ソニこうさんの映画レビュー・感想・評価

ソニこう

ソニこう

塔の上のラプンツェル(2010年製作の映画)

3.3

◎王道ストーリーではあったが、映像美はさすがディズニー映画。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ランタンのシーン。あれは綺麗だったなぁ。美しい映像の中にも、「夢に向かって一歩踏み出す恐
>>続きを読む

夜明けのすべて(2024年製作の映画)

4.2

★優しさは、強さだ。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
優しさで溢れた映画だった。想像もできない苦しみを抱えながら生きている人がいる。そんな彼らを救うのは、飾らない優しさだと知った。
>>続きを読む

インサイド・ヘッド(2015年製作の映画)

4.1

★存在してはいけない感情なんて、何ひとつないんだ。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
自分の感情を押し殺して生きていると、どれが本当の気持ちかわからなくなる。怒ってるのに笑ったふりをする
>>続きを読む

壁を乗り越えて(2012年製作の映画)

2.6

◎バカらしさに振り切った一作。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
タイトルからして感動ストーリーを想像させる。ジャケ写も犬を抱えている男の姿。犬がいるということはもう涙必須である。

>>続きを読む

レミーのおいしいレストラン(2007年製作の映画)

4.0

★"非常識な旅"こそが、人生を楽しませる最高のレシピだと教えてくれる良作。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ネズミのレミーには夢があった。それは、パリの高級レストランの料理人になると
>>続きを読む

ラーゲリより愛を込めて(2022年製作の映画)

4.3

★たとえ報われない人生であっても、"生き様"は人々の心に刻まれ、永遠に生き続ける。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「生きてる!」と実感するときってどんなときだろう。たとえば、大切な
>>続きを読む

PERFECT DAYS(2023年製作の映画)

3.5

★何でもない一日を愛する努力。

諦めなのか、あえて選んだ日々なのか。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
到底、"PERFECT DAYS"とは思えない毎日。主人公の平山さんは、この日
>>続きを読む

ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー(2023年製作の映画)

3.0

◎遊び心満載のマリオの世界観にノスタルジーを感じるものの、やや消化不良な一作。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
子どもの頃は任天堂ゲームのガチ勢でした。マリオのゲームもたくさんしていた
>>続きを読む

最後まで行く(2023年製作の映画)

3.7

★ハラハラに圧倒される118分。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
これが今年100本目。仕事をしながら映画制作にチャレンジした一年、全く映画を見れていなかったかと思いきや3ケタに到達。
>>続きを読む

わたしは最悪。(2021年製作の映画)

3.5

★終焉を迎える20代に、全力疾走する彼女の愛おしさ。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
人生に迷走する主人公は、夢も恋人もコロコロ変える。人生の締め切りが迫る、20代終盤。焦燥感にから
>>続きを読む

悪魔を見た(2010年製作の映画)

4.4

★血しぶきに、黒く染まる心。あまりにも暴力的で、あまりにも切ない復讐劇。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
目を覆いたくなるバイオレンス描写に、頭が痛くなる。愛する妻を殺された男の悲し
>>続きを読む

her/世界でひとつの彼女(2013年製作の映画)

3.9

★あとどれだけの感動にめぐりあえるだろうか。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
美しい夜景を見て美しいと思えるのも、好きな人に想いを馳せて胸がときめくのも、人間だからできること。AIに
>>続きを読む

インビジブル・ゲスト 悪魔の証明(2016年製作の映画)

4.0

★美しきトリックの連続パンチに、震えるラスト。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
本当に凄い映画を観たとき、決して笑える場面ではないのに、手を叩いて大笑いしてしまうことがある。この反応
>>続きを読む

トーク・トゥ・ハー(2002年製作の映画)

3.7

★「別れは出会いの始まり」という真理を描いた、人間ドラマ。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
本作に登場する人物の多くは、何かしらの"別れ"を経験している。

その空白を埋めようと人々
>>続きを読む

非常宣言(2020年製作の映画)

3.8

★窮地に追い込まれたとき、「守りたい人がいるかどうか」で、その人の生き様は変わる。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
どんな綺麗ごとを並べる人でも、いざ自分が脅威にさらされると平気で他
>>続きを読む

正欲(2023年製作の映画)

4.0

★正しく生きたい。ただ、それだけ。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「多様性」の究極は「無関心」。けれど、人は無関心になれない。相互に繋がっていたいから。最大の苦痛は、孤独であることだ
>>続きを読む

殺人の追憶(2003年製作の映画)

3.7

★消せない過去。それでも未来に立ち向かわざるを得ない人間の虚しさ。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
取り返せない過去を思い煩い、それでも前を向かなければならない人間のやるせなさと、ひた
>>続きを読む

ヴィーガンズ・ハム(2021年製作の映画)

3.9

★こんなに笑える猟奇殺人映画は初めて。

過激思想が混じり合う、殺人コメディ。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ヴィーガン(完全菜食主義者)たちを殺し、その人肉を肉屋で販売したら大ヒッ
>>続きを読む

海辺のポーリーヌ(1983年製作の映画)

3.5

★ひと夏の燃え上がる恋か、長い年月をかけて築かれる愛情か。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
僕は断然、後者派です。短期的な恋愛はしたくない。そう友人にいうと、あまり共感を得られません。
>>続きを読む

しあわせの隠れ場所(2009年製作の映画)

3.5

★「出会いで人生は変わる」を実感させる一作。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
貧しく身寄りもない黒人青年が、ある家族と出会って人生を変えていくヒューマン映画。

かなりベタでひねりの
>>続きを読む

キャラクター(2021年製作の映画)

3.5

★ラストシーンまで集中して観ないと、本作の面白さは半減する。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

鑑賞後は、「まぁよくあるサイコスリラーですね」という感じ。むしろツッコミどころが多くてう
>>続きを読む

新しき世界(2013年製作の映画)

3.8

★何度も迫りくる究極の2択が、狂わしいほどの葛藤を鑑賞者にもたらす。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

犯罪組織に潜入した警察官。本当の兄弟のように可愛がってくれるギャングと、コマのよ
>>続きを読む

八月の鯨(1987年製作の映画)

2.5

◎何も起こらない。起こりようもない。静かで安らかな90分。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
老女姉妹のお茶目なやりとりは軽快で心地よさを感じたが、ただそれだけだった。

私は、"叙情詩
>>続きを読む

キラーズ・オブ・ザ・フラワームーン(2023年製作の映画)

3.0

◎事実を淡々と見せていくストレートすぎる展開が3時間半続く。やや疲労が残る一作。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
マーティン・スコセッシ監督の映画は、『キング・オブ・コメディ』『タク
>>続きを読む

サイダーハウス・ルール(1999年製作の映画)

3.8

★愛は、不意に生まれて、不意に消えゆくもの。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ずっと自分を愛してくれる人なんていない。両親だっていつか死ぬ。親友だって些細なケンカで絶縁になるかもしれな
>>続きを読む

ブロンクス物語/愛につつまれた街(1993年製作の映画)

4.0

★静かなる感動。心に灯火をもたらす、温かなヒューマンドラマ。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
青年の目を通して見たのは、"正しく生きるとは?"の問いに対する答え。

貧しくも真っ当に生き
>>続きを読む

とらわれて夏(2013年製作の映画)

4.0

★裏切られた過去がある2人にしか分かり得ない、奇妙で美しい愛のカタチ。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
あなたには誰かに裏切られた過去があるか。たとえば、親に捨てられたり、恋人に浮気され
>>続きを読む

別れる決心(2022年製作の映画)

3.0

◎恋愛の厄介さ、気持ち悪さを描いた一作。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
手に入れた恋より、手に届きそうな恋。一度踏み入れたら終わると分かってるのに、なぜ踏み入れてしまうのか。恋は時とし
>>続きを読む

バグダッド・カフェ<ニュー・ディレクターズ・カット版>(1987年製作の映画)

3.1

◎飾らない人々。何もない日常。そのすべてに愛おしさを感じさせるレトロさ。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
居場所は自ら作り出すものである。そうこの映画から教わったような気がする。

>>続きを読む

バイオレント・ナイト(2022年製作の映画)

3.0

◎溢れんばかりのバイオレンス。サンタのおじちゃん頑張れ!暴走アクション!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

『Mr.ノーバディ』や『ブレッドトレイン』が好きだったので鑑賞。本作に関し
>>続きを読む

モンスターズ・ユニバーシティ(2013年製作の映画)

3.8

★好きなことに泥臭く沼り続ける。その先に待っているもの。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
『モンスターズ・ウィンク』の前日譚。スペックで圧倒的に劣るマイクは、必死の努力でカバーしよう
>>続きを読む

マイ・エレメント(2023年製作の映画)

3.5

★王道すぎるストーリーも、晴れやかな感覚が胸に残る一作。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

お久しぶりの投稿です。ここ数ヶ月間は映画制作の準備と撮影で忙殺されておりました。とんでもな
>>続きを読む

なぎさ(2017年製作の映画)

4.0

★二度と手にできない、淡い初恋の青さ。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
たったの20分だが、かなり重厚で鳥肌の連続。学生時代の淡い記憶とそのときの感情が甦り、心に甘酸っぱい感覚が広が
>>続きを読む

街角のワールドカップ(2018年製作の映画)

3.0

◎大人のいざこざをぶち破るのは、いつだって子ども。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ひょんなことから街角で始まったもう一つのワールドカップ。スポーツを通して争うのは、それぞれが持つア
>>続きを読む

ブリグズビー・ベア(2017年製作の映画)

3.2

◎ハートウォーミングだが、やや消化不良な感覚。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
25年以上、誘拐犯のもとで隔離生活を送っていた主人公。彼の唯一の友達は、アニメ番組のブリグズビーベアだ
>>続きを読む

レインマン(1988年製作の映画)

3.7

★2人の名優が紡ぐ、友情の形。
味わい深いロードムービー。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
過去の記憶は、突然去来するもの。好きな人が好きだった曲のワンフレーズも、実家の近くにいた野
>>続きを読む

>|