gonさんの映画レビュー・感想・評価

gon

gon

映画(608)
ドラマ(8)

ムーンライト(2016年製作の映画)

3.4

どんな風に生まれてくるかなんて、分からないし、選べない。
フェアじゃない時の方が多くったって、その場所で、生きなきゃいけない。

シャロンの心の大事な部分は、ずっと光続けていたんだと思う。
いつだって
>>続きを読む

ビル・カニンガム&ニューヨーク(2010年製作の映画)

3.5

ビルに写真を撮ってもらう為に、おしゃれするのよ。って、素敵。
みんなビルが、すき。

最後の彼のなんとも言えない表情が、切なかった。
きっと、誰にも言えない、言うつもりもない、何かが、あったんだと感じ
>>続きを読む

ひとよ(2019年製作の映画)

3.8

「迷子になっちゃう」って、母が、正しくなきゃいけない。
子だって、そんな事は知ってる。
知ってるからこそ、母の正義を貫くために、生きてきたんだ。

家族だから、どんな過程であっても、遅くなってもいいか
>>続きを読む

草間彌生∞INFINITY(2018年製作の映画)

3.3

草間さんが、あんなにパワフルアグレッシブな方とは思わなかった。
生きる為に、絵を描き続け、現在進行形で、疾走してる姿を、目の当たりにした。
並大抵の事じゃない。
ずっとずっと、描き、表現し続けくれたか
>>続きを読む

(2016年製作の映画)

2.7

誰かに、何かに、執着した事がないので、よく分からず。
いつから、そんなに、狂ったのですか??
光とは、なんだったんだろう。
分かる事は、あの日から、全ては変わり、始まったのは分かった。

スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け(2019年製作の映画)

3.6

レイの出生には、びっくり。
Pの欲深さや、狡猾さに、震えがきた。(今回こそしっかりと、成仏してもらわないと、、)
しかしながら、アナキンはじめ、ダークサイドへ落ちてゆく、彼らに共鳴してしまう事実。
>>続きを読む

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い(2011年製作の映画)

3.8

最悪の日が突然来たりするもんだから、心の整理がつく訳ない。
愛してる、愛されてるって、分かってる、、けれど、気持ちが追いつかないんだよね。
少年は、本当に、努力したよね。
立派でした。
ドアの下からの
>>続きを読む

彼女がその名を知らない鳥たち(2017年製作の映画)

3.4

純愛かもしれないけど、たぶん、自己愛なのでは?
全員が、自分のために愛していたのでは?
結果、愛とは自分のために?
それを乗り越えて、真の愛へ?
そもそも、愛とは?
恐ろしくなる。
まだ分からない。

米軍(アメリカ)が最も恐れた男 カメジロー不屈の生涯(2019年製作の映画)

3.8

何も行動出来ない自分が、無知な自分が、恥ずかしくて、涙が出た。
今の日本では『どうか安らかに』って、安らかになれる訳がない。無理。
平和、自由、の意味、いつから、ずれてしまったのだろう。
沖縄で犠牲に
>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

3.8

今、温かい気持ち、しかない。
みんなの明日が1ミリでもいいから、良い日になればいいなと願う。
わたしも、強く優しく、大切な人を守りたい。

7年生をまいた後の、湖での後ろ姿がすき。
きっと、一生忘れな
>>続きを読む

いつかのふたり(2019年製作の映画)

3.2

あぁ、わたしもマムも、『いつかのふたり』だ、って、思い出して泣けた。
すっかり忘れてた。
温泉の後、マッサージチェアで、「きっと、あの子、まだ早いって言うわよね??」の後の、2人の笑顔が、素敵。
どん
>>続きを読む

バスキアのすべて(2010年製作の映画)

3.8

なんで、彼の絵を見て、哀しい?切ない?気持ちになるんだろう。
ある絵を見て、泣けたのは何故だろう。
その理由が、分かった気がした。
失望して、失望されて、孤独だったんだと思う。
理解してくれる大人が、
>>続きを読む

バスキア、10代最後のとき(2017年製作の映画)

3.4

やだ、そんな時代に生きてみたかった。
バスキアのオンリーワンじゃなかったガールフレンドたちの誇らしそうな振る舞いに、モヤモヤしますね。
しかしながら、わたしも、彼の最高の笑顔と、才能に、惹かれてしまっ
>>続きを読む

よこがお(2019年製作の映画)

3.3

人間って、なんて勝手なんでしょうね。
業って、恐ろしいですね。
市子さんの、二面性に驚愕。

天気の子(2019年製作の映画)

3.6

まっすぐに走る姿に、何か、思い出したな。
どうしても、会いたい人がいる事。
それ以外、どうでもいい、みたいな。
遅いかもしれないしれないけど、わたしも、まっすぐ走りたい。
もしかして、『今を』変える
>>続きを読む

旅のおわり世界のはじまり(2019年製作の映画)

3.1

何度、ようこさん!?と、思ったか、、
何か得るものや、心に響いたかと言えば、何も残らず。
けれど、最後に希望を見た、彼女は美しかった。
彼女の人生が、輝き出し、始まった瞬間を見た。
その希望のともしび
>>続きを読む

アニー・ホール(1977年製作の映画)

3.4

途中まで、彼のセリフが??だったけど、そこがスタイリッシュなのか。けれども、最後は妙に切なくて。

桐島、部活やめるってよ(2012年製作の映画)

3.4

教室、部活での、桐島の存在って、何だったのだろうか。
見えてこなかった。
不確かなのに、理由なんて分からないけど、妙に惹かれる。
けど、いざ思い出そうとするとボンヤリしてる。
そんなボンヤリした中、い
>>続きを読む

愛がなんだ(2018年製作の映画)

3.3

マモちゃんへの愛なのか。もはや、愛ではない。愛がなんだ、なのである。自分よがりの愛??

>|