cleoさんの映画レビュー・感想・評価

cleo

cleo

frequent traveler。映画館を訪ねに世界を回る。

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

3.7

見終わった後に、P.T.Barnumが本当にいた人なんだと知った!La La Landよりもミュージカル色が強い。Michelle Willlamsはミュージカルでも映えるのね。スカートの使い方が秀逸>>続きを読む

危険な関係(2012年製作の映画)

3.2

結局何が目的だったかよく分からなかった。チャンツィイーがどの場面でも美しい。チャイナドレスほしくなった。

ダーク・プレイス(2015年製作の映画)

3.0

予告はおもしろそうだったけど、何でこの映画を撮りたかったのか疑問。

ツイン・ピークス/ローラ・パーマー最期の7日間(1992年製作の映画)

3.3

なんか高度すぎて理解できなかった。ドラマ版みればわかるものなの??同じ感じならドラマ版見切るのつらいな、、、

トイ・ストーリー3(2010年製作の映画)

4.3

1、2も大好きなんだけど、前2作が布石だったのかと思うくらいの完成度だった。そして大人向き。

羊の木(2018年製作の映画)

3.0

嘘でしょって思う点が多々。でも田中泯とか水澤紳吾とか市川実日子とか脇を固める人がうまい。あと優香が美しい。

愛のコリーダ(1976年製作の映画)

3.7

日仏合作にして、検閲を逃れてまで撮りたかった作品なんだと思うと、今こんなに"どうしてもこれが撮りたかったんだな"と感じる邦画は思いつかなかった。藤竜也の色気ーーー定は綺麗ではないけど何か可愛い。

欲望の翼(1990年製作の映画)

4.2

スクリーンで初めて見た(デジタルリマスター嬉しいです!!)レスリーチャンのセクシーさにどきどきした。
ウォンカーウァイって何でこんなにポエティックなの。音楽も映像も最高じゃないか。

愛を読むひと(2008年製作の映画)

3.9

重そうだなと思ってなかなか見れなかった作品。公開当時に見てたら衝撃受けたんじゃないかと思う丁寧さ。リトルダンサーの監督なのね。

デトロイト(2017年製作の映画)

3.8

事実に基づいていないなら、コマーシャルに走るならもっと気持ちの良い話だったと思う。事実に忠実だからこそ、ひりひりするし何よりめちゃくちゃ辛い2時間だった。伝えないと何処かに消えてしまう事実だからこそ監>>続きを読む

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

4.6

みずみずしい!高校生の時に見てたら人生変えてたかもと思うくらい。きっとバンドやっただろう、ロンドン行っただろう。Gigのシーンはかっこよくて涙出た

エスター(2009年製作の映画)

3.2

ホラーというか、なんかコメディ要素満載。そんなんありか、という感じ。

チョコレートドーナツ(2012年製作の映画)

3.6

テーマも伝えたいことも傑作なのはわかる、、、けどちょっと辛すぎた。

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

3.8

作ってる人たちは楽しかっただろうなーと思った。大人たちが、山手線使おうとか、重機使おうとか言ってたのかなと想像すると愛おしい映画。
豪華すぎるキャストのこれまた贅沢な使い方も楽しい。

スーサイド・スクワッド(2016年製作の映画)

3.2

たしか飛行機にて。スコアは高くないけど、一見の価値はあると思う。衣装やメイクはかっこいいし、テンポも良い。

スタンド・バイ・ミー(1986年製作の映画)

5.0

言うことない。
傑作。男友達にあこがれた。
リバーフェニックスを見つけ出してくれてありがとうと心から思える映画。

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

3.7

漫画を先に読んだ。のんちゃんの声合ってたなー。小学校とか、戦争の授業するなら、この映画を見せた方が伝わるんじゃないかと思う。お手本みたいな映画だった。

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

4.0

傑作。ゾンビ映画ではあるけど、おなじくヒューマンドラマでもあり。単なるパニックムービーではない。まさか大号泣するとは。新幹線の中っていう設定も素晴らしい。
韓国映画は心情の描き方が鋭くて大好きだけど、
>>続きを読む

早春(1970年製作の映画)

3.6

なんか結構わらってしまった。本当に、色々早い男だなと思った。
(よく見る感想ではありますが、ラストはきれい)

きっと、星のせいじゃない。(2014年製作の映画)

3.8

Baby Driverの後に、飛行機にて鑑賞。やっと見たという感じ。病モノだし、苦手だろうと思っていたけど、主演2人が重々しさを和らげてた。読める結末ではあるんだけど、それでも号泣。

ゼロ・グラビティ(2013年製作の映画)

4.0

映像に見応えがあるものと思ってたけど(もちろん映像はすばらしかった)、ストーリー自体もちゃんとメッセージがあった。タイトルはグラビティのままで良かったんじゃないかと思う。

ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男(2016年製作の映画)

4.2

美しい。。。衣装の仕事をしていたときにプレスの方に話を聞いて大好きになったデザイナー。郊外の緑に囲まれたところで仕事するんですよ、と言ってた家が、実際はあまりに素敵だった。
一緒にコレクションを作り上
>>続きを読む

恋愛小説家(1997年製作の映画)

4.0

Jack Nicholsonがめちゃくちゃかわいい。飛び抜けて不器用で口も悪くてデリカシーもない、けど犬に優しかったり愛おしい!

結構序盤から良い人の片鱗が見えまくっていた。

ウォールフラワー(2012年製作の映画)

4.2

こんなにEmma Watsonがキュートな作品はないかも。Ezra Millerもハマり役で、主演3人が素晴らしい。
危うくてきらきらしていて、一瞬一瞬しかないことがひりひりくる。
原作がポエティック
>>続きを読む

キリング・ミー・ソフトリー(2002年製作の映画)

3.5

ヘザーグラハム可愛すぎるだろ。Fifty Shades of Greyのサスペンス版な印象。
恋人(と呼んで良いのか)同士の会話は圧倒的にない。あ、これで終わりなのねと思った

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

3.6

松岡茉優じゃないとできない役だなと思った。他の人だったら嫌いだったかもしれない。予告編は軽い印象だったけど、思ってたよりもこじれてる!

ジオストーム(2017年製作の映画)

3.3

みんな、物分かりが異様に早くて冷静。地球つぶれるまでのカウントダウンが始まったとは思えない溢れ出る余裕。見たことある感は否めないけど、テンポは良い。

恋はデジャ・ブ(1993年製作の映画)

3.5

作品紹介を見ると、ファンタジー&時かけ要素があるのかと思ったけど、その2つの要素はあまり重要じゃなかった。むしろタイムループ系でこんな説明不要でいいんだ!と思うくらい。

毎日、今日の繰り返しならどう
>>続きを読む

ゴッホ~最期の手紙~(2017年製作の映画)

4.6

遅ればせながら2018年度初映画館。この映画にしてよかった!
アニメでもなく実写でもなく、新しくて不思議な印象。話自体はなにかひねったところがあるわけでもなく淡々としてる。

でも、ゴッホについて話す
>>続きを読む

スウィート17モンスター(2016年製作の映画)

3.0

設定とかテーマはすごく良さそうと思ったけど、いまいち誰にも共感しきれなかった。

カンフー・ヨガ(2017年製作の映画)

3.0

ぶっとんでた。
ジャッキーチェン×ボリウッド要素って反則だよ、カンフーにヨガに突然始まるダンスに。チャンイーシンがかわいい

パーティで女の子に話しかけるには(2017年製作の映画)

3.7

Elle Fanningは言わずもがな抜群にかわいくて、にやける。
油断した、ほろりきます。

衣装がかわいいーーーこんな宇宙人なら会いたい

スパイダーマン ホームカミング(2017年製作の映画)

3.5

超pop!! サム・ライミの時のダークサイドを描いたものも好きだけど、今回の振り切れたポップ感も面白かった。娯楽!

インターステラー(2014年製作の映画)

4.7

アメコミを取らせたら歴代最高のアメコミが生まれるし、戦争映画を取らせたら戦争映画の定義が変わるくらいの傑作。SFしかり。Nolanの才能を見せつけられる。
震えた。号泣。何度見ても傑作。

>|