カーネルさんの映画レビュー・感想・評価

カーネル

カーネル

半分の月がのぼる空(2009年製作の映画)

4.0

ひゃ〜良い映画でした。

情報全く入れずに見て正解だった。
それだけ、展開が面白いし、青春してるし、終盤からラストまで見せてくれました。
青春映画と一括りにするのは忍びない感じ。

きっと原作が良いん
>>続きを読む

サイレントラブ(2024年製作の映画)

2.6

いやぁ〜
最後の最後まで
くさかったなぁ〜(爆笑)
特にラストね(笑)
こんな安っぽくなってるとは思いもしなかった。
世の民のスコアが低いわけだよw

原案脚本監督が内田英治との事で、こりゃ見なきゃ!
>>続きを読む

パンドラの匣(2009年製作の映画)

3.0


ずっと観たかったんだ〜
というより
この映画での
音楽監督菊地成孔の音が
聴きたかったんだ
そもそも菊地さんからこの作品のことを聞いて興味を持ったのだし。
冨永監督と菊地さんのコンビは『パビリオン山
>>続きを読む

違う惑星の変な恋人(2023年製作の映画)

3.8

『このハンバーガー〜』のドラマ版以来気にしてましたが、やっと観られた〜

オープニングの音楽から好き
ボーリングしたくなる〜

世の恋愛とは
ままならぬものよのぅ
→矢印→の向きでサークルが成立するの
>>続きを読む

恋人たち(2015年製作の映画)

4.0

初見は2015/11/15 川越スカラ座
橋口監督と篠原篤両名によるティーチインが行われ、パンフ(買っておいて良かった〜読み応えバッチシ!)にサインを頂戴した。
(確か『ゼンタイ』と併映で2本鑑賞)
>>続きを読む

この小さな手(2022年製作の映画)

3.0


様々な事情で親から離れ児童養護施設で暮らす子ども達を描く作品はままありますが、離れ離れの生活を解消すべく努力する親の目線から描かれたものは、そう無いと思います。
子供の安全を最優先に考えると、親に課
>>続きを読む

百万円と苦虫女(2008年製作の映画)

3.6

久々に再見です

初見の頃は竹財輝之助は認知しておらず
華麗にスルーしてたなぁ〜

今回は、竹財輝之助に瀧に森山未來というメンバーの今を知っているので、違う楽しみ方もできましたw

鈴子〜
もう、瀧で
>>続きを読む

ハッシュ!(2001年製作の映画)

3.8

毎度毎度、BS松竹東急さんにはほんと感謝しています!録画してディスク保存させて頂きました!
橋口亮輔監督が好きで、かなり前に一度見て、好きな一本になってたんですよ。

今作は流行りのBLじゃなくてクイ
>>続きを読む

蛇の道(2024年製作の映画)

3.3

本当はレイトショーで観たかったのだけど、午前中の回で鑑賞。
かえって良かったかもな夜だったら舟漕いでたな、きっとw

1998年のオリジナル盤を観てからの鑑賞です。

正直言って、長く感じました。
>>続きを読む

蛇の道(1998年製作の映画)

3.8

2024年黒沢清監督セルフリメイク作品公開に伴いまずはこちらを、と鑑賞してみました

新作のティザーで見たのと同じような、どう見ても人が入ってるであろうシュラフ状のものを草場で滑らせて運ぶシーンが、や
>>続きを読む

先生の白い嘘(2024年製作の映画)

3.6

まずR15で、トリガーアラートも出されていますので、不安な方は公式HPを一度ご覧になられた方がよろしいかと。

三木康一郎監督の発言に端を発し色々取り沙汰されて、公開中止になる事があるやも知れぬと慌て
>>続きを読む

(2017年製作の映画)

3.7

榊原監督が理学療法士という経歴を活かして、実際の経験をもとにつくった作品

医師をメインに置いた作品が多い中、理学療法士にスポットを当てた今作は、幅広く多くの人に届くといいなと思えるものでした。楽しむ
>>続きを読む

輝け星くず(2023年製作の映画)

4.0


面白かったー!

信頼と実績のk’シネマ
その中で予備知識ほぼゼロで今作を今日観る一本に選んだ事、我ながらGJw

今作はあまり情報を入れないで観に行った方が良いですよ!事の成り行きを目一杯楽しむが
>>続きを読む

空のない世界から(2021年製作の映画)

2.7

日本統一シリーズのライツキューブが手がけているVシネ風作品

主演はHKT48出身の兒玉遥で、彼女はドラマ日本統一の北海道編に、今作でも出ている窪塚俊介と共に出演を果たしています。

今作は、
小沢仁
>>続きを読む

死体の人(2022年製作の映画)

4.0

機会があったら見るといいと思います!
きっと奥野瑛太を見る目が変わるよ

〝カット!はい、死体の人もういいよ!〟
からきてるタイトル
「吉田広志」という名前では決して呼んでもらえない役者の話です
死体
>>続きを読む

Love Will Tear Us Apart(2023年製作の映画)

3.3

青木柚と田中俊介が観たくて
リリース待ってました

えーっと………
ホラー?スプラッター?
コメディか?!
監督としては純愛、ロマンス映画なんだそうだ

なんじゃこりゃ案件でしたw
まさかこんな映画だ
>>続きを読む

ぬいぐるみとしゃべる人はやさしい(2023年製作の映画)

3.7

細田佳央太、駒井蓮、と好きな2人が主演と聞いて観たかったんだ
映画館に行けずリリース待ってました。



『ぬいぐるみとしゃべる人………』って段階で〝ハイっ!〟て手を挙げてました
(毎日喋ってますが、
>>続きを読む

片腕マシンガール(2007年製作の映画)

3.0

長年見られる機会を狙っておりましたが、レンタルディスクを見つけまして鑑賞に至りました。

本編が始まる前に〝HOWTO片腕マシンガール残酷映画の楽しみ方〟なる映像が流れて、井口監督と西村造形監督が褌姿
>>続きを読む

からかい上手の高木さん(2024年製作の映画)

3.5

原作未読
ドラマは視聴済み
正直、観るのを迷ってたんだけど
このところヤバい系が続いてたので、ここらで1発キラキラ映画でも観て中和させよう、と。
今泉監督もさることながら、助監督が平波亘監督なので、義
>>続きを読む

ピストルライターの撃ち方(2022年製作の映画)

3.8

俳優・橋野純平氏がポストして知らせてくれ(本人も出演)タイトルに惹かれてチェック。スクリーンには行けずリリース待ちでした。

知名度のある俳優さんが少なくて地味めなんだけど、想像以上にしっかりとした一
>>続きを読む

キリエのうた(2023年製作の映画)

3.3

ひゃー長かったな〜
でも寝ることはなく見きりました。

圧巻の歌唱力
アイナ・ジ・エンドの歌を聴くだけでも価値はある。
でも正直、聴いてるうちに酸欠気味になってしまうw
讃美歌のキリエは好き

アイナ
>>続きを読む

餓鬼が笑う(2021年製作の映画)

3.8

第一回平波亘映画まつりにて
上映後、監督と田中俊介、山谷花純で舞台挨拶がありました。

『ダブルミンツ』から大ファンの田中俊介の出演作としてチェックしていたものの、結局スクリーンで観られなかった上に、
>>続きを読む

サーチライト-遊星散歩-(2022年製作の映画)

3.8

第一回平波亘映画まつり、にて
上映後、監督と中井友望と山脇辰哉とで舞台挨拶(中井さん可愛い〜)

前評判に偽りはなかったね

〝面白い〟と軽々には言えない問題を含んだ物語だけど、それでも彼らの若さが眩
>>続きを読む

逃げきれた夢(2023年製作の映画)

3.7

映画『若武者』公開記念、二ノ宮隆太郎監督まつり独り実施中〜!
(水面下では平波亘まつりも同時開催となっております)

今作は
企画 鈍牛倶楽部
製作 木下グループ
配給 キノフィルム
制作プロダクショ
>>続きを読む

枝葉のこと(2017年製作の映画)

3.8

何年越しだろう やっと観られた
二ノ宮隆太郎という俳優は昔から気になっていて、その人が映画を撮ってると知ってからこの作品が見れることになるのにかなり時間がかかってしまった。
ありがとう、U-NEXT!
>>続きを読む

若武者(2024年製作の映画)

3.5

平日月曜の真っ昼間の池袋ロサは、正直言って客入りが寂し過ぎた(泣)

コギトワークスの新レーベル
〝New Counter Films〟の第1作目は
天才と言われることもしばしばの二ノ宮隆太郎監督作品
>>続きを読む

花腐し(2023年製作の映画)

2.7

原作の芥川賞受賞作品は未読

んー 
雨のシーンが印象に残るなぁ
あと柄本佑と綾野剛の2ショットはなかなかに良い眺めでした。
たまたま呑んでる途中で、好きで一緒に暮らした女が同一人物だった………と気づ
>>続きを読む

湖の女たち(2023年製作の映画)

3.7

原作の吉田修一同名小説は未読
映画を見終わって読みたくなっています
映画では拾いきれてない所がありそうで。
そうは言ってもこの映画自体、物語の拡がり方は半端なくて正直ちょっと拡げすぎじゃない?と思って
>>続きを読む

岸辺露伴 ルーヴルへ行く(2023年製作の映画)

3.0

原作は一切読んでません
ただNHKドラマでの高橋露伴は全て見てきました(最新作『密漁海岸』も)
ドラマを見てきて好きだったのでスクリーンで見ようと思ってたのに行けず。
待ってました!このOAを。

>>続きを読む

バジーノイズ(2023年製作の映画)

4.0

いや〜
まいったなぁ
油断してたら涙しちゃったw

素敵な、かつ優れた音楽映画の誕生です

風間監督だからって『silent』『チェリまほ』って煽りすぎです。恋愛映画かと思って覚悟してたのですが、さに
>>続きを読む

水深ゼロメートルから(2024年製作の映画)

3.6


最後の最後、
あのラストショットがたまらない!
決まった!!かっこ良い〜!!
あれを観るための87分だったと言っても良いと思うぞ


高校演劇リブート企画第2弾との事で、
『アルプススタンドのはしの
>>続きを読む

青春18×2 君へと続く道(2024年製作の映画)

3.1

うーん………
藤井道人監督は気になってるし好きなんだけれど、合うのと合わないのと真っ二つなんです。今作は合わなかった。多分、藤井監督の恋愛系作品は合わないんだな〜
好きな清原果耶をもってしても、つまん
>>続きを読む

許された子どもたち(2019年製作の映画)

3.6


なんとも嫌な気分になる映画だったけど、だからと言って評価しないわけではない

この親にしてこの子あり

端的な感想はこんな感じ
実は少年の話じゃなくて親の話なんだな
共依存的母と息子………と言えなく
>>続きを読む

ちひろさん(2023年製作の映画)

3.2

原作があったのですね
今泉力哉監督のオリジナルだと思ってました。


孤独を手放す事なく生きるちひろさん
孤独と独りぼっちは違うものね
それにジタバタするから沈むのであって、
自然にしてれば浮上するん
>>続きを読む

スイート・マイホーム(2023年製作の映画)

3.2

原作未読

んー普段ホラーは見ない方なので不慣れ
序盤は素直に怖かったです〜 ひぃ〜
特に小さい女の子の撮り方ね 
小さいおてての隙間から見てるあの眼は、怖いよ〜

ストーリーは面白かったです

でも
>>続きを読む

辰巳(2023年製作の映画)

4.3



葵に惚れた
森田想にやられた
も1回観たい




公開3日目に駆けつけました。

〝2016.09.09 〟
ユーロスペース最終上映に飛び込んで
毎熊克哉とカトウシンスケと小路監督にサインを貰っ
>>続きを読む