ぺあのさんの映画レビュー・感想・評価

ぺあの

ぺあの

映画(1687)
ドラマ(17)
  • 1687Marks
  • 5Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

HiGH&LOW THE MOVIE2 / END OF SKY(2017年製作の映画)

3.0

映画第二弾。戦闘シーンのアクションはスピード感あるなぁ。あと一つ

映画 賭ケグルイ(2019年製作の映画)

3.5

単発とはいえSeason1&2を観ておくべき。追加キャストの犬八(伊藤万理華)初め迫力あったけど、歩火(福原遥)が際立っていたなぁ。池田イライザが特別出演なのは何故?

翔んで埼玉(2018年製作の映画)

4.0

埼玉県民でありながら上映終了間際に鑑賞。公開から3ヶ月経過していても、(埼玉では?)満席状態も納得の内容。東京にたいして卑屈な埼玉。しかし、千葉に対して半端ないライバル意識!有名人対決では、小倉優子、>>続きを読む

HiGH&LOW THE MOVIE(2016年製作の映画)

2.5

EXILEがEXILE(ファン)の為に制作。ゲームをしながら観たのでわからない部分もあったけど、要はSWARD対外圧と間宮兄弟の復活?あと、2作

アベンジャーズ/エンドゲーム(2019年製作の映画)

4.0

前作(及び関連シリーズ)の記憶が一部ないところはあったけど、仮面ライダーの最終回の様にメンバー大集合。全般的に暗いムード。特に前半は鬱。闘いでは、キャプテンマーベル強すぎ。キャプテン・アメリカが小槌を>>続きを読む

HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス(2016年製作の映画)

3.5

最初に説明があるので問題なしだけど、一作目未鑑賞。マンガの雰囲気はチャント出ていたと思う。マーベルのオープニングやスパイダーマンのアクションをパクっていて大丈夫?

ROAD TO HiGH&LOW(2016年製作の映画)

3.0

ドラマも映画も未鑑賞。導入には説明があって判りやすい(人が多すぎて忘れてしまうけど)。走るシーンはスピード感があった。

ザ・リング/リバース(2016年製作の映画)

3.0

初めの飛行機内パニックがやけにあっさり。前作を知らないと(知っていても)意味不明な気がする。まあ、リ・バースしたいんだろうけど、続編はあるのか微妙。

ザ・リング2(2005年製作の映画)

3.0

観たことあったようななかったような。
RINGの続編。前作で元旦那にの教え子が登場したのに、日本版のらせんでも、リング2でもなくオリジナルで、単なる亡霊でエイダンに憑依した貞子(サマラ)の退治だけに焦
>>続きを読む

ザ・リング(2002年製作の映画)

3.0

超久々に鑑賞。
ビデオの作りや貞子(サマラ)は違和感は無い。レイチェルの息子(エイダン)に特殊能力があるのはなんでだろう?
最後にビデオを観せようとする相手は両親でなく怖さが少い。

忍びの国(2017年製作の映画)

3.5

織田信雄vs伊賀の戦
気軽に見たけど思いの外しっかりしていた。

闇金ウシジマくん ザ・ファイナル(2016年製作の映画)

3.0

丑島達の中坊時代の因縁の鰐戸(ガクト)三兄弟との対決。幼馴染の竹本の人を信じる心に動かされるところも今までなかった展開。都陰弁護士(八嶋智人)たちの闇金対決の構図も今までなかったなぁ。

闇金ウシジマくん Part3(2016年製作の映画)

3.0

ウシジマくん第三弾。マルチ商法にのめり込む債務者と(本郷奏多)、キャバ嬢のゾッコンな藤森慎吾。本郷奏多は金儲けできるノウハウ満載のDVDの売りつける。その話を簡単に信用するのと闇金利用のハードル低過ぎ>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.0

やっぱり映画は予算じゃなくて、脚本と監督なんだろうな。300万は大袈裟だけど低予算なのは明らか。でもこのクオリティ。要はゾンビ映画とそのメイキングなんだけど絶妙だった

闇金ウシジマくん Part2(2014年製作の映画)

2.5

闇金業の怖さが余り感じない。ナンバーワンポストを目指す気持ちと投資する女の立場もなんか曖昧。全体的に浅いなぁ。

ナイト ミュージアム2(2009年製作の映画)

3.0

いちいち会話というかやり取りが長くてリズムが悪いなぁ(当時の映画は大体こんな感じ)。大西洋横断のアメリアとダース・ベイダー&アインシュタインが軽んじられていたり、エンドロールのジョセフモトローラ以外は>>続きを読む

ナイト ミュージアム(2006年製作の映画)

3.0

まあ想像どおりの内容。夜中になると博物館に展示してあるレックスの化石とか、蝋人形が動き出して、ドンチャン騒ぎ。子供むけ。

ユリゴコロ(2017年製作の映画)

3.5

原作では、ノートを信じる過程に不自然さがあったけど、映像ではあまり無理はなかったかなぁ。
殺人に躊躇いがなくなった美沙子(母)の手記を発見した亮介。恋人の突然の失踪で近づいてくる細谷さん。穴だらけの殺
>>続きを読む

殿、利息でござる!(2016年製作の映画)

3.5

一寸美談すぎるキライはあるけど、嫌味に感じない作り。苦役に悩む宿場町を救おうと町の有力者が殿様に金を貸してその利息を貰おうとする。勘定奉行的(松田龍平)以外は皆んな善人。おまけに殿様(羽生結弦)も出来>>続きを読む

氷菓(2017年製作の映画)

2.5

原作を読んだ時も印象は少なかったが、映像化しても学生謎解きだなぁくらいな印象。
それにつけても山崎賢人の棒読みは健在。

チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話(2017年製作の映画)

3.0

いろんなエピソードに深みがなく、役者は頑張っていたのに、軽いだけの印象になってしまっていた。
ケガやメンバから外されてからの復帰もあっという間だし、コーチが全米に拘る重さも解らない。何だかとっても残念
>>続きを読む

ターザン:REBORN(2016年製作の映画)

3.0

吹き替え。桐谷健太が棒読み過ぎで興ざめ。ゴリラとの戦いやゴリラが木を綱渡りするところなど不自然

火花(2017年製作の映画)

3.5

原作は随分前に既読だけど細かなところは忘却。反対の事を言う漫才は板尾創路らしさが出ていたし、それをやりこなす菅田将暉は上手いなぁと思う。

映画 謎解きはディナーのあとで(2013年製作の映画)

3.5

犯人やキーパーソン、脇役が最初からわかり易く奇をてらう事はく、気張ったところがなく気楽に観られる。

(2016年製作の映画)

2.5

アラタ·長谷川京子(紅甘)が子供の時に殺人をしてしまう。25年後に強請りを企てる瑛太親子っていう構造。どうにもストーリーは勿論BGMや瑛太の奇声が鬱になる。大森立嗣監督作品は暫く遠慮しておこう。

オオカミ少女と黒王子(2016年製作の映画)

3.0

茶番というか面倒くさい展開と演技。相変わらず山崎賢人の演技は特筆レベル

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章(2017年製作の映画)

3.0

あまり評価は高くないので期待していなかったけど、それなりにちゃんとできていたなぁと思った。
スタンドも(ミニチュア軍隊も)良いし、丈太郎も光太郎も漫画のイメージを壊してないし。
続編はいつ頃だろう?あ
>>続きを読む

舞妓はレディ(2014年製作の映画)

3.0

お茶屋の姉さん達に励まされながら舞妓を目指す小春(上白石萌音)。声が出なくなるエピソードはあるものも大きな事件もなく淡々と修行に励む。
一春(瀬戸朝香)がいつ出てきたかわからなかった

西遊記2~妖怪の逆襲~(2017年製作の映画)

4.0

西遊記はじまりのはじまりの続編。悟空と沙悟浄の顔が一寸違っていたげど世界観は踏襲。後半のバトルも圧巻。しかし、三蔵法師が軽すぎて良いのだろうか(笑)

西遊記 はじまりのはじまり(2013年製作の映画)

3.0

チャウ・シンチー監督の西遊記。
一寸悪ふざけが過ぎていて、怒られないのか?
最後のGメン75のテーマは感激したりして(笑)

渇き。(2013年製作の映画)

2.5

原作既読。でも、全く内容は意味不明だった。何故こんなにわかりにくく作るんだろう!?
失踪した娘のカナコ(小松菜奈)をさがす父親(役所広司)。娘はヤク・ウリなんでもやっていた不良だけどそれ以上に父親の狂
>>続きを読む

SCOOP!(2016年製作の映画)

3.0

新人記者野火(二階堂ふみ)を押し付けられたフリーカメラマン静(福山雅治)。スクープを連発しつつ、チャラ源(リリー・フランキー)ともつるんでいる静。
チャラ源のヤク中ブリ素晴らしい!

トワイライト ささらさや(2014年製作の映画)

3.0

折角良い俳優陣を集めているのになにか勿体なさを、感じるなぁ。あと、のりうつりも不自然。
特に大泉洋をもっと弾けさせると良いのに。
まあ、面白かったけど

潔く柔く(2013年製作の映画)

3.0

高校時代に彼氏(高良健吾)を事故でなくしたカンナ(長澤まさみ)、小学生時代につきまとってきた女の子を事故でなくした禄(岡田将生)。過去にちゃんと向き合うことで気持ちを整理することができた。

>|