そのべさんの映画レビュー・感想・評価

そのべ

そのべ

わくわくしながら映画が観たい

映画(63)
ドラマ(0)
  • 63Marks
  • 68Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

ペット(2016年製作の映画)

5.0

楽しかった!!ストーリーは普通だけど、どのキャラクターも個性がかなり効いていて最高。動きもかわいい。おしりがふりふりする動きが特に。

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

4.0

ただのホラー映画だと思ってたら違った。ビックリさせる系の怖さ。ペニーワイズ自体はそんなに不気味でもないかな。少年少女の立ち向かっていく姿はスタンドバイミーっぽい。話が作り込まれているので見ごたえあり。

HK 変態仮面(2013年製作の映画)

4.0

ストーリーの内容というよりもいちいち子ネタが面白かった。小学生とかが好きそうな下品さ。軽い気持ちで観られるね。鈴木亮平の筋肉がめちゃくちゃ仕上がっていてかっこいい。本当に素敵。俳優は豪華だしエンディン>>続きを読む

RAW〜少女のめざめ〜(2016年製作の映画)

4.0

私が精神的にかなりボロボロだったので、アングラな映画でも観ようと、たまたま目に入ったこの作品を観賞。自己嫌悪の時に観たから、自分は異常なのかと終始悩むシーンはとても共感できた。葛藤の後、本能のままに生>>続きを読む

アナベル 死霊館の人形(2014年製作の映画)

3.0

シリーズは見たことありませんでしたが、十分理解できる内容でした。悪魔が取りつく系だったんだけど、気持ち悪い怖さではない。ビックリ系かな。トラウマにはならない。ラストはちょっとショックだった。

スラムドッグ$ミリオネア(2008年製作の映画)

4.0

純粋にまっすぐ生きてきた主人公が報われて本当によかった。幸運というより、いままでの行いの結果なんだろうな。スラムでも強く信念をもって生きてきた魅力的な主人公だったな。そしてなんだかんだ言って、悪事に手>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

3.5

2回見たくなる理由が分かりました。おもしろい。ネタバレは絶対されたくないね笑。前半の違和感にも納得。

帰ってきたヒトラー(2015年製作の映画)

3.5

ヒトラーについてあまり詳しくないのですが、なかなか際どい映画だったという印象。コメディよりの社会派映画。最初は現代に適応できていないヒトラーを笑った。でも進むにつれ政治的影響を与えていく。その勢いと、>>続きを読む

マイ・インターン(2015年製作の映画)

4.5

思った以上に気楽に観られる映画でした。
ベンみたいにゆとりがあって、周りもしっかり見られる大人になれたら格好いいなあ。ジュールズは不器用だけど、とても会社に対して手を抜かないし格好いい働き方してたなあ
>>続きを読む

僕のワンダフル・ライフ(2017年製作の映画)

3.5

絶対犬飼ってたら泣いちゃう。私は重ねるものがなかったので泣きませんでしたが。まっすぐ生きるベイリーは素敵だったな。そして生まれる環境って運なんだなって思う。その環境で全く違う人生になるね。

劇場版 おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~(2019年製作の映画)

4.5

ドラマを全話観てから観賞。観るつもりはなかったけど、たまたま席があったので。あまり期待していなかったけれど、実際に観たらとても面白い作品でした。映画館でこんなにも笑ったのは初めて。やっぱり部長が笑いの>>続きを読む

ビール・フェスタ 無修正版 〜世界対抗・一気飲み選手権(2006年製作の映画)

3.5

くだらなくて最高。なにも考えずに見られて元気になる。下ネタと特有のお馬鹿加減のバランスが良かった。落ち込んでいるときにどうぞ。

ANNIE/アニー(2014年製作の映画)

5.0

分かりやすいストーリーで面白かった!シンプルなんだけど愛にグッと来る。アニーみたいな前向きさが人生で大事なんだろうな。ミュージカルも観てみたい。

THE 有頂天ホテル(2005年製作の映画)

3.5

どたばたコメディ。多少混乱するけどおもしろい。色々なところで色々な事が起こってて複雑。複雑なんだけれど、最後は全てがまとまるこの感じは三谷幸喜だなってかんじ。従業員のキャラが強くて好き。

ニュー・シネマ・パラダイス(1989年製作の映画)

5.0

完全版のネタバレを見つつ観賞。完全版は今後見るべきか迷う。映画に取り付かれたように熱中するトトとアルフレッドの関係は素敵だった。いい村だけれどそこからの旅立ちはきっと大きな経験を与えたんだろうな。アル>>続きを読む

鴨川ホルモー(2009年製作の映画)

2.5

ファンタジー寄りだった。ゲラゲラ笑える映画はないか探してこれにしたんだけど、そんなに好みではなかった。軽い気持ちで見られるタイプ。不思議な世界だった。

嫌われ松子の一生(2006年製作の映画)

4.0

前半は全然共感できなかった。でも松子を知るにつれ、だんだん感情移入させられていく。頑張りと幸せは比例しないわけで。不幸、の一言では片付けられない人生。寂しい、愛が欲しい。誰でもいいから、それではダメだ>>続きを読む

キューティ・ブロンド(2001年製作の映画)

4.5

王道スカッとストーリーなんだけど、何回でも見られるなあ。真っ直ぐで自分を曲げない姿が素敵。自分を信じて、周りも巻き込んでいく姿は圧巻。こんな人が近くにいたらきっと楽しいんだろうな。こうなりたいものです>>続きを読む

スタンド・バイ・ミー(1986年製作の映画)

4.0

ジワジワ考えさせられる映画。そんなに盛り上がりがはっきりしているタイプの映画ではないけれど、退屈しない。心の内側をメインに描いた作品。周りの環境と自分に対して葛藤しながら成長していく少年の姿は儚いもの>>続きを読む

テッド(2012年製作の映画)

4.0

しっかりいい話だった。観る前はただテッドが邪魔だっていう話だと思ってたんだけど、違った。大人になりきれず、自分の人生に責任を持てていないジョンの心の弱さが原因なんだな、と。テッドは十分大人だった。そし>>続きを読む

フリークス(怪物團/神の子ら)(1932年製作の映画)

3.0

江戸川乱歩の作品と世界観が近い。乱歩の小説をいくつか読んでいたので、彼らに対する衝撃の耐性はついてたんだろうな。因果応報、スカッとするストーリーでした。フリーダのような思いやりのある素敵な心の持ち主に>>続きを読む

シャイニング(1980年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

狂気的な人間ホラーだった。驚かす系ではなかったから、役者を集中して観れた。
でも話は少し難しかったかも。幻覚?というか昔のホテルの人が出てくるシーンで何度か混乱した。能力のシャイニングをあまり有効活用
>>続きを読む

シザーハンズ(1990年製作の映画)

5.0

ラスト10分ボロボロ泣いた。
人間って嫌な生き物だなと思わされた。エゴに振り回されるエドワードが観ていて心が痛む。
ジョニー・デップの演技がティム・バートンの世界観ととても合うなあと感じます。
あと、
>>続きを読む

千と千尋の神隠し(2001年製作の映画)

5.0

改めて観賞したけれど、映像も素敵なのは勿論、ストーリーも素敵。何度見ても新しい発見があるので新鮮な気持ちで観られる。どのキャラクターも憎めない。やさしい人に囲まれていて良かったね、千尋。

TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ(2015年製作の映画)

5.0

すごい面白かったな。笑いあり、涙ありで青春してた。ちょっと泣いた。あっという間の2時間。曲もかっこよかった。
追記:曲が聞きたくてもう一回観ました。to young to dieとデビルハラスメントが
>>続きを読む

SEXテープ(2014年製作の映画)

3.5

ストレートな下ネタで面白かった。おバカコメディだったけど、以外にも素敵な家族でほっこりしてしまった。キャメロン・ディアスがチャーミング。

M★A★S★H マッシュ(1970年製作の映画)

3.0

戦争テーマではあるんだけど戦争っぽさは薄め。医師なんだけど、医療ドラマ的ではなく、人としての医師を描いている。しっかり仕事して遊んで楽しそう。後半のスポーツ要素なんだったんだろう…ホットリップスがいい>>続きを読む

アダムス・ファミリー(1991年製作の映画)

4.0

安定した面白さでした!心温まる話でファミリーで楽しめる。ふとしたときに見たくなる。オチまでしっかりしている。
ハンドはとても有能。

マスク(1994年製作の映画)

3.5

CGの動きがディズニーシーのマジックランプシアターを思い出させる。対象年齢はきっと低めなんだろうけど、楽しめる映画。久しぶりにシンプルにワクワクした。

時計じかけのオレンジ(1971年製作の映画)

4.0

観る人を選ぶ映画ではあるけど、私は好きでした。家庭環境にも恵まれてるし、何かの反動で非行をしてるんじゃなくて、ただ暴力や血でワクワクしちゃうからって感じ、狂ってて最高。なのにラシック音楽が好きな主人公>>続きを読む

下妻物語(2004年製作の映画)

5.0

すごく好きな映画でした。熱さとクスッと笑いのバランスが丁度良い名作。
キャラクターの個性も本当に俳優さんと合ってて良かった。素敵な友情。それにしても深田恭子、めちゃくちゃ吹き飛んでた。

アドレナリン(2006年製作の映画)

3.0

何も考えないで観られる。
ツッコミどころしかない。ステイサムはかっこよかった。訳が分からなすぎて笑えてくる。

犬神家の一族(1976年製作の映画)

4.5

家系図片手に見ました。うっすら内容は知っていたものの、じっくり観たのは初めて。面白かった。容赦なく人は死んでいくけれど、なるほどと思えるラストで満足。

羊たちの沈黙(1990年製作の映画)

4.5

全体的な話の流れのテンポが良かった。
人物とストーリーが色褪せていない。ミステリーの王道っぽい流れだったけど、当時としては先駆けだったのかしら。クラリスとレクターの会話シーンは印象的。レクターの紳士的
>>続きを読む

フォレスト・ガンプ/一期一会(1994年製作の映画)

3.5

人って見た目だけじゃ分からないけど、色々な経験してるんだなって改めて思う。

>|