きよこさんの映画レビュー・感想・評価

きよこ

きよこ

I love you
離れていても 時が過ぎても
想っているよ 君の事を
ずっとそうずっと
それが正しくなくても…
I love you
涙するだろう 傷もつくだろう
愛すればこその苦しみを
きっとそうきっと
君がおしえてくれたよ

映画(313)
ドラマ(0)

ラジオ・コバニ(2016年製作の映画)

-

とにかく驚いた。すごい映画。点数はつけられない。必ず誰かに伝えたいと思う作品。目を反らしてはならない。

冒頭の死体の扱われ方にかなりショックを受けた。斬首された残りの体が、肉片となり瓦礫に白々と隠れ
>>続きを読む

素敵なダイナマイトスキャンダル(2017年製作の映画)

3.0

『沢山の曇った眼鏡と沢山のプリプリおっぱい』の映画。

悪くはないんだけど、原作があるから脚本に突き抜け感がなかったのかもね。。。尾野真千子のシーンも他のシーンも中途半端な感じ。


実は冗長で盛り上
>>続きを読む

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜(2016年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

この事件は名前を知ってた程度。

学生と反政府軍のデモ。
軍による凄惨な制圧。
誰のための正義なのか?

どうして?なぜ?何の意味があるの?と思う気持ちが全身を支配していた。
だからなのか、左目からだ
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

はじめから、エリオのサングラスが妙に気になってた。心がソワソワした。オリバーへの熱い視線をそっと目隠ししてくれてるから。


ある日、オリヴァーと気持ちが通じあってから、エリオ目線から、すーっとさりげ
>>続きを読む

しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス(2016年製作の映画)

4.8

このレビューはネタバレを含みます

ああ観てよかった!なぜだか、涙が止めどなく溢れた。好きすぎて饒舌には語れない。台詞、カット割り、色彩、古びた靴下、つま先立ちのダンスシーン、イーサンの甘い声(たまらん好き)。サリーの皺くちゃな顔。最高>>続きを読む

スパイダーマン ホームカミング(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

眠れない夜。。。
大事な人と映画から離れてた一週間。

なんとなく流して観てた。ちょっとつまんないなあと感じていたら、中盤の突然の転調にびっくりして心が前のめりになった。トビーのスパイダーマンシリーズ
>>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

3.9

まあ面白かったけど、私は断然1の方が好きかな(笑)まことさんやナユラさんの感想聞きたいなあ(^w^)

とにかく映画の小ネタが多くて、ビッグネームもちらほら。マーティって名前好き(#^.^#)あ、それ
>>続きを読む

友罪(2017年製作の映画)

3.7

人の命を奪った人、その家族は幸せを感じたり笑いあったりしてもいいのか?

かなり重い題材だったけど、3つの話が混在してフォーカスがぶれてて少し物足りなかったかな。映画全体の重苦しい雰囲気はテーマに比例
>>続きを読む

娼年(2018年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

男性には許される性処理の数々。それには女性は欠かせない。
女性にも欲はあるし、女性の方が欲深いかもしれないのに。世の中の暗黙のルールによって、女性はそれを口にすると不貞だの不潔だのと揶揄され、非難され
>>続きを読む

モリのいる場所(2018年製作の映画)

3.8

『生きるのが好きなんだ』

さらりとモリがいう。森のなかで虫と鳥と魚を愛でながら。それを支える妻。生きなおすのは疲れるからもういいと妻が呟く。命に執着してない、達観した仙人みたいな人かと思っていたら、
>>続きを読む

孤狼の血(2018年製作の映画)

4.2

飛び交う広島弁は荒々しいが意外に心地よい。ナレーションもワクワク!仁義なき闘いや極妻の記憶が甦る。茶色くざらついた画質。全体的に湿り気を帯びて脂汗が匂い立つマル暴の部屋。随所に見られる伏線もネームの妙>>続きを読む

エレファント・マン(1980年製作の映画)

5.0

【命の煌めくままに】

記念すべき300レビュー。モノクロでありながら記憶の中ではカラーで認識されている稀有な作品。最近の話題作『グレイテスト・ショーマン』で脚光を浴びた見世物小屋の裏表と私利私欲、人
>>続きを読む

22年目の告白 私が殺人犯です(2017年製作の映画)

3.6

【藤原竜也は藤原竜也でしかない!】
演技は上手い。いや、嫌いじゃないけどちょっと舞台じみてて(偏見…ファンのかたごめんなさい!)みんなに伝播してた感じ。彼はカリスマ性を失うと、顔まで薄ーく見えるのは私
>>続きを読む

ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ(2017年製作の映画)

3.8

『ダブル・ミーニングの妙』

サクッとおすすめできるコメディヒューマンドラマ。異文化と難病。台詞が直球でなくて、アメリカンジョークだったり変化球だったりするから、ちょっと構えて観てたけど、予想をいい意
>>続きを読む

白夜行(2010年製作の映画)

4.2

もう、何度か観てる。好きかと言えば観るたびに苦しいけど、この主人公の二人の生きざまを決して忘れてはならないと十字架を共に背負っている感覚。

原作を読んで、続編も待ち望んで貪るように読んだ記憶がある。
>>続きを読む

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男(2017年製作の映画)

4.5

【これからの指導者へのエール】

雄弁者はときにその言葉が武器になり、全てを壊してしまう。守りたいと思っていても。それでも、私たちは雄弁者の言葉に浸りたいと思う。溢れる才能と可能性に惹かれて。その才覚
>>続きを読む

秒速5センチメートル(2007年製作の映画)

4.0

『どれほどの速さで生きれば、きみにまた会えるのか』

心が弱くなってるときは観たらダメ。。。

恋とか憧れは思い通りに行かないから、叶わないから心に刻まれる。余白のあるストーリーに心がふくよかになる。
>>続きを読む

レッド・スパロー(2017年製作の映画)

4.3

あーー出逢えてよかったと心から言える(^w^)王道なのに重厚で脚本がとびきり優れた作品。滑り込みセーフで観に行ったけど、あっという間の145分でした。息を呑んで見守った感じ。ジェニファー・ローレンスは>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.3

ゲームとかに疎い私は、たぶん世のVR好きな方々と比べたら半分ぐらいしか楽しめてないかも?と心が舌打ち(笑)

恐る恐る2D字幕で鑑賞したけど。。。

超面白かった!!!!ヤバイ。
やっぱりね。4DX吹
>>続きを読む

犬猿(2017年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

あー。あれはやられるわ。思わず、後ろの映写室見たもん(笑)あれに乗せられてキラキラした漫画原作を数々観てる私たちへのブラックエールね(痛々しい風刺…)

めっちゃ楽しかったー\(^o^)/
何度も声だ
>>続きを読む

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)(2017年製作の映画)

3.8

シリーズ完結編。創世記で可愛い赤ちゃんだったシーザーも時が過ぎ、歳を重ね、額には過酷な運命が皺を刻みつづける。

彼の誰にでも向けられる、深い愛と正義感は、育ての親から与えられた宝物。それを正に貫き通
>>続きを読む

ダンガル きっと、つよくなる(2016年製作の映画)

5.0

アーミル・カーン恐るべし。あんなに醜い肉体への改造。努力の賜物。娘たちの本気度が可愛くてかっこよくて、素晴らしい。
王道ですが、今年一番の映画!是非映画館でご覧いただきたい。涙が追い付かないくらいでし
>>続きを読む

クソ野郎と美しき世界(2018年製作の映画)

2.5

映画と言えば映画?。エンターテインメントっぽく作ってるけど突き抜け感はない。ただ歌のシーンで迂闊にも涙してしまった。20年以上我々を魅了して放さなかったのは彼らの存在が人生に重なって染み付いていた証。>>続きを読む

最低。(2017年製作の映画)

3.0

もし、この仕事に出逢っていたらどんな今を過ごしていたんだろう…とふと考えてしまう作品。ふわりふわりとただ雲のように漂い続ける劇中の母親のように。誰かを求めること、誰かに求められることに固執し続けるのだ>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.2

メキシコにも日本のお盆のような風習があったことが嬉しかった。私の田舎では提灯を沢山担いでお墓にお迎えにいき、送っていた。嫁ぎ先は迎え火、送り火を焚き、死者への道案内をする。とても崇高な儀式。

幼い頃
>>続きを読む

honey(2018年製作の映画)

3.4

観る人たぶん私だけかも?なーんて、フォロワーさんの反応は期待できないわ。

原作ファンとして映画化はちょっと心配だったのですが、律儀に鑑賞してきました。

全体的にふんわり鬼きゅんと申しますが、大好き
>>続きを読む

BPM ビート・パー・ミニット(2017年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

エイズを題材にした映画はなかなか重厚な作品が多いが、なかでも『RENT』はかなり印象深い。患者の苦悩に満ちた声なき声。ミュージカルで見事に魅せてくれた。

この映画は時代背景の中で、エイズという病を背
>>続きを読む

ラッキー(2017年製作の映画)

4.0

『孤独と一人暮らしは同じじゃない』

これは心を空っぽにして観たい映画。
この映画は年を重ねた人には正直ちょっときついかもしれない。
まさに老いという目の前にある現実だから。

死がすぐそばにあると感
>>続きを読む

レスラー(2008年製作の映画)

3.8

『痛いのは外の世界のほうだ』

まーー!汚いミッキー・ロークを受け入れるのに時間がかかったわあ(笑)魅力的な視線とあの色気たっぷりの彼は何処へ。。。

輝かしい栄光がある者は、衰退することを受け入れら
>>続きを読む

blank13(2017年製作の映画)

4.2

【台所にはハイライトとウィスキー】

齋藤工の頭ん中にはどんなアイデアが詰まっているのだろう。無駄な脚色はせずに、淡々とさっぱりスッキリと心地いい気分。

予告はいい意味で裏切ってきた。だから面白い。
>>続きを読む

WE ARE X(2016年製作の映画)

4.0

『心の痛みは消えない』

美しい才能に溢れながらも、脆くて危なっかしい。そんな彼らに惹かれる理由が少しだけわかる。これは劇場向き。観れなくてかなり後悔した。二人の絆は深くて優しかった。


どさ回りの
>>続きを読む

チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話(2017年製作の映画)

3.8

直球スポ根映画。可愛いすず姫達に感謝。ちょっと泣けた。綺麗なおへそに感謝。めちゃくちゃ楽しかった🎵

あの頃のがむしゃらで、無我夢中だった部活のことがフラッシュバックする。バスケ部で5年間。ケガをして
>>続きを読む

ちはやふる ー結びー(2018年製作の映画)

4.8

広瀬すずはとにかく圧倒的に隙がなく美しい女優だ。松岡茉優は凛とした透明感がいい。

観はじめてすぐに思った事。

(ああ、この感じ…最高に好きだ。戻ってきたなあ)
(…終わってほしくないな)
(ずっ
>>続きを読む

サニー/32(2018年製作の映画)

3.0

挑戦しちゃいましたよ!!!
麦ちゃん最高!一気に引き込まれたから加点してこのスコア\(^o^)/

え?主役は北原里英?うーん。可愛そうな気の毒な感じ(ファンの方すみません。。。)

麦ちゃんに一気に
>>続きを読む

>|