マッサージ屋2号店さんの映画レビュー・感想・評価

マッサージ屋2号店

マッサージ屋2号店

アカウント新しくしたのでもう一度最初から。
おっさんの戯言感想文です。

映画(428)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男(2017年製作の映画)

3.0

第90回アカデミー賞主演男優賞他2部門受賞作品。

第二次大戦下でイギリスの首相チャーチルってのは知ってましたが、そんなに詳しくなかったので勉強になりました。
こんな捨て鉢みたいな形で首相に任命され、
>>続きを読む

ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷(2018年製作の映画)

2.0

アメリカに実際に存在する屋敷の物語。

心霊モノが好きな人にとっては“ウィンチェスターハウス”は結構有名です。
私もテレビ番組で見てなんとなくは知ってました。

西部開拓時代に拳銃製造販売で財を成した
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

4.0

第90回アカデミー賞脚本賞受賞作品。

ジャンルとしてはホラーなのだが、スプラッターで派手なものではなく心理的にジワジワ怖がらせるやつ。
黒人男性と白人女性のカップルが女性の実家に彼氏を紹介がてら出向
>>続きを読む

ポリス・ストーリー/REBORN(2017年製作の映画)

3.0

『ポリス・ストーリー』ユニバース10本記念作品と銘打たれた今作。

ちょいちょい評判を目にしてたので覚悟はしてましたが、世界観は完全にSF。
敵がバイオテクノロジーを駆使したほぼ怪物ですし、宇宙船みた
>>続きを読む

長いお別れ(2019年製作の映画)

4.0

原作未読。
父親が認知症を発症してから7年間に渡る家族の物語。

序盤は山崎努演じる父親の飄々とした演技に結構笑えるんです。
家族にとっては大変なことなんだろうが、松原智恵子演じる妻もそこまで切迫感を
>>続きを読む

東京喰種 トーキョーグール(2017年製作の映画)

2.0

原作未読。
続編がまもなく公開されるので一応見ておきました。

人肉を食して生きる喰種らと捜査官らとの戦いがストーリーの流れ。
オープニングにテロップで喰種の存在を説明してるだけで、なかなかこの世界観
>>続きを読む

ハリソン・フォード 逃亡者(1993年製作の映画)

4.0

シカゴで著名な外科医リチャード・キンブル(ハリソン・フォード)は妻殺しの濡れ衣を着せられ、状況証拠だけで死刑判決を言い渡されてしまった。
州立刑務所へ護送中、他の囚人の逃亡計画に巻き込まれ護送車は大破
>>続きを読む

Diner ダイナー(2019年製作の映画)

2.0

原作未読。

分かりやすいほどの蜷川実花監督作品らしい色彩にこだわったものでしたね。
予告編からしてそこは想定内でしたが。

ただ、ストーリー的にイマイチ乗れなかったかな。
殺し屋が集まる食堂という突
>>続きを読む

女王陛下の007(1969年製作の映画)

3.0

悪の組織スペクターのプロフェルド(テリー・サバラス)を追う為にポルトガルで任務を遂行していたジェームズ・ボンド(ジョージ・レーゼンビー)はその最中にテレサ(ダイアナ・リグ)という美女と知り合った。
>>続きを読む

ザ・ファブル(2019年製作の映画)

4.0

原作未読。

オープニングでハイスパートで鮮やかな殺しっぷりに圧倒されました!
ラストも岡田准一のマジなアクションは『SP』や『図書館戦争』で実証済みとはいえ、やはりカッコいい。

殺し屋が“1年間殺
>>続きを読む

007は二度死ぬ(1967年製作の映画)

3.0

アメリカとソ連の宇宙船が地球の軌道を運行中に未確認飛行物体に拉致されるという事件が起きた。
両国はそれぞれ相国の仕業として戦争勃発寸前になってしまう。
英国のMI6はその未確認飛行物体が日本周辺から飛
>>続きを読む

X-MEN:ダーク・フェニックス(2019年製作の映画)

3.0

X-MENシリーズ12作目。

『アベンジャーズ』シリーズよりややこしいこのシリーズ。
なんせ『〜:フューチャー&パスト』のせいで過去と未来がごちゃごちゃになっちゃったんですよねぇ(笑)
で、今作は旧
>>続きを読む

新聞記者(2019年製作の映画)

4.0

『怪しい彼女』シム・ウンギョンの邦画初主演作品。

年齢層高めの観客の中に違和感なく私も混じって鑑賞しました(笑)
原作がノンフィクションものらしく、非常にリアリティがあります。
もちろん、真実はどう
>>続きを読む

ナインハーフ(1985年製作の映画)

3.0

ニューヨークの画廊に勤めるエリザベス(キム・ベイシンガー)は離婚したばかり。
友人と出かけたチャイナタウンで謎の男ジョン(ミッキー・ローク)と知り合う。
後日また彼と出会ったエリザベスはジョンの不思議
>>続きを読む

バスケットボール・ダイアリーズ(1995年製作の映画)

3.0

カトリック系の高校に通うジム(レオナルド・ディカプリオ)はミッキー(マーク・ウォールバーグ)ら悪ガキ4人は神父である校長を困らせつつも、バスケットボールには情熱を持っていた。
そんな彼らと仲が良くバス
>>続きを読む

ホットギミック ガールミーツボーイ(2019年製作の映画)

3.0

原作未読。

見る予定なかったですけど、評判が良さげだったので鑑賞してみました。
カット割りや音楽などスタイリッシュで面白い。
ストーリー自体は10代の恋愛モノなのだが、これがなかなか重い話も織り交ぜ
>>続きを読む

凪待ち(2019年製作の映画)

5.0

『凶悪』白石和彌監督作品。

ほぼ事前情報入れずにチラッと予告を見た程度だったのでサスペンス作品かと思ってました。
ところがあまりにも重い人間ドラマに面食らってしまった。

再起をかけて彼女の故郷で生
>>続きを読む

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム(2019年製作の映画)

4.0

MCUシリーズ23作目。トム・ホランド版シリーズ2作目。

『アベンジャーズ/エンドゲーム』のその後の話なので、それを知った上じゃないと「?」なのはあるでしょう。
そういう意味で単品としてはどうかと思
>>続きを読む

少年と自転車(2011年製作の映画)

4.0

12歳になるシリル(トマ・ドレ)は父親(ジェレミー・レニエ)に児童養護施設に預けられたが、迎えに来るはずの父親と連絡が取れなくなってしまった。
学校へ行くふりをして、もともと一緒に住んでいたアパートに
>>続きを読む

地獄(1999年製作の映画)

3.0

1人悩むリカ(佐藤美樹)の前に突如老婆(前田通子)が現れる。
その老婆はリカに「生きたまま地獄を見てきなさい」と伝えた。
そしてリカは地獄において殺人犯に対し起きる様を目撃することに・・・。

『ねじ
>>続きを読む

トラフィック(2000年製作の映画)

3.0

アメリカとメキシコとの国境近くで麻薬カルテル壊滅を遂行する為に麻薬捜査官ハビエル(ベニチオ・デル・トロ)とマノーロ(ジェイコブ・バルガス)。
カリフォルニア州で麻薬密売組織の捜査を遂行する麻薬取締捜査
>>続きを読む

志乃ちゃんは自分の名前が言えない(2017年製作の映画)

4.0

原作未読。
高校に入学したばかりで吃音に悩む志乃と音痴でイジメられていた加代が2人で音楽デュオを組み…という青春モノ。

吃音を扱った作品は今までも『英国王のスピーチ』などあったけど、ここまで重く描い
>>続きを読む

ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎完結篇(1988年製作の映画)

3.0

警察に捕まっていた加藤浩志(清水宏次朗)が釈放され、いつもの愛徳高校の風景に戻った。
ところが中学生同士の喧嘩にカッコつけて首を突っ込んでしまった中間徹(仲村トオル)だが、事態は思わぬ方向に行き菊永淳
>>続きを読む

ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎音頭(1988年製作の映画)

3.0

愛徳高校2年の中間徹(仲村トオル)は加藤浩志(清水宏次朗)が警察に捕まって不在でもいつも通りの生活を送っていた。
ある日いきがっていた北高の不良をからかったトオル。
それを知った北高2年の工藤(殺陣剛
>>続きを読む

ライオン・キング(1994年製作の映画)

4.0

動物達の王国で王として君臨するライオンのムファサ。
息子シンバが生まれ、ムファサは次の王になるシンバに心構えを教えこむ。
しかしまだやんちゃなシンバは冒険心が旺盛。
そんなシンバの性格につけ込み、王位
>>続きを読む

いぬやしき(2018年製作の映画)

3.0

原作未読。

劇場公開当時の予告編から勝手にコメディ映画かと思ってましたが、何気にバイオレンスな作品でしたね。
未確認飛行物体に衝突された木梨憲武演じる犬屋敷と佐藤健演じる高校生・獅子神が機械の身体に
>>続きを読む

スノー・ロワイヤル(2019年製作の映画)

4.0

リーアム・ニーソン主演のアクション作品。

セルフリメイク作品らしいですがオリジナル版は未見です。
リーアム・ニーソンが主演で復讐モノとなると『96時間』シリーズがどうしてもイメージされますが、今作も
>>続きを読む

パージ:エクスペリメント(2018年製作の映画)

4.0

シリーズ4作目。

“パージ法”が正式に施行される前に実験的に行われた、いわゆる1作目の前日譚作品。
全米ライフル協会のごり押しやNFFAの陰謀など、当然後付けなんでしょうけど納得出来るストーリー。
>>続きを読む

22年目の告白 私が殺人犯です(2017年製作の映画)

4.0

『殺人の告白』リメイク作品。

そのオリジナル版は鑑賞済みなのですが詳細は忘れてました(笑)
一筋縄ではいかないオチだったのは記憶してましたが、どんでん返しに普通に驚いてしまった。

時効を迎えたとは
>>続きを読む

アリー/ スター誕生(2018年製作の映画)

4.0

第91回アカデミー賞歌曲賞受賞作品。

劇場公開時に鑑賞をスルーしてしまいましたが、これは見ておいた方が良かったですね〜。
ブラッドリー・クーパーとレディー・ガガの迫力あるライブシーンは大スクリーンと
>>続きを読む

きみと、波にのれたら(2019年製作の映画)

3.0

『夜は短し歩けよ乙女』湯浅政明監督作品。

予告編でちょっと感動してしまい、あとは予告編以上があるかと期待してました。
消防士さんの話という事もあり、火事云々のエピソードがまさか必要以上に引っ張るとは
>>続きを読む

パージ:大統領令(2016年製作の映画)

3.0

シリーズ3作目。

大統領選の最中に候補者同士がパージ法を利用して…というエグい話が主軸。
前作の主役だったフランク・グリオ演じるレオが大統領候補のSPとして活躍するわけです。

“白人至上主義”を掲
>>続きを読む

ニューヨーク 最高の訳あり物件(2017年製作の映画)

3.0

青山シアターさんのオンライン試写会で鑑賞しました。

金持ちの爺さんが若い女性と一緒になる為に捨てられた現在の嫁。
離婚を言い渡された挙句、なぜか1番目の嫁が現在住むマンションに転がり込んでくるという
>>続きを読む

劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん(2019年製作の映画)

4.0

ブログ日記をもとにした映画化作品。
テレビドラマ版の存在も知らず、全くゲームをしないので今作は完全にノーマークでした。
青山シアターさんのオンライン試写視聴の時に今作の予告が流れ、急遽鑑賞いたしました
>>続きを読む

ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎狂騒曲(1987年製作の映画)

3.0

愛徳高校の中間徹(仲村トオル)は不良仲間が約束を取り付けた文通相手を横取りし、いつもとは違うファッションでデートする事になった。
抜けがけに腹を立てた加藤浩志(清水宏次朗)だが偶然出会った女子大生の浅
>>続きを読む

1%のハンデ(2004年製作の映画)

3.0

全盲の高校生ジェイソン(アンドリュー・ローレンス)は父親の仕事の都合でニューヨークからユタ州の田舎に転校する事になった。
全盲とはいえ音楽やスポーツもこなせるジェイソンは特別視されるのが嫌で周りの人間
>>続きを読む

>|