Tetsuさんの映画レビュー・感想・評価

Tetsu

Tetsu

ホーム・スイート・ホーム・アローン(2021年製作の映画)

3.0

男の子の愛くるしさから何とかなってるけど、
ちょっと引くレベルで痛々しい仕掛けが多い!?
本家もアイデア豊富だけどダメージはもう少しマイルドじゃなかったっけ…笑

元はお金に困る普通の夫婦が相手だから
>>続きを読む

キング・コング(1933年製作の映画)

3.8

【高層ビルの頂点で飛行機と戦う名シーン。90年前に公開され、今なお色褪せぬ特撮映画の名作!】

映像が多少カクカクしてるのは致し方ないとして、
いや、カクカクしてるのに画面から煽られる恐怖感。

「素
>>続きを読む

プール(2009年製作の映画)

3.2

BGM的に鑑賞。

世界には何の影響もないけど、人それぞれ何かしら想いや悩みを持っている。

それでもゆったりとまったりと。
プールサイドで歌を歌おう。
みんなで美味しいご飯を食べよう。
一緒に歩こう
>>続きを読む

ONE PIECE ワンピース THE MOVIE デッドエンドの冒険(2003年製作の映画)

3.5

子どもの頃劇場で観たなぁ。ラバーマットのキーホルダーを特典でもらった気がする。

アラバスタ編が終わった後の劇場版なのかな?

今回のボスはアメアメの実の能力者。

今ONE PIECEはジャンプとア
>>続きを読む

ファンタスティック・プラネット(1973年製作の映画)

3.7

【地球そして地球人誕生のSF的解釈】

なんかここはこの作品と似てるな…と思えるシーンが多く、色んな作品に多大な影響を与えたというのが確かに窺える。
未だに新しさを感じさせる発想力のある作品でもありま
>>続きを読む

ドロステのはてで僕ら(2019年製作の映画)

3.8

【2分の時差で繋がる2つのテレビ。自分の行動は自分の意志か?2分後の未来に誘導されてるのか?70分間時間に殴られ続ける不思議な映像体験】

ドロステ効果(ドロステこうか、オランダ語:Droste-ef
>>続きを読む

悪なき殺人(2019年製作の映画)

4.9

【虚構と偶然による最たる悲劇】

フランスの山間で起きた事件を、海を越えながら4人の視点で描かれる。

ここまで緻密なのに分かりやすい映画…
とても面白い!脚本力を感じる。

一つ一つの虚構が生む最た
>>続きを読む

サンタクロースになった少年(2007年製作の映画)

3.6

【サンタの国フィンランドが届ける心温まるサンタクロース誕生秘話】

クリスマスの夜、両親と妹を事故で亡くした少年ニコラス。
村人たちが次のクリスマスまでの1年間ずつ順番にニコラスを育てることになり、
>>続きを読む

アミューズメント・パーク(1973年製作の映画)

3.8

【年寄りは大切に…。異質すぎる公共広告作品】

今作は1973年にルーテル教会の依頼によって制作された公共広告作品、通称PSA。

社会に対して、教育や啓蒙を目的に作られる映画だそう。

なぜホラー映
>>続きを読む

SF巨大生物の島(1961年製作の映画)

3.0

【巨大生物たちが住む謎の島。隠された秘密とある1人の男の想い】

流れ着いた男四人組。
そこに新たに漂着した二人の女性も交え、島の中で協力しながら島からの脱出を図りながら衣食住を出来る限り整える。
>>続きを読む

マトリックス(1999年製作の映画)

4.5

【人間は地球にとってのウイルスなのか。自由な世界、幸せな世界とは一体何か】

AIを生活に取り入れるはずが、AIに世界を乗っ取られ、人間はその栄養分となっている世界。

主人公が生きていると思う普通の
>>続きを読む

CUBE(1997年製作の映画)

3.2

【謎の殺人施設CUBEから抜け出せるか。迫り来るトラップの恐怖。人間の恐怖。】

後悔するのは知ってるのに観てしまうのは何故でしょう。

とはいえ、低予算で作られながらも設定と撮影の工夫で、見事な緊張
>>続きを読む

劇場版3D あたしンち 情熱のちょ〜超能力♪母 大暴走!(2010年製作の映画)

3.2

【へんてこりんでおかしな家族の非日常】

日常の愛おしさ。
タチバナ家を見てると心が平和な気持ちになる。
タチバナ家と野原家のコラボとかしてほしいな。

劇場版メイドインアビス 深き魂の黎明(2020年製作の映画)

4.3

【夢を追う子どもたちが非情な出来事に襲われながらも冒険を続ける物語】

アニメ全話視聴後に鑑賞。
アニメもしくは総集編劇場版を鑑賞してから見たほうが良いです!
未鑑賞で臨むと多分、わけわからんとなりま
>>続きを読む

アイの歌声を聴かせて(2021年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

【サトミを幸せにする。AIに隠された秘密とその軌跡に涙】

主人公サトミの母の長年の実験成果をテストするために高校へ入ることになったAIシオン。

そこで何故かシオンはサトミにすぐさま近づき、「今幸せ
>>続きを読む

イヴの時間 劇場版(2009年製作の映画)

2.6

【アンドロイドと人間の共生世界】

ロボット側が自分たちを人間と似ていると感じているかもしれないというのは、自分たち人間がこの世界の中心にいると無意識に思い込んでいることに気付かせてくれる。

ロボッ
>>続きを読む

バッド・ジーニアス 危険な天才たち(2017年製作の映画)

4.7

【世界規模の統一入試での集団カンニング。天才たちが辿り着く先は一体…】

こんなにハラハラするとは…!
中国で実際に起きた不正事件をモチーフにした作品。
観てるこちらも彼らの心情に合わせて動悸が早くな
>>続きを読む

KUBO/クボ 二本の弦の秘密(2016年製作の映画)

2.5


ストップモーションとは思えないほどの滑らかさに繊細さ。
技術の賜物だけど、自分はストップモーションぽいストップモーションが好きなんだよなー。

キャラクターのデザインも好みではなく…
妹たちのダーク
>>続きを読む

コーヒーが冷めないうちに(2018年製作の映画)

3.8

【たったコーヒー一杯分の時間でも心は変わる】

過去を変えることは絶対にできないタイムリープオムニバス。

「私は最期まであなたと夫婦でいたい」と
「大好き、大好きよ数」
でグッときた。

起きたこと
>>続きを読む

ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 - 永遠と自動手記人形 -(2019年製作の映画)

3.8

【手紙は時と絆を結ぶ。そんな幸せを運ぶ郵便配達員】

先週のアニメ編集版を観てからの鑑賞。
アニメ版に比べると、じっくりほんわか感動する。

ツバキ文具店も好きな作品(小説、ドラマ)で、最近は手紙とい
>>続きを読む

DUNE/デューン 砂の惑星(2020年製作の映画)

3.8


IMAX鑑賞。壮大だ…。
Part1ということで、まだまだ謎も残るまま終わり、まるで155分間のCMを観たよう。笑

でもとにかく壮大で。砂漠の美しさと呑み込まれるような怖さ。

続編の期待値が高ま
>>続きを読む

緑玉紳士(2004年製作の映画)

4.8

【新鋭クリエイターの栗田やすおが4年半の歳月をかけ、たった一人で制作した渾身のパペット・アニメーション。老舗メガネ屋の跡取り息子でありながら、家を飛び出し都会で行商を始めた緑色の主人公“グリーンピース>>続きを読む

リバー・オブ・グラス(1994年製作の映画)

3.3

新たな人生を歩みたいとは思ったけど、まさか殺人犯になるなんて!?

そして始まる逃避行。ただ、そこには大きな勘違いがあって…。

ロードのないロードムービー、愛のないラブストーリー、犯罪のない犯罪映画
>>続きを読む

オールド・ジョイ(2006年製作の映画)

3.6

【旧友に会いたい、旅に出たい、人生の節目に…そんな人たちに観てほしい秘境の湯へ向かう男2人の旅映画】

こんなにセリフのない時間が流れる映画もなかなか。
駄話をし、たまに道を間違え、キャンプファイヤー
>>続きを読む

友だちのうちはどこ?(1987年製作の映画)

3.7

【友達のために僕は絶対にノートを返しに行くんだ!】

小学低学年の頃、先生や大人から言われたことってすごく、ものすごく重大に聞こえるんだよなぁ。
聞いてくれない大人の前で同じセリフを小さく繰り返すのも
>>続きを読む

SF核戦争後の未来・スレッズ(1984年製作の映画)

4.4

【もし核戦争が起こったら。地獄と化した世界を生きる人々】

衝撃作…。

30〜40分くらいで核爆弾が投下され、その後は被害に遭った人々のあまりに悲惨な生活、混沌とした世界が描かれる。

そのような世
>>続きを読む

メリエスの素晴らしき映画魔術(2011年製作の映画)

3.2

【世界初のSF劇映画】

どのレビューにも書いてあるけど、世界初のSFという映画史に残る。というか最初の1ページに載るだろう映画。

月にロケットが刺さる映像が、ジャケットにもなっていて印象的。

B
>>続きを読む

リトル&ジャイアント(2012年製作の映画)

3.7

【友のために友と戦う。かつて宿敵であり今は友となった二人のロボットの物語】

神よ歴史よ、今を見てくれ。今の彼を見てくれ。彼は優しい。

怪物は誰の中にもいる。その怪物を一人一人が抑えれたら世の中は平
>>続きを読む

グッバイ!(2021年製作の映画)

3.3

【家族へ】

セルフドキュメンタリーというジャンルを初めて観賞。映画のまた違った形を見た。

彼女の、そして家族の実直な想いが伝わる。

もう少し色んな映画を観る経験を経て、改めて観たい。

パターソン(2016年製作の映画)

4.0

【感動するでも心温まる訳でもないけど心地良いパターソンの1週間】

何でもない、パターソンの1週間。
6時15分前後に起き、バスの運転手の仕事に向かい、帰宅して妻とお喋り。愛犬の散歩と馴染みのBarで
>>続きを読む

俺たちブロンリーボーイズ -ヘタレなクラブの愛し方-(2016年製作の映画)

4.7

【事実にちょっとの脚色を加えた物語。愛するチームがあるってこんなにも素晴らしい!】

応援してもいつも負ける。
周りはみんな強豪チームを応援する。
こんなチームをサポーターでいるメリットなんて何がある
>>続きを読む

ポーツマス FC -破産からの再生-(2019年製作の映画)

4.5

【世界最大の民間が運営するプロサッカーチームが出来るまで〜ポンピーとトラストの奇跡〜】

FA杯の優勝など歓喜も束の間、たったの1年後にはフロントの管理不足や富裕層のマネーゲームに巻き込まれたことをき
>>続きを読む

今日から俺は!! 劇場版(2020年製作の映画)

3.4


原作未読、ドラマは最初の数話観ただけだけど観賞。
主人公二人は確かいわゆる高校デビューなんだよね(笑)

みんな良いキャラしてる!
橋本環奈があまり出てこなくて残念。可愛いし面白いしでもっと観たかっ
>>続きを読む

>|