チコさんの映画レビュー・感想・評価

チコ

チコ

映画(381)
ドラマ(0)

犬鳴村(2020年製作の映画)

3.5

心霊スポットで有名な呪われた村『犬鳴村』を題材としたジャパニーズホラー。

臨床心理士の森田奏は、兄と幼い弟を持つ主人公の女性。

兄とその彼女は、犬鳴トンネルを抜けて有名な心霊スポット『犬鳴村』に足
>>続きを読む

屍人荘の殺人(2019年製作の映画)

3.7

大学のミステリー愛好会に所属する明智(中村倫也)と葉村(神木隆之介)は自称大学のホームズとワトソンとして事件を解決したりしなかったり、単なる人騒がせな人たちだったりの凸凹コンビ。

そんなふたりに剣崎
>>続きを読む

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

3.6

半地下の家に住む全員無職の貧乏なキム一家。

ある日、キム一家の息子ギウは友達から家庭教師をしてくれないかと頼まれる。

それは超裕福なパク社長の娘の英語の家庭教師の仕事。

これをきっかけにキム一家
>>続きを読む

SUNNY 強い気持ち・強い愛(2018年製作の映画)

3.8

物語な背景はコギャル全盛期でルーズソックスや茶髪、茶色のカーディガン、プリクラなどがお決まりの懐かしい90年代。

かつて仲良し女子高生グループだった6人組サニーは、22年経ちそれぞれ大人になりいろん
>>続きを読む

カイジ ファイナルゲーム(2020年製作の映画)

3.2

カイジシリーズのオリジナルストーリーが映画化ということで期待して鑑賞。

原作もちゃんと福本先生ということで期待して鑑賞したが、ストーリーは微妙。でも一応娯楽映画として楽しめるといったところ。

カイ
>>続きを読む

アナコンダ(1997年製作の映画)

3.7

有名なヘビ系モンスターパニック映画を久しぶりに鑑賞。

撮影クルーが巨大な蛇の『アナコンダ』に襲われパニックする分かりやすいストーリー展開。

見どころは、アナコンダの迫力のCGとアニマトロニクスと呼
>>続きを読む

スティーブン・キング 血の儀式(2014年製作の映画)

3.3

スティーヴン・キングの原作ということで鑑賞。

主人公の少年は離れて暮らす大好きなおばあちゃんのマーシーの家を訪ねる。

しかしマーシーは突然発作を起こし倒れてしまう。それ以来マーシーは意味不明の言動
>>続きを読む

スピード(1994年製作の映画)

3.7

キアヌの出世作のひとつを久しぶりに鑑賞。

刑事キアヌと爆弾魔デニスホッパーのサスペンスアクション作品。

時速80キロを下回ると爆発するバスの乗客を命がけで助けようとするキアヌの多彩なアクションとカ
>>続きを読む

マングラー(1995年製作の映画)

3.0

洗濯工場で働く少女の怪我により血を得た洗濯用プレス機『マングラー』が次々と人を襲うマシン暴走ホラー。

プレス機のマングラーのビジュアルが、どこにでもありそうな工場機械なんだけど不気味な雰囲気を醸し出
>>続きを読む

バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2(1989年製作の映画)

4.7

バック・トゥ・ザ・フューチャーシリーズ2作目。

音楽、展開、伏線何を取ってもやっぱり素晴らしい。

何度観ても楽しめる数少ない作品。

1の展開を生かしながら、3への伏線も盛り沢山の神シナリオ。
>>続きを読む

バック・トゥ・ザ・フューチャー(1985年製作の映画)

4.7

説明するまでもなく超有名なタイムスリップ映画の最高峰。

一応ストーリーの説明を簡単にすると、デロリアンという車(タイムマシン)に乗って過去にタイムスリップした主人公が現在になんとかして戻るというもの
>>続きを読む

CUBE2(2002年製作の映画)

3.6

前作と同じく謎の立方体の部屋の迷路に閉じ込められた男女達のストーリー。

2作目は、前作のようなアナログ的なトラップではなく近未来的な不思議なトラップが襲いかかる。

そして、前回と違いキューブの空間
>>続きを読む

ロボコップ2(1990年製作の映画)

3.3

久しぶりの鑑賞。

前作の内容はあまり覚えていないけど、今回はアクションに力を入れた感じになっているかも。

アクションシーンや銃撃戦は、昔の作品とは思えないくらいの完成度。

もう少しオムニ社とロボ
>>続きを読む

キル・ビル Vol.2(2004年製作の映画)

3.3

キルビル2という名のキルビル後編にあたる作品。

前作でオーレン・イシイに復讐を果たした後の話となります。

前作でビルの意味深な発言で早速ワクワクしながら鑑賞。

今回もビルに近づく前に様々な敵と対
>>続きを読む

グランド・イリュージョン 見破られたトリック(2016年製作の映画)

3.9

グランドイリュージョンの2作目。

2作目にあたる作品だが、前作は前篇で今回は後編といえるストーリー。

前作を未鑑賞の人は、鑑賞してからをお勧めします。

今回のフォー・ホースメンは、IT企業の個人
>>続きを読む

CUBE(1997年製作の映画)

3.7

ずっと前に鑑賞してインパクトの強いグロ映画という記憶のみで再鑑賞。

いくつもの立方体(キューブ)の部屋に閉じ込められた複数の男女が罠を切り抜けながら脱出を試みる密室スリラー。

冒頭から男性が殺人金
>>続きを読む

プレデター2(1990年製作の映画)

3.6

プレデターシリーズ2作目。

今度はプレデターがロサンゼルスで人間狩りを始める。

プレデター 対 黒人警官(ダニー・グローヴァー)の熱い戦いが堪能できる今回の作品は、プレデターの様々な武器も登場して
>>続きを読む

仮面学園(2000年製作の映画)

2.7

藤原竜也が出演している作品と知って鑑賞。

設定は面白いがいまいち盛り上がりに欠ける展開が残念。

新・13日の金曜日(1985年製作の映画)

3.3

13日の金曜日シリーズの5作目にあたる今作品。

前作のpart4は完結編となってましたが、まだまだシリーズ続きます。

なぜタイトルが新13日の金曜日になっているのかというと、前作完結編(part4
>>続きを読む

マスク2(2005年製作の映画)

3.3

ジムキャリーの名作『マスク』の続編にあたる作品。

でも、今回はジムキャリーは出演していません。

ストーリーは、前作で川に流されたマスクがある夫婦の愛犬に拾われ騒動を起こすというドタバタコメディ。
>>続きを読む

Zアイランド(2015年製作の映画)

3.3

哀川翔さんが主演の『元ヤクザ VS ゾンビ』コメディホラー。

元ヤクザの親分の哀川翔が、家出した子分の娘を探すために訪れた島はゾンビが溢れる島だった。

哀川翔や鶴見辰吾、窪塚洋介、木村祐一などなど
>>続きを読む

映画 としまえん(2019年製作の映画)

2.7

北原里英が主演のB級ジャパニーズホラー。

としまえんを舞台にネットで話題の『としまえんの呪い』を試した女の子たちが呪われる分かりやすい展開。

北原里英主演の映画といえば『ジョーカーゲーム』以来の鑑
>>続きを読む

プレデター(1987年製作の映画)

3.8

捕虜となった要人を救出するために派遣されたダッチ(シュワちゃん)率いる部隊は南米のジャングルへ。

捕虜奪還に向かった先には、見たこともないような残虐なアメリカ兵の死体が。

はじめは人間の仕業だと思
>>続きを読む

トレイン・ミッション(2018年製作の映画)

3.9

リーアム・ニーソン主演のサスペンスアクション。

保険会社を解雇されたマイケル(リーアム・ニーソン)は、通勤電車で知らない女性に大金と引き換えにある乗客を探して欲しいと頼まれる。

そのある乗客を探す
>>続きを読む

キル・ビル Vol.1(2003年製作の映画)

4.1

クエンティン・タランティーノ監督の有名作品の1つ。

日本人がもっとも知っているタランティーノ作品は、これではないでしょうか?

まずは、布袋寅泰の有名なギターフレーズが思い浮かぶのがこの作品。

>>続きを読む

シャザム!(2019年製作の映画)

3.9

『見た目はオッサン、中身は子供』

名探偵コナンの逆のようなヒーロー映画。

あるトラブルをきっかけにオッサンの見かけとスーパーパワーを手に入れた少年の物語。

前半は少年が突然オッサンヒーローになっ
>>続きを読む

スマホ拾っただけなのに(2019年製作の映画)

2.8

『スマホを拾っただけなのに』

あれ?どこかで聞いたことあるタイトルだなとネトフリを見ていて発見。

スマホを落としただけなのにも鑑賞してないのに、こちらのB級感満載の方に引かれて鑑賞。

こちらのジ
>>続きを読む

ゾンビランド(2009年製作の映画)

3.5

ゾンビ、アクション、コメディが楽しめる作品。

よくあるゾンビストーリーだが、重い感じも無く楽しめるコメディ色のゾンビもの。

1人きりの元引きこもり系の少年(ジェシー・アイゼンバーグ)がゾンビランド
>>続きを読む

ヒトコワ3-ほんとに怖いのは人間-(2013年製作の映画)

2.4

本当に怖いのは人間をテーマにしたヒトコワシリーズ3作目。

いつもぶっ飛んだストーリーだが、今回のもぶっ飛んだオチとなっている。

あまり内容に求めてはいけないのが、このシリーズ。

サクッと見られる
>>続きを読む

39 刑法第三十九条(1999年製作の映画)

4.4

刑法第39条

『心神喪失者を責任無能力として処罰せず、また、心神耗弱者を限定責任能力としてその刑を減軽する』

をテーマに扱ったヒューマンサスペンス。

堤真一演じる、柴田真樹は夫と妊娠中の妻を刃物
>>続きを読む

デスプルーフ in グラインドハウス(2007年製作の映画)

4.1

クエンティン・タランティーノの脚本、監督のアクション映画。

スタントマンの殺人鬼が自分の改造車を使って殺人をするわけですが、この改造車が変わっていて運転席は絶対死なないという仕様。

この車の助手席
>>続きを読む

チェーン 連鎖呪殺(2005年製作の映画)

2.4

昔懐かしいチェーンメールを設定に使ったジャパニーズホラー。

チェーンメールが送られてきて、指定された人数に同じメールを送らないと呪い殺されてしまうというもの。

中盤までは、ジャパニーズホラーらしい
>>続きを読む

NEXT -ネクスト-(2007年製作の映画)

4.0

ニコラス・ケイジ主演のアクション映画。

主人公のニコラス・ケイジは、生まれつきの能力で2分先の自分に関する未来が見えてしまうマジシャン。

その能力は使うが、派手に目立たないように平穏な生活を送る毎
>>続きを読む

スパルタンX(1984年製作の映画)

3.5

ジャッキー、ユンピョウ、サモハンの三大カンフースターが演じる有名作品。

サモハンが探偵役を演じながら監督もこなしている。

この作品は、比較的カンフーシーンは少なめで、一般的なアクション映画といった
>>続きを読む

氷の微笑(1992年製作の映画)

3.6

ずいぶん昔に鑑賞したけど、シャロン・ストーンの足の組み替えシーンしか覚えていないので再鑑賞。

セックス中にアイスピックで刺殺された元ロックスター殺しの容疑者(シャロン・ストーン)と刑事(マイケル・ダ
>>続きを読む

仁義なき戦い(1973年製作の映画)

3.7

ヤクザ映画の金字塔、深作欣二監督の『仁義なき戦い』の記念すべき第1作目。

物語の舞台は終戦直後、闇市が蔓延する広島県呉市。

広能昌三(菅原文太)が友人のため犯した殺人による服役から出所後、山守組の
>>続きを読む

>|