MATILDAさんの映画レビュー・感想・評価

MATILDA

MATILDA

未来世紀ブラジル(1985年製作の映画)

3.3

ファイトクラブとの二本立ては熱すぎじゃんね!
とにかく1月のミニシアターは各館ライナップ揃い過ぎでマチルダ過呼吸。。
本編に関しましては、一旦解説が欲しいです。
パルナサスの方が好きでした。

17歳の瞳に映る世界(2020年製作の映画)

3.5

色んな意味で相当しんどい。
劇場じゃなかったらリタイアしてたかも。

プロミシング・ヤング・ウーマン(2020年製作の映画)

3.7

ここに出てくるのは悪人ではなく、セックスに関してやや無責任な態度を取る文化の一部なんだって。

ハリー・ポッター20周年記念:リターン・トゥ・ホグワーツ(2022年製作の映画)

4.0

はああああアもうたまらーん。
ハリポタ関連書籍全て買い揃えてますからネ私!もう全部見返しちゃうんだからネ!

ラストナイト・イン・ソーホー(2021年製作の映画)

-

渋パル日本の心霊映画的なテンションでこれの館内放送流すんよ。や、ちょっとちゃうやんか。

シングルマン(2009年製作の映画)

4.2

こんなセクシーな映画初めて観ました。。
ただスネイプちょいちょい出してくるのやめてぇ

ビル・カニンガム&ニューヨーク(2010年製作の映画)

3.7

ビルカニンガムに確実に肺活量負けました。
私はケーキのロウソクを一回では消せません。

クラッシュ 4K無修正版(1996年製作の映画)

-

モザイク多過ぎてキレそうでした。
それより、え、待ってこういう映画だったの?って思ったらこれ私が観たかったクラッシュじゃないじゃんね!

浅草キッド(2021年製作の映画)

3.2

山手線、浅草キッド広告過多すぎて電車で観るのちょと恥ずかしかったです。

僕はイエス様が嫌い(2019年製作の映画)

3.9

話さない話しかけないと小さなイエス様もこんな表情に撮れるのだと学びました。溶け込ませ方凄い。

ブルーアワーにぶっ飛ばす(2019年製作の映画)

3.9

シムウンギョンの観光♪観光♪のところ可愛すぎて大好き。

スケート・キッチン(2018年製作の映画)

-

思いの外ちゃんとしてるのになんでフライヤーこれなん?

泥の河(1981年製作の映画)

3.7

全部が全部辛いシーンな訳じゃないのになんだかずっと苦しかった。

ストレンジャー・ザン・パラダイス(1984年製作の映画)

4.4

衣装部が最高にセンス良いデッドパン映画はこの世の至極です。

マルコヴィッチの穴(1999年製作の映画)

4.1

マイラブがこれ観たんだって嬉しそうに報告してきたので観てみました。
herより好きです。面白い!

パーマネント・バケーション(1980年製作の映画)

4.0

脈絡も無くカットが割れる違和感、最高に気持ち良かったです。
ジャームッシュの作品群は、この世で最もコーヒーを両手に鑑賞するのがはまると思っています。Coffee and cigarettes に引かれ
>>続きを読む

クレアのカメラ(2017年製作の映画)

4.0

偶発的なのか知らんですが、カンヌなのに曇ってたの結構良い味してますね。
超絶原始的なズームインも良かったです。

街の上で(2019年製作の映画)

3.9

あのどインディーズ感の中で成田凌出てきた時の圧倒的大物感よ。
ん?でもオーラ消せてないなんて半人前?と思いましたが、違いましたね。だって作中でもそうなんですもんね。

愛と青春の旅だち(1982年製作の映画)

2.7

リチャードギアの坊主、坊主好きにはたまらんです。

秋刀魚の味(1962年製作の映画)

3.9

小津の助監してた人の本読んだので、
でもここはこう撮られてたのか〜。ほーほー。ふーん。
って感じで鑑賞してました。

THE GUILTY/ギルティ(2018年製作の映画)

3.6

ロッテントマト100%は間違いなさすぎて寧ろ間違いなのよ。
これ舞台にしたら面白いと思わない?

ザ・ダンサー(2016年製作の映画)

3.3

「コクトーと彼が愛した踊り子ロイ・フラー」という題で中間レポート執筆しております。

カイロの紫のバラ(1985年製作の映画)

3.4

グッドウィルハンティング観てたらベンアフレック出て来て、君のこと愛してるとか言わないかな。

ドラゴン・タトゥーの女(2011年製作の映画)

3.5

クレイグはどんな時もラボ的なハイテク設備室で痛められるようです。

私は貝になりたい(1959年製作の映画)

4.0

作題に衝撃を受けてずっと観たかった作品。
人間ほど不条理なさだめを背負った一単体いないと思います。生きるとは。考えると、子供の頃に熱を出した時にみる夢のような感覚に陥ります。

ボクたちはみんな大人になれなかった(2021年製作の映画)

-

宮沢賢治って、世界を放浪した訳でも旅に出た訳でもないのに銀河に鉄道走らせたんだって。確かにキテる。

愛してるって言っておくね(2020年製作の映画)

3.7

12分で、言葉無くしてこんなに届けられるなんて。
タイトル和訳とても好きだなあ。

>|