sheさんの映画レビュー・感想・評価

she

she

ミュージカル、ザ・アメリカ映画は何度も観たくななりますね。邦画も好き。

映画(189)
ドラマ(3)

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

4.0

画と音楽が良い
パパママが素敵だった
あと異文化がすごい
すぐ泳ぎに行く

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

3.8

さわちゃんにすすめられて
最終日最終回で滑り込みセーフ

登場人物全員に感情移入してしまった
皆悲しくて幸せじゃないのに
何故か希望の光を感じるような
気持ちになってしまったのは
音楽のおかげか役者さ
>>続きを読む

帝一の國(2017年製作の映画)

3.5

もっとはちゃめちゃなコメディかと
思っていたけど
設定や登場人物がハッキリしており
真面目に見入る自分がいて
それがちょっと面白かった
菅田将暉がブレない
とにかくブレない
礼、拍手、太鼓のシーンなど
>>続きを読む

溺れるナイフ(2016年製作の映画)

3.6

小松菜奈目当て。

漫画を知っていたし
舞台となっている地の方言が
地元の広島弁に似ていることもあり、
それなりに期待をして観たけど
良かった。
高校生の小松菜奈可愛い。
地団駄踏んでわめく小松菜奈が
>>続きを読む

兄に愛されすぎて困ってます(2017年製作の映画)

1.5

血迷ってレンタル

感想は…
う、うん!良かったね!(笑)
という感じ

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ(2016年製作の映画)

3.5

池松壮亮目当てで鑑賞

舞台を観ているような感覚
タヒさんの詩もまたぐさぐさとくる
底の方で漂う何かが
最後ちょっと浮いて光が見える感じ

テイク・ディス・ワルツ(2011年製作の映画)

3.7

これは響いた。
昔の恋人を思い出す忘れられない映画。
人生は何か物足りなくて当然なのよ。
おばさまたちのシャワーのシーンが印象的。

今夜、ロマンス劇場で(2018年製作の映画)

3.0

ファンタジー。
口調は好きじゃなかったけど
綾瀬はるかの服と髪が可愛い。

ハルフウェイ(2008年製作の映画)

3.8

青春時代に観て大好きでDVDも買った。自然でリアルでぎこちなくて最高。

プリティ・ウーマン(1990年製作の映画)

4.1

この手の女の子のビフォーアフター的なお話には目がないです。

パリの恋人(1957年製作の映画)

4.1

ローマの休日も大好きだけど、オードリーが本当に可愛い作品。パリでコンテンポラリーでファニー。

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

3.6

話はありきたりで
サーカスメンバーの掘り下げも少ないけど
とにかくパフォーマンスが最高
屋上での夫婦のダンスシーン、ザックエフロンの空中ブランコの切ないシーンがとくに好き!
パワーが溢れる踊り!
それ
>>続きを読む

ハッピーフライト(2008年製作の映画)

4.0

何気に広島弁出てくるところも好き。綾瀬はるかがとにかく可愛い。

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

4.0

これは続編ありますな

愉快な音楽と
愉快な人間と
逆にスッキリするような
衝撃シーン

イギリス紳士感と
イギリス英語が最高に好き

南瓜とマヨネーズ(2017年製作の映画)

3.3

ザ・邦画
曖昧でぬるい温度で
じわじわ染みてくる感じ

主人公と歳が近いからかチクチクきた
私も私が何をしたいのか分からない
大学生の頃に見てたら
こんな感情にはならなかっただろうな

見終わった後は
>>続きを読む

ネオン・デーモン(2016年製作の映画)

3.6

美しさとグロさが共存していて
最高に気持ち悪くて吐き気がする

あとエルファニング可愛い

パッセンジャー(2016年製作の映画)

3.0

よかった
近未来な船も
終わり方も

SFと聞いてイメージしてたものとは
違っててそこが面白かった
事前情報全くとらず観て正解

ミックス。(2017年製作の映画)

3.0

ガッキーがかわいいぞおおお

ちょい役の俳優が豪華
あと笑いのポイントがたくさんあって
劇場でも皆クスクス笑ってて
楽しい雰囲気の映画だった

ローマの休日(1953年製作の映画)

4.0

点数つけるのも
おこがましい

オードリー可愛すぎるな

ナラタージュ(2017年製作の映画)

3.8

原作はだいぶ前に読んだから
大方は忘れていて
新鮮な気持ちで観た

瀬戸康史に最初と最後持ってかれた
かっこいい、、

足元やドアのカットに
監督のこだわりを感じた

百円の恋(2014年製作の映画)

3.3

好みの映画ではなかったが
安藤サクラさんに脱帽

>|