーラン監督の映画は何回も観て考察したくなる。インセプションもその中の一つで本当にこの監督の脳みそはどうなってるんだろうと思わされる。推しのトムハとキリアンがかっこよすぎた。

パルプ・フィクション(1994年製作の映画)

3.5

ユマサーマンが最高としか言い様がない。一つ一つのシーンが絵になっていて良かった

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

3.5

この監督の物語とか演出は現実と非現実が上手く融合しているので不思議な気分に浸れる。
とにかく色の表現の鮮やかさに目を見張った。水の中のシーンは青色で包まれているがどことなく温もりがあって本当に素敵だっ
>>続きを読む

ドリーマーズ(2003年製作の映画)

3.6

オープニングが素晴らしいです…。
カメラワーク、パリの街並み、鏡を使った場面は本当に最高。
私も美術館をダッシュしたい。

正直、ストーリー、登場人物の個性などは好みではなかった。

ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール(2014年製作の映画)

3.2

温かい透明感のある作品でした。
70年代風のサントラがどれも良くて素敵だった。
イヴの大きい白襟の付いた服すごく可愛かったなぁ…

バットマン ビギンズ(2005年製作の映画)

3.9

ストーリーが丁寧に作られており、バットマンを知らなかった私でも十分に楽しめました。

役にハマりすぎている銀縁メガネのキリアンが最高過ぎた

パンズ・ラビリンス(2006年製作の映画)

4.5

完成度の高い映画。
大人が繰り広げる残酷な戦いや行動と対比してオフェリアの純粋さがとても際立ってて引き込まれました。
魔法の世界はオフェリアが過酷な現実から逃げ出そうとして作り出した妄想の世界なのか、
>>続きを読む

ハッピー・ニュー・イヤー(2014年製作の映画)

3.9

初インド映画。長かったけどめちゃめちゃ面白い!出てくる登場人物全員キャラ濃すぎるし、ストーリーも簡潔でテンポが良く観やすかったです。
人間性を訴えかけるようなセリフがとても素敵でした。映像もド派手で観
>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

3.0

フィンくん目当てで観ました…!憎めない良い感じの役だった笑。
ソフィアちゃんの湖のシーンがとても綺麗で印象に残りました。
ストーリーのテンポが遅いのが残念。

キャロル(2015年製作の映画)

4.0

原作を読んでからの観賞。原作のストーリー性を大切にして作られた素敵な映画でした。ルーニーマーラとケイトブランシェットの演技がとても綺麗で質感があり、魅力的!この季節に観れて良かったです。

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(2016年製作の映画)

3.7

エズラの演技力凄い!エディレッドメインも役にハマってて素敵だったなぁ。ハリポタ観てる人は繋がる部分が多くあるから観てて楽しいと思います。次回作も楽しみ!

インターステラー(2014年製作の映画)

4.6

圧倒的、語彙力無くなるくらい。クーパーが本棚の裏にいるシーンはCGを使ってないと知って驚きました。個人的にはSF というよりも愛を強く感じられる作品でした。TARSが意外と好きなキャラだった笑

レオン/完全版(1994年製作の映画)

4.8

マチルダとレオンとの愛が切なすぎて久しぶりに号泣してしまった、この映画本当に大好き…。

>|