ノノさんの映画レビュー・感想・評価

ノノ

ノノ

言の葉の庭(2013年製作の映画)

3.8

毎日暑すぎて少し涼しくなる映画みようと思って
やっぱ絵が素敵すぎる。とくに雨で濡れた地面が好き

羊たちの沈黙(1990年製作の映画)

3.6

小さい頃にみてトラウマだったけど再視聴したらあんまりグロくなかった耐性ついたんかな…

竜とそばかすの姫(2021年製作の映画)

3.1

サマーウォーズの感じを期待して行ったら結構違ったかな〜展開も最初から予想つく…
序盤は現代版美女と野獣。ディズニー映画見てるみたい
中村佳穂の歌はほんとうに良すぎる!!!だけど主人公がUの世界で歌手の
>>続きを読む

10人の泥棒たち(2012年製作の映画)

3.6

キムスヒョンの笑顔かわいぃ〜!!
車で逃げた2人の事故るシーンと終盤の銃撃戦、迫力あっていい
日本語よく覚えたな〜って思った

あのこは貴族(2021年製作の映画)

3.9

華子がタクシー運転手に「こんなことってあるんですね」って言ったの可愛いなぁ。
階級のある社会と現代女性の悩みの話だけど、あまり深刻な感じではなく淡々と進んでいって、結果女性たちは自分たちの決めた道に進
>>続きを読む

バケモノの子(2015年製作の映画)

3.4

熊徹と九太が戦いながら成長していくシーンは何回見ても良い

プラットフォーム(2019年製作の映画)

3.9

おもしれ〜!
最初のおじさん最悪だったけど、仲良くしてるところ可愛かった笑
けっこうグロい。カニバリズムが沢山
犬をあんなところに連れて行ったおばさんは嫌い

映画:フィッシュマンズ(2021年製作の映画)

4.0

完全に後追いの世代だけど初めてフィッシュマンズを聴いた時の衝撃を思い出した
映画館のいい音響で曲を楽しめて最高だった…
佐藤さんが書いたものに僕らは閉鎖的である、とか売れたら聞かれたくない人にも聞かれ
>>続きを読む

サヨンの鐘(1943年製作の映画)

3.4

自然が美しい
国策映画だけあってセリフがそれっぽいのが多くてなんかな…

まったく同じ3人の他人/同じ遺伝子の3人の他人(2018年製作の映画)

3.5

ただいい話ってだけじゃなかったんだ〜
知らない間に実験の道具にされるって怖すぎるわ

ペイ・フォワード 可能の王国(2000年製作の映画)

3.7

お母さんと先生が初めて家で話しているシーンや、朝家で先生と鉢合わせしちゃったときのトレバーの表情がかわいくてしょうがない
最後はかなりの急展開
そのままでも良かった気がするが…
ヤク中も次に渡せたよう
>>続きを読む

逃げた女(2019年製作の映画)

3.0

コメディ映画みたいな謎ズームアップがすごく気になる
猫可愛すぎてそれ以外あまり記憶にない…
静かな会話劇すぎて少し合わなかった

真実の行方(1996年製作の映画)

3.7

エドワードノートンの弱々しい演技とか豹変したときの目つきとか演技力がすごすぎる…
オチは元々知っていたけど法廷のシーンが面白かった!

ホテル・ムンバイ(2018年製作の映画)

4.0

終始とてつもない緊迫感。どっと疲れた…
最後まで客を守る従業員たちが本当にすごい。自分なら逃げてしまいそう
犠牲者側だけでなくテロリスト側も少し描いているところがいい。やったことはものすごい悪だけど彼
>>続きを読む

グリーンブック(2018年製作の映画)

4.2

まだまだ人種差別はあるから悲しくなる
奥さん美しいし、差別しないし本当に素敵手紙のオチのラストシーンもよかった

グッバイ、レーニン!(2003年製作の映画)

3.6

死ぬ直前のお母さんいい顔してた〜
けっこうコメディ色強くて笑えるシーンおおい。偽造ニュース作ってるとこが好き

9人の翻訳家 囚われたベストセラー(2019年製作の映画)

3.9

はぁ〜おもしろかった!
後半すごいスピードで種明かしされていって楽しい…
アレックス・ロウザーこういう気弱そうなやばい人役めちゃくちゃ似合う…好き!!

キャラクター(2021年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

ストーリーとてもまとまってて面白かった
ふかせくんの怪演すごい…ほんとにサイコ感が溢れてた
宗教?みたいなとこのくだりもっと掘ってほしかった〜!

浪華悲歌(1936年製作の映画)

3.7

極限まで音楽を減らしてリアリズムを求めてる

17歳のカルテ(1999年製作の映画)

3.3

アンジー美しすぎて見惚れてた
こういう精神病院系って看守の締め付けがひどくて悲しくなってくる

友だちのうちはどこ?(1987年製作の映画)

4.1

イラン映画に出てくる子供って純粋で自然だなー
押し花で終わるの可愛い…それをみて先生が何も関心を示さないのも好き

ザ・ファブル(2019年製作の映画)

3.3

アクション見応えあるな〜!
福士蒼汰は爽やか青年よりもこういう役の方が好きだな

パルプ・フィクション(1994年製作の映画)

4.0

何回みてもスコアを上げちゃう…
一見荒っぽくて馬鹿げてるけど色々考えられてるんだなと見るたびに感じる

月曜日のユカ(1964年製作の映画)

4.0

この時代だからヌーヴェルヴァーグに影響されてるのかな?面白いカメラワークが多い
序盤から加賀まりこの美しさが爆発してて可憐で最高だった〜
小悪魔って言葉がぴったり

折鶴お千(1935年製作の映画)

3.8

宗吉の鈍感さに終始ため息が出た
回想の中の回想とかラストシーンとかとても面白い

>|