FREDDYさんの映画レビュー・感想・評価

FREDDY

FREDDY

グッドバイ 嘘からはじまる人生喜劇(2019年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

太宰治の未完の遺作『グッド・バイ』を独自の視点を交えてケラリーノ・サンドロヴィッチが完成させた舞台劇を成島出が映画化した本作は、終戦直後の日本を舞台に、愛人を何人も抱える、闇稼業で小金を稼いでいた文芸>>続きを読む

ホテル・エルロワイヤル(2018年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ドリュー・ゴダード監督によるクライム・サスペンス作品である本作は、カリフォルニアとネバダの州境に建つ寂れたホテル「エルロワイヤル」を舞台に、1969年、ある男が何者かに射殺されてから10年後のエルロワ>>続きを読む

ステイ・ホーム(2019年製作の映画)

2.2

このレビューはネタバレを含みます

ロベルト・デ・フェオ監督によるホラー映画である本作は、イタリアの田舎にひっそりと佇むヴィラ・デイ・ラーギと呼ばれる領地内から屋敷の主リッカルドに抱えられ夜中に連れ出されるも事故に遭い、後遺症で車椅子生>>続きを読む

ディープ・ブルー3(2020年製作の映画)

2.6

このレビューはネタバレを含みます

レニー・ハーリン監督が手掛けた1999年公開のパニックアクション映画『ディープ・ブルー』シリーズの第3作である本作は、モザンビーク海峡の沖合に浮かぶ人工の島「小さな楽園」を舞台に、自然の恵み豊かな島で>>続きを読む

僕たちの嘘と真実 Documentary of 欅坂46(2020年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

高橋栄樹監督による、2015年8月に結成され翌年4月に『サイレントマジョリティー』で鮮烈なデビューを飾り、2020年10月のラストライブをもって活動に幕を下ろした欅坂46の5年間の軌跡に迫ったドキュメ>>続きを読む

きみの瞳(め)が問いかけている(2020年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

チャップリンの名作『街の灯』をモチーフに製作された、ソン・イルゴン監督による2011年の韓国映画『ただ君だけ』を三木孝浩監督がリメイクした本作は、偶然の出会いから交流を経て恋に落ちるも、過去の事件によ>>続きを読む

コンフィデンスマンJP プリンセス編(2020年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

長澤まさみ、東出昌大、小日向文世が共演した、古沢良太のオリジナル脚本で展開される人気TVドラマ『コンフィデンスマンJP』の劇場版シリーズ第2作である本作は、"伝説の島"と呼ばれる南国のリゾート地マレー>>続きを読む

一度死んでみた(2020年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

CMディレクターの浜崎慎治が監督を務めたコメディ作品である本作は、自身が経営する製薬会社で開発を進める若返りの薬を狙うライバル会社・ワトスン製薬のスパイを炙り出すため、2日間だけ死んじゃう薬「ジュリエ>>続きを読む

転がるビー玉(2019年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

宇賀那健一監督による再開発の進む渋谷を舞台とした青春映画である本作は、吉川愛、萩原みのり、今泉佑唯を主演に迎え、めまぐるしく変化する渋谷の片隅にある、床の傾いた古い家でそれぞれに夢を追い求めながらルー>>続きを読む

ポイズン・ローズ(2019年製作の映画)

1.7

このレビューはネタバレを含みます

リチャード・サルヴァトーレの小説『The Poison Rose』を原作とした、ジョン・トラボルタ、モーガン・フリーマン共演によるサスペンス・スリラー作品である本作は、とある依頼を受け訪れた、故郷であ>>続きを読む

新感染半島 ファイナル・ステージ(2020年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

2016年に製作されたヨン・サンホ監督によるゾンビ・パニック映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』の続編である本作は、人間を凶暴化させる謎のウイルスが蔓延し国家としての機能を失った韓国を舞台に、パン>>続きを読む

4月の君、スピカ。(2019年製作の映画)

1.7

このレビューはネタバレを含みます

杉山美和子による漫画『4月の君、スピカ。』を大谷健太郎監督が実写映画化した恋愛映画である本作は、勉強が苦手でありながらスパルタで有名な長野県の進学校・千曲高校に転校し、授業についていけず友達すらも出来>>続きを読む

映画ドラえもん のび太の新恐竜(2020年製作の映画)

1.8

このレビューはネタバレを含みます

藤子・F・不二雄原作のTVアニメ『ドラえもん』の劇場版シリーズ通算40作で、ドラえもん連載50周年記念作品でもある本作は、スネ夫たちとともに訪れた恐竜展の化石発掘体験で偶然見つけた恐竜の卵の化石を持ち>>続きを読む

マイ・ブックショップ(2017年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

ペネロピ・フィッツジェラルドの小説『The Bookshop』をイザベル・コイシェ監督が映画化した本作は、1959年、イギリスにある書店が一軒もない海辺の町を舞台に、長らく放置されていた古い家を買い取>>続きを読む

マイ・エンジェル(2018年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

ヴァネッサ・フィロ監督によるドラマ作品である本作は、南仏コート・ダジュールを舞台に、その日暮らしの貧しい生活ながら幸せに暮らしていたシングルマザーのマルレーヌと、8歳の娘・エリーを主軸とした母娘の絆の>>続きを読む

サスペリア(2018年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

1977年に制作されたダリオ・アルジェント監督によるホラー映画『サスペリア』を新たな視点から描いたリメイク作品である本作は、ベルリンを拠点とする世界的に有名な舞踊団「マルコス・ダンス・カンパニー」に入>>続きを読む

ヴァレンタイン ヒーロー誕生(2017年製作の映画)

2.4

このレビューはネタバレを含みます

サルジョノ・ストリスノ、アスウィン・マクシレガルによるコミックヒーロー『ヴァレンタイン』の実写映画で、スカイラー・コミックのシネマティック・ユニバース・シリーズ第1作でもある本作は、犯罪組織による強盗>>続きを読む

スカイスクレイパー(2018年製作の映画)

3.1

このレビューはネタバレを含みます

ローソン・マーシャル・サーバー監督によるアクション作品である本作は、香港に聳える高さ1,000メートルを超える超高層ビル"ザ・パール"を舞台に、とある事件で片脚を失う大怪我を追い義足となった、かつては>>続きを読む

新解釈・三國志(2020年製作の映画)

2.6

このレビューはネタバレを含みます

魏・呉・蜀の三国が争覇した三国時代の歴史を述べた歴史書である『三国志』を福田雄一監督自らが新たな解釈で映画化した歴史エンタテインメント作品である本作は、歴史学者の蘇我宗光による、今から1800年前の中>>続きを読む

黒衣の刺客(2015年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

ハイ・ケイの小説『聶隱娘』をホウ・シャオシェン監督が映画化した武侠時代劇作品である本作は、8世紀後半の唐を舞台に、13年前に女道士の嘉信に預けられ暗殺者として育て上げられた聶隠娘が、自身の母方の従兄弟>>続きを読む

お前ら全員めんどくさい!(2018年製作の映画)

2.6

このレビューはネタバレを含みます

TOBI原作の漫画『お前ら全員めんどくさい!』を宝来忠昭監督が実写映画化した本作は、クラスで孤立していた女子生徒・一宮数美の相談を受け、新しい友達ができるまで彼女の"友達"になることとなった白羽高校の>>続きを読む

リアム16歳、はじめての学校(2017年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

カイル・ライドアウト監督によるラブコメディ作品である本作は、高卒認定試験を受けるために初めて足を踏み入れた公立高校で偶然出会い一目惚れをした義足のアナスタシアに近づくため、母親の期待を裏切り自ら試験に>>続きを読む

Be With You 〜いま、会いにゆきます(2018年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

市川拓司のベストセラー小説『いま、会いにゆきます』をイ・ジャンフン監督が舞台を韓国に移して再映画化したドラマ作品である本作は、1年前に最愛の妻を亡くしたウジンと、その息子のジホのもとに突如現れた、生前>>続きを読む

メアリーの総て(2017年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

19世紀初頭、古典的名作であるゴシック小説『フランケンシュタイン』を18歳で執筆した女性作家メアリー・シェリーの波乱に満ちた半生を、ハイファ・アル=マンスール監督がエル・ファニング主演で描いた伝記恋愛>>続きを読む

リズム・セクション(2019年製作の映画)

2.8

このレビューはネタバレを含みます

マーク・バーネルの小説『堕天使の報復』をリード・モラーノ監督が映画化したアクション作品である本作は、3年前に起きた飛行機事故で愛する家族を失い、生きる気力をなくし自堕落な生活を日々送っていた中、とある>>続きを読む

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜(2017年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

1980年に韓国で起きた、多数の死傷者を出した民主化運動"光州事件"を世界に伝えようと奮闘した、ドイツ人ジャーナリストと平凡な韓国人タクシー運転手による実話を基にチャン・フン監督が製作したドラマ作品で>>続きを読む

マッド・ハウス(2019年製作の映画)

2.8

このレビューはネタバレを含みます

デヴィッド・マーモー監督によるスリラー作品である本作は、複雑な家庭環境からトラウマを抱え、心機一転ハリウッドのとある住宅見学会で巡り合った理想の物件で新生活を始めた、法律事務所で働くサラに襲い掛かる住>>続きを読む

エンドレス・エクソシズム(2018年製作の映画)

2.7

このレビューはネタバレを含みます

ディエデリック・ファン・ローイェン監督によるホラー映画である本作は、とある事件によってトラウマを抱え、ボストン市警を辞めて薬に頼る生活を送っていた中、知り合いの紹介で遺体安置所で遺体受け取り係の夜勤を>>続きを読む

工作 黒金星と呼ばれた男(2018年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

ユン・ジョンビン監督による、実在した工作員『黒金星(ブラック・ヴィーナス)』を題材としたスパイ映画である本作は、1992年、北朝鮮の核兵器開発を巡って緊張状態が高まる朝鮮半島を舞台に、北朝鮮の核開発の>>続きを読む

インビジブル・シングス 未知なる能力(2018年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

マルクス・ディートリッヒ監督によるドイツ製のSFアクション作品である本作は、世界的な科学者で研究に没頭するあまり自分を全く相手にしてくれない母親・マリアの誕生日をサプライズで祝うため、音楽家の父親・ク>>続きを読む

ハンターキラー 潜航せよ(2018年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ドン・キースとジョージ・ウォレスの小説『ハンターキラー 潜航せよ』を原作とした潜水艦アクション作品である本作は、ロシア領バレンツ海にて何者かに撃沈され消息を絶った、ロシア連邦海軍原潜コーニクを追尾中だ>>続きを読む

虐待の証明/ミス・ペク(2018年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

韓国で実際に起きた児童虐待事件を基に製作された、イ・ジウォン監督による社会派サスペンス作品である本作は、とある夜の寒空の下で一人身を抱えて震えていた、父親と内縁の妻から虐待を受けていた少女・ジウンと出>>続きを読む

パンデミック・ハウス(2020年製作の映画)

1.2

このレビューはネタバレを含みます

ミテシュ・クマール・パテル監督による、新型コロナウイルスを題材としたパニック・スリラー作品である本作は、コロナウイルスの蔓延と政府によるロックダウンで街がパニックに陥り至るところで暴動が起き始め、悪化>>続きを読む

ザ・ファーム 恐怖の食物連鎖(2018年製作の映画)

1.9

このレビューはネタバレを含みます

ハンス・シュテルンスヴェルト監督による"ヴィーガニズム"を題材としたホラー映画である本作は、旅の疲れを癒そうと、道中に立ち寄ったガソリンスタンドの店員に聞いた安宿に訪れるも、目覚めると人間を家畜として>>続きを読む

ガーンジー島の読書会の秘密(2018年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

メアリー・アン・シェイファーとアニー・バロウズによる小説『ガーンジー島の読書会』を原作としたドラマ作品である本作は、1941年、第2次世界大戦直後の、イギリスで唯一のナチス・ドイツの占領下にあったチャ>>続きを読む

チャーリー・セズ / マンソンの女たち(2018年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

エド・サンダースの『ファミリー:シャロン・テート殺人事件』を原作とした、メアリー・ハロン監督による実録犯罪ドラマ作品である本作は、1969年に起きた、カルト集団チャールズ・マンソンとそのファミリーによ>>続きを読む

>|