jeanoakさんの映画レビュー・感想・評価

jeanoak

jeanoak

映画(148)
ドラマ(7)
  • List view
  • Grid view

カーズ(2006年製作の映画)

3.5

侮っていた。。ただのカーレースアニメくらいに思っていたが、ストーリーがしっかりしていて良かった。
車のキャラが見ているうちに、段々と愛らしく見える。
シューマッハの声も聴けて尚良し👍

王様のためのホログラム(2016年製作の映画)

2.5

途中まで中東を舞台にほのぼのとした何とも言えない良い味の映画だったが、後半からエンディングまではイマイチだった。

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

3.0

期待感が高過ぎてやや物足りない感じだった。音楽を聴きながら軽快にドライブするシーンをイメージしていて実際そうだったがもっとドライブシーンを増やして欲しかった。

WOWOWのW座で観たが、構想22年?
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

4.0

正直毎度前作がどんなストーリーだったか忘れてしまう。けれど毎回観てしまう不思議な吸引力を持つ作品。

Dolby Atmosの劇場で観て大迫力でミッションアクションを存分に楽しめた。

良く観るとバイ
>>続きを読む

ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命(2017年製作の映画)

4.0

最近気になる女優、ジェシカ・チャステインの女神の見えざる手、モリーズ・ゲームと違った演技が魅力的。

劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-(2018年製作の映画)

4.5

ドラマ3rdのみ鑑賞だが、充分楽しめた。お涙頂戴ものといえばそれまでだが、人間模様、人の感情、言葉、それぞれがしっかり描かれ、連ドラがただの2時間ドラマにならず劇場版としてしっかりと映画化されたものに>>続きを読む

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

3.5

恐竜の映像迫力は凄まじいレベルまでに達している。作風としてはもはやホラー映画な様相であった。

相棒 劇場版Ⅳ 首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断(2017年製作の映画)

2.0

杉下右京の推理ありきのストーリー展開で、ちょっと飛躍しすぎというかそこからそれ推理できるか?と思ってしまう点が多々あった。

相棒 劇場版III 巨大密室!特命係 絶海の孤島へ(2014年製作の映画)

2.0

相棒シリーズ初鑑賞
劇場版なのでもっと深い推理とかストーリー展開を期待していたが、ただの2時間ドラマっぽかった。。

否定と肯定(2016年製作の映画)

4.0

ホロコースト否定という一見ありえなさそうだけど、そもそもホントに肯定していいのかとも思わせる。
否定も肯定もどちらもありかもと思わせる内容が良かった。

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

5.0

全く「予見」できない展開だった。予想の2つ3つ上をいっていた。
ロビイストの活動も重要なんだろうが、ここまであからさまになると考えものである。バランスが難しいが、引いたらやられる世界だから尚更難しい気
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド(2015年製作の映画)

3.5

炎の王国に向けて鑑賞。シリーズ1,2,3から4へと年月と共に恐竜の迫力がパワーアップしている。否応なしに炎の王国に期待。

遺伝子やらDNAの技術進歩で実際に恐竜の復元とかできないのだろうか!?

ジュラシック・パーク III(2001年製作の映画)

3.5

シリーズ3作目で段々と恐竜の映像が進化していて恐ろしさを増す。

砂漠でサーモン・フィッシング(2011年製作の映画)

4.0

2度目の鑑賞。ふざけたタイトルかと思いきやなかなかの良作。突拍子もない発想から段々と現実味が出てくる。そして政府の広報担当がいい味を出している。

ゲッベルスと私(2016年製作の映画)

3.5

あのしっかりした語り口で103歳と聞いて驚いた。内容は、戦争から長い時を経て幹部秘書の告白ということだったので、もっと突っ込んだ衝撃的な何かと思ったが、そこまでであった。十分に当時の生々しさは感じられ>>続きを読む

ジュラシック・パーク(1993年製作の映画)

3.5

現代に恐竜がいたら、と誰もが考えたことあるテーマを映画化したところが面白い。

家族はつらいよ2(2017年製作の映画)

4.0

大家族の群像劇、クスッと笑えるところが意外とツボにハマり面白い。

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

4.0

単純なラブコメでもっと簡単なつくりかと思ったが、内容がしっかりしてかなり作り込まれていて良かった。

羊と鋼の森(2018年製作の映画)

3.5

思った以上に静かな落ち着いた映画だった。すごく長い間が随所に散りばめられて、上品さ静けさを醸し出していた。120分超えの映画で落ち着いた時にみないと眠くなりそう。
たびたび森に迷いこむシーンがあったが
>>続きを読む

家族はつらいよ(2016年製作の映画)

3.5

東京家族を観て同じキャスト陣で気になって鑑賞。東京家族と同様に観る前はどうかと思っていたが、意外と面白い。何気ない家族のやりとりがあり、クスッと笑えたり。

万引き家族(2018年製作の映画)

3.5

タイトルが印象的で、万引きで生計を立ててる家族ということで、もっと万引きがフォーカスされた内容かと思ったらそうではなかった。
感想としてはありきたりだが家族とは何かを考えさせられる映画である。
こんな
>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

3.0

夢と現実の狭間で揺れ動く。良くも悪くもアメリカっぽい映画。グレイテストショーマンの方が夢があっていいかな。

三度目の殺人(2017年製作の映画)

4.0

もやもやあれやこれやと考えるところが面白い。本筋とはずれるが、「人は変われるのか」が気になった。
変われると思うし、そう願うが、実は変わることも変わったことも含めてその人であると考えると、結果、変わっ
>>続きを読む

モリーズ・ゲーム(2017年製作の映画)

4.0

五輪候補選手からポーカールーム運営者に転身という設定(それが実話)が興味深い。参加していたとされるセレブの名前を検索すると錚々たる面々が出てくるので、それを知って観るとさらに面白いかも。

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

4.0

分かってはいたが、登場するキャラクターが多い…ブラックパンサー、スパイダーマンしか観てないと正直分からないキャラクターが多く、細かな人間関係は分からないが、それを抜きにして圧倒的な迫力感でお面白かった>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

3.0

大ヒットしたホラー映画ということで鑑賞も、何が良かったのかイマイチ分からず…