ぺあのさんの映画レビュー・感想・評価

ぺあの

ぺあの

映画(1518)
ドラマ(0)
  • 1518Marks
  • 49Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

アデライン、100年目の恋(2015年製作の映画)

3.5

落雷が原因で不老になってしまったアデライン。名前・身分を変えながら政府の実験台にならないように逃亡生活をする話。
身体は不老になると精神的にも老化がないのか?
それなりに面白かった

リベンジ・トラップ/美しすぎる罠(2015年製作の映画)

2.5

自分をレイプした男に、手紙を出したり面会したりする精神状態がわからないし、最後もメンドクサイ

ハドソン川の奇跡(2016年製作の映画)

3.0

機長の咄嗟の判断でハドソン川に不時着したエアバス。保険会社・安全委員会は判断の誤りを追及し誤りありきでの恣意的なシミュレーションを行う。反論に苦悩する機長。良くできたドキュメンタリーだった

泣く男(2014年製作の映画)

3.0

間違って少女を殺してしまった暗殺者が、ウジウジと後悔しつつ、銃撃戦、ナイフの肉弾戦で闘う話。ストーリーは一寸湿っぽいけど、それ以外はとっても迫力あって 楽しめた。

デッドハンティング(2014年製作の映画)

2.5

ホッケーマスクと夫婦+兄の戦いが繰り広げられるのではあるけおど、スケールが小さすぎ。ハンティングに至るには背景をちゃんと説明しないと臨場感はでないけどそこは尺の関係か省略。また、崖を一生懸命登って逃げ>>続きを読む

イントゥ・ザ・ウッズ(2014年製作の映画)

2.5

始めは、ジャックと豆の木・赤ずきん・ラプンテェルなどグリム童話(?)勢ぞろいで面白かったのだけど・・中盤の魔女の呪いが解けてからグダグダになってしまった。あと、ミュージカル形式じゃないほうが楽しいかな>>続きを読む

セクター1(2015年製作の映画)

2.5

微妙。低予算さが全面に出た作品だった。セクター1の富裕層と2の貧困層を分けている。その話とDNA操作の話が難解さを増している。

ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影<シャドウズ>(2015年製作の映画)

3.0

一寸ふざけ過ぎ。シュレッダーの大物感が全くないし、サイとイノシシ怪人の使い方が雑だった。

ジュピター20XX(2012年製作の映画)

2.5

原題:ASTRONAUT: THE LAST PUSH で、日本語題でジュピターをつけたけど、エウロパにもジュピターにも行く以前に、岩に宇宙船がぶつかって引き返しちゃう話。冒頭で静岡からのメッセージが>>続きを読む

ゴースト・シャーク(2013年製作の映画)

2.0

早送りで見ても冗長。魚釣りで釣った獲物をサメに横取りされて怒った親子がサメを殺したら、幽霊になって手当たり次第に人を襲う話。で、過去の洞窟の話との関係は良くわからなかったけど・・。さいご「テリーや気味>>続きを読む

リターン・トゥ・アース(2014年製作の映画)

3.0

宇宙ステーションに男女二人ずつで1000日間も滞在すると多少は何かあるんだ、ってことは思うけどねぇ。まったりしてて退屈、盛り上がりは宇宙船が切り離される所と地球での火花くらい。エウロパでの発見もその後>>続きを読む

エルフ物話 ゴス・アズールの化身(2013年製作の映画)

2.5

エルフ、オーク、人間の友情って一体なに?でも風景の映像とダニエル・チャクランは綺麗だった。

ヒットマン: エージェント47(2015年製作の映画)

3.0

冒頭の経緯の説明から入るところで、やっぱしB級か?と思ったけど思いの外、ジョンウィック的なスピード感があって面白かった。続篇が有りそうだし、そもそも前編(原作)もあるらしい。
機会があったら見てみたい
>>続きを読む

神の一手(2014年製作の映画)

3.0

「囲碁」の映画と思っていたら、全然囲碁は替え玉だらけで、結局肉弾戦。まあ、それはそれで面白かったけど。

テッド 2(2015年製作の映画)

3.0

前半は下ネタだけのテッドとジョンの掛け合いだけ。後半になるとストーリーが展開されはじめるけど・・

スピード2(1997年製作の映画)

3.0

久々に再鑑賞。キアヌが降板。アレックス(ジェイソンパトリック)にはスマートさがないけど、まあこれはコレで良い。前作は犯人のアホさが目立ったけど、今作はパニックに逃げ惑うところが呑気で笑った。今回の犯人>>続きを読む

バースデーカード(2016年製作の映画)

2.5

アタック25とのコラボ企画感は否めない。また、車椅子生活なのに普通にピクニックできたり、手紙を書いたり刺繍する体力が残っているところに違和感があるなぁ。手紙が的を射過ぎるところも出来すぎか。でも、宮崎>>続きを読む

スピード(1994年製作の映画)

4.0

久々に再鑑賞。スピード感、素晴らしい。最初爆発した犯人が何故生きていたか?の疑問に全く触れないところや間抜けな犯人、ジョンの逮捕の手際の悪さ楽しい。

永遠の0(2013年製作の映画)

3.0

ほほ、原作どおりってかんじ。ゼロ戦の良さかあまり出ていなくてざんね

モンスター・ハント(2015年製作の映画)

3.0

中国映画だけどCGのモンスターと実写が違和感なくて吃驚した。妖怪ハンターが妖怪王子を悪い妖怪から護るストーリーも悪くない。モンスターの迫力がなさ過ぎだけど(笑)

世界から猫が消えたなら(2015年製作の映画)

2.5

うーん。原作はとってもよくて、父・母・息子の関係が上手く描かれていたのに、・・。邦画系はアクションものでなければそれなりに良いところがあるんだけど、なんか微妙すぎ。最初の電話が消えたときからインパクト>>続きを読む

オデッセイ(2015年製作の映画)

3.5

火星に置いてけぼりになった宇宙飛行士が、次の火星探索まで生き抜こうとする話。地球では死んだとおもって居るので捜索隊もでないし、さあ、どうする?ってところからはじまる。食料も水も自給自足しないとというこ>>続きを読む

デッドプール(2016年製作の映画)

3.5

マーベルっぽくっはないけど、それなりに面白い。再生能力はちょっと不気味。

ゴーストバスターズ(2016年製作の映画)

2.5

オチャラケてるだけで苦手。新ゴーストバスターズの4人に魅力がないし、掛け合いは微妙だし、ゴーストの迫力・出現の必然性もないなー。受付オトコも邪魔だ。カメオ出演(ビル・マーレイ ダン・エイクロイド アー>>続きを読む

マシニスト(2004年製作の映画)

2.5

気色悪かったなぁ。
激痩せの主人公が奇行に走るみたいな 

セブン・イヤーズ・イン・チベット(1997年製作の映画)

2.5

オーストリアの登山家ハインリヒによる少年期のダライラマの7年間の自叙伝。ので、ちょっと退屈。

グッドナイト・ムーン(1998年製作の映画)

3.0

二人の妻(ジュリアロバートとスーザン・サランドン)と同居する生活 それぞれ良い味をだしている。

俺はまだ本気出してないだけ(2013年製作の映画)

2.5

真面目になろうと思っているのにいい加減さはあまり愉快ではない。

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017年製作の映画)

3.5

イオンシネマ美園 今回はピーターの父親エコの巻。ヨンドゥや虫女、サイボーグ女が良い味を出している。前作グルートがチューバッカと被ったけど、今作ではR2-D2のような活躍。前作をレンタルして予習してなか>>続きを読む

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(2014年製作の映画)

3.5

もっとコミカル・パロディを想像していたが、意外にしっかりしていて面白かった。さすがMERVEL。まあ、スターウォーズの模倣感は否めない(といっても宇宙物は殆どそうだろうけど)

バトル・オブ・ロサンゼルス(2011年製作の映画)

2.0

テレ東。感想は皆さんの通り、チャチなCGと意味不明なストーリー。エイリアンも妙だし、ナメクジの化物も笑える。最初に軍曹が自動小銃で円盤に向かうところからずっと同じトーン。
テレビ局の買付け担当は本作は
>>続きを読む

さよなら渓谷(2013年製作の映画)

2.5

原作既読。テンポが悪かったけど雰囲気をそのまま表しているような気がする。娘を殺害した隣人との絡みはそれほど強くなかったが、集団レイプの加害者と被害者が不幸せになるために一緒に暮らしている。不思議な関係

耳をすませば(1995年製作の映画)

3.0

今更ながら初鑑賞。バイオリンつくりを目指す少年と、誌に興味がある少女の話。少女の父親役(立花隆)の棒読みさで興ざめ。

言の葉の庭(2013年製作の映画)

3.0

靴職人を目指す高校生が、雨の日の新宿御苑でビールを片手にしている訳アリ女性と仲良くなる。その女性は少年のことを知っているけど、少年は見覚えがない。秒速5センチメートルのような如何にも新海ワールド。実物>>続きを読む

>|