lp

lp

ハローグッバイ(2016年製作の映画)

4.8

『ディアーディアー』の菊地健雄監督の最新作。

久々に「今年のベスト級」と言いたくなる傑作だった!
綺麗な映像と音楽、そしてとにかく素晴らしいキャスト陣の抑えめの演技が三位一体となって、すっかり映画の
>>続きを読む

パワーレンジャー(2017年製作の映画)

3.0

子どもの頃にダイレンジャーのジグソーパズルで遊んで、ジュウレンジャーのビデオを観て、カクレンジャーやカーレンジャーをリアルタイムで観て育ち、タイムレンジャー、ガオレンジャーをたまに観てた。

正直、↑
>>続きを読む

バイバイマン(2016年製作の映画)

2.7

空き時間に鑑賞。
前半は話が加速しそうで加速せず、イマイチ嵌まら無かったけど、図書館の展開からは一気に集中して楽しめた。

観る前はてっきりバイバイマンの「本名」か何かを知ったらアウトなのかと思ってた
>>続きを読む

カリカゾク(2013年製作の映画)

-

『死神ターニャ』の同時上映で鑑賞。主演の仁後さんに存在感があって、印象に残る。

時時巡りエブリデイ(2017年製作の映画)

3.8

『死神ターニャ』の塩出太志監督の新作。

キャスト陣の個性と演技、独特の間、ファンタジックな映像美が合わさって、ジワジワと面白さが滲み出てくるコメディ。爆笑というよりかは、クスクス笑えるシーンが続く感
>>続きを読む

カーズ/クロスロード(2017年製作の映画)

3.2

『カーズ』はユニークな車社会の描写が公開当時はフレッシュで、一気に気に入った映画だった。『カーズ2』は観た記憶はあるけど、残念ながら内容をほとんど忘れてる状態。さて、3作目の今作は?・・・ということで>>続きを読む

ぼくらの亡命(2017年製作の映画)

4.0

待望の内田伸輝監督の最新作。
『ふゆの獣』を彷彿とさせるラストの感情の爆発は、さすが内田監督。個人的には監督の演出・画造りと、役者の表情・演技だけで物語る印象が強い、前半の新宿の展開が好き。

「依存
>>続きを読む

劇場版 テレクラキャノンボール2013(2014年製作の映画)

5.0

公開から1年ぐらい経った時に満員のポレポレ東中野で観たけど、とにかく笑った!そして、場内の一体感が楽しい。

あまりにも面白かったので、見終わって即座にDVDを購入。今に至るまで、何度も繰り返し観てる
>>続きを読む

メアリと魔女の花(2017年製作の映画)

4.0

米林宏昌監督の最新作。
米林監督が手掛けた『借りぐらしのアリエッティ』、『思い出のマーニー』が何れも公開年に自分のベスト10に入っているだけに期待して鑑賞したけど、今作はその期待を裏切らない、見事な出
>>続きを読む

ジョン・ウィック:チャプター2(2016年製作の映画)

3.5

アクションは相変わらず前作と同じ面白さ。『ローガン』と同じで、ちゃんと敵を確実に仕留めてるところが素晴らしい。ただ、話が加速するまで少し長いかな。
続編もありそうなので、製作された暁にはぜひ観たい。

ライフ(2017年製作の映画)

3.0

予想通り『エイリアン』的な展開が繰り広げられるSFホラーでした。つまらなくはないけど、新鮮味が無くて面白いとまでは思わなかった。普通。

でも、『サンシャイン2057』と違って、真田広之がすぐに退場し
>>続きを読む

クローズド・バル 街角の狙撃手と8人の標的(2016年製作の映画)

3.6

初めてのイグレシア作品だったけど、目まぐるしく状況が変わる様子を、テンポ良く見せる手腕に脱帽。異様なテンションの高さで、あっという間に映画が終わった感じ。

荒唐無稽な話だけど、極限状態で人間の本性が
>>続きを読む

ハロー!?ゴースト(2010年製作の映画)

4.1

訴えかけるメッセージも、話のオチにも真新しさは無かったけど、話運びが上手くて見事にやられた!面白かった。

ありがとう、トニ・エルドマン(2016年製作の映画)

3.1

感想としては「普通」といったところ。もう少し笑えるかと思ってた。

全体的に軽いタッチで鑑賞ストレスは決して高くなかったけど、それでも160分の上映時間は長い。あと、『6才のボクが大人になるまで』を既
>>続きを読む

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

3.5

中盤の戦闘シーンが凄い。肉片が飛散する視覚的なリアリティだけでなく、銃声とヘルメットに着弾する金属音などが入り交じる聴覚的なリアリティも追求されていて、印象に残った。
逆に終盤ではスローモーションが多
>>続きを読む

フライト・パニック 〜ペルシア湾上空強行脱出〜(2002年製作の映画)

3.3

アスガー・ファルハディが脚本を務めたイランのパニック映画。

予算が無かったのか、パニック映画でありながら、ほとんど密室劇のような構成。ただ、工夫しようとしていることは感じられて好印象。

脚本はシリ
>>続きを読む

(2017年製作の映画)

3.1

『あん』の時に感じた映画というより、ドキュメンタリーを観ているような感覚に陥る描写力は、今作でも健在。映画で「映画論」を語られると個人的にはシラケることが多いけれど、今作は「音声ガイド」という視点がユ>>続きを読む

キング・アーサー (2016年製作の映画)

2.0

ガイ・リッチー監督の最新作ということで鑑賞。
うーん、イマイチ。スピーディでコミカルな会話劇の妙など、ガイ・リッチーらしさもあって、全く楽しめない訳では無かった。アクションシーンも中盤の移動しながらの
>>続きを読む

昼顔(2017年製作の映画)

3.4

ドラマ版は全くの未見ながら、『真夏の方程式』の西谷監督の最新作ということで鑑賞。
思っていたよりも楽しめた。テレビ版を未見でも難なく話が掴める親切設計がありがたい。上戸彩のブリッ子っぷりしかり、斎藤工
>>続きを読む

LOGAN ローガン(2017年製作の映画)

3.6

遅まきながら、ようやく鑑賞。
ドラマ色の強いストーリーはあまり好きじゃなかったけど、面白かった。アクション映画やサスペンス映画を観ていると「ちゃんと敵にトドメを刺せ!」と思うことが多い身としては、全編
>>続きを読む

女流闘牌伝 akiアキ(2017年製作の映画)

3.5

中村監督は今作が商業映画デビューとのことだけど、見事に正統派の娯楽作に仕上がっていて面白かった!

別離(2011年製作の映画)

5.0

昨日『セールスマン』を観て、どうしてもファルハディの過去作を観返したくなったので、DVDをレンタルして観賞。

やっぱり凄かった!
目まぐるしく状況が変わるサスペンスとしての面白さ、会話劇の緊張感と迫
>>続きを読む

22年目の告白 私が殺人犯です(2017年製作の映画)

3.5

入江悠監督の最新作ということで観賞。
韓国のサスペンスをベースにした作品ということですが、元ネタの映画は未見の状態で観賞。

真相が分かってからが少し長いと感じたけど、それ以外は面白い。
畳み掛けるよ
>>続きを読む

美しい星(2017年製作の映画)

3.0

『桐島、部活やめるってよ』、『紙の月』の吉田大八監督最新作ということで観賞。

公開から1月待たずにTOHOシネマズで1日1回朝一上映とかになってたので、てっきりガラガラかと思いきや、かなりの混雑具合
>>続きを読む

恋の渦(2013年製作の映画)

5.0

大根監督に惚れ込むキッカケになった映画。
登場人物達のクズっぷりに爆笑して、最後は「しょーもない」の一言で切り捨てて終了ー・・・といきたいのだけれども、残念ながら登場人物のクズっぷりに共感できてしまう
>>続きを読む

怪物はささやく(2016年製作の映画)

2.0

『永遠の子どもたち』ではラストに驚くと同時に感心させられ、『インポッシブル』ではすっかり感動させられた、J.A.バヨナ監督の最新作。

前の2作が良かったので、今作にも期待していたのだけれども、結果は
>>続きを読む

セールスマン(2016年製作の映画)

3.5

待ちに待ったファルハディの最新作・・・ということで、早速渋谷のル・シネマで初日初回の舞台挨拶付き上映回で観賞。

劇中で描かれる舞台の内容と、主人公夫婦の姿が次第に重なって映る正攻法の脚本は「流石はフ
>>続きを読む

パトリオット・デイ(2016年製作の映画)

3.3

『ローン・サバイバー』、『バーニング・オーシャン』に続く、ピーター・バーグ監督×マーク・ウォールバーグ主演のタッグ作。

途中がやや単調に感じたことと、急に挿入されるメッセージに戸惑ったことはイマイチ
>>続きを読む

オペレーション・メコン(2016年製作の映画)

3.5

『激戦』や『破風』のダンテ・ラムの新作。
21時開始のレイトショーで、しかも上映時間は140分ということで、途中で寝ないか心配だったけど、そんな心配は全く以て無用だった!
スピーディなアクションの連続
>>続きを読む

トンネル 闇に鎖(とざ)された男(2016年製作の映画)

4.0

これは面白かった。
自分でも不思議だったのだけれども、トンネルに閉じ込められた主人公以上に、救助に携わる人々の人間力の高さに心を動かされた。特に卵を食べるシーンと、主人公の妻を演じるペ・ドゥナが、ある
>>続きを読む