Chikaさんの映画レビュー・感想・評価

Chika

Chika

ヒューマンドラマが好きです。邦画多め。でしたがフィルマークスを始めてから洋画も増えてきました。

映画(104)
ドラマ(0)

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.7

このレビューはネタバレを含みます

オギーの視点でずっと描かれるかと思いきや、姉のヴィア、オギーの友達のジャック、ヴィアの友達のミランダの視点で描かれるシーンがあったのが意外な点で期待超え。それぞれの話の中心にはオギーがいて、本当に太陽>>続きを読む

四月の永い夢(2017年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

朝倉あきさん目当てで鑑賞したのですが、彼女の語りの美しさが際立ってました。
観ている最中に席の選択を誤ったなと感じたのが彼の手紙の文章が出てくるシーン。残念ながら思ってたよりスクリーンが遠くて殆ど読め
>>続きを読む

家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。(2017年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

SUKITAを観ようと思っていたのに来週鑑賞でも良かったこちらのチケットを間違えて取ってしまい結構ショックを受けてますが鑑賞中はそれを忘れる位面白かったので良かったです。本当は全然良くはないのですが。>>続きを読む

羊と鋼の森(2018年製作の映画)

3.5

ピアノの音が大好きなのでそれだけで引き込まれました。
出来のいい弟にコンプレックスを抱く外村だけど、素直で真面目で感受性や想像力が豊かで結構序盤からめちゃくちゃ良い子。自信のなさが時々ネックなだけ。ゆ
>>続きを読む

ミッドナイト・サン ~タイヨウのうた~(2018年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

パトリックがとんでもないかっこ良さでただただ眼福。
海外リメイクなだけあってパーティシーンがあったりキスシーンも多くオリジナル程のピュアさはないけど、パトリック演じるチャーリーがかっこ良過ぎて何でも良
>>続きを読む

50回目のファーストキス(2018年製作の映画)

3.5

福田監督の作品は面白いと思うけど、ネタがくどく感じることがある。そこだけ惜しい。
短期記憶障がいを負った人が登場する作品を過去観た時は、その本人が日記をつけていたり部屋中に付箋を貼って毎日記録を遡って
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

先行上映にて鑑賞。
リリーさんの「コロッケ食べる?」が大好きで大好きで予告を見る度楽しみにしておりました。
祖母の年金だけを頼りにしていると思っていたので一応働いていたことは意外な点。
学校には通わせ
>>続きを読む

OVER DRIVE(2018年製作の映画)

3.5

車にはあまり興味がなくラリーという競技も初めて知ったけど見ていてテンション上がってきました。開催場所も幅広くて楽しい。
ラリー自体が猛スピードでタイムを競っているからか物語の展開もやや走り過ぎ感はあり
>>続きを読む

ゲティ家の身代金(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

見応えは十分あるけど本当に怖い話。
ポールが助かったのも結果論に過ぎずただただ恐ろしい。
実話を元にしているから消化不良な部分はあって当然だとは思いつつ、ゲティ氏には呆れてしまった。最初に身代金は支払
>>続きを読む

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

恋する小松菜奈ちゃん(演じるあきら)の可愛さを堪能出来て眠気が吹っ飛びました。
雰囲気は小説原作っぽく見えてたけどオープニングの雰囲気でそういえば漫画か、とハッとした。にしてもあの始まりは意外でした。
>>続きを読む

友罪(2017年製作の映画)

3.3

期待は超えなかった。佐藤浩市さん家族の話は無くしてもっと2人の関係や過去を丁寧に描いてほしかった。そこまで深い友達関係にも見えなくて、「友罪」というタイトルから考えると少し弱い。
もっと深く描いていた
>>続きを読む

ピーターラビット(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

可愛かったー!癒されたー!
部分的にアニメーションになるのも凄く好き。お父さんのエピソードは悲し過ぎますが…ピーターラビット展行った時に相関図でお父さんがパイの絵になってたこと思い出して余計悲しかった
>>続きを読む

孤狼の血(2018年製作の映画)

3.7

実話を元にしているのではないかと思うような作りで、ナレーションの雰囲気も好みで面白かったです。
痛々しいシーンや血が苦手で吐きそうになることもあったのでもう一度観たい程ではないけど続編は楽しみにしてい
>>続きを読む

のみとり侍(2018年製作の映画)

-

豊川さん目当てで楽しみにしていて、途中までは割と面白かったのだけど途中から眠くなってしまい、ツボ押しも効かず恐らく重要なシーンが観られていないのでスコアはなしで。
豊川さんはやはり素敵だったんですけど
>>続きを読む

ラブ×ドック(2017年製作の映画)

3.0

ガチャガチャし過ぎてる割に退屈で、深夜ドラマでやればいいのにと思ってしまった。
最近上映中に眠くなったら眠気を覚ます為のツボを押しながら観ていて何とか最後まで観られたけど、面白くなかったなあ…
ラブド
>>続きを読む

アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル(2017年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

トーニャを奮い立たせる為に野次を飛ばす奴を仕込んだ母のシーンがちょっと笑えたし唯一好きな部分。
「私は悪くない」子供の頃からあの境遇じゃそう思うようになっても仕方ないと思うし「まだ23歳よ」という言葉
>>続きを読む

ラプラスの魔女(2018年製作の映画)

3.4

豊川さんとすずちゃん目当てで鑑賞。
昔の写真は実際の豊川さんの昔の写真なのかな(一部は合成感もあったけど)、とにかく綺麗だった…
ストーリーも割と楽しめたけど、大学なら「生徒」じゃなくて「学生」じゃな
>>続きを読む

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜(2016年製作の映画)

4.3

予告を何度か目にして気になっていたのですが、想像以上というか、物凄い作品を観たな…と。
デモを行う学生を貶して「韓国程住みやすい国はないぞ」と言うマンソプ。でもマンソプが見てきた韓国が全てではないこと
>>続きを読む

ママレード・ボーイ(2018年製作の映画)

3.1

吉住渉先生の作品はウルトラマニアックやミントな僕らは読んでいたのですがママレード・ボーイは恐らく読んでません。
実写化はあまり好きではないけど吉沢亮も日奈子ちゃんもビジュアルが少女漫画的なので観てみる
>>続きを読む

いぬやしき(2018年製作の映画)

3.4

アニメの声優が小日向さん、虹郎、奏多くんだからそのままでも実写出来るんじゃ…と思ったけどアニメをチラッと見て映画を観てみるとノリさんで良かったかも、と。虹郎は可愛すぎるし。奏多くんはアニメでも実写でも>>続きを読む

となりの怪物くん(2018年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

喧嘩シーンの大袈裟加減に少し引いたけど、菅田くん可愛い、太鳳ちゃん可愛い、池田エライザちゃん可愛い、と美男美女を堪能する映画として見ればまあいっか、となった作品。
鑑賞後無料で原作の2話まで読んだので
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

-

予告でティモシー・シャラメの麗しさに惹かれて観たのだけど、アーミー・ハマーにもっと魅了されてしまった。
とても24歳とは思えない色気だだ漏れなオリヴァーが素敵でした。
エリオは基本落ち着いてるけど気持
>>続きを読む

タイタニック(1997年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

家で映画を観ることは滅多になく、映画館でも新作優先の為昔の名作は殆ど観ていません。タイタニックは今回が初見です。
正直想像以上の作品だったので何故今まで観なかったのかと思う程。でも映画館で初めて観られ
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.0

森崎ウィン目当てに観たら普通に面白かった…!!
VRは2回程体験したことがあってとても楽しかったのだけど、オアシスはそれが更に発展した世界でワクワクさせられた。
ストーリーもわかり易く純粋に楽しい気持
>>続きを読む

みんなの学校(2014年製作の映画)

4.0

自分が通っていた小学校にも、週1回言葉の教室に通っている子や、知的障がい?の子、車椅子に乗った子がいたから鑑賞しながらそのことを思い出した。
大空小学校は自分たちで良い学校を作ることを大事にしていて、
>>続きを読む

ワンダーストラック(2017年製作の映画)

-

台詞が少ない作品でウトウトしてしまうことが多々。
後半でベンが知りたかったことが明かされていくところは好きなのだけど、そこに辿り着くまでの展開が今ひとつ。
音楽も少し残念でした。

娼年(2018年製作の映画)

3.0

舞台版で主演を務めた桃李が映画でも主演。
調べたら猪塚さんや江波さんも舞台と同じ役なんですね。
舞台に関するニュースは何度か見たことがあって凄い作品だなと思っていたのですが、舞台はR15で映画はR18
>>続きを読む

名探偵コナン ゼロの執行人(2018年製作の映画)

3.8

安室さんが好きなので楽しみにしていた今作。私には難しい話だったけど面白かった。もう一度観たい。

クソ野郎と美しき世界(2018年製作の映画)

3.2

今の3人の楽しそうな姿を見るのは好きなので、こうして映画を撮るっていう企画自体は好きです。
ただ、公開をもっと先にして準備した方が良かったとは思う。
・「ピアニストを撃つな!」
園子温監督×吾郎ちゃん
>>続きを読む

台湾より愛をこめて(2018年製作の映画)

3.0

リンと出会ってから5年後に再会しようと約束するまでの間が描かれていないのが何とも………
メイをヒロインにした方が良かったんじゃないかと。
そしてネタは結局5年前と一緒かいってなった。
ただ2人とは友達
>>続きを読む

彼の見つめる先に(2014年製作の映画)

3.7

ずっと見つめていたい画の多い映画だった。
ガブリエルが特に美しい…
レオは自分の知らない世界に連れて行ってくれるガブリエルに自然と惹かれていったのだろう。
ガブリエルはレオのどこに惹かれていったのかな
>>続きを読む

曇天に笑う(2018年製作の映画)

-

完全に観る順番を間違えたように思う。この作品の上映がレイトショーの1回しかなかったので致し方ないですが…
ちはやふるとリメンバー・ミーの余韻に浸っていたのと冒頭の文章が読み辛くてフォントやサイズを変え
>>続きを読む

>|