玉露さんの映画レビュー・感想・評価

玉露

玉露

映画に死はよく似合う。下手って何?
ノレない合わない好きじゃない。その瞬間の想像をガムを噛むみたいに映画鑑賞。ただし映画への愛はありません。紙に捨てるガムです。
作品の表面的な部分だけをなぞり、ただ物語を消費しているだけの愚か者。さよならだけが人生です。
映画に登場するおっぱいを高く評価しています。
作品を見てもらって客の脳内に補完されることで作品が

  • List view
  • Grid view

犬猿(2017年製作の映画)

3.4

姉妹兄弟がいる人、性別関係なく、みんなが見たらいい。共感できる部分、受け入れられない部分、人それぞれ。血のつながり関係無くても、つまりは人との距離感か。
毎日、職場で会う、あの人。同じ車両の臭い人、毎
>>続きを読む

悪女/AKUJO(2017年製作の映画)

2.9

このレビューはネタバレを含みます

031

日本公開決定時?
同じ頃からチラシを見ていた『アトミック・ブロンド』
アクション映画の小売店である韓国なら
とっくに越えているだろうという勝手な思い込み

色々あおられて、かなり期待して見に
>>続きを読む

マンハント(2018年製作の映画)

3.0

いきなりハ・ジウォンさんが出てきたのでテンションが上がる。でたアジア人独特の日本語!そして中国語、英語、と、言葉だけで大変。それにアクション。みんな上手だなあ(プロに対し失礼と知りつつも)

作品終わ
>>続きを読む

planetarian 星の人(2016年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

レンタルDVD鑑賞
自ら進んでは触れない世界観。知り合いの紹介で見ました。
絵柄や設定やら、はじめから、うっとうしく。次に会った時、文句を言ってやろうと思っていたら
後半の、あるシーンでグッときてしま
>>続きを読む

不能犯(2018年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

それにしても映画に人殺しは、よく似合う

愚かなことは、とっく気が付いているから
いちいち言わないでほしい。

彼が確認したいことなんて、古代ギリシア時代から議論されてきて、わかっていること。何を今さ
>>続きを読む

羊の木(2018年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

宣伝の都合上しょうがないんだけど
今回受け入れた人たちが殺人を犯した過去がある、ということも隠しておいて欲しかった。
そうじゃないと、はじめのお迎えシーンの不自然さや、主人公への思い入れに対して
少し
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

3.4

027

本編にて、ようやく1枚目の看板が見れました。

行動することによって変わっていく人生たち。
小さな町で妙なからみ方。

伝えることで動き出す何か。
それより伝え方。
発信する側それより受け取
>>続きを読む

椿三十郎(1962年製作の映画)

4.0

026
「あばよ」日劇ラストショウ

恥ずかしながら初めて見ました。という名作を見てない謙遜は、もはや、どうでもいいんじゃないか。と思うことにしました。捨てます。恥ずかしくないし、なんなら大きな劇場で
>>続きを読む

祈りの幕が下りる時(2017年製作の映画)

3.5

「泣けるミステリー」そう言って動員数が上がるなら、それは勝ち。常に言えばいい。

まったく予備知識が無くても、おもしろく見れました。
事件の詳細など、セリフのやり取りだったら、ただの説明で苦しく、うる
>>続きを読む

デトロイト(2017年製作の映画)

3.9

またもや、どえらいものを突きつけてきたぞ、この監督。

あるところから常に痛ましい状態になる。
く、くく、苦しい。
とにかく嫌な、いやあーな感じ

戦闘状態って、こういうことになるのか。
映画作品とわ
>>続きを読む

殺人者の記憶法(2017年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

まずアイデアが面白い、いい切り口。
そんな人間でも衰える。確かに!

アルツハイマーであることの、もどかしさ
かつ
どこまでが本当で、どこまでが記憶違いなのか???

見せられていること全てが、どうや
>>続きを読む

消された女(2016年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

022

「誰がどう作るかだ」

何回目かの面会で
あ、これはもしや?と
もちろんディテールは違っていたが
ある予想が当たってしまった。むむむ。

普段は気づかないようにして、だまされようとしているの
>>続きを読む

劇場版 マジンガーZ / INFINITY(2017年製作の映画)

3.2

021

ドクターヘルが真面目で良かった。
それが、たまたま人類にとっては困る選択だったということか?
ヘルの言葉で、いちいち考えさせられた。

「自由を守るって、わりと不自由なことなのよ」
みたいな
>>続きを読む

操作された都市(2017年製作の映画)

4.0

凄いもの見たぞっ!
男子っぽいの好きなら、ひとまずオススメ

できたら、あらすじも読まないで、そのまま巻き込まれて欲しいくらい。
劇場でもやってる予告動画は見ても大丈夫かな。

ま、レビューを先に読む
>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

「あ〜あ〜私ってクソヘタレ」

始めからコレは、もしや?やっぱり!だよね!

ここまで、やらないかもしれないが
だいたい人は、こんなものではないか?
何か共感してしまった。
そんな私は異常ですか?
>>続きを読む

嘘を愛する女(2018年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

男の脳に障害が残っているかも?
実は、この後が大変なのではないか?
瀬戸内の他人探しの旅の徒労より
これからの人生のほうがはるかに長いはず。
その辺は明らかにしてないラストに少し怖さを感じた。
無事で
>>続きを読む

ジオストーム(2017年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

天変地異を人の技術で支配できるのか?
まるで夢のようなお話。ダッチボーイ

兄弟でさえ、なかなか仲良くなれないのに
世界人類、手に手をとって、そんな日が来るのかしら?きたらいいけど。

事故発生。
>>続きを読む

パディントン 2(2017年製作の映画)

3.7

いまだに近くで見た時の顔があまり好きになれないが
映像は色々気が利いていて面白いと思ってしまった。
いいじゃん。よくできてる!

まるで期待してなかったためか
前作こんなだったかなあ

移民映画として
>>続きを読む

監獄の首領(2016年製作の映画)

3.3

男ばかり。

「内も外も変わらない」

「生きるため仕方ない」

バツがえげつない。怖いわー

内容とは関係ないけど
途中『町の弁護士』を思い出すキャスティングに、おっ
015

映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活(2017年製作の映画)

2.6

名前は聞いたことある程度で突撃しました。014
どうやら新シリーズのようで、今後どうなっていくかわからないけど
今まで触れてこなかった人にとっては、ここから始めるのもいいのかもしれない。

「誰も来ま
>>続きを読む

ワンライン/5人の詐欺師たち(2016年製作の映画)

3.4

013
開始数分からの仕掛けで、すっかり引き込まれてしまいました。
「詐欺師にもいい奴と悪い奴がいる」
ファイルの角で殴れたくないなあ

経済に問題があると単純に庶民の命に関わってくるんですね。欲。い
>>続きを読む

伊藤くん A to E(2017年製作の映画)

2.4

このレビューはネタバレを含みます

012

シナリオライターの実情は知らないけれど
実際の経験じゃないと書いてはいけないのか?今回の題材がたまたま、そうだっただけか?取材は取材として、それを参考に物語を膨らませればいいんでないの?ドラ
>>続きを読む

ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ!(2017年製作の映画)

3.2

見てみたら劇場でやっていた予告CMから想像していたものとはだいぶ違っていた。

奇策?も含め、おもしろく見れた部分もあるけど
コミック的に見ていいのかリアルを感じたらいいのか個人的に戸惑った部分もあっ
>>続きを読む

愛の病(2017年製作の映画)

3.1

途中、岡山天音のおっぱいしか出てこないのかと心配になった。
あとは想像にお任せなのかもしれないけれど特には家のことなど半端な状態で、何かを避けているようにも見えた。
実際の事件を元にしていると最初にテ
>>続きを読む

パーティで女の子に話しかけるには(2017年製作の映画)

3.2

これがある意味パンクということなのか

地球外的な部分に?マークも浮かんで
何じゃこりゃ?とヘラヘラ見ていたけど
最後のある展開にグッときてしまった。

ちなみにハウトゥものではない。
一回がんばるシ
>>続きを読む

鋼の錬金術師(2017年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

原作未読だけど、どうやらコスプレ具合は高いようですね。

名シーンの詰め込み、切り貼り
うまく、まとまっているようだけど仕方なく無理の出てくるところもありそう、、、

一回しか見てませんが
特に兄弟ゲ
>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

そういえば前回も犬映画でしたね。
途中、前作の振り返り映像があったりするので少し思い出しました。
戌年にふさわしい映画かもしれません。

今作まで時間があったんだから
息止めるグッズやアイテムも開発し
>>続きを読む

嘘八百(2017年製作の映画)

3.0

大人たちのやり合いは、微笑ましい。

子供たちの行動が、あまりに子供じみているように見えたけど
ある大人からしたら、今の若者とは
あのくらいコミュニケーションがとれないんだ、ということを表現したのかも
>>続きを読む

カイジ 人生逆転ゲーム(2009年製作の映画)

3.0

GYAO鑑賞

ビールを悪魔的に美味そうに飲む映画

勝敗や細かい内容を知らなかったので心理戦、楽しめた。
原作が良いのかもしれない。

石田のおじさんが、なぜ黙っていたかを叫びながら解説してくれるあ
>>続きを読む

否定と肯定(2016年製作の映画)

3.0

海外と日本では、だいぶ感想が違う作品なのだろう、と思います。

歴史修正主義?この言葉もどうかと思うけど。
ホロコーストを否定する、ある作家の訴えにより
ホロコーストの有無を裁判で判断することになる?
>>続きを読む

カンフー・ヨガ(2017年製作の映画)

3.0

特に何も考えず、ただ楽しく見れた映画
こういうの久しぶりかも
リビングレジェンド、ジャッキーチェン様
ありがとうございます

ただしハードルは低くして細かいことは気にせずに。
気にする方は気にしてツッ
>>続きを読む

火花(2017年製作の映画)

3.1

原作未読 002

予告を見て想像していたものと大きくは違ってはいなかった。
後半の言葉で、かつて熱中していたことが少し浄化された部分が個人的にはありました。
あとあの娘の可愛さたるや。

この作品に
>>続きを読む

花筐/HANAGATAMI(2017年製作の映画)

3.5

2018年、平成30年
劇場で最初に見た映画。001

意味が合ってるかわからないけど
耽美とデジタルという言葉が思い浮かんだ

「女は悲しいもんだねぇ」
「男は可哀相です」

なかなかできない映画体
>>続きを読む

オリエント急行殺人事件(1974年製作の映画)

3.0

2017年の新作を見た後
気になったので、こちらの旧作をレンタル。

乗り込む前のこと。食堂でのこと。
一人一人への質問、尋問
旧作の古き良きな感じが出ていたし
刺し傷などの「12」の意味は、こちらの
>>続きを読む

リアル鬼ごっこ(2015年製作の映画)

3.2

GYAO鑑賞、原作未読

「修学旅行といえば枕投げじゃねー?」
異様なテンションからのオープニングの切れ味は素晴らしい。
「女子は、みんなちょっと変なだけ」
イメージカラーは白。それと染まった赤か
>>続きを読む

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

ドアを開ける前からの推理、そして、、、
車内でのカメラアングル、そう来たかあ

「ここでの正義とは何か?」
天秤がくるいました。
「ここに人殺しはいません」

2017.12.31追記
結果2017年
>>続きを読む

>|