hedonisticさんの映画レビュー・感想・評価

hedonistic

hedonistic

ビバリウム(2019年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

不条理ファンタジースリラー。

共産主義への皮肉と解釈しました。マーティンの見た目もロボット官僚っぽいし。

ノロイ(2005年製作の映画)

3.5

良い。緊張感を保ちながら引き込まれて観ました。

ユダ&ブラック・メシア 裏切りの代償(2020年製作の映画)

3.0

ハンプトンのカリスマ性がイマイチ伝わって来なかったかな…。

音楽は良いです。

DAU. ナターシャ(2020年製作の映画)

3.0

なにやら壮大なプロジェクトの一部らしいですが、まだなんとも言えん…。

今後の展開に期待。

屋敷女 ノーカット 完全版(2007年製作の映画)

3.5

いやぁー・・・エッグい笑
久々にアタマを抱えた。

なんでしょう、母は強し ってことでいいでしょうか。

オカルト(2008年製作の映画)

4.5

いやなにこれ傑作じゃん…。

タイトルとジャケがめっちゃ足引っ張ってると思うんだが。

宇野祥平さんさすがとしか言いようがない。
音楽も最高に良い。

サマー・オブ・ソウル(あるいは、革命がテレビ放映されなかった時)(2021年製作の映画)

4.5

泣けた。というか、涙が溢れてしもうた。特にマヘリア・ジャクソンのパート。

ドキュメンタリーではありますが、事実の羅列よりもグルーヴを重視した、すごく音楽的な編集意思を感じました。

タイトル、拒絶(2019年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

般若の演技が良い。

俺が見逃したのか?ホームレスのバット男はなんだったんだろ。単なる都会の闇のメタファー?それともマヒルに雇われた掃除人?

映画:フィッシュマンズ(2021年製作の映画)

4.0

客:「そんなこと言うなよ〜」
佐藤:「だってそうじゃん」
のくだり、グッッッと来た。

ライトハウス(2019年製作の映画)

3.5

スクリーンサイズが狭いことでこんなに閉塞感が出るものかと驚いた。

あとウィレム・デフォーの演技にも驚いたし、ストーリーのわけわからなさにも驚いた。

わけわからなかったけど、ラストはすごく好みだった
>>続きを読む

デリカテッセン(1991年製作の映画)

3.0

うーん。

単純に好みの問題だと思いますが、ちょっとハマれなかったです。

オープニングロールは面白かった。

哀愁しんでれら(2021年製作の映画)

3.0

胸糞クソくそ。

まぁ土屋太鳳は綺麗だったし、思ったより演技も良かった。

リトル・シングス(2021年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

プロットとしては『セブン』に近いけど、小粒だなぁ…。

俳優陣は良いのに、やや期待はずれ。

流れのテンポが悪いですね。

エイリアン3(1992年製作の映画)

4.0

なぜ世間的に低評価なのかよくわからん。
そりゃ『2』に比べればわかりにくいしエンタメ度も低いけども。でもこの独特の硬質感、好きなんだが…。
(俺がフィンチャー贔屓なだけか?笑)

話変わるようで変わら
>>続きを読む

π(1997年製作の映画)

4.0

尖り続けて自壊に至るという、ダーレン節炸裂の処女作。好きです。

かつて、松本人志さんも「主人公の気持ち、わかる」的な発言をしていたような…。

ベイビーティース(2019年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ミラの病状の起伏とモーゼスの生活の破滅さ加減をもっと対比させて、近づいて離れてを強調して揺さぶってくれたら、ラストの結実がもっとグッと来たかなー。

どちらもあえて詳細が隠されているので、キャラクター
>>続きを読む

ルクス・エテルナ 永遠の光(2019年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

もうね、むしろ?あえての?満点ですね笑

ノエ先生大好きですけどね、コンセプトありきのアートものってのも承知してますけどね…

『ファンタスティック・プラネット』の装置のシーンでも若干キタのにこれは…
>>続きを読む

デスペラード(1995年製作の映画)

3.5

Netflixで公開されたので超久しぶりに再見。

バンデラスは鼻血が出るほどセクシー!でもツッコミどころ満載の面白ガンアクションが相殺!

初見時は学生だったけど、大笑いしながら観た思い出。

プラットフォーム(2019年製作の映画)

4.0

人間社会の愚かさ、尊さ全てを詰め込んだ強烈な風刺。

ジ・アリンズ / 愛すべき最高の家族(2017年製作の映画)

3.5

こーゆー子を持った親の心境やいかばかりか…。でもアメリカの親子関係って良いなと。ほっこり泣けます。

任侠学園(2019年製作の映画)

3.0

西田敏行は笑わせて泣かせて、スゴい役者だなぁ…。

Swallow/スワロウ(2019年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ビョークを彷彿とさせる、どことなくエキゾチックな顔立ちのヘイリー・ベネットが魅力的。

つまるところ(いや、上手いこと言ったわけじゃなく笑)、いわゆるウーマン・ライツものと捉えました。

ハングマンズ・ノット(2017年製作の映画)

1.0

ホント内容云々の前に録音レベルどうにかしよう。あとイチゴジャムにしか見えない血糊な。それに最後の方、キレイにヘッドショットキメた後も悲鳴残ってますよ?おかしくない?

で、なんすか?肝心の中身も、つま
>>続きを読む

クリープ(2014年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

テンポよくまとまっていてサクッと怖がるにはいいけど、ちと物足りず。

ラストはちっちゃな伏線(と言えるかどうか)が回収されたりもしますが、そもそも見ず知らずの人間と友情を育んでから→殺すのがたまらん、
>>続きを読む

愛の渦(2013年製作の映画)

3.5

自分はこのようなところを利用したことはないのですが、自分だったらどう振る舞うだろう…と想像しながら観るのが楽しかった笑

女優陣体当たり、は大変理解できるけど、正直、喘ぎ声にリアリティのためのもうひと
>>続きを読む

ヤクザと家族 The Family(2021年製作の映画)

4.5

非常に良い!キャスト全員の演技に引き込まれる。

特に市原隼人、露出は少なめだけど、凄い良かった。正直、今まで固定観念で「イキっててオラついてる若いヤツ」って役のイメージしか無かったけど(大偏見)、覆
>>続きを読む

エイリアンVS. プレデター(2004年製作の映画)

3.0

好きな作品と好きな作品なのに、なぜだろう…。

美味いものと美味いものを一緒に食べてもさらに美味くなるとは限らんからね…。

>|