グリーンツーさんの映画レビュー・感想・評価

グリーンツー

グリーンツー

  • List view
  • Grid view

名探偵コナン 緋色の弾丸(2021年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

意外にも?ご当地映画。愛知県総出でもっと宣伝すれば良かったのに。

オリンピックをワールドスポーツゲームズと言い換えたりするなど、所謂「大人の事情」も垣間見える作品。

声優はゲストの浜辺美波は勿論、
>>続きを読む

キャラクター(2021年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

菅田将暉、小栗旬とくれば思い出すのは「銀魂」。そこへ「女子ーズ」の高畑充希。一瞬、福田雄一監督の作品かと思った。橋本環奈もどこかで出せば良かったのに。「銀魂」とセットで観たら、この作品はより面白いと思>>続きを読む

漁港の肉子ちゃん(2021年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

いかにも「大阪人好み」な作品。「じゃりん子チエ」や「おじゃまんが山田くん」と同じようなノリ。笑いあり涙あり、そのバランスが上手い。

キャスティングは明石家さんまファミリーという感じ。キムタクの娘が出
>>続きを読む

驚き!海の生きもの超伝説 劇場版ダーウィンが来た!(2021年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

これは映画館で観るべき作品。この迫力は巨大なスクリーンでないと伝わらない。特にサメやシャチ、ダイオウイカはそう感じる。

さかなクンや水瀬いのりさんのナレーションも良かった。

こういう、ドキュメンタ
>>続きを読む

映画 賭ケグルイ 絶体絶命ロシアンルーレット(2021年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

浜辺美波は相変わらず可愛い。彼女と池田エライザ、二人の学生服を拝めるのは年齢的にこのシリーズがラストだと思う。どうやら次回作もあるみたいだけど、こうなったら最後まで付き合う。

やってることは「カイジ
>>続きを読む

るろうに剣心 最終章 The Beginning(2021年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

アクション、演技は良かったと思う。ただ、話の流れを考えるとThe Finalの前にやるべきだったと思う。

これはシリーズ全体に言えることでもあるんだけど、アクションに重点を置き過ぎて登場人物の内面、
>>続きを読む

映画大好きポンポさん(2021年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

タイトルだけ見たら、主人公はポンポさん。だけど実は、その付き人が主人公。そういう意味で「ドラえもん」に似てる。

映画版「劇中劇」。ありそうで無かったタイプだから、新鮮で楽しかった。映画ってこんな風に
>>続きを読む

劇場版 少女☆歌劇 レヴュースタァライト(2021年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

やっぱり三森すずこは、今回のひかりみたいなキャラクターを演じるとハマると思った。ひかりのキャラクター、立ち位置。ラブライブ!の園田海未を思い出した。もうこれだけで、この作品は大成功間違いなし。

アイ
>>続きを読む

トゥルーノース(2020年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

北朝鮮の人々の生活というのは、ニュースやドキュメンタリー番組などで様々な情報が入っていたから自分なりにイメージしていたつもりだった。

しかし実際にこの作品を観ると、予想出来ていたとはいえ観るに堪えな
>>続きを読む

コンティニュー(2021年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

何度も同じ日を繰り返す。日本でもアメリカでも、過去に観たことがあるパターンの作品。

ゲームの中の世界なのかなと思っていたら全然違っていた。敵キャラはみんなユニーク。

ナオミ・ワッツは相変わらず美人
>>続きを読む

グリーンランドー地球最後の2日間ー(2020年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

グリーンランドは確か、デンマークの領土だったと思う。だからあのシェルターに優先して入るべきは原住民とデンマークの人々であるべき。なんでアメリカ人が入るのかが納得いかない…などという野暮なツッコミは入れ>>続きを読む

クルエラ(2021年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

白と黒、エステラとクルエラなどなど様々な「対比」の演出は面白かった。更に言えばエマ・ストーンの悪役というのも、これまでの役との対比という意味で見所の一つ。

最近のアメリカでは悪役が主人公の作品が多い
>>続きを読む

アオラレ(2020年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

最初にアメリカの社会問題について色々とナレーションがあって、一応「社会派」な側面は持った作品。何かに「煽られる」ことの怖さを描いた作品だから。

確かに主人公に色々と落ち度はあったんだろうけど、それで
>>続きを読む

地獄の花園(2021年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

昔観た「サラリーマンNEO」を思い出す内容。

「あるある」を中二病っぽく描いた作品。やっぱり根底に「リアリティ」があるから楽しい。バカリズムのOLに対する観察力あってこその作品。前作「架空OL日記」
>>続きを読む

美しき誘惑 現代の「画皮」(2021年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

千眼美子様の演技を楽しめるのは「幸福の科学」だけ!

今回もしっかり登場。相変わらずの清純派。ただ、セーラー服はいい加減止めた方がいい。千眼美子様のセーラー服は、もはや「裏」や「アダルト」な分野でしか
>>続きを読む

劇場版 Fate/Grand Order -神聖円卓領域キャメロット- Paladin; Agateram(2021年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

相変わらず絵は綺麗。全体的には遊戯王古代エジプト編をカッコ良くした感じ。

はっきり言って、話に全然ついていけない。相変わらずの敷居の高さ。

このシリーズ、もう観るのやめようかなと思う。

Mank/マンク(2020年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

「市民ケーン」の脚本家の伝記。だから、「市民ケーン」を知らない自分には今一つ「刺さらない」作品だった。

モノクロの演出やBGMなんかは、いかにも「当時」な演出で面白いと思う。

一般受けはしないんだ
>>続きを読む

ジェントルメン(2019年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

確かに「紳士」という感じの作品。台詞、アクション、全てが上手く綺麗にまとまってる。序盤は二人の台詞のやり取りが長くて、何度か寝そうになったけど。

ナレーションみたいな台詞が多い監督と言えばウッディ・
>>続きを読む

魔進戦隊キラメイジャーVSリュウソウジャー(2021年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

2020年以降の話なのに、映画館でマスクをしてないとか社会的距離を保ってない。それどころか「新しい生活様式」の欠片もない。また、リュウソウレッドは筏で世界を見てきたらしいが、それって不法入国の可能性が>>続きを読む

ケータイ刑事(デカ) THE MOVIE 2 石川五右衛門一族の陰謀〜決闘!ゴルゴダの森(2007年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

謎は解けたよ、ワトソン君。

小出早織はショートの方が可愛いと思う。

ケータイ刑事(デカ) THE MOVIE バベルの塔の秘密〜銭形姉妹への挑戦状(2005年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

堀北真希のダンスは必見。

黒川芽衣あたりからコメディ路線になってきたシリーズ。TBSの懐かしい刑事も多数出演。みんな初々しい。低予算を上手く利用した作りになっていて楽しい。

宮崎あおいにも出てほし
>>続きを読む

ノマドランド(2020年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

色々と考えさせられる作品。アカデミー賞作品賞というのも、少なくとも去年の作品よりは納得出来る。

好きでノマドになった人なんていない。これはアメリカの、そして日本の社会問題だと思う。アメリカと日本で決
>>続きを読む

真救世主伝説 北斗の拳 ラオウ伝 殉愛の章(2006年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

阿部寛が悪いわけではないけど、どうしてもオリジナルの声優と比べてしまう。それはラオウも同じ。これはアニメに限らず、ドラマや映画の「リメイク」が必ず通る道。だから比べること自体ナンセンスなのかなと思う。>>続きを読む

劇場版TRICK 霊能力者バトルロイヤル(2010年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

暴れん坊将軍に仮面ライダー電王。正に「テレビ朝日祭り」な作品。パロディも随所に散りばめられていて、最後まで飽きずに楽しめた。

松平健が出ると、何故かいつも時代劇な気分になってしまう。

ウルトラ6兄弟vs怪獣軍団(1974年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

「一周回って」や「ある意味」という枕詞が似合う面白さ。

突っ込みどころ満載で、何から言えばいいのか分からない。

とりあえずハヌマーンには、またウルトラマンシリーズに登場してもらいたい。ウルトラマン
>>続きを読む

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 新編 叛逆の物語(2013年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

中島みゆきの「空と君のあいだに」を思い出す内容。

君が笑ってくれるなら、僕は悪にでもなる。

前作までにまどかがほむらに見せた「友情」の形。今作はそれに対するほむらの「答え」。

勿論、この作品なら
>>続きを読む

JUNK HEAD(2017年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

とにかく凄い作品。エンドロールでのメイキング、この作品を監督が一人で作る様子が流れる。半端ない労力かけてるな~と感心した。

全体的には「メイドインアビス」に近い。地下への冒険かつグロいストーリー。更
>>続きを読む

ウルトラマンティガ THE FINAL ODYSSEY(2000年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

光と闇、レナとカミラ。対比が上手く描けていたと思う。まさかラブストーリーを軸に作ってくるとは。予想外だけど、ラストに相応しい内容だったと思う。もしかしたらイーヴィルティガの回がヒントになったのかも。>>続きを読む

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 後編 永遠の物語(2012年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

ほむらが変化する様子が本当に劇的かつ自然で上手く出来ていたと思う。

最初から改めて観たら本当に面白くなると思う。友情とは何なのか、観ていて胸が熱くなる。

単なる「正義vs悪」ではなく、「正義vs正
>>続きを読む

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 前編 始まりの物語(2012年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

従来の「魔法少女」が主人公のアニメとは全く違う、完全に真逆な展開で驚いた。

大人向け、あとこれまでの魔法少女アニメに対するアンチテーゼもメッセージに含まれているのかなと思う。

話が進む度にキャラク
>>続きを読む

隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS(2008年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

本来なら阿部寛が主人公なんだけど、それを松本潤主人公にしてリメイク。

嵐のファンを考えてそうしたんだろうけど、やっぱり無理があると思う。

それでも逃走ルートなんかは緻密に考えられていて見応えはある
>>続きを読む

るろうに剣心 最終章 The Final(2021年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

原作連載当初、原作者がストーリーで悩んでいたことを思い出した。一番重視すべきはテーマなのか、それともファンなのか。具体的に言うと、話の流れから「こうあるべき」展開と「ファンが期待する」展開が大きく異な>>続きを読む

ミナリ(2020年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ミナリとは韓国でセリのこと。日本だと七草粥くらいでしかお目にかからない食材。

最初から最後まで淡々と進んで、何が見所か聞かれてもよく分からない。でも、セリみたいにどこにでも根付く。そんな姿勢こそ人生
>>続きを読む

BanG Dream! Episode of Roselia I:約束(2021年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

大人気アニメBanGDream!のスピンオフ作品。

黒がイメージカラーのクールなバンドRoseliaが主役。

スピンオフが出来るということは、やはりこのグループの人気が高かったということ。確かに主
>>続きを読む

南極料理人(2009年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

舞台劇を観ているような気分になる作品。

これだけの人数、空間で映画を成立させる。相当な実力でないと出来ない。

シンプルだけに、役者達の凄さを感じる。

ウルトラマンティガ&ウルトラマンダイナ 光の星の戦士たち(1998年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

長野博が出てこなかったのは残念だけど、ティガ登場シーンは胸が熱くなった。「人は光になれる」というメッセージを考えたら、こちらの方が良かったのかもとすら思う。

>|