ほしママさんの映画レビュー・感想・評価

ほしママ

ほしママ

パリのアメリカ人(2018年製作の映画)

4.7

『キンキーブーツ』が好きすぎて
今度掛かったら絶対観る‼️と
決めていた松竹ブロードウェイシネマ。

音楽と歌、そしてダンス(バレー)
今作も堪能しました😃

戦後間もないパリ🇫🇷
ふとしたことで仲良
>>続きを読む

TOVE/トーベ(2020年製作の映画)

4.0

愛されたい、でもまず愛する。
孤独で自由奔放で我が道をいく。
でも、ちゃんと
寄り添ってくれる人は居る。
「帽子を買ったよ‼️」
きっとあの帽子のモデル🥰

私は「芸術家‼️」
油絵を描いている時の
>>続きを読む

燃えよ剣(2021年製作の映画)

4.5

形の悪いことを嫌い
筋を通しつづけた土方歳三の半生。
とにもかくにも岡田くんがカッコいい。
きっと形の悪いことを嫌い
筋を通して演じたのでしょう。

芹沢鴨を演じた伊藤英明さん
だらしないけど、一本気
>>続きを読む

MINAMATAーミナマター(2020年製作の映画)

4.5

水俣病については
マスコミを通じて知り得る
程度の知識がありましたが
ユージン・スミス氏も
彼の残した報道写真も
ぜんぜん存じなかったので
画像を探してみました。

まず驚いたのが、ジョニー・デップの
>>続きを読む

スイング・ステート(2020年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

政治なんて、謂わばエゴとエゴの
シーソーゲーム🎵

アメリカの片田舎
農村地帯で繰り広げられる
民主党と共和党の代理戦争。
有利な政策が投下される度
町の人たちは右に左に揺れる。

政策に揺れている間
>>続きを読む

ル・ミリオン 4K デジタル・リマスター版(1931年製作の映画)

3.8

予告で5作品流れた内の
一番インパクトの弱いの🤣
ちょうど梯子🪜に、はまって
トーキー初期の映画を
体験してみることに。

宝くじが入った上着を
めぐるドタバタコメディ。
ミュージカル仕立て❓️
音楽
>>続きを読む

由宇子の天秤(2020年製作の映画)

4.8

生きていることは選択の連続。
あらゆる事を天秤にかけて
こっちの方が納得できる
より自分に利益があると
下に下がった方を
選んで暮らしている。

でも、由宇子に突きつけられたのは
究極の「正義」の選択
>>続きを読む

ディナー・イン・アメリカ(2020年製作の映画)

4.0

その男が加わると家族揃った
ディナーが台無しになってしまう。

でも、そんな彼にも
別の顔があり、少女にとっては
特別な存在だった。

眼鏡を外して、髪をおろして~
普通の映画やアニメなら
キラキラキ
>>続きを読む

スターダスト(2020年製作の映画)

3.8

「デヴィッド・ボウイ」も
「ジギー スターダスト」もよく知らず
赤信号が点った状態ですが
ミュージシャンの伝記物が
すごく好きなので鑑賞。
ポスターもステキ❗️
オープニングもステキ❗️

アーティス
>>続きを読む

プリズナーズ・オブ・ゴーストランド(2021年製作の映画)

3.5

タイムラインに流れてくる
お気レビさんの⭐️が
軒並み「ひとつ」
今までに無かった事なんで
ためらいつつも、先週初めて見た
予告が面白そうだったので鑑賞。

「園ワールド」
現実に近いのもあるけど
>>続きを読む

人と仕事(2021年製作の映画)

4.0

日曜恒例早朝映画。
せっかくの休日に
「仕事」がテーマ選んじゃった😱

映画の撮影がコロナで中止になり
その映画の主演ふたりと監督が
撮る筈だった「保育士」始め
10の職場やそれに関わる人に
インタビ
>>続きを読む

僕と彼女とラリーと(2021年製作の映画)

4.2

「僕」と「彼女」と「ラリー」と
タイトルまんまの
オーソドックスなストーリー。

でも、それが大好きな場所で
繰り広げられるので
もうキャストの一員のような
気になっての鑑賞でした。

森崎ウィンくん
>>続きを読む

DIVOC-12(2021年製作の映画)

4.0

12の物語のオムニバス。

一人芝居っぽいの。
ドキュメンタリー。
ファンタジー。
恋愛物、青春物。

各作、たった10分づつなのに
色んなジャンルのお話が詰まって
それぞれ、見応えありました。

>>続きを読む

クリスマス・ ウォーズ(2020年製作の映画)

3.8

全くのノーチェック。
ただ観たいのとの
繋がりのみで選びました。

さらっとココの紹介文は
読んだけど、冒頭は誰が誰やら😱💦

主な登場人物は~
サンタクロース🎅
サンタの妻👩‍🦯
くそがき👦
元くそ
>>続きを読む

名もなき歌(2019年製作の映画)

4.6

ほんの30数年前の史実に基づく。

「A産院はご飯が美味しい」
とか
「Bは個室でも全額保険で賄える」
なんて
情報を先輩ママから収集して
私が安全な出産に臨んだのは
この作品の主人公より5年も前の事
>>続きを読む

17歳の瞳に映る世界(2020年製作の映画)

4.5

「男性に生まれればよかったと思うことは?」
「いつも」

そりゃそうだよね。
望まない妊娠をしたオータムは
心も身体もズタズタに傷ついた。
男性なら決してこんな
思いをしないで済む。

でも、なりたか
>>続きを読む

わんぱく戦争 デジタルリマスター版(1961年製作の映画)

4.2

重い映画鑑賞の谷間
オアシスにたどり着きました。
色白で目鼻立ちしっかりの
美少年たちが繰り広げる
隣町同士の戦争映画。

相手の大将を捕まえて
何を奪う⁉️
目❓️耳❓️それとも~
いや、奪うのは自
>>続きを読む

護られなかった者たちへ(2021年製作の映画)

3.8

現在がどんなに、やるせなくても
明日は今日より素晴らしい‼️

自分の無力さを思い知らされ
ただそう祈るしかないのかな、と😭

キャストが濃かった‼️
ホンの1、2カットに
芸達者さんが続々登場します
>>続きを読む

サマーフィルムにのって(2020年製作の映画)

4.7

冒頭の場面、きっと私は
ハダシと同じ顔をしてたはず。
タイトルが出てきて
劇中映画の撮影場面と知って
本当にホッとしました。

時代劇好きな女子高校生ハダシ。
映画部では浮いてるけど
「『好き』を言葉
>>続きを読む

ジャッリカットゥ 牛の怒り(2019年製作の映画)

4.2

インドの山奥で修行🎵じゃなくて
逃げた水牛🦬を追いかける映画。

🦬は怒ってなくて、ひたすら逃走。
追いかけてる人間の方が
各々の怒りのスイッチが入って
人間ドラマを巻き起こしつつ
最後はもう何が何だ
>>続きを読む

返校 言葉が消えた日(2019年製作の映画)

4.5

政治に翻弄され、自由を奪われて
読みたい本を手に取ることさえ決死。
そんな若者の姿を映す
重くて暗い作品と覚悟の上で鑑賞。

勿論、そこが一番のテーマ。
重くて暗いもそうだったけど
意外だったのがホラ
>>続きを読む

キャッシュトラック(2021年製作の映画)

4.0

オープニングの画像と音楽に
まず心を鷲掴み😵💓

現金輸送会社の新人Hは
いったい何者なのか?
紐解かれていく過去。
行動の目的。

煽りまくりの音楽と銃撃戦。
ドキドキハラハラからの~と来たら
凄く
>>続きを読む

総理の夫(2021年製作の映画)

4.2

えっ⁉️えっ⁉️~田中圭くんが
奇声をあげまくる予告を
イヤと言うほど見ていたので
爆笑喜劇だと勝手に
思い込んでいましたが
笑い転げるというより
じんわり暖かいお話。

突然、妻が要職に就いたら…
>>続きを読む

空白(2021年製作の映画)

4.2

連続で地元シネコンの朝イチの回。
お客さんも少ないし
館内も清潔な感じがしてお気に入り。

でも、今日はちょっと失敗だったかも。
とにかくズッシリと重かった😭
若い命が唐突に失われる内容
重く苦しいの
>>続きを読む

メインストリーム(2021年製作の映画)

4.2

スマホが嫌いなただの一般人リンクは
SNSに、自分の居場所を見つける。

見られたい❗️
注目されたい❗️
いいねされたい‼️
バズりたい‼️

どんどん増大していく承認欲求。
止まることを忘れて暴走
>>続きを読む

マスカレード・ナイト(2021年製作の映画)

4.0

「マスカレードホテル」
「マスカレードイブ」
原作が大好きで
前の映画も楽しみました。

「マスカレードナイト」が
文庫化された時は
絶対に映像化されるよなぁと
思いながら、やっぱり待てずに
原作は読
>>続きを読む

殺人鬼から逃げる夜(2020年製作の映画)

4.0

逃げる🏃‍♀️追う🏃
走る🏃‍♀️走る🏃‍♂️

間一髪❗️
危機一髪❗️

ドキドキ、ハラハラの連続。
でもギョンミが速くて強くて
クレバーなので
何とかなると信じれる。

どうやって乗り切る⁉️の
>>続きを読む

モロッコ、彼女たちの朝(2019年製作の映画)

4.7

『テルアビブ・オン・ファイアー』で
思いがけず再会した❓️『灼熱の魂』の
お母さんが主演しているのは
7月に予告で見て知っていたのですが
タイトルをすっかり失念。
たまたま時間が良くて調べたら
本作だ
>>続きを読む

シュシュシュの娘(2021年製作の映画)

4.3

コロナ渦でのミニシアター応援と
職場を奪われた撮影スタッフの救済
通学する機会がなくなった
学生たちへ活躍の場提供
そして、もちろん役者さんの為。
作られた目的が素晴らしい作品。

作り手が正しいと観
>>続きを読む

夕霧花園(2019年製作の映画)

4.4

戦中、戦後すぐと近年。
マレーシアの聡明で美しい女性の半生記。
悲しいけど素晴らしいラブストーリーとしても
とても壮大で見応えのある作品でした。

戦争中と言うことでは
許されてはいけない日本人の蛮行
>>続きを読む

83歳のやさしいスパイ(2020年製作の映画)

4.0

予告は何度か観ていたけど
とても軽快な感じだったし
フライヤーのおじいちゃんも
とってもキュートだったので
コメディ映画だとばっかり。

ドキュメンタリーと言う情報は
得てはいたのですが
最初はかなり
>>続きを読む

ベイビーわるきゅーれ(2021年製作の映画)

4.7

『ある用務員』で、どらみさんが
押していると知った🔰坂元監督作品。
主役は『ある用務員』に出てきた
JK殺し屋コンビに、とっても似た2人。
~名前も違うし、
まぁ例の2人はもうこの世にいないし🤣~
>>続きを読む

浜の朝日の嘘つきどもと(2021年製作の映画)

4.3

人は映画を観て
同じところで笑い
違うところで泣く~
メタボじじぃこと支配人の言葉。
まさに泣き笑いの映画。

全国でたった25か所でしか
掛かっていないこの作品が
地元のシネコンで上映😉
まず、自慢
>>続きを読む

アイダよ、何処へ?(2020年製作の映画)

4.5

三年半に及ぶボスニア紛争末期
アイダは国連軍の爆撃が
セルビアの基地に加えられ
村が守られる情報を
村長に力強く通訳している。

ところが、国連軍は無力化。
セルビア郡の将軍が凱旋して
村人たちは、住
>>続きを読む

モンタナの目撃者(2021年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

消防隊員の知識をフルに生かし
山火事と殺し屋に立ち向かう
アンジーが派手すぎず
メッチャカッコ良かった‼️

boyがねー、また可愛くて
演技がうまいのよー。
相棒って呼んでって
ばぁばを泣かさないで
>>続きを読む

君は永遠にそいつらより若い(2021年製作の映画)

4.7

生きてていいんだって
確かめたくって~

歌詞に込められた思い。

君は永遠にそいつらより若い。

タイトルに込められたメッセージ。

ストレートに胸に届きました。

その時、そこに居たかった。
その
>>続きを読む

>|