おこめさんの映画レビュー・感想・評価

おこめ

おこめ

映画館で観る時は字幕派。
ご飯食べながら観る時は吹替派。

余韻を残す話が好き。
割とアニメオタクかもしれない。

映画(600)
ドラマ(36)

ゴッドファーザー(1972年製作の映画)

4.3

血みどろ臭い映画だと思い込んで観始め、蓋を開けてみたら深い愛の話で感奮した。ドン、かっこよすぎる。

私、今日映画館でこの作品を観るために、昨夜バーで“ゴッドファーザー”を作ってもらったのです…!笑
>>続きを読む

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

4.3

漫画は読んだことがあったけど、映像化作品を観たのは初めて。

やわらかなタッチで戦時中の呉や広島の人々の生き様が描かれている。そのタッチと、すずさんのおっとりとした性格が相まって、冒頭から暖かで幸せな
>>続きを読む

今夜、ロマンス劇場で(2018年製作の映画)

2.8

このレビューはネタバレを含みます

世界感や色彩観は観ていて楽しかった。
ハンカチで手を繋いだりガラス越しにキスするシーンは、甘く切なく可愛らしかった。

でも細かいところが凄く気になっちゃって…
劇中劇のシーンは特に粗があっても仕方な
>>続きを読む

グラン・トリノ(2008年製作の映画)

4.8

うわ〜〜〜〜!!!!
好きだ〜〜〜〜!!!!!
(視聴後の抑えきれない高揚感)

イーストウッドは人間を描く天才…
随所随所で人の在り方について考えさせられるもの…
「あーいるいる、こういう人…」って
>>続きを読む

映画 賭ケグルイ(2019年製作の映画)

3.6

周りから原作・アニメ・ドラマが面白いと勧められていて、原作1巻だけ読んだ状態で鑑賞。

はぁ〜〜みんなめっちゃ顔がかわいい〜〜
好きな顔がいっぱいだ〜〜〜
美人が狂った顔は最高だ〜〜
美少女大集合だ〜
>>続きを読む

名探偵ピカチュウ(2019年製作の映画)

4.0

たった5cm×5cmほどの画面の中に夢中になっていた、あの頃。
二十年以上の時を経て、何十倍も大きなスクリーンで広がるポケモンの世界に息を呑んだ。

正直、話題になってたしわくちゃピカチュウを冷やかす
>>続きを読む

僕のワンダフル・ライフ(2017年製作の映画)

3.6

序盤はちまちま電車の中で観てたのだけど、あまりにも涙を誘うので家で観ることに…笑

犬(動物)映画で、感動しないわけがない!
人間は昔から健気な動物に弱い。
清く純粋な生き物を、人間は好きになりやすい
>>続きを読む

E.T.(1982年製作の映画)

5.0

小学校低学年に観たことあるけど、ラストシーンしか覚えていなくて、再鑑賞。
大人になってから真面目に観てみたら、終盤ずーっと涙が止まらなかった…笑

E.T.を安っぽく見せないためにか、陽に弱い設定にし
>>続きを読む

JAWS/ジョーズ(1975年製作の映画)

4.3

JAWS…めっちゃ面白いやん…(今更)

やっぱりジョンウィリアムズはスゲェや!!!
「絶対危ない!」と思うシーンで長調の旋律を入れてきたり「今は安心でしょ!」というシーンで不穏なメロディが…
と、い
>>続きを読む

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)

4.0

観るきっかけとなったのは、
「撮影・市橋織江」の文字を見かけたから。
(実際、もっと早く知っていたら映画館で観たのに…泣)
市橋さんの撮る写真は、透明感が強く味のあるフィルム写真が特徴的で、映画になる
>>続きを読む

愛がなんだ(2018年製作の映画)

4.2

テルコほど人間を盲目的に好きになったことが無いので、純粋に羨ましいなって。でも、テルコの心情にも分かる部分がいくつかあって、守にも葉子にもすみれさんにもその他の人にも。
心情の機微が丁寧に描かれていて
>>続きを読む

キングダム(2019年製作の映画)

3.8

特報の惹きが強くて実は前々から楽しみにしていたんだ…!
特報は特に、私が今年観た特報の中で1番心惹かれていたといっても過言ではないのだけど、期待を裏切らず、邦画でこれ程までのクォリティを出してくるのは
>>続きを読む

名探偵コナン 紺青の拳(2019年製作の映画)

4.1

作画が例年より更に超絶美麗だったし、
ドビュッシー差し込んでくる等の新しいことを多々盛り込もうとしてるのが垣間見えたりと、
公式の気概が感じられ個人的にはそれだけでも満足。
(去年はそれこそ15回劇場
>>続きを読む

すばらしき映画音楽たち(2016年製作の映画)

4.7

どうして、映画館で、最高の音質で、観なかったの!!!!????私!!!!!!!!orz

今までドキュメンタリーに殆ど触れてこなかったが故に興味を強く持たず今まで観ていなかった作品。視聴後の今、奥歯を
>>続きを読む

運び屋(2018年製作の映画)

4.3

「恥の多い生涯を送ってきた。」
この作品とは何ら関係のない某有名小説の冒頭だが、私は過去の失態を思い出す度にこの言葉が脳裏に浮かぶ。この作品を見ていて、またこの言葉を思い出した。
過去の自分への後悔は
>>続きを読む

ヘラクレス(1997年製作の映画)

4.0

“Go the distance”は、
昔から週一に一回は絶対に聞いているんじゃないかというくらいに好きな曲。
最近「そういえば、こんなにこの曲好きなのにヘラクレス観たことないな」と思い鑑賞。

感想
>>続きを読む

KING OF PRISM -Shiny Seven Stars- II カケル×ジョージ×ミナト(2019年製作の映画)

4.0

今回もプリズムのきらめきで満ちていたーっ!!!

今回観た映画館が割と地方で客層がかなり落ち着いた空気で、誰も吹き出したりしないので、完全に「笑ってはいけないキングオブプリズム」だった笑
でも流石にカ
>>続きを読む

PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.3「恩讐の彼方に__」(2019年製作の映画)

4.5

1期で1番好きな登場人物が死に、
2期から引き続き、今回の映画も
さながら未亡人のような気持ちで観に行ったら()
まさか、まさか、あんなシーンがあるとは…

case3は狡噛の話。
1期で狡噛は“復讐
>>続きを読む

スパイダーマン:スパイダーバース(2018年製作の映画)

4.2

めっっっっちゃ、おしゃれ!!!
恐らくどのカットをとっても、
デザイン性が高い。
色彩設計どうなってるの!??

新奇性に満ちていた…!
今まで自分は結構アニメを観てきた方の人間だと思ったけど、
まさ
>>続きを読む

翔んで埼玉(2018年製作の映画)

4.0

茶番中の茶番。
スペクタブルど茶番劇。
大人たちが悪知恵絞って全力投球した結果、100分強をとんでもない疾さで駆け抜ける茶番がそこにあった(褒めてる)

話したいこと色々あるんだけど、まずは観て欲しい
>>続きを読む

KING OF PRISM -Shiny Seven Stars- I プロローグ×ユキノジョウ×タイガ(2019年製作の映画)

4.5

どこまでも期待を裏切らない!
このクオリティを
ほんの数ヶ月後に
テレビで観れるとこが凄い…

1日経って、
早くももう一度観たくなるのは
シリーズ恒例である…

グリーンブック(2018年製作の映画)

4.9

私の安い言葉では書けないほど、
好きな映画だった…
紡がれる台詞回しの言葉遊びとか、
些細な言葉も刺さる!刺さる!

なんでこの時間に見ちゃったの…
ケンタッキーもう空いてないじゃん!!
と思いつつも
>>続きを読む

桐島、部活やめるってよ(2012年製作の映画)

3.7

若い者は美しく、学生時代は清らかに
語られることが多く感じるが、
顕著なスクールカーストの中で蠕く
青春時代特有の感情の機微に
どきりと肝が冷えるシーンが複数あった。

観るまでは
神木くんが桐島くん
>>続きを読む

フライト・ゲーム(2014年製作の映画)

3.5

ミステリーじゃなくてアクションパニック映画かな!
推理目的で観ちゃうと期待外れに成っちゃうかもしれないけど、アクションとしてなら見せ場も多く楽しめた。

やっぱり、空飛ぶ鉄塊で起こる密室ものはアツイ設
>>続きを読む

アリータ:バトル・エンジェル(2018年製作の映画)

3.8

圧倒的映像美。
どこまで実写でどこまでCGかなんて考えるのは無駄な程に、境目がわからない。
アリータの表情や目の虹彩の繊細さなんて瞠目もの。

久しぶりに3Dで観たけど、違和感無くてめちゃくちゃ感動し
>>続きを読む

女王陛下のお気に入り(2018年製作の映画)

3.6

広角レンズをここまで多用した映画は観たことがなかったので、興味深く面白かった。
かなり遠近感が強調されるので、これまた宮廷が映える映える!

ストーリーは縺れに縺れた人間関係で、ドス黒くそれでいてユー
>>続きを読む

PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.2「First Guardian」(2019年製作の映画)

4.2

現在と過去の対比が、これまた胸奥をきゅうっと締め付ける。
過去編にあたるストーリーだから当たり前なのだけど、亡くなったキャラクターが皆んな生きてる…それだけで心を鷲掴みにされているのに、更なる親子のエ
>>続きを読む

七つの会議(2018年製作の映画)

3.9

大企業を舞台に織り成すサラリーマンたちの群像劇。
もはや、そこに潜む闇への解明は
会議室ミステリーといっても過言ではないワクワクドキドキハラハラ感!笑

何より恐ろしいのが
舞台が会議室という身近な舞
>>続きを読む

PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.1「罪と罰」(2019年製作の映画)

4.0

ずっと待ってた!!!
心待ちにしてた新作!!!!

今回、あれだけTVシリーズで視聴者からはかなり嫌われ者だった霜月メインの話になり、彼女の成長が描かれている。
他のキャラクターが抱くのとはまた違った
>>続きを読む

映画 刀剣乱舞-継承-(2018年製作の映画)

3.8

正直、特報を観た時は、
こんな生温い演出で大丈夫なのだろうか…と思っていた方なのだけど、高評価だし折角だから観てみようと思って映画館へ。
序盤も“あ…嫌な予感…”と思ってしまう絵作りに感じてしま…
>>続きを読む

マスカレード・ホテル(2019年製作の映画)

3.6

潜入捜査×フラッグシップホテル!
なんて心の踊る設定…!
人里離れた宿で起こる殺人事件系は、これまでに結構目にしてきたけど、
都心で起ころうとしている事件を未然に防ぐといった話は、私には目新しく感じて
>>続きを読む

劇場版 Fate/stay night Heaven's Feel II. lost butterfly(2018年製作の映画)

4.0

やっぱり綺麗だなぁぁあああ!
アクションシーンは格別で、
流石ufotable。
音楽の梶浦由記ワールドも相まって心揺さぶられる。
劇伴と、主題のI beg youと前作の花の唄の、旋律のリンクがこれ
>>続きを読む

>|