かおるさんの映画レビュー・感想・評価

かおる

かおる

しゃぼん玉(2016年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

通り魔や強盗を繰り返して生きていた伊豆見。通り魔をして逃げている最中に怪我をしていたスマを助け、その家に寝泊まりするようになります。はじめは嫌々ながらも村の人々の手伝いをすることで少しずつ変わっていき>>続きを読む

スパイダーウィックの謎(2008年製作の映画)

3.5

引っ越したお家の屋根裏にあった妖精の秘密の本を開いてしまったせいで、邪悪なゴブリンを目覚めさせてしまった姉弟の冒険ファンタジー。

ゴブリンがしっかり悪役っぽいビジュアルで小さい子にはちょっと怖そうだ
>>続きを読む

ハッピーフィート2 踊るペンギンレスキュー隊(2011年製作の映画)

3.4

相変わらずかわいい第二弾。
マンブルに子どもがいます。かっこいいパパになったよ!!
可愛くて楽しい〜好き〜!

新たに出てきたオキアミコンビがおもしろかったです。ブラピとマット・デイモンって何そのキャ
>>続きを読む

ハリウッド式 恋のから騒ぎ(2008年製作の映画)

2.9

このレビューはネタバレを含みます

落ちぶれた映画プロデューサーのチャーリーとやり手プロデューサーのディドラが映画撮りながらラブコメ。

正直90年代の作品かと思ってしまう雰囲気でした…設定含め…
でもメグ・ライアンが当時アラフィフとは
>>続きを読む

With Baby ウィズ・ベイビー 赤ちゃんとともに(2014年製作の映画)

3.0

勝手にコメディだと思ってみ始めたら全然違いました。
シングルファザーになった主人公が働きながら子育てしようとする話。

彼の中で少しずつ子どもが占める割合が大きくなっていくのがわかって、がんばれー!と
>>続きを読む

子宮に沈める(2013年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

大阪2児餓死事件をもとに制作された映画。
実際の事件とは異なる場面もありますが、それによって、ただ事件を再現するよりも、こういうことが起きてしまった理由を考えさせられる気がしました。

ひたすらに悲し
>>続きを読む

にがくてあまい(2016年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

野菜嫌いのキャリアウーマン・マキとイケメン高校教師・渚のラブストーリー、かと思いきや、渚はゲイでベジタリアン。マキが渚の家に転がり込んで始まるストーリー。

原作は未読ですが、楽しく観れました。
スト
>>続きを読む

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦(2016年製作の映画)

3.8

ナチスのハイドリヒが暗殺されたエンスラポイド作戦を描いた作品です。

チェコ側のレジスタンスの動きがよくわかりました。
以前、『ナチス第三の男』を観たこともあって大まかな流れはわかっていたのですが、そ
>>続きを読む

悪童日記(2013年製作の映画)

3.7

1944年、母親に連れられ、田舎に住む祖母に預けられた双子の話。
…という簡単な説明では終わらせられない映画です。

原作は未読で鑑賞しました。ずっと読む勇気がなかったんですが、これを観て読んでみたく
>>続きを読む

アウシュビッツ ホロコーストガス室の戦慄(2011年製作の映画)

3.2

アウシュビッツのガス室の様子と、現代の若者のホロコーストについての認識のドキュメンタリー。

レビュー見てから鑑賞したので、良くも悪くも裏切られなかった感はあります。
実際の写真だけではなく再現映像も
>>続きを読む

ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命(2017年製作の映画)

4.0

第二次世界大戦下、ワルシャワで動物園を経営する夫婦が、ユダヤ人を匿い救った実話をもとにした映画です。

戦争映画にしては戦闘も少ないし、人が殺されるシーンもとても少ないので、苦手な人にも観てほしい映画
>>続きを読む

ジュラシック・パーク(1993年製作の映画)

3.8

小さい頃にちょうど人が食べられるシーンを見てから怖くて観る勇気がなかったのですが、大人になったので勇気を出して観てみました。
普通におもしろかった!

小さかったこともあってめちゃくちゃ怖いイメージを
>>続きを読む

ノルマンディー上陸 英国空挺部隊・敵中突破(2014年製作の映画)

2.7

ノルマンディー上陸作戦の日、ほぼ全滅したイギリス軍の空挺部隊でただ一人生き残ったジョニーが、自軍からはぐれた3人の兵士と合流して味方の元にたどり着くまでを描いています。

ジャケで興味を持ったのに、こ
>>続きを読む

オオカミ少女と黒王子(2016年製作の映画)

3.5

タイトル通り、見栄を張って彼氏持ちと嘘をついていたオオカミ少女とそれに付き合ってあげる黒王子のラブコメ。
タイトルからして結末はわかっているので、安心して観てました。

個人的に嬉しいキャスティングす
>>続きを読む

マザー&ドーター 親子のかたち(2008年製作の映画)

3.4

タイトル通り、それぞれの母と娘のストーリー。
描き方がドキュメンタリーっぽかったです。

評価低いのでドキドキしながら観ましたが、私は好きでした。
たしかに盛り上がりというほどの見せ場的なものはないで
>>続きを読む

ブーベの恋人(1963年製作の映画)

3.6

1944年のイタリアの田舎町、マーラの家に、兄の最期を伝えにブーべという青年が訪れます。2人はやがて婚約しますが、久しぶりに会った彼は警察から指名手配されていて…この先のストーリーは大きな驚きがあるわ>>続きを読む

風立ちぬ(2013年製作の映画)

3.6

零戦を設計した堀越二郎をモデルに、堀辰雄の『風立ちぬ』からの着想も盛り込まれた作品。

初めて観た時は単純に堀越二郎というキャラクターのロマンスと飛行機設計への情熱(偏愛?)の話のように感じましたが、
>>続きを読む

トラさん~僕が猫になったワケ~(2018年製作の映画)

3.5

事故で亡くなった漫画家が猫になって1ヶ月間家族のところに戻るお話。

着ぐるみの北山くんに驚いてしまって、そのインパクトだけでストーリーも何も知らずに観たのですが…よかった!
着ぐるみでコメディ色を強
>>続きを読む

ウルフ・オブ・ウォールストリート(2013年製作の映画)

3.7

実在の株式ブローカー、ジョーダン・ベルフォートをモデルとした伝記コメディ。
もっとも多くfxxkという言葉が使われた映画、と知り笑ってしまいました。たしかにめちゃくちゃ言ってたし、してた。
179分と
>>続きを読む

センセイ君主(2018年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

恋に恋する女子高生が全力で先生大好きー!って頑張るラブコメ。
失礼ながら全く期待せずに観たんですが、おもしろかったです!原作を読んでいないので、再現度はわかりませんが…。

なんといっても、浜辺美波ち
>>続きを読む

ランナウェイ 逃亡者(2012年製作の映画)

3.3

タイトルで勝手にアクションかなと思ってみ始めたのですが、全然違いました。しっかり社会派サスペンス。

主人公は過去にウェザーマン(1970年代に活動した学生による反体制グループから飛び出した極左グルー
>>続きを読む

魔女がいっぱい(2020年製作の映画)

3.3

子供のことが大嫌いな魔女を男の子(と仲間とおばあちゃん)がやっつける話。
児童文学が原作です。

予告編でめちゃくちゃ期待値が上がっていたので、展開と結末にちょっと拍子抜けしました。面白くないわけでは
>>続きを読む

コンフィデンスマンJP プリンセス編(2020年製作の映画)

3.9

安定に面白かったです!大好き!!!
前作のどんでん返しにとても驚かされたので、今回はどこからがダー子の仕掛けなんだ…!?と疑いながら観たのですが、見事に完敗でした。
驚きは前作の方が大きかった気がしま
>>続きを読む

足ながおじさん(1955年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

有名な児童文学『足ながおじさん』のミュージカル映画。

原作は子供の頃読んだきりだったので、イメージと違う…!となった箇所も多かったものの、製作が1955年と考えると、ミュージカルシーンはセットも含め
>>続きを読む

グリーンブック(2018年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

1962年、天才黒人ピアニストのドクター・シャーリーはまだ黒人差別の残る南部でのコンサートツアーを計画し、用心棒兼運転手としてイタリア系のトニー・リップを雇います。彼らは黒人用旅行ガイドブック「グリー>>続きを読む

シコふんじゃった。(1991年製作の映画)

3.7

廃部寸前の相撲部を、本木雅弘さん演じる陽キャ学生が単位と引き換えに立て直すコメディです。

30年前の作品なので、時代という意味でもツッコミどころはけっこうありますが、楽しいコメディでした。
こういう
>>続きを読む

黄金のアデーレ 名画の帰還(2015年製作の映画)

3.9

クリムトの『黄金のアディーレ』を持ち主であるマリア・アルトマンのもとに戻す裁判を描いた映画です。

ナチスを扱った映画につきものの人が死ぬシーンはないですが、マリアの回想シーンは胸が締め付けられました
>>続きを読む

ジャンゴ 繋がれざる者(2012年製作の映画)

4.0

奴隷制を嫌う賞金稼ぎシュルツと、彼により解放され相棒となったジャンゴが、その妻ブルームヒルダを探し…的な西部劇なのですが、良い意味で西部劇っぽくない西部劇。
西部劇はあまり得意じゃないのですが、全く飽
>>続きを読む

キャタピラー(2010年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

なかなか後味の悪い映画でした。
出征し、四肢を失って帰ってきて"軍神"と祀りあげられる夫と、その夫の世話をしなくてはならない妻。

行き着くところは、戦争なんてしてはいけない、ということなんだと思うん
>>続きを読む

もののけ姫(1997年製作の映画)

4.3

何度観ても大好きな映画です。人生で初めて映画館で映画を観て、読めない漢字とその意味を調べながらパンフレットを貪るように読んだ思い出補正も込みでとても好き。
観れば観るほど、ここは何だろう、何故こんな展
>>続きを読む

猫の恩返し(2002年製作の映画)

3.5

17歳の女子高生ハルがトラックに轢かれそうになった猫の国の王子様を助けたら、猫の国に招待されて、、の冒険というか成長というか。
『耳をすませば』の雫が書いた物語という設定。

なんだかんだで全部ちゃん
>>続きを読む

カノジョは嘘を愛しすぎてる(2013年製作の映画)

3.3

同名の少女漫画原作。
時間が足りないので当たり前ですが、原作にあった心理描写の部分が見えてこないので展開がやたら速く感じてしまいました。
でも映画単体でも話はわかると思うし、綺麗にまとまっていると思い
>>続きを読む

ラスト・クリスマス(2019年製作の映画)

3.8

ワム!の『ラスト・クリスマス』からインスパイアされた映画です。
タイトルとジャケで気楽に観れるロマコメかと思ったのですが…いい意味で裏切られました!
トムの正体がわかったときはまさかの涙が出ました…
>>続きを読む

ハッピー フィート(2006年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

歌が苦手な皇帝ペンギンのマンブルの成長(ってほどでもない気もする)ストーリーです。
動物が歌って踊る系やミュージカルが好きな人なら楽しいはず!
10年以上前の作品ですが、映像も綺麗だし、人間が実写なの
>>続きを読む

AI崩壊(2020年製作の映画)

3.6

2030年、社会に欠かせないインフラとなった医療AIのぞみが暴走し、開発者の桐生がその容疑者として追われ…
という既視感ありありの設定ではありますが、楽しめました。
犯人はどっちかな〜と思ったけど、そ
>>続きを読む

>|