きよこさんの映画レビュー・感想・評価

きよこ

きよこ

2018年上半期劇場鑑賞ランキング
1.ダンガル きっと、つよくなる
2.しあわせの絵の具
3.勝手にふるえてろ
4.万引き家族
5.ちはやふる 結び
6.バーフバリ 王の帰還
7.ウィンストン・チャーチル
8.犬猿
9.彼女が名前を知らない鳥たち
10.シェイプ・オブ・ウォーター

ハリウッドが少な目。
ボリウッドが優勢。

映画(333)
ドラマ(3)

センセイ君主(2018年製作の映画)

3.5

原作ファンなので内容がかなり違っててちょっと残念だったかな。だから、別物だと割りきって観た感じ。結果、スコア低めだけど。禁断の恋とは違うけど、観てて微笑ましくなるニヤニヤ映画には間違いない。


さま
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.3

アイドルも来ないのに田舎の小さな映画館が、整理券を出すほどの人気(失礼…私はこの映画館を世界一愛してます)。そそくさと並ぶ大人たち。私もその一人(笑)友達に頼まれてTシャツも買い込むミーハーぶり。>>続きを読む

パディントン(2014年製作の映画)

3.6

実直でおっちょこちょいのお洒落な熊さんのお話。前にいたおばちゃんたちがゲラゲラ笑ってた。イギリスのジョークがとっても合うんだろうなあ(笑)

優しい人がゆるっと出てくる映画もいいね。屋外上映会にて。ア
>>続きを読む

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

3.9

カラフルでポップなキャンディーのようなポスターに惹かれて鑑賞。まんまと裏切られ、あずみんさんと同じく「万引き家族」を観たあとのような感覚に陥ってしばらく思考停止する。皮肉たっぷりの題名だと知り、現実の>>続きを読む

アイスと雨音(2017年製作の映画)

4.0

74分間、ワンカット。自分もその中にいて、いつ切り変わるのか心が離せなかった。

ずーっと緊張していたのか、終わってMOROHAの囁くような優しい詩に左眼から涙が溢れていた。

生という言い様のない呪
>>続きを読む

恋とボルバキア(2017年製作の映画)

3.8

自分を好きでいること。
これは厄介な課題だ。
嫌いなところも沢山知ってるから。

この国では…
自尊感情は低い方が美化される傾向がある。
承認欲求は絶えず溢れかえってくるのに。

誰を愛しても、愛され
>>続きを読む

聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア(2017年製作の映画)

4.1

邦題に惹かれて鑑賞。ロブスターの監督。やっぱり奇才だわ。良質なサスペンス。

とにかく脚本が面白かった。飽きさせない。ひたひたとじわじわと観客まで迫り来る恐怖と絶望。醜い争い。本性むき出し。
マーティ
>>続きを読む

ブロークバック・マウンテン(2005年製作の映画)

4.8

3度目の鑑賞。映画賞を総なめにしているにもかかわらず「この映画が好き」とは公言してこなかった。一度目の衝撃と感涙は忘れもしない素晴らしいものだった。

今回は吹き替えで鑑賞。二人の美男子の表情を細部ま
>>続きを読む

東京喰種 トーキョーグール(2017年製作の映画)

3.6

実は窪田くん洋くん目当てでみたけど悪役がわらけたわー。洋くんネズミ男にしかみえん。でも意外と面白かった(*^^*)
色々と首をかしげることもあったけど。
とにかく女優人が素晴らしい。

妖艶な蒼井優の
>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

4.0

冒頭から何度か描かれる車のシーンがキーポイント。うっかり涙腺が緩むから。
娘の気持ちと母の気持ちが混在して心が忙しい。自由になりたい娘と自分の価値観を押し付けがちな母。喧嘩しても、二人で買い物したり服
>>続きを読む

焼肉ドラゴン(2018年製作の映画)

3.8

「自分にとって居心地のいいお店ってありますか?」
私にはまだない。いつかは欲しいなあと夢みてる。行きつけのお店は男性には結構あるんだろうけど、子供がいるのもあってなかなか家を空けることはてきない。これ
>>続きを読む

アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル(2017年製作の映画)

3.6

『you …』
私たちに問いかける眼力。凄く居心地悪い。

トーニャ。ごめんね。
悪者扱いして。
みんな周りが悪かったのね。
毒母の異常なカルト的教育。
何度も殴っては寄りを戻したがるクズのDV夫。
>>続きを読む

マザー!(2017年製作の映画)

3.0

わーーーーー( ゜o゜)
なんじゃこりゃーーーー(T^T)
なんで観ちゃったのかしらーーー(^-^ゞ

宗教色がつよくて、レクさんのレビューでやっと解釈ができた。咀嚼はできんかった。。。

ずっと頭ん
>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

3.9

うん!爽やかな作品。美しい夕陽。二人の影。とにかく、全てが爽やか。メアリーの睫毛がフサフサで演技も上手くて可愛かったわー(#^.^#)勿論フレッドも。


才能を知ること。伸ばせることは羨ましいこと。
>>続きを読む

世界は今日から君のもの(2017年製作の映画)

3.4

麦ちゃんの下向き加減だけど、胸を張ってトコトコ歩く姿が好き。可愛かった!

マキタスポーツは、爽やかな役はイマイチ合わない気がする。youの毒母ぶりがイライラして台詞がマジ怖かったわ。私もやらかしてな
>>続きを読む

悪女/AKUJO(2017年製作の映画)

3.0

悪女ではない。いい女でした。騙されてばかりでお人好しなのに、最強のスナイパーでしたね~。

どうやって撮影してるんで賞はあげたいが、あまりはまらず退屈になる。たぶん、ドラマが浅くて銃撃シーンが長すぎた
>>続きを読む

先生! 、、、好きになってもいいですか?(2017年製作の映画)

3.0

娘は今、学校の社会の先生が好き。毎日、先生の話をしてくれる。先生を見かけたとかしゃべったとか。。。甘酸っぱいなあ(#^.^#)昔から年上の優しいお兄さんがすき。一緒に川遊びにいった年上のお兄さんに一目>>続きを読む

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

【賛否のなかで…アナザーストーリーだと言い聞かせること1000回越え】

まあ悪くはない。OPは思ったより意外とワクワクした。ep8よりヒロインが可愛かった。あの『世界一キライなあなたに』の太眉のヒロ
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

4.8

なんだろう。この映画。
観てから数日たつのにレビューが書けない。でも、ずっとあの家族を思っている。思い続けている。祥太とりんちゃんは…ちゃんと笑っているだろうか?

どこからか、ふと匂いたつような映像
>>続きを読む

Oh Lucy!(2016年製作の映画)

3.9

忽那汐里可愛い!ハリウッドデビューしちゃったし、彼女の萌えカフェに行きたい(笑)

さて…真面目に。

金髪女のピンポン玉くわえた、変わったコメディ映画だと甘くみてた。

…脚本に救いがない。

怖い
>>続きを読む

ラジオ・コバニ(2016年製作の映画)

-

とにかく驚いた。すごい映画。点数はつけられない。必ず誰かに伝えたいと思う作品。目を反らしてはならない。

冒頭の死体の扱われ方にかなりショックを受けた。斬首された残りの体が、肉片となり瓦礫に白々と隠れ
>>続きを読む

素敵なダイナマイトスキャンダル(2017年製作の映画)

3.0

『沢山の曇った眼鏡と沢山のプリプリおっぱい』の映画。

悪くはないんだけど、原作があるから脚本に突き抜け感がなかったのかもね。。。尾野真千子のシーンも他のシーンも中途半端な感じ。


実は冗長で盛り上
>>続きを読む

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜(2016年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

この事件は名前を知ってた程度。

学生と反政府軍のデモ。
軍による凄惨な制圧。
誰のための正義なのか?

どうして?なぜ?何の意味があるの?と思う気持ちが全身を支配していた。
だからなのか、左目からだ
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

はじめから、エリオのサングラスが妙に気になってた。心がソワソワした。オリバーへの熱い視線をそっと目隠ししてくれてるから。


ある日、オリヴァーと気持ちが通じあってから、エリオ目線から、すーっとさりげ
>>続きを読む

しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス(2016年製作の映画)

4.8

このレビューはネタバレを含みます

ああ観てよかった!なぜだか、涙が止めどなく溢れた。好きすぎて饒舌には語れない。台詞、カット割り、色彩、古びた靴下、つま先立ちのダンスシーン、イーサンの甘い声(たまらん好き)。サリーの皺くちゃな顔。最高>>続きを読む

スパイダーマン ホームカミング(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

眠れない夜。。。
大事な人と映画から離れてた一週間。

なんとなく流して観てた。ちょっとつまんないなあと感じていたら、中盤の突然の転調にびっくりして心が前のめりになった。トビーのスパイダーマンシリーズ
>>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

3.9

まあ面白かったけど、私は断然1の方が好きかな(笑)まことさんやナユラさんの感想聞きたいなあ(^w^)

とにかく映画の小ネタが多くて、ビッグネームもちらほら。マーティって名前好き(#^.^#)あ、それ
>>続きを読む

友罪(2017年製作の映画)

3.7

人の命を奪った人、その家族は幸せを感じたり笑いあったりしてもいいのか?

かなり重い題材だったけど、3つの話が混在してフォーカスがぶれてて少し物足りなかったかな。映画全体の重苦しい雰囲気はテーマに比例
>>続きを読む

娼年(2018年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

男性には許される性処理の数々。それには女性は欠かせない。
女性にも欲はあるし、女性の方が欲深いかもしれないのに。世の中の暗黙のルールによって、女性はそれを口にすると不貞だの不潔だのと揶揄され、非難され
>>続きを読む

モリのいる場所(2018年製作の映画)

3.8

『生きるのが好きなんだ』

さらりとモリがいう。森のなかで虫と鳥と魚を愛でながら。それを支える妻。生きなおすのは疲れるからもういいと妻が呟く。命に執着してない、達観した仙人みたいな人かと思っていたら、
>>続きを読む

孤狼の血(2018年製作の映画)

4.2

飛び交う広島弁は荒々しいが意外に心地よい。ナレーションもワクワク!仁義なき闘いや極妻の記憶が甦る。茶色くざらついた画質。全体的に湿り気を帯びて脂汗が匂い立つマル暴の部屋。随所に見られる伏線もネームの妙>>続きを読む

エレファント・マン(1980年製作の映画)

5.0

【命の煌めくままに】

記念すべき300レビュー。モノクロでありながら記憶の中ではカラーで認識されている稀有な作品。最近の話題作『グレイテスト・ショーマン』で脚光を浴びた見世物小屋の裏表と私利私欲、人
>>続きを読む

22年目の告白 私が殺人犯です(2017年製作の映画)

3.6

【藤原竜也は藤原竜也でしかない!】
演技は上手い。いや、嫌いじゃないけどちょっと舞台じみてて(偏見…ファンのかたごめんなさい!)みんなに伝播してた感じ。彼はカリスマ性を失うと、顔まで薄ーく見えるのは私
>>続きを読む

ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ(2017年製作の映画)

3.8

『ダブル・ミーニングの妙』

サクッとおすすめできるコメディヒューマンドラマ。異文化と難病。台詞が直球でなくて、アメリカンジョークだったり変化球だったりするから、ちょっと構えて観てたけど、予想をいい意
>>続きを読む

>|