nanocheeseさんの映画レビュー・感想・評価 - 3ページ目

nanocheese

nanocheese

ソフィアコッポラ、イザベルユペール、ナタリーポートマン、メリルストリープ。静かに変わってゆく映画がすき

映画(169)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

セックス・アンド・ザ・シティ(2008年製作の映画)

3.3

なにも考えずに観れる。でも、なんとなく自分を考えることができる。

ザ・サークル(2017年製作の映画)

3.0

機内で鑑賞。
面白いテーマだと思ったけれど、なにも残らない結末…。
なんかトムハンクス怖い。それだけ。

ニューイヤーズ・イブ(2011年製作の映画)

3.5

オムニバス形式の映画は時々見返したくなる。
これも然り。つい年末にみてしまう。

ワン・デイ 23年のラブストーリー(2011年製作の映画)

2.7

アンハサウェイ可愛い。
そんな終わり方しないで…って悲しくなっちゃう。

50回目のファースト・キス(2004年製作の映画)

3.2

なんだか感動したレビューが多いと自分の感受性が不安になる…笑
とはいえ、こんな愛、素敵。

ラブ・アゲイン(2011年製作の映画)

3.3

ライアン・ゴズリング目当て!
Photoshoppedされた身体笑

ホリデイ(2006年製作の映画)

3.7

ジュードロウがかっこいいカッコイイ。
罪がないからいつでも観られる。ずっと好きな映画。

そして父になる(2013年製作の映画)

3.5

ああ懐かし。
最後の福山さんのシーンですごく泣けたなあ。

告白(2010年製作の映画)

2.8

また観たいとは思わない。
心が重くなる映画は嫌いじゃないけれど、湊かなえは自分向きではない気がする。
松たか子さんはすごいです。

マダム・マロリーと魔法のスパイス(2014年製作の映画)

3.1

ハッサンとても素敵な青年。たまに山田孝之に見えてかっこよかった…
途中少し飽きてしまったけれど、パパーとの最後のハグで報われたかな。
邦題がいまいちしっくり来ない。

そんな彼なら捨てちゃえば?(2009年製作の映画)

3.2

悲しいことに何度観てもストーリーが残らない。でも嫌いじゃないです。多分。

私がクマにキレた理由(わけ)(2007年製作の映画)

3.3

ハーバードホッティー!!
そしてスカーレットヨハンソンが綺麗で可愛くて。
瓶から食べるの、美味しいよね。

アデライン、100年目の恋(2015年製作の映画)

3.3

娘とのシーンが良いです。
あまり観たことがなかった方でしたが、綺麗だわ〜アデライン!

恋とニュースのつくり方(2010年製作の映画)

3.3

レイチェル可愛い。ひたすらに。
いつも思うけど、インタビューがラフだよな…羨ましい。

マイ・ベスト・フレンド(2015年製作の映画)

3.3

素直に観れる。女というのはとても強い。
でもそれは、愛してくれる人がいるから!
わたしにも大切な人がいる。
あなたにも。

幸せのレシピ(2007年製作の映画)

3.2

そんなに印象深くないけれど、美味しいはいつも正しい。

しあわせのパン(2011年製作の映画)

3.6

水島くんみたいな人と、こんな暮らしをしたいと思う。

ドリームガールズ(2006年製作の映画)

3.3

初めて観たのはいつだろうな〜。
今でもたまに、口ずさんじゃう!

ブルージャスミン(2013年製作の映画)

3.6

ずっとケリーを手放せないところが、見ていて辛くなるほど痛かった。
でも、わかるよ。わかる。
嫌だけどジャスミンに共感してしまうところもある。

メイジーの瞳(2012年製作の映画)

3.6

すべてを見透かす瞳。
とにかく可愛くて、繊細なメイジー。
子供って誰しもこういう部分を持っているんだと思います。

ターミナル(2004年製作の映画)

3.5

自分にとってなにが大切で、どうしたらしあわせを感じられるかを知っている人は強い。

クロワッサンで朝食を(2012年製作の映画)

3.7

これだからフランスが好きなんです。
クロワッサンは、美味しいものを食べないとね。