ぼぞさんの映画レビュー・感想・評価

ぼぞ

ぼぞ

なんでも観たい

訂正多め

映画(525)
ドラマ(46)

普通の人々(1980年製作の映画)

4.5

全て自分のせいにして抱え込んで壊れて、母からさらに追い討ちをかけられ…
観てて結構辛いけど1番辛いのはお父さんなんですよね…

こういう物語はみんな和解して、ハイ仲直りって言うのが普通だけど、この作品
>>続きを読む

ドリームガールズ(2006年製作の映画)

4.2

白人にパクられたからムカつくとか以前に、人に裏切られれば誰でもムカついて悲しいよねって感じでした。
流行ってた当時見たときはエフィわがままだなと思ってたけど、ちゃんと見るとエフィの怒りは致し方ないとい
>>続きを読む

リアリティのダンス(2013年製作の映画)

4.5

ホドロフスキーの世界観が年を取っても衰えてなくてすごすぎ。
まさに唯一無二の世界観。

トップ・ハット(1935年製作の映画)

2.0

ダンスはすごいけど驚くほどハマらなかった。
ストーリーも大したことなくて音楽も全て似てて、わかりやすいミュージカルに慣れすぎてしまったのかも。

ロード・オブ・ドッグタウン(2005年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

ストレイトアウタコンプトン同様、本来の目的を思い出して新たな道に進むっていうストーリー大好物です。
何でもお金が絡むと嫌なことばかりだけど、友情って素晴らしいし好きな事を好きという理由だけで行える事も
>>続きを読む

氷の微笑(1992年製作の映画)

4.0

思いのほか面白かった。
ただエロいだけの映画と思いきやちゃんとサスペンス。
同性が見てもシャロンストーンがお美しいです。
アイスピック持ってると思いきや持ってないの繰り返しはちょっと笑ってしまった。

ムーラン・ルージュ(2001年製作の映画)

4.1

視聴後はオザケンの曲が脳内でループします。
ドタバタコメディから真面目な物語へのシフトが良いです。
時代設定が昔の割に音楽がみんな知ってる曲をアレンジしたものが多くてノリノリでストーリーに入っていける
>>続きを読む

午後8時の訪問者(2016年製作の映画)

3.8

トリックとかスピード感とかはないけど、なんとなくわだかまりを残すようなサスペンス。
みんな自分のことばっかり。

ペット(2016年製作の映画)

3.5

マックスがおそらくうちのワンコと同じ犬種でしかも声が設楽さんで愛おしくてたまらなかった。
バナナマン2人がハマってて楽しかった。

エル・マリアッチ(1992年製作の映画)

3.5

カメラワークがいちいちカッコイイアンジャッシュのコントみたいな映画。
モコの分かりやすすぎる悪人感が良いです。
犬の見せ方がとても好きです。

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.8

こういう映画があるから映画オタクやめられない。
多幸感すごい。最高。

ザ・マペッツ(2011年製作の映画)

4.0

ストーリーはだいたいブルースブラザーズだったけどかわいくて楽しくてかわいかった。
マペッツはクリスマスキャロルのしかみたことなかったけど他の作品も見たくなった。
やっぱり海外の子供番組とか教育番組好き
>>続きを読む

沈黙ーサイレンスー(2015年製作の映画)

4.5

棄教する事が究極の信仰。
なかなかしんどかった。
結構長いから覚悟して見始めたけど全く長く感じなかった。
だいぶ観入ってた。

日本人俳優がみんな凄くて監督?製作?が違うとこうも違うのか…と思ってしま
>>続きを読む

ある子供(2005年製作の映画)

4.8

ソニアだけが大人でした。
私だったらこんなに救いようのないクズに手を差し伸べられない。
一杯のコーヒーにとてつもない優しさを感じた。

また一人の人生を目の当たりにしたなと言う気持ちになるダルデンヌ兄
>>続きを読む

皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ(2015年製作の映画)

3.0

レディインザウォータータイプの実写化。
現実世界にその物語を当てはめていくような感じ。
原作も知らないし結構地味目で、ぼーっとみてたけどラストが良かった。
ダークナイトに影響を受けてそうな感じでした。

マザー!(2017年製作の映画)

4.5

終始ジェニファーローレンスと同じように心の中で絶叫しながら観てた。
観てるこっちまで発狂しそう。
終始頭痛くて、視聴後絶望。
とても疲れました。

ミラクル・ニール!(2015年製作の映画)

3.5

デニスを楽しむ映画。最高に可愛くて面白い。
可愛すぎる容姿にロビンウィリアムズの声が相まってデニスが喋るたびに笑えます。
「犬らしく吠えろ」「わぅ…」のくだりが1番好き。

美女と野獣(1991年製作の映画)

5.0

実写版も好きだけどやっぱりアニメ版だなと改めて思った。
小学生の頃から数え切れないほど見てるけどやっぱり素敵。何回見てもうっとり。
ベルが傷の手当てをして2人が打ち解けるシーン大好き。
ベルのドレスに
>>続きを読む

アルマゲドン(1998年製作の映画)

4.0

A級作品のふりをしたB級作品というか、B級作品のふりをしたA級作品というか…
あり得ないことだらけなのに感動しちゃう不思議映画。
エアロスミスの曲で盛大な感じを醸してるところも良いです。
最初のゴジラ
>>続きを読む

ドラッグストア・カウボーイ(1989年製作の映画)

3.0

トレインスポッティングとかラスベガスをやっつけろとかと比べちゃいます。
ラリってる感があまり無くて真面目な感じ。少し薄っぺらく感じてしまった。

嫌いじゃないけど前述した作品の方が私は好き。

エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に(2015年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

どんなしょうもないことでも熱中できるって素敵、そういう作品でした。
やっぱり私は青春映画が好きなんだなと実感。
でも頑張って大人のマネして背伸びしてるようなストーリーが好きなので私はバッドチューニング
>>続きを読む

フェリーニのアマルコルド(1974年製作の映画)

3.3

初フェリーニ。
なんとなく伊丹十三感を覚えました。

正直よくわからない話だったけどたまにクスリとできるところもあって、ボーッと観るにはいい作品でした。

エクス・マキナ(2015年製作の映画)

4.0

ブラックミラー好きな人は絶対ハマるダークなSF。
AIが意思を持ったらというテーマはハズレがない気がする。
情報社会や技術の進歩を素直に受け入れられなくなるなあとは思いつつもやはり便利なのでついつい使
>>続きを読む

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

4.6

「主よ、もう1人助けさせてください」
という台詞がとても印象に残ってる。
神頼みではなく許しを乞う姿勢や信念を全く曲げない姿が本当に勇ましくかっこいい。
この台詞以降胸がいっぱいになります。
衛生兵っ
>>続きを読む

ブリザード 凍える秘密(2014年製作の映画)

3.7

疑問がやや残ってるけどこういう展開は嫌いじゃなかった。

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

3.5

ちょっと期待しすぎた。
展開が読めすぎちゃってもう一捻り欲しかった。

指文字でのfuck youかっこよかった。

ブレア・ウィッチ(2016年製作の映画)

2.0

何か起きそうで何も起きない、何か出そうで何も出ない、でもなんか怖いというのが前作 の面白さだったけど、今作は色んな物出しすぎ起こりすぎでとてもがっかり。
雰囲気を楽しみたいのに露骨に脅かされるとな〜と
>>続きを読む

ミセス・ダウト(1993年製作の映画)

4.0

ずっとみたかったやつ。
ロビンウィリアムズのために作られたような作品。
ずっと楽しい。
心がホッカホッカになります。

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

3.8

ラストのエンドロールに感動する映画。
ここに並んでいる人たちも夢を叶えた人たちなんだろうな〜と思うと感動せずにはいれなかった。
エンドロールで泣きそうになったのは初めてです。
ブギーナイツを見た時と近
>>続きを読む

デトロイト・ロック・シティ(1999年製作の映画)

4.0

わたしが好きな曲しか流れない最高映画。
汚い大人と純粋すぎるほど馬鹿で真面目な4人の対比が面白い。
KISSが流れた時だけ強くなれる感じについつい共感。
ライブのためにここまで必死になれるって素敵です
>>続きを読む

ムーンライト(2016年製作の映画)

4.0

ささやかな光を見出せる物語。
変にドラマティックではなく、媚びず、淡々とした感じが良い。

雨に唄えば(1952年製作の映画)

4.5

想像以上に笑えて楽しくて面白いし、映画史の勉強にもなります。
衣装かわいい、ダンスかわいい、セットかわいいの3強揃ってます。
ブロードウェイの手書き風のセットどタイプ。
3mくらいあるスカーフをなびか
>>続きを読む

トランス・ワールド(2011年製作の映画)

3.5

世にも奇妙な物語。
こういうの好きだけど、素性を明かされてから尻すぼみな感じになってたのがちょっともったいないな〜と思っちゃった。
もう一山くらい欲しかった〜。

そんな人生でいいのかい?

軽蔑(1963年製作の映画)

4.0

元祖(500)日のサマーみたいな映画でした。
女ってめんどくさいなって思っちゃうけど分からなくもないという。

あまりBBを可愛いと思ったことなかったけどこのBBは可愛かったです。

>|