metalicheartさんの映画レビュー・感想・評価

metalicheart

metalicheart

哀愁しんでれら(2021年製作の映画)

3.2

土屋太鳳と田中圭で、シンデレラなんてついてたら、甘い映画と思ってしまうが、なかなかなダークなファンタジー。

久々に、やり過ぎだよってツッコミたくなる。地上波はまず無理。
でもこういう内容こそ、どんど
>>続きを読む

あの頃。(2021年製作の映画)

3.5

ハロプロファンのあの頃の話だけど、どのジャンルファンにも当てはまる話。

推しがいる人なら、うんうんって共感と、バカだなあなんて言いながら見ちゃうかも。
自分はどのタイプかなんかも、分かるかも。

>>続きを読む

マッドマックス 怒りのデス・ロード(2015年製作の映画)

5.0

行って帰ってくるだけなのに、
何でこんなに面白いの🤣

シャーリーズセロン 最高。

悪魔の手毬唄(1977年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

犬神家に続く、石坂金田一第二弾。

磯川警部に若山富三郎。
もうこの時点で名作。
この作品は、磯川さんの過去との対峙と恋が語られています。

小さな村で起こった迷宮入り殺人事件がきっかけに新たな殺人事
>>続きを読む

犬神家の一族(2006年製作の映画)

3.2

犬神家の一族と名が付く作品は、色々なバージョンで何10回見たか。

市川崑による76年版のセルフリメイク。
台詞もカットも同じなんだけど、やっぱり76年版に軍配。

金田一と一部の役者が同役、竹梅姉妹
>>続きを読む

黒い家(1999年製作の映画)

4.0

怖い
本当に怖い

原作発売時期に、内容が似た事件が起こった事もあって、有名になった作品。

原作者が元生保会社社員なため、内容はリアルです。
元生保の保険金査定をしていた身からすると、決して物語上だ
>>続きを読む

俺物語!!(2015年製作の映画)

4.0

6年前の作品を、初めて鑑賞。
期待せずに見たら、面白かった。

今期のドラマで話題の医師2人が主演。
MERの鈴木亮平に、モネの坂口健太郎。
まだ10代だった永野芽郁による、三角関係に見えるようで、終
>>続きを読む

見えない目撃者(2019年製作の映画)

3.9

期待しないで見たら、めちゃくちゃ面白かった。
吉岡里帆は本当良く頑張った。
メジャー系でここまでエグい描写出来るとは。
原作が韓国映画と知って納得。
でも、この展開の事件って身近の恐怖。
日本の何処か
>>続きを読む

ある用務員(2020年製作の映画)

3.2

面白かった。
時間も短いので、サクッと見れます。

設定は面白い、どうしても低予算の邦画では限界があるので、惜しかった。

とにかく殺し屋たちが個性的というかキャラ立ちしているので、逆に主人公とヒロイ
>>続きを読む

映画 聲の形(2016年製作の映画)

1.5

ALL that KUZU

ストーリーはイライラ、演出はあまりにも酷い。女子の生脚アップは意味不明。
本職声優の演技も聞くに耐えない。
もう、映画として酷すぎる。

聾唖の友達何人かいますが、
演技
>>続きを読む

ヘレディタリー/継承(2018年製作の映画)

3.6

ホラー映画としては、そんなに怖くない。
と言うより、薄気味悪い。
ローズマリーの赤ちゃん系?
母親と妹の顔が、ちょっと無理。
話よりも顔が怖すぎる。


1番怖いのは、あの車の事故。
あの死に方は、言
>>続きを読む

黒衣の花嫁(1968年製作の映画)

3.0

コーネルウールリッチの原作が好きで、翻訳版の五瓣の椿も大好きなので、楽しみにしていました。
ヒロイン、おばさんじゃない。
ごめんなさい、10代の時の感想です。

もう少し若くて綺麗なヒロインをイメージ
>>続きを読む

イニシエーション・ラブ(2015年製作の映画)

3.5

原作読んだ時、びっくりした作品。
見事に騙された訳だか、これ映像化不可能作品として長年君臨してたので、映画化をどうやってやるのかを確認。

騙されはないけど、なるほどねって感じ。
こう表現してきたんだ
>>続きを読む

怪怪怪怪物!(2017年製作の映画)

4.0

最初のシーンから胸糞。
いじめシーンは、主犯や生徒もだけど教師にも不快。
これ最後まで見れるかな?と感じながら。

姉妹の怪物が出て来ると、いじめられっ子は、いじめグループと一緒になり、妹を監禁し拷問
>>続きを読む

岬の兄妹(2018年製作の映画)

3.3

よくこのテーマを描いたと思う。
辛くて苦しくて、胸糞悪いけど、一度見てしまったら、逃げてはいけない。

この世界の何処に、同じような人たちが存在する一方で、生活保護や障害者年金もなく生活するのが、少し
>>続きを読む

アラジン(2019年製作の映画)

3.3

アラジンの魅力って、やっぱりジーニー。
これは、ロビンウィリアムズが作り上げ、ロビンの魅力が満載の最高なキャラなんだと実感しました。

ウィルスミスのロビンへのオマージュは分かるのだけど、やはりジーニ
>>続きを読む

少年は残酷な弓を射る(2011年製作の映画)

3.5

キャリアがあるが、望まぬ妊娠で母になった主人公。
キャリアを諦め主婦に専念するが、生まれた子供は自分にだけ厳しい態度。

主人公は息子の誕生時から、無表情で笑わない。
子供って母親の顔、態度から本能で
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.7

最近はあまりないオリジナル作品。
人種差別なんてしないよの世界と見せかけての、怖い差別映画。
やってる事は非科学的な、ファンタジー。
現実問題とファンタジーを融合させてホラーにした手腕は、すごい。
>>続きを読む

十二人の死にたい子どもたち(2019年製作の映画)

3.8

思いのほか良かった。
題名からの通り、12人の怒れる男からのオマージュ作品。
だから結末は見えているし、最後の切り札が誰になるかも分かってしまった。

未成年で自ら死を選ぶ事、自分の世界がまだまだ小さ
>>続きを読む

アクアマン(2018年製作の映画)

2.7

DCもMCUにも全く興味はありませんが、
何となく見てみました。
映像は本当綺麗だった。
風景だけならずっと見ていたい。

でも、ストーリーは陳腐。
多分、アーサー王伝説なんだろうけど、
壮大なる兄弟
>>続きを読む

ザ・ハント(2020年製作の映画)

3.5

思ってた内容とは全然違い、大笑いしてしまいました。
バカ映画ですね。
久々にくだらないオチの映画を見ました。

宣伝で煽る内容ではありません。
バトロワ系でもありません。
ネットの誹謗中傷問題を訴えて
>>続きを読む

夏への扉 ―キミのいる未来へ―(2021年製作の映画)

3.8

有名すぎる原作の為、期待と不安とで見ましたが、とても素敵な作品でした。

バックトゥザフューチャーやターミネーター、バタフライエフェクトのオマージュを感じさせられ、洋画好きにも楽しめると思います。
>>続きを読む

マリオネット 私が殺された日(2017年製作の映画)

3.3

実話を基にした映画。
本当、胸糞悪い。
でも、こう言う題材を映画にする韓国、普通に凄い。

キムダミが暴力に屈し、精神的暴力にも従順させられるのが、見ていて苦しかった。

成長したヒロインが、過去を気
>>続きを読む

The Witch/魔女(2018年製作の映画)

4.0

キム ダミが凄かった。
田舎の少女から、二段階覚醒した後のハードなアクション。
顔は素朴な女の子なのに、めちゃくちゃかっこよくなる。

前半の普通の生活とそれが壊れていく時は、幸せ壊さないでなんて思っ
>>続きを読む

エマニエル夫人(1974年製作の映画)

2.0

配信で見られたので、初めて見てみた。
子供の頃、この映画が地上波放送されると、みんなこっそり録画して見てたなんて
思い出が聞かれる。
で、一度は見てみようと。

うん、、思ってたのと違う。
ほとんど百
>>続きを読む

ウエストワールド(1973年製作の映画)

3.4

1970年代にAIによるテーマパークなんて、
設定が斬新すぎる。
コンピュータの暴走により、パーク内の恐怖といえば、ジュラシックパークの元ネタ。
原作、監督はジュラシックパークのマイケルクライトン。
>>続きを読む

時計じかけのオレンジ(1971年製作の映画)

4.5

学生時代以来、何十年ぶりの2回目。
すると、評価は180度変りました。

初見は若い事もあり、不快で二度と見たくない、訳が分からない感想でした。
しかし、年を重ね、世間に揉まれ、数々の悪に触れたりする
>>続きを読む

屋根裏部屋の花たち(1987年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

映画を見た後に、原作シリーズ読破。

父親の死亡に伴い、母親の実家に戻った4人の子供(兄、妹、男女の双子)たちは、祖母によって屋根裏部屋に軟禁される。
最初は少しの期間だけと、母親も心配して会いに来て
>>続きを読む

スタンド・バイ・ミー(1986年製作の映画)

4.0

テレビ放送を機に、久々に視聴。

初めて見た時は高校生、リバーがスターになって行くのを見て行き、あの訃報を聞いて愕然とした日を、今でも覚えている。

子供の感想と大人の感想は勿論違うのだけれど、リバー
>>続きを読む

氷菓(2017年製作の映画)

1.5

ミステリー小説の映画化と思っていたら、
ラノベの映画化だった。
脚本云々よりも、話自体がつまらない。
これ、映画化するほどの作品?
複数回のドラマでいいでしょう、アニメになったらしいけど。

あと、時
>>続きを読む

冷たい熱帯魚(2010年製作の映画)

4.2

圧倒的なパワーで、一気に見てしまう作品。
とにかく、でんでんが怖い。
残虐なのに、おかしくて。
こんな悪魔に狙われたら、逃げられないし、従うしかない。
ボディを透明にするって、、

実際の事件は、よく
>>続きを読む

ダンサー・イン・ザ・ダーク(2000年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

当時、母の愛で泣けるなんて宣伝してだけど、全く泣けず、感情移入も出来なかった。
あと、学って本当に必要だと言う事。
自分で最悪へ行ってしまうのだから。
何発も射殺するし、一発ならまだ救いはある。おまけ
>>続きを読む

タイタニック(1997年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

公開時は映画館で何度も見たが、
久々に鑑賞。
やっぱり何度も泣いてしまう。
前半は切ないラブストーリーも、後半は一気にアクション映画。

キャメロン作品は、女優が強い強い。
部屋に閉じ込められたジャッ
>>続きを読む

ミッドサマー(2019年製作の映画)

3.5

明るい空や風景が、こんなに不快になる映画は初めて。
おまけにメンヘラヒロインを見続けるのは、こんなに苦痛なのかと。
登場人物誰一人感情移入出来ないし。
本当に見続けるのが、大変な映画。

村の儀式が少
>>続きを読む

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

4.6

ゾンビ映画なのに泣ける。
それを聞いて、半信半疑で見てみたら、
見事に号泣。

ただのゾンビ映画じゃなく、父と子、夫婦、若い恋人たち、姉妹と、それぞれの愛があって、その愛が壊れていくのが、本当に辛い。
>>続きを読む

スピード(1994年製作の映画)

4.6

もう何10回も見てるから、展開も台詞も分かっているけど、やっぱり面白い。

80年代後半から90年代前半にかけて、アクション映画で女性が活躍し始め、まさに本作はキアヌとサンドラが主役。
バスを運転する
>>続きを読む

>|