Huskyさんの映画レビュー・感想・評価

Husky

Husky

雑食だす。

映画(853)
ドラマ(0)

ビジランテ(2017年製作の映画)

3.4

俳優陣と単館系特有の薄暗いストーリーから期待してただけに、三兄弟の人間性(特に長男)や話の筋など色々消化不足に感じた。

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

4.5

なにこれ、めっちゃ面白い!
松岡茉優かわいい。メンヘラ演技光りまくり。
個性的で随所に絶妙な笑いのツボが落ちてて終始幸せな気持ちで観てました。

少女ファニーと運命の旅(2016年製作の映画)

4.2

子供とは思えないほど皆が強く、逃亡の中で束の間の遊びにはしゃぐ姿との対比が胸に刺さる。
とても見応えのあるいい映画。

希望のかなた(2017年製作の映画)

3.8

レトロな絵作りや登場人物の滑稽さが独特の世界観を演出しててすごくそれがクセになる。
題材は重いがストーリーや人間関係にそれを中和する穏やかさや優しさがあり心地よく観ていられる。
そしてまたフィンランド
>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

4.0

子育てにおいてどちらが正解かってのは一概には言えないが、感情の豊かさ=人生の豊かさってのは2人の絆の深さから見てもよく分かる。

パーフェクト・レボリューション(2017年製作の映画)

3.5

障害の大変さが表立ってる時間が長くて観ててとにかくしんどい。
でもその中でそれを感じさせない時の2人の笑顔がすごく良くて観てるこっちまで幸せな気持ちになる。
嘘みたいな実話。人生どうなるかわからない。
>>続きを読む

奇跡の2000マイル(2013年製作の映画)

3.3

砂漠の絶景や人との出会いなどは想像通りのロードムービーという感じだったが、その過酷さ、孤独などが前面に出まくっていて思ったよりテンション下がる話だった。

14の夜(2016年製作の映画)

3.5

性への執着や欲望へのエネルギー、主人公たちのヒエラルキー的立ち位置など多くの男が通ってきた道じゃないかな。
自由でいて不自由な鬱屈感がリアルでよかった。
これぞ青春。

ハローグッバイ(2016年製作の映画)

4.1

ピアノの旋律、映像、すべてが優しくて涙が止まらない。
人生の素晴らしさを教示してくれる、そんな映画。

ろくでなし(2017年製作の映画)

3.6

みんなクズはクズなんやけど、それぞれの事情とか垣間見る優しさとかを見てると完全な悪とは思えなくなる。
主演の二人がいい味だしててカッコよかった。

クズとブスとゲス(2014年製作の映画)

3.2

演出とかにセンスが感じられないが、ケンカのシーンで本当に殴ってたりガチ感がすごい。
下層のリアルさが恐ろしく、とにかく不快指数MAX。

ポルト(2016年製作の映画)

2.5

ボケーっと見てたらいつの間にか終わってしまった。。

ジャームッシュが関わってるだけあってまさにそんな感じのオシャレ映画。

ユリゴコロ(2017年製作の映画)

3.6

好きな小説の映画化だけにかなりストーリーが違ってて違和感が。。それでも好きな役者も多かったし、吉高がミサコ役にドンピシャだったのでまぁ楽しめた。

彼女がその名を知らない鳥たち(2017年製作の映画)

3.8

原作読んでストーリー知ってたせいでフラットに観れなかったのが悔しい。

それでも主演2人には引き込まれまくった。
特に蒼井優はもう凄すぎる。

無償の愛こそ究極。

アウトレイジ 最終章(2017年製作の映画)

3.7

大友は漢やね。かっこいい。

標準語の俳優に関西人役をやらせるのはやはり無理があると思う。(ピエールとか、、)

チチを撮りに(2012年製作の映画)

3.9

優しさと温かさがじんわりと身体に浸透していく感じ。
ほんまにこの監督泣かせるのがうまいなー。

モンガに散る(2010年製作の映画)

3.8

とにかく男くさい。
台北の街が舞台ってだけで映像の味が増幅しますな。

女子ーズ(2014年製作の映画)

3.1

始まってすぐ止めようと思ったけど有村架純が超絶かわいすぎて最後まで停止ボタンを押せなかった。

ブルース・ブラザース(1980年製作の映画)

3.7

もうこれぞアメリカっていうスケールのデカさと豪快さ。
あー、シカゴに行きたい。

ヤンヤン 夏の想い出(2000年製作の映画)

3.8

様々な災難がふりかかり、それによって皆悩んだり苦しんだりするが、それでも毎日を生きる。
それこそが人生なのであると。
そんな着飾ることのないリアルな日常すら退屈に感じないのがこの作品の魅力なんだと思う
>>続きを読む

ロシアン・ドールズ(2005年製作の映画)

3.1

こういうグザヴィエみたいな節操のないクズは見ててイライラする。
全然イケメンでもないのになんでこんな女をとっかえひっかえできるのかが腑に落ちん。

グッド・ライ いちばん優しい嘘(2014年製作の映画)

3.6

人のために自分が犠牲になれるってのが究極やなぁって思う。
そんな純粋な人たちでもアメリカっていう大資本主義社会で暮らしているといずれ俗っぽくなっていくんやろか。

ウォールフラワー(2012年製作の映画)

3.8

トンネルの場面、心が解放される。

wonderの上映がすごく楽しみ。

奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール(2017年製作の映画)

3.7

あー、こういう何考えてるかわからん女っているなーと。そして翻弄される男も。
外から見たら絶対こんなクソ女ムリって思うけどテリトリーに足を踏み入れたら一貫の終わりみたいな。
ツッコミどころ満載やけどこう
>>続きを読む

パターソン(2016年製作の映画)

3.4

ルーティン化された平凡な日常。しかしそこには必ず変化があり、常に新しい日々へとアップデートされていく。
いかにその変化に意識を向けるかで人生の味わいがまた変わるような気がする。
特別大きなドラマはなく
>>続きを読む

リトル・フォレスト 冬・春(2015年製作の映画)

3.6

原風景や、都会では失った本来の生活を通じて日本の美しさに気付かされる。
まだまだ刺激を求める自分にとっては、疲れた時にたまに癒されにくる休憩所みたいな映画。
カレーがうまそすぎた。

ドリーム(2016年製作の映画)

4.3

会社内にまで蔓延る黒人差別の思想、手段に不快感を感じながらも、中にはマジョリティ側にも能力には肌の色は関係ないと泰然と振る舞う人間もいてそこにはすごくシンパシーを感じたし、心が洗われた気分になった。>>続きを読む

三度目の殺人(2017年製作の映画)

3.7

消化不良。役所に翻弄されまくり。
すずの存在感すごいなー。強い眼差しに吸い込まれそうになった。

ボン・ボヤージュ 家族旅行は大暴走(2016年製作の映画)

3.2

くだらない話やのにやたらスケールがでかいっていう笑
コメディの部分が中途半端であんま笑えんかったなー。

夏休みのレモネード(2002年製作の映画)

3.8

無知だったユダヤとカトリックの関係性を垣間見た。
皆がこんなまっすぐでシンプルな思想を持てれば宗教間の諍いなんて起きへんのに。

きっと、いい日が待っている(2016年製作の映画)

4.3

これは泣いたー。
兄弟の顔見るだけでも、邦題見るだけでもまたウルッとくる。
人間の皮を被った悪魔。関係者全員極刑で!

幼な子われらに生まれ(2017年製作の映画)

4.2

演者それぞれ複雑に絡み合った傷だらけの感情がドシッと伝わってきて終始力を抜けなかった。
ある場面の田中麗奈の眼がゾクっとするほど怖い。
本当見入ってしまって終わってからももう少しこの家族の続きを見てい
>>続きを読む

>|