コスモスさんの映画レビュー・感想・評価

コスモス

コスモス

ビフォア・サンセット(2004年製作の映画)

3.8

ちょっぴり切なく感じる場面もあったけれど、これがリアルなのかな…もし似たような経験をしていたら、見るのがつらそう…でも会話のテンポの良さは良かった。私の親友の中に一人、ああいう感じでテンポよく会話でき>>続きを読む

ビフォア・サンライズ 恋人までの距離(1995年製作の映画)

5.0

私は恋人というよりかは、友人でも恋人でも何でもいいから、ああいう会話を一緒にできる人を求めているのだと思う。最近、「この瞬間を記念に残しておきたいな」って思ったら誰かとの会話中でもこっそりとスマホで録>>続きを読む

夏休みのレモネード(2002年製作の映画)

2.5

あまり知られていないけれど、あの「グッド・ウィル・ハンテング」のベン・アフレックとマット・デイモンがコンテストで選んだ脚本を映画化したらしい。そりゃ良い作品になるわ。DVDの特典映像では、コンテストに>>続きを読む

さらば、わが愛 覇王別姫(1993年製作の映画)

4.8

レスリー・チャンの美しさを感じ、歴史の重みを感じ、人間ドラマを感じ、いろんな意味で濃い大傑作だった。
DVD特典のレスリー・チャンへのインタビューでも言っていたけれど、中国・台湾・香港合作らしい。彼は
>>続きを読む

ラストナイト・イン・ソーホー(2021年製作の映画)

3.1

Eloise: Has a woman ever died in my room?

Ms Collins: This is London. Someone has died in every roo
>>続きを読む

わが谷は緑なりき(1941年製作の映画)

3.5

500本目の映画

大学生の今見ても、小さい頃って良かったな…と郷愁に浸りたくなるのに、大人になってから、ましてや年寄りになってから見たら絶対やばい。

Huw Morgan: There is no
>>続きを読む

読書する女(1988年製作の映画)

3.0

ベートーヴェン効果か、けっこう知的な作品のように感じた。インテリ系ちょいエロ映画と形容するといいのかな?

永遠の門 ゴッホの見た未来(2018年製作の映画)

4.0

大胆な解釈に沿って描かれているせいか、賛否両論あるけれど、私は映像がとても美しくて好きだった。理性的に、これは本当なのか?とか考えて見るよりも、感覚的に光や色の美しさを楽しみながら見ることをおすすめ。

ルートヴィヒ 完全復元版(1972年製作の映画)

3.7

大学のドイツ人の先生によるドイツ文化の授業でルードウィヒ2世について習ったときに先生がおすすめしていて見たかった作品。大学図書館のDVDになくて諦めていたら、GYAO!で配信してくれていてとても嬉しい>>続きを読む

ミニオンズ(2015年製作の映画)

2.8

USJのミニオンのアトラクションに乗ったことがありながら、バナナが好きということしかミニオンについてよく知らなかったので、よく知れて良かった。イギリスを地味にディスってるけれど、あれはOKなのだよね笑

ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ!(2005年製作の映画)

2.5

ひつじのショーンの展覧会に数日前に行ったら、ウォレスとグルミットについての展示もあって、そういや見たことがないな…と思って見た。やっぱり私はひつじのショーン派かな…
音楽をあのHans Zimmerが
>>続きを読む

藍色夏恋(2002年製作の映画)

4.6

もう17歳は過ぎてしまったけれど、あんな恋はまだ経験できていない…人生で一度くらいは経験してみたい。

↓19年ぶりに二人が共演したCM!とてもエモいです
https://youtu.be/ZggfY
>>続きを読む

コーダ あいのうた(2021年製作の映画)

2.1

原作のほうは数年前に見て好きだったけれど、なぜかこっちはあまり好きではなかった。悪い作品ではないと思うけれど…

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

3.8

カーアクションは映画はあまり好きではないけれど、音楽が良さそうだから見たら、とても良かった!映画館で見る娯楽映画にぴったりだと思う。家で見るなら、やっぱり良いイヤホンがおすすめ。


Bats: Th
>>続きを読む

ゴーストバスターズ(1984年製作の映画)

2.4

朝ドラのあまちゃんでゴーストバスターズのテーマ音楽が何回も流れていて、いつか見たかった。10年越し以上経ってやっと見れた。レトロなB級感が逆に良い味を出していた。

あの頃ペニー・レインと 特別編集版(2000年製作の映画)

3.2

勝手に、ペニー・レインが主人公で、ロックバンドで演奏する映画かと思っていた。実際に見たのは特別編集番。DVDが通常版と特別編集版の合計2枚ついていた上に、監督の前編音声解説、撮影ドキュメンタリーなどと>>続きを読む

メン・イン・ブラック(1997年製作の映画)

2.5

パグがかわいかったということ以外はあの光を見つめて忘れたい(見たことがある人は意味が分かるはず)

千と千尋の神隠し(2001年製作の映画)

1.7

みなさん高評価の中、私個人的にはジブリ作品の中で一番、嫌いを通り越して苦手な作品だった。以下ネガティブな感想が続くのでご注意を。
日本のブラックな労働や欲望にまみれた資本主義的な悪い所を感じ取ったから
>>続きを読む

his(2020年製作の映画)

3.6

元ネタが同じ脚本家のドラマだとあとから知った。あまり日本の映画は見ないけれど、これはとても良かった!宮沢氷魚君のファンになりました。

マイ・フレンド・フォーエバー(1995年製作の映画)

2.6

Dexter: Suppose you kept going another 18 billion light years, what if there's nothing out there? Su>>続きを読む

マティアス&マキシム(2019年製作の映画)

3.5

どのシーンも良かったけれど、もはやあのキスシーンしか印象に残っていない…(ジャケット写真じゃないほう)
グザヴィエ・ドランの作品はけっこう見てきたけれど、この作品が今のところ一番好きかも

In th
>>続きを読む

海を飛ぶ夢(2004年製作の映画)

3.2

202分ある「地獄の黙示録特別完全版」を見た後に見たので、けっこうヘビーだった。しかもDVDの映像特典が112分あり、全て見たからなおさらヘビーだった。
でも、あえて地獄の黙示録の後に「死」つながりで
>>続きを読む

地獄の黙示録・特別完全版(2001年製作の映画)

3.9

General Corman: Well, you see, Willard, in this war, things get confused out there. Power, ideals, t>>続きを読む

HOT SUMMER NIGHTS ホット・サマー・ナイツ(2017年製作の映画)

2.2

それぞれの画は美しかったけれど、ドラッグディーラーの話はちょっと入り込みにくかった…でもやっぱりティモシー・シャラメ最高!

BOYS/ボーイズ(2014年製作の映画)

3.9

映画の中であえて一度も好きや愛してるなどと言葉に出してなかったのが良かった。言葉に出さなくても二人とも惹かれ合って、いるのにキュンとした。一緒に泳いだり、走ったり、the青春だった。

華麗なるギャツビー(2013年製作の映画)

2.7

中学1年生ぐらいのときに有名だから読んでみようと思って原作を読んだら、ただの金持ちの話で何が面白いのか分からない…と感じたのを覚えている。世界史で当時のアメリカの時代背景を習った上でこの映画を見ると、>>続きを読む

the Future ザ・フューチャー(2011年製作の映画)

3.0

ミランダ・ジュライの本「あなたを選んでくれるもの」がとても良くて、この映画もずっと見たかった。この本について知らない人も多いかもしれないけれど、この映画の脚本のネタ集めのための様々な出来事が書かれてい>>続きを読む

クラウド アトラス(2012年製作の映画)

3.8

ウォシャウスキー監督のNetflixドラマsense8では同時代の世界中の人々が繋がっていたけれど、この作品は時空を超えた世界中の人々が繋がっていて、とても良かった。物語が行ったり来たりするのはsen>>続きを読む

METライブビューイング2021-22 プッチーニ「トゥーランドット」(2022年製作の映画)

5.0

何回も泣きそうになった(正確には泣いた)ほど素晴らしかった。会場で生で見ていたらもっとやばかったと思う。クライマックスでは何人か歌っている人も泣きながら歌っていて、見ているこっちも涙を浮かべていました>>続きを読む

恋恋風塵(れんれんふうじん)(1987年製作の映画)

2.7

昭和生まれの人や田舎育ちの人はきっと懐かしい気分になると思う。一言でいうと、エモかった。

↓映像特典より
脚本家の昔の恋人がモデル(妻は嫉妬したらしい笑)
駅で見つけてホン役をスカウトらしい。
私た
>>続きを読む

ゼロ・グラビティ(2013年製作の映画)

3.2

↓監督の息子のホナス・キュアロンが作成した犬の鳴き声や赤ちゃんの声のシーンの地球からver.の短編映像。
https://youtu.be/qrm2fv_zXoU

スリラーは苦手だけれど、映像はきれ
>>続きを読む

mid90s ミッドナインティーズ(2018年製作の映画)

2.0

ストリート文化に全く親しまずに育ってきたからか、2000年代生まれだからか、あまりしっくりこなかった。映像の構図はきれいだなと思った。

Ray: A lot of the time we feel
>>続きを読む

>|