青猫さんの映画レビュー・感想・評価

青猫

青猫

みた映画を忘れないために書いています。洋画・SFが多いです。

映画(251)
ドラマ(18)

トゥモロー・ワールド(2006年製作の映画)

4.2

「ゼロ・グラビティ」などで知られるアルフォンソ・キュアロン監督作品。 これでもかという終末感に溢れた近未来SF。

2027年、最後に人類に子どもが出来てから18年経つ世界。イギリス以外の国の政府は機
>>続きを読む

レポマン(1984年製作の映画)

3.8

"レポマン"はローン未払いの車を無理矢理回収する取り立て屋。地元のヤンキーのオットーは些細なきっかけでレポマンに就職することになります。

とにかく先輩レポマン達のキャラが濃すぎる。注意深く観ていると
>>続きを読む

ウエストワールド(1973年製作の映画)

4.0

作家としての顔も持つマイケル・クライトンが監督を担当した作品。西部・中世・古代ローマをリアルな世界観で体験できる3つのテーマパーク。そこにいるのは、一見すると人間だが実際はロボット。訪れる人間は遊びに>>続きを読む

ゴッド・ディーバ(2004年製作の映画)

3.6

"刑"の執行まで7日間の猶予をうけた1人の神が、自分のつくった人類の住む地球へ降りたつ。そして彼はジルという青い髪の女性を探している。フランスのバンド・デシネ作家エンキ・ビラル監督作品。

街の風景や
>>続きを読む

ティコ・ムーン(1997年製作の映画)

4.0

月面都市には人が住んでいて、街がある。地域一帯を支配するマクビー家。その一族は血が青くなる持病があり、死を回避するためになんとしてでもティコムーンという人物の臓器などを移植しなければならない。「バンカ>>続きを読む

マルホランド・ドライブ(2001年製作の映画)

4.3

ディヴィッド・リンチ監督らしさがものすごいバランスで共存した作品だと思います。脚本・人選・演技・映像・音響効果何からなにまで驚くほどの完成度です。

お馴染みでもある、正体不明で謎の人物がたくさん登場
>>続きを読む

ロスト・チルドレン(1995年製作の映画)

4.2

「アメリ」で有名なジャン=ピエール・ジュネ監督のダークファンタジー作品。

近未来の港町が舞台。緑がかった空に浮かぶ月・子どもたち・穏やかな心をもった怪力男・ノミ使いの男・双子の老婆・一つ目族、まさに
>>続きを読む

ワン・フォはいかにして助けられたか(1987年製作の映画)

3.5

「ルネ・ラルー 傑作短編集」で鑑賞しました。一緒に収録されている「かたつむり」とはまったく違うテイストなのですが、こちらはより現代的な印象。絵師のワン・フォがどうやって救われたかを描いたストーリーにな>>続きを読む

かたつむり(1966年製作の映画)

3.7

すでに「ファンタスティック・プラネット」の片鱗が多く見られるルネ・ラルー 監督作品。

涙で作物が育つことに気づいた農家のおじさんと、街を襲う巨大化したかたつむり。そして最後ににんじんを狙ううさぎ3匹
>>続きを読む

バンカー・パレス・ホテル(1989年製作の映画)

4.0

バンド・デシネ(フランス周辺地域の漫画)で有名なエンキビラル監督作品。独特の不穏な雰囲気と、映像の質感や構図がほんとにかっこいいです。

外は酸性雨が降り、人も見えないのにどこからともなく弾丸が降り注
>>続きを読む

ウィロー(1988年製作の映画)

3.8

魔法使い、魔女、戦士、小人族、馬車などファンタジーの王道をいく要素が詰まった映画。ジョージルーカス原案、「ビューティフルマインド」や「ハンソロ」のロン・ハワード監督。

モーフィングというデジタルでの
>>続きを読む

スターシップ・トゥルーパーズ(1997年製作の映画)

4.2

危険な昆虫型生物が支配する惑星へ突撃する軍隊のストーリー。「ロボコップ」、「トータル・リコール」で知られるポール・バーホーベン監督作品。

これは本当に完成度が高い。SF映画であり、戦争映画であり、ヒ
>>続きを読む

TIME/タイム(2011年製作の映画)

3.6

時間=通貨の世界。25歳を過ぎると時間がカウントされはじめ、ゼロになると死んでしまう。富裕層と貧民の差や管理社会を描いたストーリー。「ガタカ」で知られるアンドリュー・ニコル監督作品。

時間管理局のチ
>>続きを読む

スターゲイト(1994年製作の映画)

3.9

発掘されたスターゲイトと、軍を中心に組まれた調査隊。惑星間の転移が可能と判明したスターゲイトのその先に待つのは?「インデペンデンス・デイ」や「デイ・アフター・トゥモロー」で知られるローランド・エメリッ>>続きを読む

レディ・イン・ザ・ウォーター(2006年製作の映画)

3.9

おとぎ話の中から出てきた水の妖精と、アパートの管理人クリーブランドの運命に導かれるような不思議な物語。シャマラン監督は俳優として出演もしています。

寓話的な脚本と、透きとおるような綺麗な演出で自分は
>>続きを読む

ビルとテッドの地獄旅行(1991年製作の映画)

3.7

脱力SFコメディ映画シリーズの2作目。1作目より先に観たのですが問題なく観れました。終始ゲスなギャグが飛び交うので、「マトリックス」でキアヌ・リーヴスを知った自分のような世代の人には衝撃だと思う。笑>>続きを読む

ジョン・カーター(2012年製作の映画)

3.6

火星に迷い込んだジョン・カーターと、そこで対立する部族同士の争いをめぐる話。莫大な制作費をかけたと言われるディズニー映画。アンドリュー・スタントン監督。原作はエドガー・ライス・バローズ「火星のプリンセ>>続きを読む

ヒューゴの不思議な発明(2011年製作の映画)

4.0

マーティン・スコセッシ監督、ロンドン駅の時計塔で暮らす孤児ヒューゴとジョルジュ・メリエスの「月世界旅行」をめぐる話。

ファンタジー的な世界観と、蒸気機関で形作られた駅や時計塔のデザインがとてもかっこ
>>続きを読む

地球爆破作戦(1970年製作の映画)

3.8

フォービン博士が開発した感情を持たないアメリカの人工知能システム「コロッサス」と、ソ連の人工知能システム「ガーディアン」の話。

技術の進歩に浮かれて油断している人類の滑稽さがよく描かれています。機械
>>続きを読む

不思議惑星キン・ザ・ザ(1986年製作の映画)

4.0

言うならば日常系SF映画という感じでしょうか。アメリカでは誕生し得ないであろう
類のSF。ロシアの映画はタルコフスキー監督の作品しか観たことはないけれど、この作品にも近い同じ空気感は漂っている。(もち
>>続きを読む

ミクロの決死圏(1966年製作の映画)

3.8

細胞レベルにミクロ化した状態で体内に潜入し施術を行うことになってしまった医師チームの話。

心臓は振動が大きく危険、肺は強風が吹き、耳では外部でのわずかな音が命とりになるというミクロ化した故の悩みが彼
>>続きを読む

アルタード・ステーツ/未知への挑戦(1979年製作の映画)

3.9

人間の真理とは?をテーマに探求をすすめ、アイソレーションタンクとメキシコの秘薬を使った実験を繰り返し、自らに人体実験を課したマッドサイエンティストとその愛する人のストーリー。

これぞカルトというよう
>>続きを読む

トロン(1982年製作の映画)

3.9

豪華製作陣によるディズニー映画。世界ではじめてCGを使ってつくられた映画と言われていますが、使われている時間は15分ほどだそう。データ内部のプログラムを擬人化した設定がすごくおもしろいです。

ティム
>>続きを読む

ロボコップ3(1992年製作の映画)

3.6

ロボコップ3作目。1,2と徐々に酷くなっていく街の様子は果たしてどんな地獄絵図かと思ったけれど、「マッドマックス」に出てくるような不良が蔓延っていた。

過去2作からの流れでの脚本は難しかったはずだし
>>続きを読む

ブラジルから来た少年(1978年製作の映画)

3.7

ナチス残党のメンゲレ医師の企みを暴こうとする記者リーバーマンとそれに関わる人たちの物語。

これは怖い話。ヒトラーの遺伝子からクローンが作られていた...。本当に行われていたとしたらどうなってしまって
>>続きを読む

アビス/完全版(1993年製作の映画)

3.9

ジェームズ・キャメロン監督、その他の製作陣も鉄壁の布陣で製作された深海を舞台にした海洋SF作品。

この映画のすごいところはたくさんあるけれど、とにかく宇宙生物の描写や演出がすごい。味方なのか敵なのか
>>続きを読む

ホドロフスキーのDUNE(2013年製作の映画)

4.0

ホドロフスキーも「DUNE」についてもまったく知らない状態で鑑賞しました。

ホドロフスキー監督やスタッフ陣のこの映画に対する圧倒的な自信と作品のスケールが伝わってきます。そしてオファーの掛け方につい
>>続きを読む

ギャラクシー・クエスト(1999年製作の映画)

3.8

「スタートレック」のオマージュ満載とは聞いていたのですが、観なおしたりせずに鑑賞。案の定わかりやすいオマージュにしか気づけなかった...。

「ギャラクシークエスト」というテレビドラマの出演者達、気づ
>>続きを読む

銀河ヒッチハイク・ガイド(2005年製作の映画)

4.2

4.2点にしたのはシャレを効かせたわけではなく、たまたまです...。笑

宇宙・哲学・笑い・泣きのバランスが素晴らしいです。宇宙の描写はとても美しいし、ラストの地球のシーンはもはやいま生きている地球に
>>続きを読む

カプリコン・1(1977年製作の映画)

4.1

あ〜〜〜おもしろかった。
宇宙関連のシーンが続く前半は不穏な雰囲気の漂うSF映画、後半はサスペンス+熱いサバイバルという異様ぶり。まごうことなきオンリーワンの映画です。こんな映画にも協力するNASAは
>>続きを読む

ニューヨーク1997(1981年製作の映画)

4.0

舞台は1997年ニューヨーク、犯罪率の急激な増加により1988年から一帯は高い壁で覆われ、犯罪者は押し込められていた...

「メタルギアソリッド」のスネークの元ネタでもあるスネークプリスキンが主役。
>>続きを読む

ストレイト・ストーリー(1999年製作の映画)

3.6

小さなトラクターで兄弟に会いに行く、70歳を過ぎたお爺さんのとてもスローなロードムービー。

ゆっくりな旅の中で出会う人や小さな出来事が観ていて哀愁や教訓を伝えてきます。起承転結も喜怒哀楽もすごく小さ
>>続きを読む

エレファント・マン(1980年製作の映画)

3.9

ディヴィッドリンチ監督作品、「イレイザーヘッド」と同じようにこんなに考えさせられる作品もなかなかないと思います。この「エレファントマン」というテーマ自体が映画を観ている時も観終わったあとも自分自身に訴>>続きを読む

アンドロメダ…(1971年製作の映画)

4.0

村人はほぼ全滅、村で生き残ったのは酔っ払い親父と赤ちゃんの2人のみ。集められた研究者のチームは調査を開始...

これぞハードSFという作品。
物語はほぼ研究棟での"アンドロメダ"の検査シーンです。そ
>>続きを読む

ブルーベルベット(1986年製作の映画)

3.9

不思議な雰囲気を持った綺麗な映画だった。カイルマクラクラン(最高の役者!)出演、美しい恋愛と禁断の恋的なものが併走するサイコなサスペンスの感じは時期的にも「ツインピークス」の原型になったのではないか、>>続きを読む

イレイザーヘッド(1976年製作の映画)

3.3

自分の観てきたなかで一番病んだ表現で、体力を使った映画となりました...。どうやって撮ったのだろうという演出の連続で、クライマックスは本当にきついです。すごい、という感情も自分の中には確かにありますが>>続きを読む

>|