shunさんの映画レビュー・感想・評価 - 3ページ目

ミーン・ガールズ(2004年製作の映画)

3.7

On October 3rd, he asked me what day it was…
10月3日はミーン・ガールズの日なので4年ぶりの観賞!

いやあいいね、懐かしくなる。

売れる前のアマンダ・
>>続きを読む

男はつらいよ 寅次郎わが道をゆく(1978年製作の映画)

3.6

男はつらいよ21本目

木の実ナナがマドンナ。実在した浅草国際劇場レビューのSKDメンバーを演じていて迫力、存在感共に抜群でした。
雨の中のキスシーンも印象的

武田鉄矢若い!留吉のサイドストーリーの
>>続きを読む

キル・ビル Vol.2(2004年製作の映画)

3.8

娘かわいいし演技上手かった…

愛と憎しみの物語でした。

サミュエル・L・ジャクソンかっこよ

男はつらいよ 寅次郎頑張れ!(1977年製作の映画)

3.9

男はつらいよ遂に20本目!

大竹しのぶが若いなあ、かわいいカップルでした。
寅さんがキューピッドだった。

その分マドンナの藤村志保はそんなに出番なかったけど綺麗だした。

天国か、ここ?(2023年製作の映画)

3.8

いまおかしんじ監督作品。トークもありました

この前日に「たまもの」を観賞したので”林由美香”も登場したのに驚いた。

れいこいるかの二人が主演で、話の内容も他の監督作品を見てからの方が良かったかなと
>>続きを読む

君たちはどう生きるか(2023年製作の映画)

3.5

とても綺麗なアニメ映画だったけどストーリーはやっぱりイマイチ分からず…

もっと他の作品も観ていれば色々オマージュとか分かったのかな。

少し話の中で気持ち悪いなって思ってしまう価値観も出てきた。
>>続きを読む

リバー、流れないでよ(2023年製作の映画)

3.6

レビューし忘れ

ポスターを最初に見た時から好きだったので映画館で観てきた。
ヨーロッパ企画らしい作品でした。

最後の友情出演は驚いた。

自然や旅館など日本ならではの舞台設定も好き。

ウーマン・トーキング 私たちの選択(2022年製作の映画)

4.8

ボリビアで2009年に実際に起きた集団レイプ事件を基にした映画、アカデミー賞脚色賞受賞作品。

女性の尊厳についての話し合い。タイトル通りなのだけどほんとに力強い作品だった。今年観た映画でもトップに入
>>続きを読む

スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース(2023年製作の映画)

4.8

レビューし忘れ

いやあグウェンが好きなので今作では大活躍で嬉しかった。
彼女の世界の色使いも好きだしお父さん役がシェー・ウィガムってのもいいよね。

素晴らしい作品、傑作です。

スポットはジェイソ
>>続きを読む

バビロン(2021年製作の映画)

4.1

レビューし忘れ…

ニュージーランドで一足先に観賞した弟に、これは映画館で観ろと言われたので人生初吉祥寺プラザに滑り込んできた。
彼の言葉は正しかった、なかなかの映画体験でした。

マーゴット・ロビー
>>続きを読む

攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX The Laughing Man(2005年製作の映画)

3.6

攻殻機動隊sacシーズン1の総集編版。
ARISEシリーズを見たらsacが懐かしくなったのでこちらを観てみた。

タチコマ回がだいぶ端折られているなど残念な部分もあったけど笑い男事件が上手にまとめられ
>>続きを読む

オケ老人!(2016年製作の映画)

3.5

バイオリンの先生がこの映画で杏さんの演奏指導したらしく、観て〜って言われたので観賞。

ちゃんとコメディ映画として楽しめた。

萩原利久と黒島結菜の若いカップルが愛おしい。

光石研が悪人演じてるの滅
>>続きを読む

男はつらいよ 寅次郎と殿様(1977年製作の映画)

4.7

ああこれはよかったなあ…

寅さん観たいけどどれ観るか迷ってる人に勧めるならこれだな!

時代遅れなお殿様とのコミカルなやり取りも、夫を亡くした女性の悲しさも、義父と娘の小津安二郎的な交流も素晴らしか
>>続きを読む

恋のミニスカ ウエポン(2004年製作の映画)

4.8

超楽しかった!!!

極悪犯罪者が女子高生スパイに恋しちゃう話!
女性同士の恋愛ものだと思わず観たけどすっごく二人が愛おしかった…

So if you’ll excuse me, I have a
>>続きを読む

ファンタスティック Mr.FOX(2009年製作の映画)

3.7

ロアルド・ダールの原作も読んでみたい。

犬ヶ島もそうだったけどウェス・アンダーソンの世界観はアニメと合うな。

ヘレン・マックロリーが端役で出てた。

I’m pregnant.

うれしはずかし物語(1988年製作の映画)

4.4

うわーめちゃ好きだった!
普通にエロコメとして楽しく見てたら最後2,30分がいい感じに終わりに向かっていった。

エロだし笑えるしいい映画だったな

愛だ!青春だ!

川上麻衣子もそして本阿弥周子も最
>>続きを読む

男はつらいよ 寅次郎純情詩集(1976年製作の映画)

4.2

男はつらいよ18

壇ふみと倍賞美津子が教室で生の儚さを語り合うシーンが素晴らしく沁みた。

さくら、そして彼女を演じる倍賞美津子がいつにも増して最高なんだよ。

京マチ子と寅さんお似合いだったな。
>>続きを読む

アンソニーのハッピー・モーテル(1996年製作の映画)

3.6

ウェス・アンダーソンとオーウェン&ルーク・ウィルソンの商業映画デビュー作。ウィルソン三兄弟の長男も脇役で出演してます。

オーウェン・ウィルソン演じるディグナンがいいキャラしてたな。人生楽しそう。
>>続きを読む

君は月夜に光り輝く(2019年製作の映画)

3.3

中学の時に原作借りて読んだな…懐かしい

永野芽郁も今田美桜もかわいい

ハート・オブ・ストーン(2023年製作の映画)

3.8

アーリヤー・バットのハリウッド進出作!一作目でこれはだいぶいい役もらったな…これからもハリウッド、ボリウッド両方で活躍続けてほしい。

やっぱりガル・ガドットは華があるなあ。
話としてはミッション・イ
>>続きを読む

輝かしき灰(2022年製作の映画)

3.6

「漂うがごとく」のブイ・タク・チェン監督の新作。

ベトナム南部の海沿いの村に生きる3人の女性を描く。
正直寝てしまったが、もう一度ちゃんと見直したいと思うほどに映像綺麗で話もおもしろかった。

狭い
>>続きを読む

海辺の彼女たち(2020年製作の映画)

4.0

技能実習生として日本に来た若いベトナム人女性3人がドキュメンタリーのように描かれる。

普段日本人が気付かない、もしくは見ようとしない問題の一つだと思う。静かで話が進むのもゆっくりだけど90分見入って
>>続きを読む

Kfc(2016年製作の映画)

3.8

アテネ・フランセで行われた「ベトナム映画の現在 plus」で観、監督のトークショーつき

食人、死姦、拷問…
ベトナムには検閲があって、上映が許可されなかったのでベトナム人でこの映画を観た人は全然いな
>>続きを読む

別離(1939年製作の映画)

3.5

I have been an intermezzo in his life.

70分、テンポ速い不倫映画でした。
初イングリッド・バーグマン!これがハリウッドデビュー作なようで、いい選択したかも。
>>続きを読む

ひろしま(1953年製作の映画)

4.1

8月6日の今日、どんな映画を観ようかと考える間もなくこの映画を選んでた。

原爆投下からたった8年後に製作された。
原爆被爆者を含む9万人近い広島県のエキストラが参加し、とうじ身に付けていた衣類や物を
>>続きを読む

(1954年製作の映画)

3.7

初フェリーニ作品

大男と少女のなんとも言えない絆。
孤独に旅を続ける2人、どうにもならない世界でお互いだけで生きていくしかない感じがする。

観終わってもジェルソミーナがずっと頭の中で流れてる

サマータイムマシン・ブルース(2005年製作の映画)

3.7

ヨーロッパ企画お得意のドタバタ楽しい時間旅行作品

上野樹里と瑛太のコンビ久しぶりに観たな。
2人とも若いけど20年近く経ってもこの頃からほとんど変わらないのがすごい。
上野樹里も真木よう子もかわいい
>>続きを読む

男はつらいよ 寅次郎夕焼け小焼け(1976年製作の映画)

4.0

うわあいい終わり方…
マドンナの志村妙子はもちろんだけど宇野重吉がもうさすがだった。

最初っから汚いおじさん宇野重吉でめちゃくちゃ笑えたし、途中のマドンナとの相性も抜群。終盤真面目になって最後は感動
>>続きを読む

死刑台のエレベーター(1958年製作の映画)

3.7

題名からは想像できない展開のサスペンス映画だった。

愛する人を探してひたすらパリの夜の街を歩くジャンヌ・モローが美しい。
出てくる女性みんな美しかった

由美香(1997年製作の映画)

4.2

落ちぶれたAV女優と不倫関係にあったAV監督が2人で自転車で北海道を目指す旅を撮影したドキュメンタリー作品。

もとはアダルトビデオ「東京~礼文島41日間 自転車ツーリングドキュメント わくわく不倫旅
>>続きを読む

東京物語(1953年製作の映画)

3.9

ついに観れた。
邦画の傑作と言われている作品で、自分はそこまで強く響きはしなかったけど、歳をとるにつれて良さが分かるようになりそう。また時間を置いて見たい。

時の流れ、移りゆく家族の形、絆が描かれて
>>続きを読む

男はつらいよ 葛飾立志篇(1975年製作の映画)

3.7

学問と教養のお話。東大でロケもしたらしい

マドンナは樫山文枝です。最後は素敵な選択だったな…
「男はつらいよ」はいろんな種類の「女の幸せ」を見せてくれるシリーズだよね。

手紙を読んだ後に浜辺に立ち
>>続きを読む

オレの心は負けてない 在日朝鮮人「慰安婦」宋神道のたたかい(2007年製作の映画)

3.9

在日朝鮮人であり「慰安婦」として日本政府を相手に裁判を起こした宋神道を追ったドキュメンタリー作品です。
国際社会学の講義の資料として観賞しました。

「慰安婦問題」について、インターセクショナリティの
>>続きを読む

男はつらいよ 寅次郎相合い傘(1975年製作の映画)

4.9

リリー2回目の登場!やっぱりこの人は他のマドンナとは違う。

久しぶりの再会は寅さんもリリーも2人ともとても嬉しそう。
間で困惑しながらも寅さんにずっとついていく船越英二もよかった!

メロンのシーン
>>続きを読む

Gangubai Kathiawadi(原題)(2021年製作の映画)

3.9

インドの性売買について。

アーリヤー・バット主演作ということで前から観たかったのだが、これまで見た彼女の演技の中でもトップレベルだったな。間違いなくこれは彼女の代表作だ。
これで彼女の出演作8本目で
>>続きを読む

男はつらいよ 寅次郎子守唄(1974年製作の映画)

3.7

今回のマドンナは十朱幸代。まだ看護師が看護婦だった時代ですね。

赤ん坊の子守をする前半とマドンナとドタバタな後半でした。

ストリッパーを演じる春川ますみは実際に浅草ロック座で踊り子だったそうですね
>>続きを読む