ねまるさんの映画レビュー・感想・評価

ねまる

ねまる

映画(657)
ドラマ(118)

神さまの言うとおり(2014年製作の映画)

2.8

「どこ行くの?」
「ちょっと世界救いに行ってくる」
「遅くならないでよ」
ってお母さんとやり取りして出て行った大森南朋さんどこ行きました??

中年引きこもり高校生南朋くんのその後が気になり過ぎる。
>>続きを読む

バクマン。(2015年製作の映画)

3.8

映画が始まった瞬間の山田孝之で100点
染谷将太の天才役で1000点
いつもながらお2人共さすがの演技力で、役柄を完全に自分のものにしていましたね。

特殊な役柄を演じさせることにおいては、染谷将太の
>>続きを読む

GONIN サーガ(2015年製作の映画)

3.5

この年のキネマ旬報ベスト10とか、映画芸術のベストテンとか、軒並み入っていた記憶があって、映画ファンの間では高評価だったと認識していたのだけど、Filmarksの評価は伸び悩んでいる感じなのね。

G
>>続きを読む

GONIN(1995年製作の映画)

3.8

1発逆転をかけた男たち5人が
ヤクザのお金を盗み、復讐される話。

日本における極道モノは1つのジャンルだけど、これは多分極道モノには入らない。

極道という世界に残る作法や規則ではなく、社会の陰に生
>>続きを読む

初恋(2020年製作の映画)

3.9

窪田正孝、大森南朋、染谷将太、村上淳
私の好きな俳優どストライクゾーン。

そしてまた、三池さんは彼らの使い方を存じていらっしゃるので、役柄とお芝居を見させていただくだけでもご馳走さまでしたの映画。
>>続きを読む

十三人の刺客(2010年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

正義の集団で、数では圧倒的に劣る相手と戦う時、
誰が一番の親玉を殺す=killerになるか
誰が生き残る=survivorになるのか
が鍵になってくると思うんですよね。

killer及びsurviv
>>続きを読む

散り椿(2018年製作の映画)

3.5

同じ葉室麟さんの『春風伝』を3ヶ月くらい前に読みまして、
高杉晋作かっこいいー!!!
幕末志士かっこいいー!!!
ってなってましたが、

『散り椿』には、
高杉晋作のような史実のヒーローは出てこないし
>>続きを読む

君に届け(2010年製作の映画)

-

1億2000万人分の、
いや76億人分の、
涙を集めて溜めるから、
集めた涙を川にして、
彼を返してくれないか?

天の神様よ、
彼はそちらの世界で幸せか?
もし、幸せでないようなら、
せめて今朝まで
>>続きを読む

9人の翻訳家 囚われたベストセラー(2019年製作の映画)

3.8

ベストセラー本の翻訳のため、鍵のかけられた地下室に閉じ込められた9人の翻訳家たち。

各国から集められた翻訳家たちは、外部との接触を断たれ、日々パソコンの前で翻訳を強いられるが、
ある時、編集長のもと
>>続きを読む

花の生涯〜梅蘭芳(メイ ラン ファン)〜(2008年製作の映画)

3.6

染谷将太主演の空海を撮った、チェン・カイコー監督作品。

中国の古典演劇の話。
古典の伝統のまま、それが伝統を守ることだと思っている師と、
古典が縛られていることだと分かり改革を求める弟子。

自分の
>>続きを読む

ソード・ロワイヤル(2010年製作の映画)

3.3

いつから好きな俳優を見て、
"顔が良い"としか言えなくなったんだろう。映画好き失格だ。

でも、この映画のいいところ、
"安藤政信の顔が良い"のほかにある?

海外モノなので、撮り方が違うのと、
衣装
>>続きを読む

TAKAYUKI YAMADA DOCUMENTARY「No Pain, No Gain」(2019年製作の映画)

4.2

他に類を見ない、圧倒的な実力と存在感がある俳優さんだと認識している、
彼の5年間。
いいや、1人の人間の5年間。

役者としての山田孝之は、完成したものを観ているより、さらに何億倍も深くて、なんか役作
>>続きを読む

デイアンドナイト(2019年製作の映画)

3.9

「善」の反対語は「悪」である。
「正義」の反対語も「悪」である。
では「善」と「正義」は同じものだろうか?
私は違うものだと思う。

復讐という行為は、善悪によっては「悪」だが、「正義」といえる。
>>続きを読む

パンドラの匣(2009年製作の映画)

3.3

「やっとるか」「やっとるぞ」
「がんばれよ」「よーしきた」

結核の療養所で繰り返される合言葉。

何度も何度も聴いていると、
それはまるでリズムのようで、
心地よくなってくる。

やっとるか、やっと
>>続きを読む

TOKYO TRIBE(2014年製作の映画)

3.5

染谷将太の死んだ目で、敵のパンチをかわしながら、ラップするシーンがめちゃくちゃかっこよかったって話。

この映画のストーリーテラーというか、リードボーカル的な役割を果たしているのが染谷将太演じるMC
>>続きを読む

アガサ・クリスティー ねじれた家(2017年製作の映画)

-

レビュー漏れ
半年くらい前にDVDにて。

下記、上半期ベストの話なります。

「アガサ・クリスティの」ってタイトルに付けちゃうところとか、
なんだか信用ならない「最高傑作」の文字とか、ちょっと微妙。
>>続きを読む

SKIN 短編(2018年製作の映画)

3.8

ジェイミー・ベル主演映画のもとになった短編映画。

長編映画の公開に合わせてHPで公開されていたため鑑賞。

20分という短い時間の中に、
大人の差別が子供に与える影響だったり、
外見で人を判断する恐
>>続きを読む

天空の蜂(2015年製作の映画)

3.5

メッセージが、物語の登場人物から
浮いて離れている印象。

劇中で登場人物たちが語る
汚いものから目を背ける、沈黙の仮面を被った日本人への非難。
そして、それでもここにいる人たちを命をかけて守りたい人
>>続きを読む

ブラック・レイン(1989年製作の映画)

3.8

人を殺す役や悪役を演じるということ。
役者と演技のお話。

本作での松田優作の演技は、真に迫るもので、1980年代の日本の中で生まれてきたものとしての悪役で、
不気味で恐ろしく人間ではないようだった。
>>続きを読む

屍人荘の殺人(2019年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

山田杏奈ちゃんが出てきた時、
『10の秘密』同様、山田杏奈ちゃんが何だかんだ一番上手なやつだな。

と思っていたら、
思っていた山田杏奈ちゃんの演技をたっぷり堪能出来る作品でニコリ。

杏奈ちゃんの演
>>続きを読む

メン・イン・ブラック:インターナショナル(2019年製作の映画)

3.5

クリス・ヘムズワースがカッコいいだけの映画、かな。

鑑賞したのは4日前くらいなのだけど、すでにあんまり覚えていない…

ロンドンもマラケシュも砂漠もパリも、世界中を飛び回るエージェントたちには、
>>続きを読む

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY(2020年製作の映画)

3.6

マーゴット・ロビー演じる
ハーレイ・クイン!!!!!

これ以上ないってほどハマり役!
とってもはちゃめちゃでキュートなヒロイン。

彼女自身のキャラクター性とPOPなテイストとノリノリではちゃめちゃ
>>続きを読む

寄生獣 完結編(2015年製作の映画)

3.6

キャストも、
映画として描きたいことも、
持っているメッセージも、
すごく分かるし、良かったんだけど、
何か好きになれないのは、そもそも原作自体が向いていないのか、
もしくは4時間に端折っている無理が
>>続きを読む

こおろぎ(2006年製作の映画)

3.2

2006年に東京国際映画祭や、ヴェネチア国際映画祭で上映されたものの、お蔵入りになっていた作品。

2020年になってDVD化されたということは、今DVDになっていなくて観られていない作品もいつか観ら
>>続きを読む

69 sixty nine(2004年製作の映画)

3.8

文化というものは恐ろしい。
知らなければ、時計屋の親父で一生安定して暮らせたのに、
出会ってしまったら戻れない。

演劇も映画も音楽も、
文化は、自由と思想と想像力を与えてくれる。

想像力が権力を破
>>続きを読む

きみの鳥はうたえる(2018年製作の映画)

3.7

お互いに干渉しない、のは
お互いにお互いの見たくない現実から目を背けていたいから。
遊んで酔っ払って、また遊んで、眠る。

本屋のバイト2人の男女と失業中の男。

何事も成していない、その場だけにある
>>続きを読む

ストレイヤーズ・クロニクル(2015年製作の映画)

3.0

『64』とか『楽園』とかの瀬々敬久監督作品ということに少し驚く。

確かに短くまとめてしまえば、
"特殊な能力を持って作られたが故に、命が短い子供達が、生きようと願う話"。

片一方は、両親に過度なス
>>続きを読む

50回目のファーストキス(2018年製作の映画)

3.6

元のアダム・サンドラー版は未見。
観てないけど、名作なことは分かっているようなものなので、
このリメイクにはあまり興味がなかったはずなんだけどな。
ウシジマくんを立て続けに観たら、普通の山田孝之を観た
>>続きを読む

悪の教典(2012年製作の映画)

3.3

サイコパスは美形に限るよね。
冷たいほどの美形に限るよね。

生徒役や他の教師の期待度が高くて
生徒:二階堂ふみ、染谷将太、松岡茉優
教師:山田孝之、吹越満、平岳大
主人公蓮見こと伊藤英明にはそんなに
>>続きを読む

殿、利息でござる!(2016年製作の映画)

3.5

地上波放送にて。

中村義洋監督、
瑛太、阿部サダヲ主演というだけで、
観ようとなる作品。

特別面白いわけではなかったけれど、
上記2人の他にも、
妻夫木聡、松田龍平、竹内結子と、
人気実力共に高い
>>続きを読む

闇金ウシジマくん ザ・ファイナル(2016年製作の映画)

4.0

映画3作→ドラマ3作
の順番で一気見したウシジマシリーズ。

久しぶりに戻ってきた映画版でファイナル。はじめに見た映画3作は豪華なキャストの印象が強かったんだけど、
ドラマ版を経て、最後に観るファイナ
>>続きを読む

闇金ウシジマくん Part3(2016年製作の映画)

3.4

情報屋・綾野剛、かっこよすぎません?
出番は多くないけど、この役柄の綾野剛は美味しすぎる。

綾野剛を含め、山田孝之、やべきょうすけ、崎本大海のカウカウファイナンスのバランスがちょうどよくて、
ドラマ
>>続きを読む

闇金ウシジマくん Part2(2014年製作の映画)

3.6

菅田将暉が
バイクを盗む相手は中尾明慶、
の妻が木南晴夏、
が通うホストクラブで働く窪田正孝、
に貢ぐことになる門脇麦、
をストーカーする柳楽優弥
を裏ビジネスで労働させる高橋メアリージュン、
が仕え
>>続きを読む

映画 闇金ウシジマくん(2012年製作の映画)

3.6

『スマグラー』観たからね。
同じ真鍋昌平原作のウシジマくんに手を出してみました。

まさか、ドラマ版に映画が4本もあるなんて知らなかったけど!
ドラマは未視聴だけど、映画のみいきましょう。

綾野剛と
>>続きを読む

スマグラー おまえの未来を運べ(2011年製作の映画)

3.7

背骨を演じた安藤政信さまが、
キャラクター作りも、憑依力も、演技力も、骨格も、顔面も、顔面も、顔面も、
完璧過ぎるので、顔面も、
それだけで観る価値があります、本当。

かつて安藤政信という役者を認識
>>続きを読む

君の名は。(2016年製作の映画)

3.6

レビュー漏れ

公開当時、映画館にて。
同行者が公開前から気にしていて、一緒に観に行った時はこんなにブームになるとは思わなかったなぁ。

今もそうだけど、アニメが苦手で。
でも、この作品はとにかく映像
>>続きを読む

>|