ふふみさんの映画レビュー・感想・評価

ふふみ

ふふみ

★3以上は好印象★4は傑作で★5は中毒。
ジブリから切り株までなんでも観ます。
IDは三木聡監督の「転々」のキャラから引用。

映画(1147)
ドラマ(8)

スペイン一家監禁事件(2010年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

久々に結構な胸糞映画。
父親へのツッコミどころはあるものの皆よく頑張ったし、束の間の安堵感の後だったから余計に胸糞。
長回しや画面分割で、懐かしの「24」を思わせる臨場感があって終始しっかりと引きつけ
>>続きを読む

ゆるせない、逢いたい(2013年製作の映画)

2.8

キャスティングが丁度良かった。
こういうケースは少なくないのかもしれないけど、主人公のようにちゃんと訴えられる人は少ないのかもしれない。
彼のことが好きだったからこそ、有耶無耶にしなかったのが良かった
>>続きを読む

レザーフェイス―悪魔のいけにえ(2017年製作の映画)

2.9

このレビューはネタバレを含みます

序盤と終盤以外は「悪魔のいけにえ」っぽくないけど、普通のスリラーとしてそこそこ楽しめる。
ずっと特に何の驚きも衝撃なく観てたけど、最後の最後に思わず「そっちかーいっ!」と声が出た。
「悪魔のいけにえ2
>>続きを読む

あるスキャンダルの覚え書き(2006年製作の映画)

3.1

上質かと思わせておいて俗的な内容。
これと良く似た映画があったと思うけど思い出せない。
何にせよ女に執着する女っていうパターンは鉄板。
執着する方の女の視点で描かれているところは新鮮で、語りも心地良い
>>続きを読む

告発の行方(1988年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

十代のときに観て衝撃を受けた作品。
事件の一部始終を描写したシーンはあまりに辛すぎて恐ろしすぎて、何より怒りが込み上げてくる。
改めて観ると当時これを地上波で放送したのが信じられないくらい。
もっと残
>>続きを読む

スピード(1994年製作の映画)

3.5

誰が観ても安定して面白いやつ。
あまりタイプではなかったけど、若い頃のキアヌ・リーブスは改めて見ると間違いなくイケてる。
キリッとシャープなフェイスラインと眉、主張しすぎない上品な鼻と口、それでいて目
>>続きを読む

十二人の死にたい子どもたち(2019年製作の映画)

1.9

ティーンへのメッセージとしては良いんだけど、シンプルにつまらない。
キャッチーなのはタイトルだけ。
予告の時点で誰も死なないのは想像つくからもっと何か起こってくれないと...。
ゼロバンの死亡確認をし
>>続きを読む

コンテイジョン(2011年製作の映画)

3.0

とてもリアリティがあって未知のウィルス発覚からワクチンの完成までの流れがよく分かる。
この映画で描かれているハプニングや不平等な事も当然実際にあるだろうと思う。
人間の順応力は凄まじい。

一般的なパ
>>続きを読む

湿地(2006年製作の映画)

3.1

ああ、観終わったあとの心境がまさに湿地帯。
「目はなんのためにあるの?」
「泣くためよ」の台詞でバッと冒頭の少女の顔が蘇って涙が浮かんだ。
彼らが生まれてきたことの意味を見出してあげたいのに、父親を殺
>>続きを読む

ゴシカ(2003年製作の映画)

3.2

当時劇場で観て以来、その内もう一回観ようと思っていたのに15年以上経った今になってしまった。
当時こういうジャンルをこんな豪華キャストでやるのが画期的だったから、かなり期待して観に行った記憶がある。
>>続きを読む

ミック・テイラー 史上最強の追跡者(2013年製作の映画)

3.1

このレビューはネタバレを含みます

ウルフ・クリークは有名なのに、どうしてわざわざ邦題をおっさんの名前にしたのか謎。
描写はのっけから過激だけど全体的にはカラッとしていてなんだかポップな仕上がり。
ミックが善人のフリして若者と戯れながら
>>続きを読む

メン・イン・キャット(2016年製作の映画)

2.5

子供向きだしCGが安っぽいけど、モフモフが堪能できるし可愛くて気軽に楽しめる。
ジェニファー・ガーナーとマリーナ・ワイズマンが似てて本当の母娘みたい。

ロスト・ボディ(2012年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

ちゃんとミステリーしてる。
彼女が怪しいとは思ったし刑事の過去の悲劇もキーポイントだとは思ったけど、娘も死んでしまっていると思い込んでいたから読めなかった。オチも面白い。
ただ、芝居とはいえ娘仇と寝る
>>続きを読む

search/サーチ(2018年製作の映画)

2.6

前評判に期待が過ぎてしまった!
この構成は他の映画で慣らしてたから抵抗ないはずだったけど、このテーマとストーリーには向かない気がする。
ストーリーは面白いから、普通に撮ったらもっと盛り上がりそうだし客
>>続きを読む

アンフレンデッド:ダークウェブ(2018年製作の映画)

2.5

POVよりは見やすいし嫌いじゃないけど、やっぱり映画を観てるっていう気分になれない。
仲間とのチャットが主だから同じ構成の映画「search」よりはシチュエーションが自然に成り立っている。
ストーリー
>>続きを読む

食べる女(2018年製作の映画)

2.0

テーマには同意できるし女の連帯感の尊さにも共感できる。
ただ、観ていてちょいちょい鼻に付くこの感じはなんだろう?
全キャスティングが派手すぎるせいなのか。危なげなくまとめてて冒険してないなぁって思っち
>>続きを読む

きみの鳥はうたえる(2018年製作の映画)

3.0

純文学的要素があるありふれた物語だけど、観光ガイドでは見られない函館のローカルな街並みと俳優陣の細やかな表情が楽しめる。
光の撮り方が印象的で知らない街へ行きたくなる映像。
こういう風に表現できたら、
>>続きを読む

ナラタージュ(2017年製作の映画)

2.3

うーん。ちょっと観てて疲れた。
ロケーションと映像演出は良いけどそれで持つほどではないストーリーで飽きてしまう。
主要キャストのファンには楽しめるのかもしれないけど、やっぱり自分は彼らがあまり好みでは
>>続きを読む

捨てがたき人々(2012年製作の映画)

2.8

人間の隠したい部分をさらけ出して本質を描こうとしてる内容。
狸穴は間違いなくクズなんだけど何故か憎めないのは正直だから。
他の登場人物の方が嘘つきな分醜く感じる。
突拍子ないような、ありがちなような、
>>続きを読む

密かな企み(2019年製作の映画)

1.8

従来のパターンをなぞったとってもありがちなやつ。
犯人も出オチ。

トイ・ストーリー4(2019年製作の映画)

3.9

映像の美しさに驚いた!
3からもう9年かぁ。
一流クリエイターが実現するCGの進化を実感した。
背景もキャラクターも気持ち良い質感を楽しめる。

その技術面ではもちろん過去最高だけど、ストーリーは過去
>>続きを読む

ムーンライト(2016年製作の映画)

3.8

こういうテーマはこれくらい上質に作られてこそ万人に伝わる。
R指定なんて必要ないんじゃないかってくらい美しい映像で描かれた純粋な恋物語。
もちろん砂浜のシーンが美しいけど、個人的には大人になったシャロ
>>続きを読む

しゃぼん玉(2016年製作の映画)

4.3

ファーストシーンとラストシーンのコントラストの違いが印象的。
どちらのインパクトも好き。

市原悦子の優しい声と椎葉村の美しい風景が心をほぐしてくれる。
日本昔ばなしをリアルタイムで観ていた世代にとっ
>>続きを読む

火花(2017年製作の映画)

2.5

amazonプライムで鑑賞。
うーん、やっぱり役者が芸人を演じるのを観るのがちょっと苦手。
なんだろう、くすぐったいと言うか小っ恥ずかしいような気分になる。
せっかく芸人の原作を芸人の監督がやるんだか
>>続きを読む

マッド・ダディ(2017年製作の映画)

2.5

笑えるところはいくつかあるけど、盛り上がっていきそうで今一つだった感じ。
出産直後のあのシーンには冷えた!
だけどあんなに潔くバッサリ締めるなら、もっとぶっ飛んで収拾つかなくなってからでも良かった気が
>>続きを読む

シャイニング(1980年製作の映画)

4.2

久しぶりにもう一つのシャイニングと見比べ。
こうして改めて観るとスティーブン・キングが酷評した理由は分かる。とにかく人物描写が冷たいんだな。
ジャック・ニコルソンが演じるジャック・トランスは登場から傲
>>続きを読む

いぬやしき(2018年製作の映画)

2.8

クライマックスに近付くにつれて製作陣の気合いは感じられるけど、それと比例してどんどん好みじゃなくなっていってしまった。
コミックなんだからコミカルな気分で観れば良いのか?こんだけ作り込まれてるんだから
>>続きを読む

パーフェクション(2018年製作の映画)

3.0

二転三転するという予告に煽られたあとに観ちゃうと読めてしまったのがちょっと残念だけど、なかなかどうして悪くない。
バス旅の鬼気迫る感じは良かった。あれがピークではあった。
あの「ゲット・アウト」の性悪
>>続きを読む

運び屋(2018年製作の映画)

3.7

やってる事のヘビーさとアールの気安さのギャップが面白い。
実話に基づいているということを考えるとカルテルも凄いところに目をつけたな、と。
もちろん悪行ではあるけどアールのことだけは応援してしまう。
>>続きを読む

トイ・ストーリー2(1999年製作の映画)

4.1

ピクサーアニメで一番好きなシリーズ。
トイ・ストーリーを観てからというもの生き物の形をしている物は捨てられない。
だから極力買わないw

トイ・ストーリー(1995年製作の映画)

4.3

もう24年前かぁ。
トイザらスで喋る実寸大ウッディ買ってもらって今でもキレイです。

トイ・ストーリー3(2010年製作の映画)

4.6

ピクサーアニメで一番好きなシリーズ。
アンディーの成長と共に回を追うごとに感動が増す。
特に3は何度観ても泣ける。

この作品の良いところなんて、わざわざ書き連ねる必要ないですね。
最新作も楽しみ!
>>続きを読む

悪魔を見た(2010年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

他の映画でミンシクを見るたびにまたこれを観たくなる。
ツッコミどころはいくつもあるけど飽きずにまた観たくなるのは、インパクトのある画がとにかく盛り沢山だから。
静止画で脳裏に焼きついてる画を再生したく
>>続きを読む

セル(2015年製作の映画)

2.6

Netflixで初めて鑑賞。
キング原作でまたキューザックとサミュエルの共演だから期待したけど、なんともモヤモヤが残る作品。
序盤はワクワクしたけど、ストーリー展開的にも映像的にも尻窄みになっていって
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

3.5

バントとしては凄くスムーズに成功していったんだという印象。
彼らほどの才能の持ち主なら当然ということか。
フレディの孤独さを苦悩として描いているけど、全体的に綺麗な物語という印象。
描こうとしても許さ
>>続きを読む

>|