きよこさんの映画レビュー・感想・評価

きよこ

きよこ

長い夢から醒めたら…なんにもなくなっていたの。宝物も体ごと全部。。。
あなたは変われないよ。

映画(355)
ドラマ(3)

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

ホラーは夜がいいよね~と久々に映画に向かう。大好きな親友がごっつ薦めるから渋々…(ビビり)。

キャッチコピーに忠実に。
みんな静かに息をひそめながら。
でも、途中お腹がキュルキュル鳴って響いて慌てた
>>続きを読む

13階段(2003年製作の映画)

3.6

『殺人と殺意は違う』

15年前の作品。気にはなっていたが観る機会がなかった。低評価にびっくりしたが、意外とずっしりときた。感情を押し殺した反町隆史が抜群によかったのが収穫かな(チャラいイメージだった
>>続きを読む

寝ても覚めても(2018年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

『大事やったら大事にしたらええやん。どうせそれしかできひんのやから。』
この言葉が沁みた。響きすぎた。。。


好みか好みじゃないかと聞かれたら

『嫌いじゃない…』

やっと言葉にできるほど、今の私
>>続きを読む

志乃ちゃんは自分の名前が言えない(2017年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

『…こんなに苦しいなら一人の方がいい』

正直いうと涙はでなかった。でもずーっと苦しくて苦しくて居心地悪かった。誰もがなかなか言えない本当の気持ち。

吃音が丁寧に描かれているからだろう。閉塞感に溢れ
>>続きを読む

ガチ星(2018年製作の映画)

3.9

『努力が足りんたい…』
監督の舞台挨拶。リアリティを出すために40前後の泣かず飛ばずの俳優を募集したら、凄い売れなそうな俳優たちが40人。。。控室は異様な雰囲気だったという。そのなかで選ばれたのが彼。
>>続きを読む

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

3.5

プーさんが大人になってるクリストファー・ロビンを覚えていたことがすべてでした。でも絆とかは、ちょっと描き方がいまいち浅い(笑)?内容も密度がなくてさっぱりしてる。前半は寝落ちしそうにサイレントだったな>>続きを読む

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

4.0

一番は輪転機の流線形の美しさ。
龍が天を仰ぐように佇む。
それを作り上げる職人たち。
全ての構図の素晴らしさと
緊迫したカメラワークに釘付け。
そして音楽のしなやかさは秀逸。。。



『あ、、、スピ
>>続きを読む

犬ヶ島(2018年製作の映画)

4.0

かなりポップでシュールで好き。ブラックジョークも満載で、とにかく犬が可愛い!
吹替え版で観たんだけど、正解。細かなディティールを楽しめた感じ。ずーっと笑ってたよ。日本愛が溢れていて素敵だし、日本人でよ
>>続きを読む

嘘を愛する女(2018年製作の映画)

3.2

『私は彼の何を知りたかったのだろう?』


人は5年付き合っても相手のことはほとんどわからない。相手がみせる顔しか知らない。過去も現在もこれからも。

でも愛しているから知りたくなる。
結局、自分本意
>>続きを読む

希望のかなた(2017年製作の映画)

3.8

『独身です。あえて…』

あの犬、名作『アーティスト』の犬だよ!可愛い。絶対そうよ(#^.^#)


何気ない台詞や音楽が印象的。
トラックの運転手、最高。
フィンランドを彷彿させるダークブルーも絵画
>>続きを読む

タンポポ(1985年製作の映画)

3.9

『最後の映画が始まる…』

はじめてのTSUTAYAお取り寄せ映画!


夜中に観たせいか、食エロ…もとい、食テロに遭いました。あゝラーメンでも、チキンダックでも何でも持ってこい!(笑)


なぜかサ
>>続きを読む

ビジランテ(2017年製作の映画)

3.7

入江監督、渾身のオリジナル。
カットが長く感じたけど、決して退屈ではなく、ずっと引き込まれっぱなし。




私も田舎者だからよくわかる。
田舎の正義はときに悪にもなる。

抜け出せない沼に浸かり
>>続きを読む

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

3.6

歯医者の可愛いお姉ちゃん(歯科衛生士)曰く『主役がカッコいいから観てー』ってめちゃくちゃ薦めるのですが、マーベルも当たり外れあるし…と、悩みつつハードルを下げて鑑賞。

主役のチャドウィック・ボードマ
>>続きを読む

止められるか、俺たちを(2018年製作の映画)

4.2

門脇麦。


この女優の底力を見せつけられた。
いや、ヤイバを突きつけられた。

自然体なのに妙に迫力があった。
ずっと前のめりで見とれていた。

私の若松監督の初体験は、実録あさま山荘…から始まって
>>続きを読む

君が君で君だ(2018年製作の映画)

4.0

池松くんの演技が右肩上がり!よかったなあ。

松井監督は愛の形じゃなくて、愛し方を紐解いていく。猟奇的に陳腐に丁寧に描いている。全てを受け入れること、見守る究極の愛が『ストーカー』であるから驚きだ。そ
>>続きを読む

斉木楠雄のѰ難(2017年製作の映画)

2.3

おっふ!

あー久々に面白くなかった。。。

いや、賀来賢人はよかったけど。


橋本環奈の良さがいつまでたってもわからない。。。

SUNNY 強い気持ち・強い愛(2018年製作の映画)

4.0

大根監督。
私の春馬くんになんてことしてくれてるんですか?もう…大爆笑ですよ(*^。^*)
あんなの、あり得んわ(笑)

とにかく、思い出がくすぐったくって、笑って泣いて、笑って泣いてと忙しい映画。正
>>続きを読む

タクシードライバー(1976年製作の映画)

4.0

オープニングの映像がお洒落だし、あの聞き覚えのあるBGMだったのかと驚いた。映画がジャズを纏っているかのように色彩や70年代のニューヨークの雰囲気まで語っていく。

名作でファンも多いと言われているが
>>続きを読む

ナミヤ雑貨店の奇蹟(2017年製作の映画)

3.7

原作既読にて、感動が心の奥底に在るので、映画はそれを壊さぬように記憶をなぞるように観ていた。

一つ一つのエピソードや配役にはちょっと納得いかないこともあるけど。。。

麦ちゃんの謳う歌には、無表情の
>>続きを読む

14の夜(2016年製作の映画)

3.6

麦ちゃん観たさに鑑賞。

こらこら!なんだこのしょっぱい感覚。

『よくしまる今日子』秀逸すぎる!
これしか入ってこない。大爆笑!

14の男子って頭のなかって、おっぱいでいっぱいなんだね。その熱量を
>>続きを読む

ブリグズビー・ベア(2017年製作の映画)

4.1

『大人になると好きなことを諦めるの?』


彼を育てた世界は、正しくはなくとも愛に溢れていた。だから現実の世界が少し汚れて見えてしまうから不思議。いつのまにか観客も一緒になって彼を応援してしまう。結果
>>続きを読む

心と体と(2017年製作の映画)

3.9

『今夜も夢で逢いましょう』


鑑賞後、作品名と音楽の歌詞がじわじわと沁みてくる。。。芝生に横たわるシーンは好き。スプリンクラーが効果的。

同じ夢をみる相手を知るなんて、ファンタジー要素たっぷりでロ
>>続きを読む

センセイ君主(2018年製作の映画)

3.5

原作ファンなので内容がかなり違っててちょっと残念だったかな。だから、別物だと割りきって観た感じ。結果、スコア低めだけど。禁断の恋とは違うけど、観てて微笑ましくなるニヤニヤ映画には間違いない。


さま
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.3

アイドルも来ないのに田舎の小さな映画館が、整理券を出すほどの人気(失礼…私はこの映画館を世界一愛してます)。そそくさと並ぶ大人たち。私もその一人(笑)友達に頼まれてTシャツも買い込むミーハーぶり。>>続きを読む

パディントン(2014年製作の映画)

3.6

実直でおっちょこちょいのお洒落な熊さんのお話。前にいたおばちゃんたちがゲラゲラ笑ってた。イギリスのジョークがとっても合うんだろうなあ(笑)

優しい人がゆるっと出てくる映画もいいね。屋外上映会にて。ア
>>続きを読む

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

3.9

カラフルでポップなキャンディーのようなポスターに惹かれて鑑賞。まんまと裏切られ、あずみんさんと同じく「万引き家族」を観たあとのような感覚に陥ってしばらく思考停止する。皮肉たっぷりの題名だと知り、現実の>>続きを読む

アイスと雨音(2017年製作の映画)

4.0

74分間、ワンカット。自分もその中にいて、いつ切り変わるのか心が離せなかった。

ずーっと緊張していたのか、終わってMOROHAの囁くような優しい詩に左眼から涙が溢れていた。

生という言い様のない呪
>>続きを読む

恋とボルバキア(2017年製作の映画)

3.8

自分を好きでいること。
これは厄介な課題だ。
嫌いなところも沢山知ってるから。

この国では…
自尊感情は低い方が美化される傾向がある。
承認欲求は絶えず溢れかえってくるのに。

誰を愛しても、愛され
>>続きを読む

聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア(2017年製作の映画)

4.1

邦題に惹かれて鑑賞。ロブスターの監督。やっぱり奇才だわ。良質なサスペンス。

とにかく脚本が面白かった。飽きさせない。ひたひたとじわじわと観客まで迫り来る恐怖と絶望。醜い争い。本性むき出し。
マーティ
>>続きを読む

ブロークバック・マウンテン(2005年製作の映画)

4.8

3度目の鑑賞。映画賞を総なめにしているにもかかわらず「この映画が好き」とは公言してこなかった。一度目の衝撃と感涙は忘れもしない素晴らしいものだった。

今回は吹き替えで鑑賞。二人の美男子の表情を細部ま
>>続きを読む

東京喰種 トーキョーグール(2017年製作の映画)

3.6

実は窪田くん洋くん目当てでみたけど悪役がわらけたわー。洋くんネズミ男にしかみえん。でも意外と面白かった(*^^*)
色々と首をかしげることもあったけど。
とにかく女優人が素晴らしい。

妖艶な蒼井優の
>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

4.0

冒頭から何度か描かれる車のシーンがキーポイント。うっかり涙腺が緩むから。
娘の気持ちと母の気持ちが混在して心が忙しい。自由になりたい娘と自分の価値観を押し付けがちな母。喧嘩しても、二人で買い物したり服
>>続きを読む

焼肉ドラゴン(2018年製作の映画)

3.8

「自分にとって居心地のいいお店ってありますか?」
私にはまだない。いつかは欲しいなあと夢みてる。行きつけのお店は男性には結構あるんだろうけど、子供がいるのもあってなかなか家を空けることはてきない。これ
>>続きを読む

アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル(2017年製作の映画)

3.6

『you …』
私たちに問いかける眼力。凄く居心地悪い。

トーニャ。ごめんね。
悪者扱いして。
みんな周りが悪かったのね。
毒母の異常なカルト的教育。
何度も殴っては寄りを戻したがるクズのDV夫。
>>続きを読む

マザー!(2017年製作の映画)

3.0

わーーーーー( ゜o゜)
なんじゃこりゃーーーー(T^T)
なんで観ちゃったのかしらーーー(^-^ゞ

宗教色がつよくて、レクさんのレビューでやっと解釈ができた。咀嚼はできんかった。。。

ずっと頭ん
>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

3.9

うん!爽やかな作品。美しい夕陽。二人の影。とにかく、全てが爽やか。メアリーの睫毛がフサフサで演技も上手くて可愛かったわー(#^.^#)勿論フレッドも。


才能を知ること。伸ばせることは羨ましいこと。
>>続きを読む

>|