shunさんの映画レビュー・感想・評価

shun

shun

映画(557)
ドラマ(82)

水上の誘惑(2017年製作の映画)

3.4

ちろるさんのレビューを見て。
短い中でも映像が美しく題名からは想像できない展開が続いて楽しめました。
現代の人魚姫。
ジェンダー論も関わってきたり。  
利用されていくのが可哀想でもありました、、

ただ、君を愛してる(2006年製作の映画)

4.0

It was the only kiss, the love I have ever known...

うわあこんな話だったのか、、タイトルとかポスターで持ってたイメージを後半にいい意味で裏切られた
>>続きを読む

初恋(2006年製作の映画)

3.6

宮崎あおい祭り4本目

三億円事件については知りませんでしたが観る前にwikiで予習しました。相当謎が多い事件なんですね。
  
最近宮崎あおいさんにハマっていてTSUTAYAの中古コーナーでたまたま
>>続きを読む

世界から猫が消えたなら(2015年製作の映画)

4.0

「ツレがうつになりまして。」、「ソラニン」に続いて宮崎あおいです。
一人で宮崎あおい祭りを開催しようと思いましてNetflixにあったこの作品を。

"彼女"の「生きてやる」が刺さった。

広すぎる宇
>>続きを読む

下衆の愛(2015年製作の映画)

4.0

「東京の恋人」の川上奈々美さんが出ているので観てみました。
内田英治監督は「獣道」、「身体を売ったらサヨナラ」に続き3本目。川上さん4本目。

出てくるひとがとにかく全員「下衆」ほんとに、主要キャスト
>>続きを読む

ソラニン(2010年製作の映画)

3.7

「ツレがうつになりまして。」での演技が好きだった宮崎あおいの他作品を観ようと以前マイリストに登録していた「ソラニン」を観る。

どんな作品でも宮崎あおいが醸し出す雰囲気が好きです。とてもリアルだけど存
>>続きを読む

クリックシネマ 好き(2000年製作の映画)

3.4

最近、塾の隣のTSUTAYAに帰りに寄るのが習慣になっていて、いつも中古コーナーを一作ずつ見ていくのですが邦画については「ここで手に取らなければ一生観ることの無いと思われる映画」を探しています。

>>続きを読む

ツレがうつになりまして。(2011年製作の映画)

3.8

最近、ちょっとまた邦画ブームが来てまして。Netflixで以前マイリストに追加して観れていなかった本作を観てみることに。

二人の関係がすごく理想的で、いいなあと思った。
どんなことがあってもお互い支
>>続きを読む

失恋科(2018年製作の映画)

3.7

nanaさんのレビューで観れることに気付き観賞。みひろさんが出ているので前から観たかったのですがまさかこんな簡単に観れるとは知らなかった、ありがとうございます🙇


「失恋の傷」を治す失恋科を描く25
>>続きを読む

ピースオブケイク(2015年製作の映画)

3.8

友人にすすめられたので観てみる。

多部未華子はだんだんと好きになって行く感じの顔でした。だから終盤はとにかく可愛かった。特にえくぼでしょうか?

ポスターで結構損してる気がするなあ。自分もそれのせい
>>続きを読む

mellow(2020年製作の映画)

3.5

なんかいい映画ないかなあとNetflixで探していると最近ちょくちょくフィルマークスの皆さんのレビューで見かけて気になっていたこの映画が、そういえば田中圭さんが主演の映画って観たことないなあととか思い>>続きを読む

ラヴレース(2013年製作の映画)

3.5

伝説のポルノ女優、リンダ・ラヴレースをアマンダ・サイフリッドが演じる。
その栄光に隠れた深すぎる闇。
とにかく旦那がクズすぎた。そして苦しみボロボロになった娘を目の前にしてもカトリックの考えをもとにな
>>続きを読む

東京の恋人(2019年製作の映画)

5.0

1回目は6/6にオンラインで観賞。2回目は渋谷ユーロスペースにて観賞。3回目もユーロスペースにて7/7に観賞。

(3回目)
川上さんも出るトークライブがあるということで三度目の観賞。
トークは川上さ
>>続きを読む

生きてるだけで、愛。(2018年製作の映画)

3.6

少し前からポスターが気になっていた作品、観てみました。

躁鬱病(双極性障害)と聞くと思い出すのがHBOのドラマ「ユーフォリア」でゼンデイヤが演じる主人公。

観ながら調べてたら原作者の本谷さん、「セ
>>続きを読む

身体を売ったらサヨウナラ(2017年製作の映画)

3.0

「東京の恋人」や「獣道」に出てた川上奈々美さんが出ているので観てみました。「獣道」と同じ内田英治監督作品。

そもそも自伝の映画化みたいな感じらしいし途中に実在する人へのインタビュー映像も挟まれている
>>続きを読む

ドリンキング・バディーズ(2013年製作の映画)

4.0

こちらもずっと観たくて観れて無くてTSUTAYAの中古コーナーで発見。
たぶんアナ・ケンドリックにハマってた時期があったからその時に観たかったんだと思う。  

良質なインディーズ映画をお探しならおす
>>続きを読む

エジソンズ・ゲーム(2019年製作の映画)

3.6

ワインスタインのセクハラ事件やコロナで延びに延びましたがやっと観れました。

エジソンとウェスティングハウスの電流戦争を描いた作品。そこにニコラ・テスラや電気椅子、万博などが関わってくる。

全体的に
>>続きを読む

JUNO/ジュノ(2007年製作の映画)

4.5

こちらもずっと観たくて観れて無くてTSUTAYAの中古コーナーで発見。
しかもブルーレイ!普段あんまり意識しないけどブルーレイってやっぱり画質すごいなあと感心しちゃいました笑

すんごく重いテーマでは
>>続きを読む

モテる男のコロし方(2006年製作の映画)

3.7

「ピッチ・パーフェクト」のブリタニー・スノウと「シカゴP.D.」のソフィア・ブッシュが出てる14年前の映画、観ないわけにはいかない!と思ってはいたもののなかなか配信サービスにも浮かんでこない。そしたら>>続きを読む

キューティ・バニー(2008年製作の映画)

3.5

完全にマークし忘れ。何でだろう、、観たことは覚えてるのに。カット・デニングス、エマ・ストーン目当てで観たんだけどポスターから軽ーいコメディかと思ってたら意外と感動したのを覚えてる。深かった。特にあの手>>続きを読む

17歳キャロラインの三角関係(2010年製作の映画)

3.4

なぜ日本に持ってくるとこんなにジャケットと邦題を変えられてしまうのだろう、、
カット・デニングス目当てでYouTubeで観たので日本版のジャケットやタイトルは知らずにレビューしにフィルマークスに来て驚
>>続きを読む

ウィンターズ・ボーン(2010年製作の映画)

4.0

TSUTAYA中古コーナーにて。

ジェニファー・ローレンス初主演映画。圧倒的演技力を世界に示した作品ですね。
ストーリーは静かに淡々と進みその過程でアメリカ中西部の田舎の闇を描き出す。他の方のレビュ
>>続きを読む

キミに逢えたら!(2008年製作の映画)

4.5

約1年前(7/23/2019)に初めて観たらしいですがマークしてなかった。だからと言って印象に残らなかったとか言うわけではなくてたぶんフィルマークス始めた初期のころで色々あってやらなかっただけだと思い>>続きを読む

ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語(2019年製作の映画)

4.8

コロナ明け初の映画館観賞です。

2020年アカデミー賞作品賞ノミネート作品制覇!

原作は日本語で読んでいるはずですがもう遠い記憶の彼方に、、
ストーリーは現在と7年前の似たようなシーンを上手に繋げ
>>続きを読む

キスキス,バンバン(2005年製作の映画)

4.8

ロバート・ダウニー・jrを知ったのは「アイアンマン」を観てからですがその後wikiで彼のページを読んだときからなぜか頭に残ってたタイトル。

まあ結構印象的で残りやすいタイトルですよね。それ以来「いつ
>>続きを読む

ブルックリン(2015年製作の映画)

3.8

久しぶりに入ったTSUTAYAの中古DVDのコーナーでこの映画と「キスキスバンバン」と「アナとオットー」を衝動買い。実はずっと観たかった「JUNO/ジュノ」もあったのですが予算の都合上次の機会に、、>>続きを読む

I Am Easy To Find(原題)(2019年製作の映画)

3.7

久しぶりにアリシア・ヴィキャンダーを見たくなったんです。
何ヵ月か前にアリシアにはまったときimdbの出演作一覧でポスターだけ印象に残ってた記憶。たまたまどなかたがマークしてたのを見てYouTubeで
>>続きを読む

バオ(2018年製作の映画)

3.5

記録忘れ。インクレディブルファミリーと同時上映のやつか

ホテル・シュヴァリエ(2007年製作の映画)

3.6

久しぶりにナタリー・ポートマンが観たくて検索してたら見つけたんですがダージリン急行の方を観ていないのでそちらを観たら戻ってきたい。

YouTubeで観たんですが英語字幕ズレズレで皆さんが観たやつと同
>>続きを読む

二つの窓(2016年製作の映画)

3.5

固定されたカメラとたった二人の登場人物、なんだかいい感じ。
時には家族よりも近いところにいる隣人っていいな。
うちは長屋みたいな感じで結構住んでる人と顔会わせたり、物の交換したり毎年花火大会をしたりし
>>続きを読む

nude(2010年製作の映画)

2.8

遠回りしても今は夢見たところにいるのではないだろうか。
自伝の映画化だからドラマ性は少ないけどあまり知ることのできない部分を見ることができた。

最期の星(2017年製作の映画)

3.5

YouTubeで観れたので。約30分の短編。
小川紗良さん監督作品は「あさつゆ」以来の2本目。
「あさつゆ」より分かりやすかった。
小川さんはすごく自分が撮る映像に自信を持っているような気がする。
>>続きを読む

キングダム(2019年製作の映画)

3.4

金曜ロードショーで。原作未読、アニメも観ていません。予告編を映画館で観たのがかっこよかったのを覚えいます。
舞台は中国、全編日本語、挿入歌は英語という面白い映画でした。

山﨑賢人の役がただただうるさ
>>続きを読む

サバイバルファミリー(2017年製作の映画)

3.5

友人にすすめられたので観てみました。そういえば何年か前に予告編は観たことある気がする。
北米で起きた事故を基にしているらしいしいつ起きてもおかしくないようなことだったので色々な場面で自分だったらどうす
>>続きを読む

あさつゆ(2015年製作の映画)

3.0

講談師の神田伯山さんのラジオで小川紗良さんの名前が出ていたので気になってYouTubeで観賞。

どう終わるのかなあ~とおもったらラストがちょっと怖くて色々考えさせられ想像しました。
自分であんな脚本
>>続きを読む

>|