ユウトさんの映画レビュー・感想・評価

ユウト

ユウト

地獄の花園(2021年製作の映画)

2.5

もうくだらないの一言‼️
何も考えずに観れます。
OLの派閥争いがどんどん大きくなり他社にまで広がります。
いろんなOLが出てきますが遠藤憲一が最高でおもしろすぎです。なんでしょうこの人。この人を観れ
>>続きを読む

まともじゃないのは君も一緒(2020年製作の映画)

3.0

普通やまともって難しい‼️
自分を押し殺してまで普通にする意味を見出せない。
誰かに迷惑かけなければ無理に誰かに合わせなくてもいいじゃんって思います。
そんな風に思わせてくれる映画です。


『202
>>続きを読む

砕け散るところを見せてあげる(2021年製作の映画)

3.0

砕け散りました。
ヒーローの父とサイコパスな父ともう不思議な映画でした。
ジャンルはサスペンスになるんだし仕方ないけど衝撃的なラストに向かっていくのが先が読めて怖くなりました。
本当のラストに少し救わ
>>続きを読む

るろうに剣心 最終章 The Final(2021年製作の映画)

3.0

アクションかっこよすぎて最高でした😃
いままで積み上げてきた結果なんだろ〜なぁと感じました。
少しの違和感は「薫殿」の扱いが...。beginningへ向かっているから仕方ないのか〜。


『2021
>>続きを読む

ひらいて(2021年製作の映画)

4.0

全然軽い青春ものかと思っていたらびっくりで‼️そうゆうものを期待すると裏切られます。
伝えたいメッセージも自分にはよく分からなかったけど、惹きつけられる雰囲気❓空気感がすごく後を引くのです。
もうなん
>>続きを読む

東京リベンジャーズ(2021年製作の映画)

2.5

原作未読で何の前情報も入れずに鑑賞しました。タイムリープと不良のかけ算ってヤバ‼️
いままでにない斬新な設定の新しい不良映画で原作も読んでみたくなりました。
あの先ど〜なるの?ってすごく気になります😊
>>続きを読む

護られなかった者たちへ(2021年製作の映画)

3.0

震災が色濃く浮き彫りにした生活保護の問題点だったり社会の課題だったりがいたたまれない気持ちになる。
震災と人災は全く別物だと言うことに気付くことができただけでも観れてよかった。
忘れていいこと忘れては
>>続きを読む

決算!忠臣蔵(2019年製作の映画)

2.5

忠臣蔵をお金で考察していて新鮮でおもしろかった。何をするにも昔も今もお金がかかるんだね‼️


『2021.18作目』

水曜日が消えた(2020年製作の映画)

2.5

各曜日ごと違う自分を生きていて、それはそれなりに上手くやっていた。
でも水曜日が突然消えて火曜は戸惑いながらも水曜日を謳歌するが、水曜日が消えたことによりバランスが崩れはじめて...。


『2021
>>続きを読む

サマーウォーズ(2009年製作の映画)

4.0

何回観ても感動してしまう。
家族の繋がりが濃すぎるから良し悪しなんだろうけど‼️結局みんなで助け合うことが出来るのは素敵なことだと感じます😊
おばあちゃんが侘助や家族を想う気持ちが素敵すぎるのです。
>>続きを読む

竜とそばかすの姫(2021年製作の映画)

3.0

現実の世界ともうひとつ『U』の世界どちらが自分らしくいられるのか?
日常に当たり前にあるネット社会の良い部分とそうでない部分を細田守監督の解釈で私たちに投げかけてきます。
素敵な映像と音楽で包まれます
>>続きを読む

(2020年製作の映画)

2.5

人は出逢うべき時に
出逢うべき人に
出逢うんだと思います。


『2021.14作目』

思い、思われ、ふり、ふられ(2020年製作の映画)

3.0

浜辺美波の透明感にやられてしまう。
ストーリーとかもうどうでもいいとさえ感じます。好み問題かな⁉️


『2021.12作目』

騙し絵の牙(2021年製作の映画)

3.5

大泉洋がかっこよかったです。
原作があてがきだったこともあり違和感なく観れました。
雑誌離れやペーパーレス化がどんどん進むなか老舗の薫風社で打切り候補の雑誌を任され奮闘する編集長の奇策がどんどん発信さ
>>続きを読む

シン・エヴァンゲリオン劇場版(2020年製作の映画)

4.0

感無量です‼️
ようやく本当の意味でのエンディングを観れた気がします。
途中であの庵野監督のトラウマ的な迷走を心配してハラハラしましたが最後は待ちに待った甲斐があったと感動です😊
シンジくんも大人にな
>>続きを読む

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜(2017年製作の映画)

4.0

勧められていて、でも重い作品を観る程メンタルが追いついてこなくて中々観れずいましたがようやく鑑賞できました。
いろいろと考えさせられます。
辛くて胸が締め付けられる。
世界中できっと不条理なことがいま
>>続きを読む

花束みたいな恋をした(2021年製作の映画)

3.5

こんな素敵な恋の始まり最高だなぁ〜。
5年間の恋だって言われているのに2人の未来を願ってやまないんです。
日常や現実からは逃げられなくて大人の多数派の価値観が知らず知らずのうちに侵食してきてしまう感じ
>>続きを読む

ファーストラヴ(2021年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

サスペンスでもラブストーリーでもないんです。
予告で強調してる程、聖山環奈もサイコパスでもないし〜。
これ何の映画なんだろう⁉️と考えてしまいます。
ただ最後に兄弟の絆、優しさでホッコリできました😊
>>続きを読む

きっと、うまくいく(2009年製作の映画)

4.0

自分がいろいろ語るのもおこがましいとさえ感じるぐらい素晴らしい作品で、もうただ観て欲しい。まだ観ていない人達に。
うれしい。こんな面白く素敵な作品に出会えたことが😊


『2021.5作目』

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q(2012年製作の映画)

3.0

公開当時に映画館で観て、久しぶりにTVで視聴しました。
シンジくんの精神不安定ぶりがこんなに酷かったかなぁ〜と思ってしまいました。
今までにないヒーローだったことも忘れていました。
そう感じるのは鬼滅
>>続きを読む

かもめ食堂(2005年製作の映画)

2.5

終始ほのぼのした、優しい時間が流れる映画でした。
ハラハラ、ドキドキのジェットコースターのような作品もいいですが、たまにはゆっくり時の流れる作品もいいですね。


『2021.3作目』

ホリデイ(2006年製作の映画)

4.0

上手くいかない日々から、たまには逃げても、休んでもいいんだよ。って言って貰っているような気持ちになれます。
もう本当に無駄な登場人物がいないじゃないかと思います。
それぞれが前向きな日々を取り戻すため
>>続きを読む

映画 えんとつ町のプペル(2020年製作の映画)

4.0

キングコング西野さんのバックグラウンドがあるから余計に泣けてきます。
頑張ることがダサい‼️カッコ悪い‼️みたいに言われてしまうこともあるし。
自分の諦めたものを追いかけている人を素直に応援出来なかっ
>>続きを読む

1917 命をかけた伝令(2019年製作の映画)

3.0

自分も3人目の兵士になって伝達に向かうかのような錯覚すら感じました。
皆さんのレビューにもあるようにワンカットに見せる技法がそうさせていて、新しささえ感じさせ、おそらくそれは意図したものだと思いますが
>>続きを読む

罪の声(2020年製作の映画)

2.5

少しずつ謎が解明されていくワクワクは楽しめました。
ただ、どうしょもない大人のエゴで事件に巻き込まれる子ども達が不便でなりませんでした。
あと展開や結末が先読みできてしまったのも残念で勿体なく感じまし
>>続きを読む

ラストレター(2020年製作の映画)

3.0

本当に豪華なキャストさん達が素晴らしい演技を見せてくれました。
作り手が伝えたかった作品のメッセージ性は自分にはよくわかりませんでしたが、岩井俊二監督の作品から醸し出される独特の雰囲気はやっぱり素敵で
>>続きを読む

言の葉の庭(2013年製作の映画)

3.5

愛よりも昔、孤悲のものがたり。
まずオープニングからキレイな映像に釘付けにさせられます。
そして本来なら違う形で関係性を築くはずのタカオとユキノのふたりが雨の日にお互いの心の欠けたところと足りないとこ
>>続きを読む

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編(2020年製作の映画)

4.0

原作は未読でアニメシリーズを観ていたので無限列車編どうなるの?ってことで劇場へ‼️
朝一番はもう一杯だったので、その後の回で観てきました。
もうですね‼️
胸にささる名言や生き様が涙を誘います。
もう
>>続きを読む

TENET テネット(2020年製作の映画)

3.5

クリストファー・ノーラン恐るべし‼️
主人公が第三次世界大戦を防ぐという壮大なミッションに挑むのですが。それが時間を凌駕する戦いとなります。
ただ一度見では理解が追い付きません😮
最終的に伏線?の回収
>>続きを読む

COMET コメット(2014年製作の映画)

2.0

う〜ん難しすぎる。
若干の消化不良も感じるし‼️


『2020.51作目』

おんなのこきらい(2014年製作の映画)

2.5

世の中の大半が若い女子は可愛ければ良しとしているから、それがいけないんだ😖可愛くないと見向きもされないって‼️刺さるモノが。
そこに上手く馴染めないとこじらせ女子ってくことになるのかなぁ⁉️


『2
>>続きを読む

インターステラー(2014年製作の映画)

4.0

映画館で観るべき映画だった作品に出会うたびに嬉しい悔しさで打ち拉がれます。
この作品もその1本になりました。

あの冒険には意味があった。
STAYではなく前へ前へ
家族の愛に勝るものは無いわけで、お
>>続きを読む

犬猿(2017年製作の映画)

3.0

兄弟は他人の始まりって言うけど、兄弟姉妹ってホントに難しいしめんどくさい。
適度な距離感が物理的な距離ではなく心の距離が大切だと思いました。
付かず離れず好きも嫌いも合わせ飲まねば...。
おもしろい
>>続きを読む

>|