Soichiroさんの映画レビュー・感想・評価 - 3ページ目

Soichiro

Soichiro

Rooney mara/David fincher/Denis Villeneuve etc...

2015.4〜

映画(470)
ドラマ(0)

キング・オブ・コメディ(1983年製作の映画)

4.1

狂気じみた何かは後の様々なスコセッシ作品に引き継がれたのだろう。結構内容もわかりやすくスコセッシ監督のわりに短かったので見やすかったです笑 こんなデニーロも初めてでした笑

アフター・ウェディング(2006年製作の映画)

4.3

娘が一番可哀そう。観なきゃ観なきゃと思って、やっと観れました。想像してたよりかなり重いけど、ラストはなんか清々しかったです。

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

4.3

良い映画観た!!!
ラストでカタルシスみたいのが一気に解放された!!ラストにタイトルを見せる映画って良作多くない笑!? 映画館ではあんまり泣けないけどこの映画は泣けました。ルーニー、可愛すぎ!!!!

地獄の黙示録(1979年製作の映画)

3.6

序盤の大迫力なシーンは良かったのですが後半になるにつれ???が増えていきました。

はじまりへの旅(2016年製作の映画)

4.8

好きだなぁ~♪これソフト出たら買うの確定。彼の教育論も間違ってはいないんだけどね笑 少しクドイところもありましたがホッコリしました。

ムーンライト(2016年製作の映画)

3.9

“悲劇の子”という表現は正しくはないのかもだけど “誰が”“悲劇の子”を生み出すのか。極限までシンプルな映画だけどヒシヒシと伝わってくるものがある。

フローズン・タイム(2006年製作の映画)

3.9

思ってたより遥かにイィ映画だった!!
一瞬一瞬を大事に見落としのないように生きよう!!! なんか主人公が不眠症で、、、ってところで『ファイトクラブ』を連想したのは私だけ??
確かに皆さんが言うように全
>>続きを読む

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(2015年製作の映画)

4.1

この監督のセンスはなんか好き。編集といい音楽といいキャスティングといい。
他の作品も観直したくなりました。ジェイクが今作でも最高でした。

愛しき人生のつくりかた(2015年製作の映画)

3.6

ちょこちょこ笑えて観ててとても落ち着く。三世代にわたるクスッと笑える温かい人間ドラマでした。フランスのいい雰囲気が伝わってきました。

1001グラム ハカリしれない愛のこと(2014年製作の映画)

3.1

すごくマニアックな映画でした笑
キログラム原器って物の存在を初めて知ったし人生や愛の重さや人間の重さが21gであること、こんなにもこのお話で広げられるってすごい。

死ぬまでにしたい10のこと(2003年製作の映画)

3.5

マーク・ラファロがこんなとこに!!!主演の女優さんの優しくてエレガントな雰囲気が大好き!!!題名とは裏腹に結構なラブストーリーだった。

めぐり逢えたら(1993年製作の映画)

3.2

『ユーガットメール』の2人。なんかほのぼのする映画でした。シアトルとニューヨークを行ったり来たり。こんな出逢い方、ほんとにあるのかしら笑

桐島、部活やめるってよ(2012年製作の映画)

4.5

難しかった。これを解説を見ずに全て解釈しようなんて私には無理です笑
人間同士の心のすれ違い、嫉妬や恋心、自分は何をするべきか、とても複雑で繊細なことを描いている。素晴らしかった。『マグノリア』を思い出
>>続きを読む

ピュア 純潔(2010年製作の映画)

3.8

アリシア・ヴィキャンデルが若いのにとても官能的で綺麗で可愛い😆 しかも演技も達者でこの映画がデビュー作なんて驚き!! なんだろう、なんかこの映画好きだな。

TAXi(1997年製作の映画)

3.2

子どもの頃、どハマりしてたタクシーシリーズ。今観ても面白いなぁ~笑 1作目、アメリカでリメイクされてたけど内容ほとんどオリジナルと同じやな。マリオン・コティヤールがむっちゃくちゃセクシー!!

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

3.9

これこそ“映画”でしょ!!! 冒頭から引き込まれてそれが始終途切れることなく最後まで続く素晴らしいミュージック映画。ミュージカルといっていいのかミュージカルらしくないってのは分かる気がする。ミュージカ>>続きを読む

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

3.3

全ての兄弟に捧げますって全くその通り。これは兄弟の絆を描いた映画だと思う。他に見るところもたくさんあるけど。この主人公のお兄さん役の子、なんか好きだな。ジョン・カーニー、今後も期待してます。

パンズ・ラビリンス(2006年製作の映画)

4.0

苦しく悲しく残酷な現実からの脱却。この監督の映画、個性が強くて苦手だったけれどこれは良かった。毒のあるファンタジー映画でした。

おとなのけんか(2011年製作の映画)

3.0

会話会話会話。でも面白かった。個々のキャラクターも面白かったし、“おとなのけんか”も面白かった。

マイ・インターン(2015年製作の映画)

3.2

こんな優しくて紳士なデニーロ、信じられない笑 普通に楽しめました、だけど私は『プラダを着た悪魔』のが好きだったな。

リバー・ランズ・スルー・イット(1992年製作の映画)

3.7

タイトルの『River runs through it』がとても秀逸。川や森、自然の美しさや情景がとても素晴らしい。個々のキャラクターの心理描写も非常に細かく描かれてる。あまり知られてないけど『セブン>>続きを読む

グロリア(1999年製作の映画)

3.2

オリジナルを未見だけど面白かった。こんなに評価が低いのはレビューしてる人が少ないから??

シャイン(1995年製作の映画)

3.4

ジェフリー・ラッシュの演技の幅を見た。これ本人がピアノ弾いてるのかな。すごく軽やかで観ていて気持ち良かった。

ティファニーで朝食を(1961年製作の映画)

2.5

タイトルが有名で観なきゃ観なきゃと思ってやっと観たけれど思ってた映画ではなかった。始終ヘップバーン演じるヒロインにイライラさせられたのは私だけでしょうか? 冒頭を観て期待してしまっただけに残念でした。>>続きを読む

戦う翼(1962年製作の映画)

3.0

マックイーン、悪いヤツやなぁ~笑
シャーリーアンフィールドがとてもキュートで良かったです。

カジノ(1995年製作の映画)

4.5

素晴らしい1本でとても見応えがありました。時間がないのを言い訳に観ていなかったけど何度でも観たいと思わせるスコセッシの名作。やっぱりスコセッシだけあって『ウルフ・オブ・ウォール・ストリート』『グッドフ>>続きを読む

Mommy/マミー(2014年製作の映画)

3.4

画面を使って作品を表現するなんて想像もつかなかった。この映画自体もスティーブみたく美しくてとても繊細で素晴らしかった。あと音楽が最高でした!
なんか『ルーム』に似てる映画だなと思った。

シティ・オブ・ゴッド(2002年製作の映画)

5.0

こんなにも恐ろしい映画そうそうない。しかも実話に基づいている。編集や音楽なんかがパルプフィクションみたく時系列を逆転させ、群像劇的に登場人物の物語を観せるところなんかがとても良かった。

愛のむきだし(2008年製作の映画)

4.0

長かった!でも、観て良かった笑
こんな狂気帯びてて変態な純愛映画観たことなかった。素晴らしい。

静かなる叫び(2009年製作の映画)

3.6

ヴィルヌーヴのこのなんとも言えないテンポで淡々と進行する感じが恐怖と狂気を引き立たせてる。この世で一番何が恐いかってそれは思想だと思う。あとは『渦』だけなんだけどこれがなかなか笑

ダラス・バイヤーズクラブ(2013年製作の映画)

4.2

3人ともとてもいい演技でした!!!1回目観た時は内容も映画自体もピンときませんでしたがすごい良作だと思います!!
エイズや不認可のクスリだったり私達普段の生活とはもちろん関わりも少ないけれどこんな世界
>>続きを読む

沈黙ーサイレンスー(2015年製作の映画)

4.3

宗教にどっぷり浸かってない私だけど
信仰や宗教ってものを考えるきっかけになったし、スコセッシだったけど結構観やすかった。遠藤周作の原作も読んだけど原作に忠実でちょこちょこ笑える。
宣教師やキリシタンら
>>続きを読む

カメラマンの復讐(1912年製作の映画)

3.0

バッタ笑った。気持ち悪いが面白かった。これって本物???

(1929年製作の映画)

3.3

子どものころ、雨の日に親が運転する車の水滴が浸いた窓やウァイパーが水滴を端に寄せるのをひたすらに見ていたのを思い出した。HDでどーせなら観たかった。

セント・オブ・ウーマン/夢の香り(1992年製作の映画)

4.3

アル・パチーノ、イイなぁ〜。
この映画、もっと若いうちに観とけば良かった。ただ、途切れ途切れ 日数挟んで観ちゃったから見落としちゃったとこもあるのでまた観たい。いや、何度でも観たい。
アル・パチーノの
>>続きを読む