bridgecoさんの映画レビュー・感想・評価

bridgeco

bridgeco

映画(134)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

アイスと雨音(2017年製作の映画)

3.5

ほとばしる熱いパトス、って感じ?内容最後まで掴めなかったけど、まそれでいいんだよね、多分。ノーカット長回しで3週間を撮るという構成には拍手。

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

3.7

どことなくアメリを彷彿とさせつつ、最後は人間全開、でよくわからず終了。でも松岡茉優うまかったし可愛かった。午前3時の無法地帯の本田翼といい本作といい、ちょっとおかしな作品にかわいい女優ってのはいいね。

友罪(2017年製作の映画)

3.7

期待をよくも悪くも裏切られず、主題の重さのわりに凡庸な映画となったことが残念ー。
スコアが高いのは、瑛太の怪演に。最後のなんともいえない感情の渦巻く表情、天才。

孤狼の血(2018年製作の映画)

3.5

極道映画、苦手なんだよなー。怖いし、殺し方にひねりないし。
役所広司、松坂桃李、真木よう子、江口洋介がかっこよかった。
江口洋介の役名が「もりたか」ってw

セトウツミ(2016年製作の映画)

3.7

セトウツミ、なんだこの淡々としたリアルヒューマニズムは。なんでもない日常がドラマでありコメディであり愛であるな。

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

誰一人知らない役者だったですが、キャスティングが秀逸。そして1秒足りとも無駄がない。何度も観て確認したい。よく考えたら監督の、番組の、番組の裏の、そして映画のと、4重のカメラが回ってたんだなぁ。まさに>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

4.3

メアリーとフランクの不器用で切ない愛情の確認プロセスがたまらなく愛おしい!メアリーの醸す大人子どもした雰囲気、役の作り方が見事。天才子役ですな。片目のフレッド、隣人さんもみな愛すべきキャラたちで、最後>>続きを読む

ショートウェーブ(2016年製作の映画)

2.9

映像とイザベルが美しい。
無線に呼ばれる、とかコンセプトは悪くない気がするんだけど、なんで中外生命体でてきちまうかなー。結局アメリカやねんなー。
ざんねん。

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

3.8

若干の中だるみを感じたが、見終わってみれば視聴者の"油断"を作り出す必要な時間だったのかも、と。テンションを完璧にコントロールされた気分。
そこからひっくり返すかー、という驚きがそこまで痛快でないのは
>>続きを読む

去年の冬、きみと別れ(2018年製作の映画)

3.9

単純におもしろかった!シンプルなストーリーゆえ、ひっくり返された時の驚きがダイレクトで、よかった。
唯一残念なのは、広告コピーのチープさ。最初から罠とか騙されるとか煽られると構えちゃうよね。構えなしで
>>続きを読む

サニー/32(2018年製作の映画)

3.3

なにがなんだか、よくわからないけど、役者によって映画はしまったりしまらなかったりするんだなーと改めて。麦ちゃんの存在感は異常。きたりえも頑張ってた。
ストーリーは薄め、シリアスとコミカルのどちらにとっ
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.9

グイグイ引き込まれる展開に魅力された。正直、もっと最後にどんでん返しくるかなと思ったけど、意外と想定通りだったのと、畳み方を急ぎすぎてた気も。でも、面白いし、恐ろしかった。

帝一の國(2017年製作の映画)

4.2

帝一の國、観了。
ストーリーは予想通りといえばそうだけど、ラストにスカッとするよい作品だったな。菅田将暉が素敵すぎるわ!竹内涼真も千葉雄大も、他もみんな役者がよかった!
続編のぞむ!

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

3.9

ちなみに今日は劇場でスターウォーズ〜最後のジェダイ〜も。
相変わらず御都合主義満載のエンターテイメント。レイとベン、レイとルーク、ルークとレイアなどなど、対峙する二人の葛藤が丁寧に描かれていて好感。レ
>>続きを読む

昼顔(2017年製作の映画)

3.8

上戸彩だなやっぱ。かわいくて綺麗で、純粋そうで妖艶にもみえて。どハマりキャスト。ドラマ版より吹っ切れてたか。でもちょっとトントン拍子にいきすぎか。伊藤歩に見つかるの早すぎ。もっと躊躇やすれ違いや理性が>>続きを読む

愚行録(2017年製作の映画)

3.8

ヒリヒリする。救いがない。本編の中で、誰一人として、心から楽しくて笑っている、なんて人がでてこない。
そっち側の世界は知らないけれど、住人にとってはそんな世界が苦しい日常なのだろう。
自分はちがってよ
>>続きを読む

ムーンライト(2016年製作の映画)

3.7

ストーリーはおいておいて、幼少〜少年〜成人と演じた三人の眼の中に、変わらぬシャロンの儚げで無垢さが宿っている。これはほんとすごい役者と演出だな、と感動しました。あと、登場人物ゴリゴリのアメリカンなのに>>続きを読む

三度目の殺人(2017年製作の映画)

3.6

サスペンスものかと思いきや、どちらかといえば「真実とは何か」「裁きとはなにか」を問う重厚な問題提起作品でした。
映像とキャストはすばらしく、最後の福山と役所の対話シーンなどは映像史に残る名シーンかと。
>>続きを読む

君の名は。(2016年製作の映画)

3.7

ようやっと君の名は。観了。
ラブコメシーンになるとアニメ映画のこしょばさがでてきてうーんと思ったりしたけど、映像、SFをベースにした展開、コンセプト、音楽、かなり素晴らしかった。

団地(2015年製作の映画)

3.5

淡々としてるけど、藤山直美の素の演技がいい。

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

4.3

余命をテーマにした映画星の数ほどありますが、この映画ほど爽やかで力強く、かつ押し付けがましくない愛の物語をみたことがありません。
安澄ちゃんの手話ができる理由とか、最後のタイトルバックと大ネタとか、随
>>続きを読む

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章(2017年製作の映画)

2.9

ジョジョ、観てきましたよ。単純にエンタメとして観ると、それはそれでよい。
仗助、根の優しさと唇のセクシーさでのキャスティングなら間違っていない気がした。ちと若くてひょろいけどw あとはスタンド、とくに
>>続きを読む

淵に立つ(2016年製作の映画)

3.3

前半の丁寧な描写から一転して、事件が起こってからの後半は伏線の雑さと、結局なんだったのかが語られぬまま終演。よかったのは雰囲気だけだったなー。
ちなみに、古舘寛治ってどうも演技も人間性も軽薄にみえて、
>>続きを読む

葛城事件(2016年製作の映画)

3.6

テーマでおもしろそうと思ってみたら、想像以上に登場人物たちが(全てではないけど)クズで救いがなかったけど、「家族の地獄」ってつまりそういうことなのかもと納得しました。自分には理解も想像もできない人々が>>続きを読む

日本で一番悪い奴ら(2016年製作の映画)

3.6

話の展開は予想がつくことばかりだったけど、そこが実話ベースの面白さ。あーほんとにこうやって人間やめてくんだなーってリアルだった。初めてシャブ打った後の綾野剛の目の演技は、これだけでも観る価値あるくらい>>続きを読む

>|