Sariさんの映画レビュー・感想・評価

Sari

Sari

映画(2363)
ドラマ(49)
アニメ(0)

ボーはおそれている(2023年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

極度の不安症を抱える主人公が、様々な災難に見舞われ理不尽に追い詰められていく不条理コメディ。
ボーの強迫性障害は日常の至るところで転がっている。その不安が不安を呼び、想像し得る限りの最悪が現実に起こり
>>続きを読む

遺灰は語る(2022年製作の映画)

3.5

イタリアの名匠タヴィアーニ兄弟 。
2018年に兄ヴィットリオが88歳で亡くなり、本作は弟パオロが初めて一人で監督した作品。

兄弟が手掛けた『カオス・シチリア物語』(1984)の原作者である大作家ピ
>>続きを読む

ジャン=リュック・ゴダール/遺言 奇妙な戦争(2023年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

2022年9月13日に亡くなった巨匠JLGは、死の直前に自身の映画「奇妙な戦争」の製作に取り組んでいた。映画のために集めていた素材がイヴ・サンローラン制作による20分の存在しない映画の予告編として公開>>続きを読む

落下の解剖学(2023年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

第76回カンヌ国際映画祭パルム・ドール受賞作品。その他の世界の様々な賞にノミネートされ、本年度のアカデミー賞での受賞も期待されている作品。

ある雪山の山荘で、男が転落死した。男の妻に殺人容疑がかかり
>>続きを読む

アートマン(1975年製作の映画)

-

【運動の生成プロセスを前景化させることで、映画のテクノロジーに問いを投げかける】
松本俊夫の実験映画の代表作。

正確に位置を定めたコマ撮りによって、カメラが高速で円を描くように移動しながら、般若の面
>>続きを読む

色即是空(1975年製作の映画)

-

般若心経が一文字ずつ、鮮やかな色彩のフリッカーとなって五回繰り返される。
例えば、ギャスパー・ノエ『CLIMAXクライマックス』のような手法である。
この繰り返しは観客をトランス状態に誘導するように次
>>続きを読む

静かなる男(1952年製作の映画)

4.0

ハリウッド映画史に輝く名コンビ、ジョン・フォード監督とジョン・ウェインのタッグで、アイルランドの牧歌的な風景と素朴な人々が織り成す名作人情喜劇。

祖国に帰ってきたアイルランド系アメリカ人の、ショーン
>>続きを読む

ホワイトホール(1979年製作の映画)

-

松本俊夫が制作した1979年の実験映画である。音楽は湯浅譲二が1964年に制作した電子音楽『ホワイト・ノイズのための『プロジェクション・エセンプラスティク』』が使用されている。さまざまな画像素材をタイ>>続きを読む

メタスタシス 新陳代謝(1971年製作の映画)

-

フィックスで便器を撮影したビデオ映像を、医療用の映像変調機器によって電子的に加工したビデオアートの先駆といえる作品。ここでは濃淡のグラデーションが、各濃淡レベルに応じて別々の色彩に変調される。 

>>続きを読む

サントメール ある被告(2022年製作の映画)

3.8

フランス北部の町、サントメールで2016年に実際に起こった裁判を巡る物語。  

実際の裁判記録がそのままセリフとして使用されたドキュメンタリーのような手法が使われながらも、劇映画としての効果も生み出
>>続きを読む

軽蔑 60周年4Kレストア版(1963年製作の映画)

5.0

アルベルト・モラヴィアの同名小説を翻案、ゴダールが自己を投影した傑作メロドラマ。

劇作家のポールのもとに、辣腕プロデューサーのプロコシュがシナリオの書き直しを依頼しに来た。フリッツ・ラングが監督する
>>続きを読む

リオ・ブラボー(1959年製作の映画)

3.8

名匠ハワード・ホークス監督、ジョン・ウェイン主演の痛快西部劇。

テキサスの小さな町の保安官チャンス(ジョン・ウェイン)は、アル中の住民デュード(ディーン・マーティン)、歌と銃の上手い若いカウボーイの
>>続きを読む

現金に手を出すな(1954年製作の映画)

3.8

男たちの友情、そして老いを描いたベッケルの傑作フィルム・ノワール。
フレンチ・フィルム・ノワールとも言われるフランス製ギャング映画の古典的名作で、主演のジャン・ギャバンの代表作の一つ。

初老のギャン
>>続きを読む

夜明けのすべて(2024年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

原作小説『夜明けのすべて』の映画化作品。

パニック障害、PMSなど、何かしらの生きづらさを抱える人々の人生の断片を描いた映画。

上白石萌音と松村北斗演じる主演2人の付かず離れずの(恋愛ではない)関
>>続きを読む

フレンチ・カンカン(1954年製作の映画)

3.8

ジャン・ルノワールのフランスへの復帰に相応しい力作として世界でヒットした名作ミュージカル。

パリのモンマルトルで、主人公(ジャン・ギャバン)が、「ムーラン・ルージュ」を創設するまでの困難と恋愛模様を
>>続きを読む

田舎司祭の日記(1950年製作の映画)

4.3

小さな村に赴任した若い司祭の苦難を描いたブレッソン初期傑作。
ジョルジュ・ベルナノスの同名の小説(1936年)を原作に忠実に映画化している。

若い司祭が北フランスの村、アンブリクールに赴任する。
>>続きを読む

瞳をとじて(2023年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ビクトル・エリセ監督の最新作『瞳をとじて』。エリセ監督は寡作として知られており、31年ぶりの新作を映画館で見ることができたことが何より奇跡である。

映画の主人公は元映画監督で、20年前の映画『別れの
>>続きを読む

お茶漬の味(1952年製作の映画)

4.0

小津安二郎監督による、夫婦の物語を通じて人間の奥深さを描いた作品である。

物語は、倦怠期に入った夫婦、茂吉と妙子の姿から始まる。
妙子はお嬢様育ちとしての生活に埋没し、派手な日常を過ごしている。一方
>>続きを読む

やくたたず(2010年製作の映画)

3.8

三宅唱監督の長編デビュー作。

舞台は札幌。高校卒業を間近に控えたテツオら3人は、地元の先輩・伊丹が勤める防警備会社に通い始める。無為に過ごす時間を抜け出し、なんとか仕事の役に立とうと車の運転を教えて
>>続きを読む

愛の残像(2008年製作の映画)

3.6

本作『愛の残像』は、フランス映画界の最高峰のスタッフによって制作された作品である。

若い写真家フランソワと女優で人妻のキャロルの間に芽生えた恋には、切なさが漂う。しかし、彼らの関係は長続きせず、キャ
>>続きを読む

スパイの舌(2008年製作の映画)

-

ナレーションによって多層化された音声と短いカットの集積によってスピーディかつ複雑に構築された実験的な作品。
スパイであるはずの女が、実はスパイされる側の人間であることに気づくことに始まる日常の中にある
>>続きを読む

マイムレッスン(2006年製作の映画)

-

パントマイムをしている男ふたりと、マネージャー的な女がひとり。冒頭で、彼らのパントマイムについての喜ばしくない感想がかかれた手紙を棒読みで読む。次のステージのパントマイムを上手くこなすためにレッスンを>>続きを読む

4(2005年製作の映画)

-

三宅唱が21歳の時に撮った短編。
どういう経緯かは分からない(描かれていない)が、ある夜、ホテルのひと部屋に滞在することになった4人の男女(カップル2組)室内劇。ホテルの浴室で空間の共有を拒む片方のカ
>>続きを読む

アデルの恋の物語(1975年製作の映画)

4.0

『レ・ミゼラブル』などで知られるフランスの文豪ヴィクトル・ユーゴーの次女アデル(アデール)の狂気的な恋の情念を描く。

ヴィクトル・ユーゴーの娘、アデル・ユーゴーは、イギリス軍中尉の青年に一目惚れした
>>続きを読む

この庭に死す(1956年製作の映画)

3.6

ルイス・ブニュエル監督作によるサバイバル劇。

南米のある町ダイアモンドの発掘をしている鉱夫たちはある日急に鉱山を軍に奪われる。
鉱夫たちは軍に対して反乱を行う。そこへ、町にやってきた流れ者クラークも
>>続きを読む

いとこ同志(1959年製作の映画)

3.7

クロード・シャブロルの2作目の長編映画。ベルリン国際映画祭で金熊賞を受賞した
ヌーヴェル・ヴァーグを代表する作品。

純朴な青年と都会育ちの青年、二人の恋愛をめぐって傷つきやすい青年期の心理を描いたド
>>続きを読む

ロビンソン漂流記(1954年製作の映画)

3.5

奇想天外映画祭2023のラインナップ作品。

ダニエル・デフォー原作『ロビンソン・クルーソー』をブニュエルが映画化した。

1659年、ブラジルからアフリカに向かった船が難破して絶海の孤島に流れ着いた
>>続きを読む

気のいい女たち(1960年製作の映画)

3.8

ヌーヴェル・ヴァーグァーグの右岸派を支えたクロード・シャブロル監督の長編第4作。

パリの電器店で働く 4人の若い女性の退屈な昼と刺激的な夜を描く群像劇。

ジャーヌはフィアンセがいながらも束縛を嫌う
>>続きを読む

>|