玉露さんの映画レビュー・感想・評価

玉露

玉露

劇場が暗くなるとき咳払いを我慢するタイプ
作品の表面的な部分だけをなぞり、ただ物語を消費しているだけの愚か者です。映画への愛はありません。ノット、シネフィル。すべて更新途中のフェイクレビュー。好きも嫌いも見た人次第。作品は見た人を試してくるので厄介ですね。基本、他人のレビュー読んでません。何が君の幸せ、何を見て喜ぶ?
映画に登場するおっぱいを高く評価しています。

映画(1091)
ドラマ(14)
  • List view
  • Grid view

ザ・ビッグハウス(2018年製作の映画)

4.0

いきなりスタジアムに放り込まれてビックリ仰天

10万人以上の観客、さらに関係者たち
もちろんプレイヤーも
様々な人がいてスタジアムが盛り上がる
マーチバンドやチアの小気味よい演奏や歌を聞いてるだけで
>>続きを読む

バーフバリ 王の凱旋 ≪完全版【オリジナル・テルグ語版】≫(2017年製作の映画)

3.7


上映時間の長さに尻込みしていたが、まずは始めの10分を乗り越えて、1時間過ぎる頃には夢中になっていた。
応援する人が多いのも、うなずける。

前知識もなく、劇場で上映していたので、いきなりこの作品か
>>続きを読む

悪魔の倫理学(2013年製作の映画)

2.8

GYAO鑑賞

見逃してたなーと、ずっと気になってて
ようやく見ることができました。

ただあまり期待してはいけない。

一人の女性をめぐり、周りの男たちのそれぞれの思惑

「感情の親玉は怒り」

>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます


本編を見て振り返ってみると
意外と出し惜しみする事なく、あの予告動画に色々詰まっていたんだなあ、と思う。

五歳の女の子、というだけで
タイムリーに話題となってしまっている悲しい事件と結びつけてしま
>>続きを読む

アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル(2017年製作の映画)

3.5

インタビューによって垣間見えてくる、それぞれの視点。
才能と努力だけではどうにもならないもの

他人を変えるのは難しいので、まずは自分から変えようという自己啓発的な発想はあるけど、なかなか自分だって変
>>続きを読む

名もなき野良犬の輪舞(2017年製作の映画)

3.7

「人を信じるな。状況を信じろ。」

「人生で起こることは背後からくる。」

ストーリーに関して、ほぼ前知識ないまま
タイミングが合ったため飛び込んだ映画。

個人的に好きなシチュエーションがあって、そ
>>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

3.3

まぎれもないファミリー映画でした。

ただ前知識として映画のこととか色々知っていると、もっと深く楽しめたのだろうなあ

あんまり覚えてないけど
個人的には前作のほうが良い印象だった記憶

055

友罪(2017年製作の映画)

3.7

ぐぬぬ

これまた、どデカイお持ち帰り映画だ。

ひどい事をしても、しなくても
生き残っているものには
それぞれ体温があり感情があり、失敗や後悔や贖罪があり、その後の生活がある。

本来はその後の生活
>>続きを読む

名探偵コナン ゼロの執行人(2018年製作の映画)

3.2

正義とは。
守るものとは。

ランキングも高く、たくさんの人を喜ばせる作品

ある意味、荒唐無稽だからこそ、良いのでしょう。

あるキャラクターの人気だけでなく、
未来を子供たちに託すという構図もグッ
>>続きを読む

孤狼の血(2018年製作の映画)

3.8

はじめの方、少しだけオエってなったよ。
そういうグロさもあるのか。

ガミさんっ!

こんな昭和があったんだなあ
『仁義なき戦い』を意識した作りも、面白い。

季節は夏、いつも汗だく。

暴力、暴力
>>続きを読む

犯罪都市(2017年製作の映画)

3.7

人を統治するのは恐怖と暴力なのか。
話がわかる、落ち着いた奴かと思いきや
隙を見せた瞬間に手を出してくる
何を考えているのかコミュニケーション不全の怖さが私を襲った。

マ兄貴には本当に頼りっぱなしだ
>>続きを読む

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

050

豪華キャスト初共演だというのに
あまり楽しめなかったのは、私自身のせいなのだろう、きっと。

報道とは、どういうことなのだろう?
誰のための報道なのか?
そして他国や母国では、どうか。などな
>>続きを読む

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

049

この作品から見た人は、どんな感想を抱くのだろう。

噂でも聞いてたので薄々わかっていたんだけど、
あ、ネタバレ認定してるから、いいか。
前編なのはわかっていたけど、我慢できずに早い段階で見に
>>続きを読む

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜(2016年製作の映画)

3.8

偶然にも南北の歴史に新たな1ページが加わるであろう日に鑑賞。
上映後、拍手が起こった映画体験は久しぶり

あのタクシーの動力源は、確かに約束と絆だった。

のんべんだらりと暮らしてこれた今までに感謝し
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

047

洋画の大作に日本生まれの
あのキャラやあんなキャラの登場でブチ上がる人もいるだろうし
好きな人はきっと好きなはず
ある意味ではオススメだ

ラジオでの情報も先に聞いてしまい
かの映画評論家、
>>続きを読む

いぬやしき(2018年製作の映画)

3.6

些細なことだけど
少し前の話なのか、いまだに掲示板というのがちょっと気になった。あ、でもスマホつかってたな。

そんなことはさておき
勢いあって会話とかでダラダラ説明しない感じも
問題が、ほとんど解決
>>続きを読む

娼年(2018年製作の映画)

3.0

みんな、そんなに抑圧しているのか。
なんか大変そうだなあ

作品を通して、心の柔らかい部分までとらえる事ができなかったくせに言うが
別世界とか、何も世界を分けるほどのことでは無いとも思う。

みんな、
>>続きを読む

ミッドナイト・ランナー(2017年製作の映画)

3.3

武器は若さと正義感。

好きな俳優の共演でテンションがあがった。

途中、コメディ要素もあるけど
扱っている事件は、深刻な社会問題でもある。

なんとなくシリーズ化の雰囲気?
それはそれで楽しみだ。
>>続きを読む

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男(2017年製作の映画)

3.3

ダンケルクの裏にこのような背景があったのか。
これを機に改めて歴史の勉強をするような人になれたらなあ

裏ピース

043

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

3.5

2D吹替版 042

ふんわり、あらすじを知っていて
自分が普段から目をそらしている部分がテーマぽかったので避けていたけど
偶然、タイミングが合ったので見てしまった。
そしてグッとくる部分もありまし
>>続きを読む

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

3.3

一寸先は何とやら(この言い方だと悪い意味?)
人間万事塞翁が馬、でいいのかな?
とにかく人生、何があるか、わかったものではないですね。

いざという時?そんなのはハッキリ言って、わかりません
本編で伝
>>続きを読む

ボブという名の猫 幸せのハイタッチ(2016年製作の映画)

3.1

このレビューはネタバレを含みます

レンタル鑑賞

ある時から支えてくれる人にも恵まれて
少しラッキーが続いてくれると
変なスパイラルから抜けやすく
セカンドチャンスも掴みやすくなるのかもしれませんね。

過剰摂取の友人バズも紙一重だっ
>>続きを読む

ラスト・プリンセス 大韓帝国最後の皇女(2016年製作の映画)

3.0

レンタル鑑賞。

こういった内容でも、きちんと日本で公開されてソフト化されるんだから思想、言論の自由は守られているということか。
まるで違った解釈の歴史観で作品が作られたとして、それをフィクションだか
>>続きを読む

エル ELLE(2016年製作の映画)

3.5

レンタル鑑賞

起こり続ける、何だか嫌なこと。

人には言えない秘密、家族、色々と屈折した関係
考えたくもないこと、見たくないこと、なかなかできない体験ができる意味では一見の価値あり

中には退屈とい
>>続きを読む

ソウル・ステーション パンデミック(2016年製作の映画)

2.4

レンタル鑑賞

『新 感染』の前日譚という宣伝文句のために期待してしまったが、それは気をつけた方がいい。

なかなか展開しないアニメ
嘆いてばかりの人々

我慢して我慢して
ようやく、ひねりが効いてき
>>続きを読む

ちはやふる ー結びー(2018年製作の映画)

3.7

注意されても廊下を走ってしまう、それが青春

抑えきれない躍動

予告やCMでよく聞かされている
主題歌のPerfumeも、前作に続いてもちろん素敵。

はじめのほうで新ライバルたちが登場する手際の良
>>続きを読む

ザ・キング(2017年製作の映画)

3.3

まるで走馬灯、そして何かあれば羽毛が舞っている。それがバブル感の表現?
途中、歴史的映像も挟みこまれるのでニュースに詳しい人、近代韓国史に詳しい人は、より楽しめるかと。
予告のバブリーダンスを見ていた
>>続きを読む

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

3.2

時事ネタというか最近の世の中の問題にどう向き合うか、みたいな姿勢が少し垣間見えた。民を想う王様の話だから仕方ないか。今後のノイズにならないか心配。
肉弾戦メインなのはいいけど、
だとすると少し物足りな
>>続きを読む

ザ・メイヤー 特別市民(2017年製作の映画)

3.0

037
チェミンシクのもぐもぐタイム。
かつて『オールドボーイ』で生ダコを食べた時の
例のアノ頰張る食べ方が見れます。
私はチェミンシク食べ、と呼んでいます。

「汚水の中から真珠を救うのが選挙だ。当
>>続きを読む

blank13(2017年製作の映画)

3.2

高橋一生が見つめている姿
手と腕の血管具合が素敵。
また上映時間が短いのも良いところ。

火を使うのは人だけだもんね。
回想前はメラメラで、いいのかな。

035

コンフィデンシャル/共助(2017年製作の映画)

4.0

034
普段使わぬ絵文字で言えば
♪───O(≧∇≦)O────♪キター
やったーコレコレー

悪役が、ためらいなく撃ってくる感じ
ミョンホ役のイ・ドンフィ彼が逃走するシーンの本気度だけで個人的には『
>>続きを読む

殺人者の記憶法:新しい記憶(2017年製作の映画)

3.7

こんなシーンあったかなあ、見たか見てないか。三週間前にオリジナル版見たばかりなのに私の中の記憶が曖昧だったりした。
その事が一番怖い。
内容を忘れ続ければ、永遠に作品を楽しむ事ができるのだろうか?
>>続きを読む

犬猿(2017年製作の映画)

3.4

姉妹兄弟がいる人、性別関係なく、みんなが見たらいい。共感できる部分、受け入れられない部分、人それぞれ。血のつながり関係無くても、つまりは人との距離感か。
毎日、職場で会う、あの人。同じ車両の臭い人、毎
>>続きを読む

悪女/AKUJO(2017年製作の映画)

2.9

このレビューはネタバレを含みます

031

日本公開決定時?
同じ頃からチラシを見ていた『アトミック・ブロンド』
アクション映画の小売店である韓国なら
とっくに越えているだろうという勝手な思い込み

色々あおられて、かなり期待して見に
>>続きを読む

>|