jeanoakさんの映画レビュー・感想・評価

jeanoak

jeanoak

映画(175)
ドラマ(7)
  • List view
  • Grid view

日日是好日(2018年製作の映画)

4.0

タイトル通り日日是好日。日々の生活が良い日であると思うも、そうあるべきとも、いろいろ心の持ちようで思える。でもそんなことも日々の何気なく過ぎる日をしっかり過ごすことで思い起こしてくれる。ほのぼのと日常>>続きを読む

先生! 、、、好きになってもいいですか?(2017年製作の映画)

2.0

ど直球の高校青春系の映画…広瀬すずファン用の映画という感じか😊

バースデーカード(2016年製作の映画)

3.5

ほっこりする内容の話である。ストーリーからか宮崎あおい出演からくる雰囲気か。

また、どうエンディングに向かっていくのかという興味もあったが、突拍子もなく、ベタな感じでもなく、程よい感じである。

バーニング・オーシャン(2016年製作の映画)

3.5

後半の事故の映像迫力はスゴい。緊迫感といいどう脱出するのかと追い込まれる感じなどが。

前半のテスト云々のくだりが、専門外だと何のためのテストか、そもそも採掘場がどういう場所なのかいまいち分からず、あ
>>続きを読む

海辺の生と死(2017年製作の映画)

3.0

キャスティング、満島ひかりが良かった。適役。戦時中の日常ってこんなんだったのかなぁと思わせる映画。

カーズ/クロスロード(2017年製作の映画)

3.5

がんばれマックィーンと応援したくなる。最後は意外な展開だったけど、、また続きはあるのか?
アニメーションの絵がきれいだった。

ユリゴコロ(2017年製作の映画)

2.0

展開の偶然感があり得なさすぎる。もう一捻り欲しかった。

007 スカイフォール(2012年製作の映画)

3.5

007というよりMI6やMにフォーカスされた感じがする。Mの人間味感じる苦悩感も良かったが、もっと007が前面に出た方が007らしい感じがする。

ダニエルクレイグ版を再鑑賞中だが、冒頭のアクションシ
>>続きを読む

007/慰めの報酬(2008年製作の映画)

3.5

WOWOWで再鑑賞。アクションシーンがパワーアップしている。

007/カジノ・ロワイヤル(2006年製作の映画)

4.0

WOWOW特集で再鑑賞。ダニエルクレイグがスタイリッシュでかっこいい。

マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー(2018年製作の映画)

4.5

とにかく歌から元気が出てハッピーな気持ちになれる。
母と娘とその現在過去が色々とクロスされて面白いストーリー展開であった。

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

4.0

何気ない日常が一転、閉ざされた空間でのテロの恐ろしさを、日常の時点で映している点でジワっと怖さを実感する。

実話を本人が登場して演じている点がまたスゴい。

マンマ・ミーア!(2008年製作の映画)

3.5

ハッピーな気分になれる映画。ABBAの曲はいいなと改めて思う。
メリルストリープは演技だけでなく、歌唱力もスゴい。
コリンファースが若く、少しふっくらとしている!?
次作が楽しみ。

不能犯(2018年製作の映画)

1.0

この原作を映像化するのは無理があるのではと思う。出演キャストに惹かれて観たが、内容は非現実過ぎて見るに耐えない。

ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男(2017年製作の映画)

4.0

今まさにUSオープンが行われているが、プレー映像がそれに劣るのは当然だが、それを差し引いて、テニス選手の感情を表現した良い作品であった。

プレー映像がもっと多いと思ったが、メインはボルグとマッケンロ
>>続きを読む

8年越しの花嫁 奇跡の実話(2017年製作の映画)

3.5

こんな奇跡ってあるのか、、実話が故に引き込まれる。
ないと思いつつ人が奇跡を信じ、それが実る。ステキな話。

検察側の罪人(2018年製作の映画)

3.0

個々人のキャストの演技と前半のストーリーは良かったが、後半だんだんと?な感じのストーリー展開と感じた。
恋愛要素は唐突過ぎるし、、、原作や活字だと面白そうだが、映像化するとチープな感じが否めない。

相棒-劇場版- 絶体絶命!42.195km 東京ビッグシティマラソン(2008年製作の映画)

3.5

劇場版 相棒Ⅲ、Ⅳを観た後に初代を鑑賞。
Ⅲ、Ⅳに比べてストーリー、推理展開、映画ならではスケール感とバランスが良い感じであった

DESTINY 鎌倉ものがたり(2017年製作の映画)

3.5

邦画のファンタジーだったので期待薄で観たが、意外と内容がしっかりとして楽しめた。堺雅人と高畑充希の夫婦共演もほのぼのとして良かった。

ラストレシピ 麒麟の舌の記憶(2017年製作の映画)

3.0

途中から何となく展開が読める感じに。。
綾野剛の料理姿が様になっていて美味しそうな料理だった。
ロールキャベツと◯の春巻きが美味しそうで食べてみたくなる。

レッド・スパロー(2017年製作の映画)

3.0

騙し騙され、、だんだん何だかよくわからなくなってくる。スパイものなのでもう少しアクションシーンがあるかと思ったが、割と静かなスパイシーンが多かった。
拷問シーンは逆に少しエグいけれど。
スパイって本来
>>続きを読む

ジオストーム(2017年製作の映画)

2.5

ディザスター、パニックもの
災害の映像はスゴいが内容にどことなくリアリティー感がなかった。
ディザスターものは得てしてリアリティーがないものな気がするが、リアリティーが無いながらにもどこかでひょっとし
>>続きを読む

ミックス。(2017年製作の映画)

3.5

笑いあり、人生ドラマありと意外とよくできた内容であった

カーズ2(2011年製作の映画)

3.0

レースものといよりキャラが車のアニメ。1、2とみるとだんだん車たちが可愛く見えてくる。

カーズ(2006年製作の映画)

3.5

侮っていた。。ただのカーレースアニメくらいに思っていたが、ストーリーがしっかりしていて良かった。
車のキャラが見ているうちに、段々と愛らしく見える。
シューマッハの声も聴けて尚良し👍

王様のためのホログラム(2016年製作の映画)

2.5

途中まで中東を舞台にほのぼのとした何とも言えない良い味の映画だったが、後半からエンディングまではイマイチだった。

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

3.0

期待感が高過ぎてやや物足りない感じだった。音楽を聴きながら軽快にドライブするシーンをイメージしていて実際そうだったがもっとドライブシーンを増やして欲しかった。

WOWOWのW座で観たが、構想22年?
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

4.0

正直毎度前作がどんなストーリーだったか忘れてしまう。けれど毎回観てしまう不思議な吸引力を持つ作品。

Dolby Atmosの劇場で観て大迫力でミッションアクションを存分に楽しめた。

良く観るとバイ
>>続きを読む

ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命(2017年製作の映画)

4.0

最近気になる女優、ジェシカ・チャステインの女神の見えざる手、モリーズ・ゲームと違った演技が魅力的。

劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-(2018年製作の映画)

4.5

ドラマ3rdのみ鑑賞だが、充分楽しめた。お涙頂戴ものといえばそれまでだが、人間模様、人の感情、言葉、それぞれがしっかり描かれ、連ドラがただの2時間ドラマにならず劇場版としてしっかりと映画化されたものに>>続きを読む

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

3.5

恐竜の映像迫力は凄まじいレベルまでに達している。作風としてはもはやホラー映画な様相であった。

相棒 劇場版Ⅳ 首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断(2017年製作の映画)

2.0

杉下右京の推理ありきのストーリー展開で、ちょっと飛躍しすぎというかそこからそれ推理できるか?と思ってしまう点が多々あった。